校章 鳥取市立西郷小学校へようこそ  


 

日誌


2021/09/30

9.27 学校運営協議会 授業参観&第2回会議

| by 管理者
西郷小学校は、令和元年度より「コミュニティ・スクール制度」を導入しています。
現在は、鳥取市内の全ての公立小中学校がこの制度を導入しておられます。

「コミュニティ・スクール」とは、「学校運営協議会」を設置している学校のことです。
本校には、今年度、15名の委員さんがおられます。(内、3名は本校 校長、教頭、事務副主幹)
 【5月 第1回会議のあと撮影】

「学校運営協議会」の機能(仕事)は、
(1)校長が作成する学校運営の基本方針を承認する
(2)学校運営について、教育委員会または校長に意見を述べることができる
                               …などです。

「コミュニティ・スクール」制度を導入することにより、
『一方的』な関係ではなく、地域・学校が一体となり、相互の理解が深まります。
地域・学校が同じ目標を共有し、その実現のために連携・協働でき、
子ども達への教育効果がさらに大きく期待できます。

特に、地域の方々から褒めていただいたり、励ましていただいたりすることで、
子ども達の有用感や自己肯定感、ふるさとを大切にする思いが高まります。
同時に、地域の活性化や充実にも繋がり、地域・学校お互いが元気になります。
より一層、「地域とともにある学校づくり」を進めることができます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

9月27日(月)には、本校の学校運営協議会の委員さん達が授業を参観してくださいました。
体育、音楽、タブレットを活用した授業(社会)、など、
子ども達が一生懸命に学習する様子を、じっくりと見てくださいました。
 
 


その後、隣の西郷地区公民館にて、第2回学校運営協議会を開催しました。

鳥取市教育委員会 生涯学習・スポーツ課  川上哲実係長さん、藤井健 統括推進員さんも来られ、
子ども達の様子を見てくださったり、会議にてご助言くださったりしました。

はじめに、葛山克司校長より、子ども達の様子や、
学校教育目標の達成状況(各種アンケート結果)の報告をさせていただきました。

【皆さんの思いを聞かせていただきました。】【鳥取市教育委員会より来てくださったお二人】
 
 
委員の皆さんより、
子ども達の様子(児童クラブ、家庭、学校でのそれぞれの様子)に関わってのこと、
子ども達のより良い育ちのために、これからどう働きかけていったらよいか、
今後も地域、家庭、学校が連携を密にしながら西郷の子ども達を育てていくこと、
…など、多くの貴重なご意見、思いを聞かせていただくことができました。
 

「地域学校協働活動推進員」である坂本嘉和さんからは、
全校サツマイモほり・サツマイモ販売(給食に使用していただく)についてのことや、
今後の取り組み・活動についてのお話がありました。

また、今回、『一緒に西郷を歩く全校遠足』に地域の皆様をお誘いできなくなったこと、
校舎1階に設ける予定の、集いの場『西郷サロン(仮称)』がなかなか始められないこと、など
新型コロナウイルス感染症予防のために、色々な企画をスムーズに進めることができず心苦しい
という状況を皆さんに説明してくださいました。

矢野志郎PTA会長さんからのお言葉にもありましたが、
新型コロナウイルス感染症の状況が落ち着きましたら、地域の皆様にも、より気軽に
行事や学校においでいただけたらと思います。
そして、これからも地域の皆様とたくさんの意見交換をして、
子ども達のより良い育ちにお力添えをいただけたらと思います。

お忙しい中、ありがとうございました。
引き続き、「いつも地域とともにある西郷小学校」を、どうぞよろしくお願いいたします。
19:10

新着情報