フォトアルバム

CopyRight

米子市立弓ヶ浜中学校のホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は米子市立弓ヶ浜中学校に帰属します。
 

米子市立弓ヶ浜中学校のホームページへようこそ!

日誌 >> 記事詳細

2021/11/20

デュナン祭が生活に生きています

| by 管理者
1・2年生がデュナン祭で取り組んだ「SDGs」

保護者の皆様も耳にされたことがあると思います。
今や、世界規模で取り組まれている活動で、
【持続可能な開発目標】の17の項目について、
生徒たちは調べ学習をしたり、インタビューしたり、見学・体験に出かけました。

その中に「食品ロス」の問題があります。
これまでも給食の残量が、米子市内1,2位を争う弓中。
以前にもお伝えしましたが、
 「肉は食べるが魚は食べない」
 「汁(スープ)は飲むが、コメは食べない。パンはもっと食べない」
 「炊き込みご飯は食べるけど、白米はいらない」
 「噛まないで、汁で流し込む」
傾向にあります。

中学校の給食指導は、無理に食べさせることはしません。
体調や、アレルギーの問題など、個人の判断で量を加減したりします。

配膳は一応、極力残らないように分け、「いただきます」をします。
その後、食べられない量を自分で返却して食べ始めます。
この時の返却の量が・・・
これが米子市内1,2位の量になります。

先週、給食委員会が行った残飯調査は、
文化祭で、自分たちで調べ、考え、まとめたこともあり、
ぐっと減る傾向にあります。

特に、体の成長が著しく、部活動に必要な体力を維持するために、
2年生は、よく食べています。
自分のクラスは完食して、欠席があるクラスに出張に行く姿も見られます。
1年生も、ローソンに行ってインタビューしたクラスもあり、
学年で完食しようとしています。

もちろん、無理のない程度にです。

しかし、自分たちで調べたことを、自分たちの生活に生かそうという心意気が
うれしく思います。

2年3組の先週の残飯調査の結果
2-3.pdf
09:20 | 報告事項