荒天時(気象警報発令時等)の対応について

本校では荒天時の対応につきまして下記PDFのとおり臨時休業の基準を定めています。
ご家庭での対応をお願いします。
臨時休業の判断基準について.pdf R3.5.6配布
 

新型コロナウイルス感染症関係【1月25日更新】

 全国でオミクロン株が猛威を振るい1日の新規感染者数が全国で6万人を超える状況となっております。本県においては1月24日から県内全域に鳥取県版新型コロナ警報の「特別警報」が発令され、更なる感染防止対策が求められています。
 本校においては、1月21日(金)から分散登校・分割授業を実施し教室内の密を避ける対策に取組むなど、今まで以上に緊張感をもって対応しております。各家庭におかれましても引き続き感染予防及び感染拡大防止に努めていただきますようお願いいたします。なお、今後の対応・留意事項についてきましては以下の資料でご確認ください。


【資料】
R04_01.25 コロナウイルス感染症への対策等について.pdf

20220121 コロナチラシ.pdf

ワクチン接種啓発チラシ.pdf
 

卒業生へのお願い

ふるさと鳥取アプリ「とりふる」がリリースされました。
下記URLにアクセスして、アプリをスマートフォンにダウンロードしてご活用してください。

https://www.pref.tottori.lg.jp/289693.htm
 

米工MAKERS

学校の分掌や先生からの様々な情報を、このスペースを使って掲載していきます。
 NoDate執筆者ファイル
 No.81 2021.12.15 生徒会より 冬季球技大会.pdf
 No.82 2021.12.17 2学年主任より 2年日帰り旅行実施(No1).pdf
 No.83 2021.12.20 校長先生より 佳き年をお迎えください.pdf
 No.84 2021.12.22 機械科より マチナカクリスタル.pdf
 No.85 2022.01.07 校長先生より 最強の城米子城.pdf
 No.86 2022.01.12 情報電子科より 啓成小プログラミング交流.pdf
 No.87 2022.01.14 情報電子科より 高校生ものづくりコンテスト.pdf
 No.88  2022.01.17 校長先生より 新春の風景.pdf
 No.89 2022.01.19 電気科より 電験三種.pdf
 No.90 2022.01.21 人権教育部より コロナ禍のなかで.pdf
 No.91 2022.01.24 校長先生より 分割授業.pdf New
 No.92 2022.01.26 JRC部より 募金活動とお礼.pdf New
 
これまでのまとめ
 No Date ファイル
 01~05  2021.04.26~05.10 R3_Makers_01_05.pdf
 06~10  2021.05.12~05.21 R3_Makers_06_10.pdf
 11~15  2021.05.24~06.02 R3_Makers_11_15.pdf
 16~20  2021.06.04~06.14 R3_Makers_16_20.pdf
 21~25  2021.06.16~06.25 R3_Makers_21_25.pdf
 26~30  2021.06.28~07.07 R3_Makers_26_30.pdf
 31~35  2021.07.09~07.19 R3_Makers_31_35.pdf
 36~40  2021.07.21~09.06 R3_Makers_36_40.pdf
 41~45  2021.09.08~09.17 R3_Makers_41_45.pdf
 46~50  2021.09.22~10.01 R3_Makers_46_50.pdf
 51~55  2021.10.04~10.13 R3_Makers_51_55.pdf
 56~60  2021.10.15~10.25 R3_Makers_56_60.pdf
 61~65  2021.10.27~11.08 R3_Makers_61_65.pdf
 66~70  2021.11.10~11.19 R3_Makers_66_70.pdf
 71~75  2021.11.22~12.01 R3_Makers_71_75.pdf
 76~80  2021.12.03~12.13 R3_Makers_76_80.pdf
 
米子工業高等学校メールアドレス

学校代表メールアドレス
(迷惑メール対策で画像にしています)
 

リンク

 

建築コース

目標
  住宅から都市に至る空間を創ろう!
 
学習内容
 建物及び関連する設備を中心とした生活環境に関する学習を行い、建築及び設備等の関連する分野と融合した幅広い技術を学習します。
 
二級建築士の受験に向けて
 当校建築コースで国土交通大臣が指定する建築に関する科目[指定科目]を修めて卒業し、建築に関する実務経験年数が3年以上となると、二級建築士の受験資格が得られます。
 二級建築士の試験には、「学科の試験」と「設計製図の試験」があり、建築物を建設するための幅広い知識や技術が求められます。
 そのため、当校建築コースの3年間で学ぶ専門教科の内容は、二級建築士の「学科の試験」の範囲を各教科に分けて幅広い知識を少しずつ学びます。
 そして、二級建築士の「設計製図の試験」は住宅や店舗の設計をして図面を描くという困難な試験内容ですが、当校建築コースの建築製図という教科で図面の読み方・描き方から学び、三年生になると、「設計製図の試験」で出題されるような課題にも取り組みます。
 また、授業内容を実際に体を動かして学ぶ、実習や課題研究という教科もあり、総合的に建築の内容を学ぶことができます。
 
中学生のみなさんへ
 当校建築コースで学ぶ内容は二級建築士の基礎であり,卒業後ただちに技術者として働けるわけではありません。しかし、当校の校訓である自律・創造・協働のもと、幅広い建築の学びの内容にも自分を奮い立たせて取り組み、建物に住む人のことだけでなく、周囲の環境にも配慮することを学び,同じクラスの仲間と体を動かして実習を行うことは大変意義のあることです。
 卒業後に建築関係の方向に進んだ生徒達はもちろん、そうではない生徒達も当校建築コースで学んだことを土台として多くの方面で活躍しています。
 もし中学生のみなさんが少しでも建築を面白そうだと感じたら、当校建築コースへの進学も考えてみてください。みなさんと出会える日を楽しみにしています。
 

日誌

建築コース >> 記事詳細

2016/09/20

白線引きに行ってきました(明道小学校)【建設科】

| by 建築コース
9月16日(金) 午後 
明道小学校に駐車場白線引きと,給食用の車が止まる黄色い斜線を引きに行きました。
【作業の様子】


斜めに入れる寸法を測り、ガムテープでマスキングし、黄色い塗料を塗っていきます



路面は車で踏まれたり、、夏の熱や冬の寒さなどにも耐えられるように二度塗りをしています。
【始めの状態】


【完 成】



【集合写真】



09:55

検定