バスケットボール

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

日誌

バスケットボール
12
2018/05/15

第62回中国高等学校バスケットボール選手権大会結果報告。

| by バスケットボール部
5月11日~13日にかけて、標記の大会が岡山県のジップアリーナで開催されました。

選手たちは初日の開会式において、各県の強豪チームが揃う中、鳥取県の代表として胸をはって行進をしておりました。

1回戦は島根県2位の出雲北陵高校との対戦となりました。選手個々の能力が非常に高く、加えて高さと機動力を備えた難敵です。

試合は序盤から相手の運動量と攻守の切り替えの早さに、米子工業らしいプレーがなかなか出せず、苦しい立ち上がりとなりました。
選手たちの動きもやや硬く、20点以上の差をつけられ前半を終了しました。
後半は動きの硬さもとれ、ようやく米工らしい粘り強いプレーが出だしてほぼ互角の戦いとなってゲームが展開していきましたが、前半のビハインドが重くのしかかり、最終的には55-84で敗れてしまいました。

ゲームに臨む際のメンタルの作り方や、トランジションの重要性など、チームとしての課題を改めて確認した大会となりましたが、この貴重な体験を、来るインターハイ県予選に向けて活かしていきたいと思います。
遠くまで応援に来てくださった方々をはじめ、日ごろから本校バスケ部を応援してくださっている方々、本当にありがとうございました。

《試合結果》
1回戦 対 出雲北陵高校(島根2位)
 米子工業 55 - 84 出雲北陵 (敗退)
14:05
2018/04/17

第62回中国高等学校バスケットボール選手権大会鳥取県予選大会報告。

| by バスケットボール部
 4月13~15日にかけて、表記の大会が行われました。
 入学したての新入生の、新たな力も加わり、さらにチーム力を高めて臨んだ大会となりました。前回1月に行われた県新人戦では、悔しい初戦敗退という結果に終わったこともあり、選手・スタッフともに強い気持ちで初戦を迎えました。
 初戦(2回戦)の相手は鳥取湖陵高校。この試合で大活躍したのはK3栁生でした。実に9本の3Pを含む30得点をたたき出し、この試合の主導権を握りました。終始優位な試合運びで、90-52というスコアで快勝しました。
 続く3回戦は前大会で敗れた米子東高との再戦となりました。前半米子東のよくまとまったチームプレーに苦しみ、第3ピリオドまで最大10点のビハインドをつけられる苦しい展開でしたが、第4ピリオドに猛追。このピリオドだけとってみれば22-9と、終盤で試合をひっくり返しました。苦しい試合ではありましたが、M3小林が15P、C3小椋が19P、M1高嶋が20Pと、バランスよく得点を重ね、69-63のスコアで前回の雪辱を果たすことができました。
 大会最終日に迎えた準決勝では、近年凄まじい勢いで力をつけてきた鳥取城北高との試合となりました。前大会優勝の倉吉北高を破って勢いに乗る城北に対し、こつこつと得点を重ね、M3小林が16P,そして期待のルーキーM1高嶋は、実に26Pの大活躍。最終スコアは71-57と、終始リードを保ちながら勝ち切ることができました。
 決勝進出を果たし、立ちはだかったのは鳥取東高でした。準決勝までの疲労で、本来の力を発揮できず、鳥取東に序盤からリードを許す展開。終盤に至っても相手のチームディフェンスを崩すことができず、残念ながら50-72で破れてしまいました。
 しかし、準優勝となったことで、5月11日から岡山市で開催される中国大会の出場権を得ました。強豪チームとの戦いを経験することで、さらにチームとしてレベルアップできると信じ、今後の練習に引き続き取り組みたいと思います。
 今大会は準優勝に終わりましたが、新入生の活躍が目立つ大会となりました。2・3年生が積み上げてきた土台に、これら新しい力を加え、今後ともさらなる高みを目指して参ります。応援くださった方々、本当にありがとうございました。

 《試合結果》
 2回戦 対 鳥取湖陵高校
  米工 90 - 52 湖陵
 3回戦 対 米子東高校
  米工 69 - 63 米東
 準決勝 対 鳥取城北高校
  米工 71 - 57 城北
 決勝  対 鳥取東高校
  米工 50 - 72 鳥東   準優勝

   優秀選手:(M3)小林亮介
15:38
2017/04/17

第61回中国高等学校バスケットボール選手権大会鳥取県予選会結果報告

| by バスケットボール部
4月14日から16日にかけて、標記の大会が開催されました。
初戦の米子東高戦から始まり、全てのゲームが非常に緊迫した展開となりました。しかしながら、連続したタフなゲーム展開のなかで、選手たちも試合ごとにプレイヤーとして成長し、またチームの結束力も高まっていきました。
決勝は連戦の疲労など、コンディションは万全とはいえない状況でのゲームとなりました。前半を終わって10点リードされる苦しい展開でしたが、後半我慢のオールコートディフェンスで徐々に追い上げ、残り3分でついに逆転。そのまま逃げ切り2年ぶり4回目の優勝を掴み取ることが出来ました。
インターハイに向け、選手たちにとっても自信となる大会となりました。この勝利に油断することなく、気持ちを引き締めて次の大会を目指してまいります。

いつも米工バスケ部を暖かく見守り、ご声援、ご支援いただいております関係者の皆様のおかげで優勝を勝ち取ることができました。厚く御礼申し上げます。今後とも応援よろしくお願いいたします。


《試合結果》
1回戦 シードにより試合なし

2回戦  対米子東高
     米工  85 - 73  米子東(勝利)

3回戦  対倉吉東高
     米工  65 - 59  倉吉東(勝利)

準決勝 対鳥取東高
     米工  64 - 58  鳥取東(勝利)

決勝戦 対境高
     米工  71 - 68  境   (勝利)  2年ぶり4回目の優勝!
                       優秀選手:倉橋英賢  山田祐輔 
10:21
2016/11/13

第47回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会鳥取県予選会結果報告

| by バスケットボール部
11月4日から6日にかけて、標記の大会(通称ウインターカップ)が東部地区で開催されました。
この大会において本校バスケ部は、2年連続4回目の優勝を成し遂げ、年末12月23日から開幕するウインターカップ東京大会への出場権を勝ち取りました。
トーナメント初戦から激戦が続くハードなゾーンでしたが、今までの練習で培ってきた粘り強さとチームワークで、部のスローガンでもある「泥くさく」勝負にこだわった結果だと思います。
特に準決勝の鳥取東戦では、4Q残り1分で6点差まで離されながらも、練習してきたディフェンスで相手のミスを誘発し、最後はスローインからのフォーメーションオフェンスで逆転3P(ブザービーター)という劇的な勝利をおさめることができました。決勝も終盤接戦に持ち込まれながら、最後はやはり3Pで勝利をもぎ取りました。「練習はうそをつかない」という言葉を実践するゲーム展開であり、選手たちも本当によく頑張ってくれました。

本校バスケ部に多大なるご協力とご声援をおくっていただいた皆様方には、本当にお世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。今後とも末永く応援していただけましたら幸いです。本当にありがとうございました。

[第47回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会鳥取県予選会結果]
1回戦  シードにより試合なし
2回戦  対 境高
  米工  65 - 54  境  (勝利)
3回戦
  米工  91 - 67  倉吉北 (勝利)
準決勝
  米工  74 - 72  鳥取東 (勝利)
決勝
  米工  73 - 70  倉吉総産(勝利)

最終結果 優勝(2年連続4回目)
優秀選手 古都友輝、伊中康太

10:04
2016/04/19

第60回中国高等学校バスケットボール選手権大会鳥取県予選結果。

| by バスケットボール部
4月15日(金)~17日(日)に、西部地区において標記の大会が開催されました。

昨年度の県新人戦で、悔しい4位という結果に終わってしまった経験をバネに、この4ヶ月間必死に練習してきました。優勝を目指しチーム一丸となって戦い、選手たちもチームとして、またプレイヤーとして大きく成長した姿を見せてくれました。

残念ながら準決勝で米子東高に破れ、3位決定戦に回りましたが、新人戦では敗れた倉吉北高に対して苦しみながらも勝利し、3位を勝ち取りました。

この結果、5月6日(金)~8日(日)に広島市内で行われる中国大会への出場が決定しました。さらなる飛躍を目指して、強い気持ちで中国大会に臨みたいと思います。

応援してくださった皆様ありがとうございました。

【大会結果】
1回戦  シードにより試合なし
2回戦  対鳥取城北   米工 78 - 54 鳥取城北
3回戦  対鳥取西     米工 74 - 61 鳥取西
準決勝  対米子東    米工 71 - 101 米子東
3位決定戦  対倉吉北  米工 89 - 84 倉吉北  
結果 3位  優秀選手:福本太陽
   
12:03
2015/12/28

ウインターカップ(東京大会)結果

| by バスケットボール部

12月23~29日の日程で東京千駄ヶ谷の東京体育館において、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)が開催されました。

わが米工は23日に1回戦で埼玉県代表の正智深谷高校と対戦しました。
平均身長で大きく上回る相手に対し、前半まったく引けを取らない展開となり、前半は接戦となりました。3Qに高さの差が出始め、じりじりと点差を広げられながらも、粘り強いディフェンスで立ち向かい、一時は4点差にまで詰め寄りました。しかし、最終的には再びリードを許し、残念ながら勝利を飾ることはできませんでした。

しかし、鳥取県の代表として、持てるものをすべて出し切って精一杯戦ったことは、選手にとってチームにとって、非常に大きな財産となりました。

この貴重な経験を、今後の糧にしていきたいと思います。
大会に際しまして、多大なるご支援とご尽力を頂いたすべての方々にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

【試合結果】
 1回戦  対 正智深谷(埼玉)
     米工  55 - 72  正智深谷

15:37
2015/12/21

2015新人戦西部地区予選会の結果

| by バスケットボール部

9月に行われました第一次リーグ戦の結果を受け、西部地区の上位4チームによる二次リーグが12月19・20日に行われました(他は米子東・米子西・境)。

わが米工は、ウインターカップ東京大会をひかえていることもあり、1・2年生の新チームの準備が難しい部分もあったのですが、境高・米子西高戦ではいずれも苦しい試合展開でしたが、粘り強く戦い、辛くも勝利することができました。

しかし、最終戦の米子東高戦では2・3Qでリードを奪われ、4Qで追い上げましたが届かず、結果は2位で終えました。

これにより、1月に開催される県新人戦では2位ゾーンが確定しました。さらに熾烈な試合となることが予想されますが、しっかりとチーム一丸となって臨みたいと思います。

【試合結果】
1試合目  対 境
  米工  94 - 93 境 (再延長)
2試合目  対 米子西
  米工  91 - 78 米西
3試合目  対 米子東
  米工  61 - 73 米東
  ※最終結果:2勝1敗(2位)
12:15
2015/11/16

ウインターカップ鳥取県予選優勝!

| by バスケットボール部

11月13~15日において行われた全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)の鳥取県予選会において、わが米工バスケ部が、悲願の優勝を成し遂げました!!

実に11年ぶり3回目の快挙です!

インターハイ予選では準決勝で悔し涙を流した3年生を中心に、チームが1つとなって勝ち取った栄冠です。今回の結果をもって、12月23日から東京体育館において開催される全国大会への出場権を獲得することになりました。

多くのご声援とご協力ありがとうございました。

【試合結果】

  《1回戦》シードにより試合なし
  《2回戦》 対 鳥取工業
     米工 97 - 41 鳥工
  《3回戦》 対 八頭
     米工 91 - 37 八頭
  《準決勝》 対 鳥取東
     米工 74 - 60 鳥東
  《決勝》  対 米子東
     米工 80 - 59 米東
          ※優秀選手:船越将叶・今井建

12:21
2015/03/27

応援して下さる皆様へ

| by バスケットボール部

日頃より、本校バスケット部の応援をして頂き、誠にありがとうございます。
さて、今年度の人事異動に伴い、来年度より、新体制となります。
今日まで監督を務めさせて頂き、優勝することが出来ず申し訳ありません。
3月31日まで、責任を持って指導をさせて頂きます。

8年間勤務をさせて頂き、その中で多くの方と出会い、多くの方に支え、応援して頂きました。誠にありがとうございました。

OB関係者をはじめとする、周囲の方より過去の成績も載せてもらいたいという要望があり、この度載せます。
以下に、過去8年間の記録を示します。詳細については、鳥取県バスケットボール協会のホームページ等をご参照下さい。宜しくお願い致します。

平成19年度
 ・中国大会県予選 2回戦敗退
 ・高校総体予選 ベスト8
 ・ウインターカップ予選 第3位
 ・県新人大会 第3位
 ・中国新人大会 1回戦敗退

平成20年度
 ・中国大会県予選 ベスト8
 ・高校総体予選 ベスト8
 ・ウインターカップ予選 第3位
 ・県新人大会 2回戦敗退

平成21年度
 ・中国大会県予選 第3位
 ・中国大会 ベスト16
 ・高校総体予選 第3位
 ・ウインターカップ予選 第3位
 ・県新人大会 ベスト8

平成22年度
 ・中国大会県予選 ベスト8
 ・高校総体予選 ベスト8
 ・ウインターカップ予選 第3位
 ・県新人大会 第3位
 ・中国新人大会 ベスト16

平成23年度
 ・中国大会県予選 準優勝
 ・中国大会 ベスト16
 ・高校総体予選 準優勝 
 ・ウインターカップ予選 準優勝
 ・県新人大会 第3位
 ・中国新人大会 ベスト16

平成24年度
 ・中国大会県予選 第4位
 ・高校総体予選 ベスト8
 ・ウインターカップ予選 ベスト8
 ・県新人大会 第4位

平成25年度
 ・中国大会県予選 第3位
 ・中国大会 ベスト8
 ・高校総体県予選 準優勝
 ・ウインターカップ予選 第3位
 ・県新人大会 ベスト8

平成26年度
 ・中国大会県予選 第3位
 ・中国大会 ベスト8
 ・高校総体予選 第3位
 ・ウインターカップ予選 準優勝(試合の模様を、中海テレビさんが放送して下さいました。)
 ・県新人大会 準優勝
 ・中国新人大会 ベスト8

本校の生徒は、他校の生徒に負けないくらい一生懸命頑張っています。
これからも、米子工業高校バスケットボール部の応援を宜しくお願い致します。


16:01
2015/03/27

平成26年度中国高等学校バスケットボール新人大会について

| by バスケットボール部

1.大会名 平成26年度中国高等学校バスケットボール新人大会

2.期日 平成27年2月7、8日

3.会場 広島県安佐南区スポーツセンター

4.試合結果
 (1)1回戦 米子工 63 - 61 松江工業(島根県2位)
 (2)準々決勝 米子工 48 - 84 如水館(広島県1位)

5.総括
  中国大会でベスト8に入賞した。しかし、他県との差が大きいことを改めて感じた大会であった。生徒達は、着実に力を付けてきており、さらに練習を重ね、差を縮めていきたい。


15:53
12