「淀江漁港と大山」
 

令和3年度 学級目標と学級への願い

淀江中学校の学級目標は、生徒会目標の
「いじめ、からかい、悪口のない安心で安全な学校を自分たちでつくろう」
の実現のため、全生徒で合意した「淀中プロミス」の主旨をうけて作成しました。
その思いを大切にし、常に振り返りながら学校生活や学習をより良いものに高めていきたいと思います。
本校の学級目標は
・かかわり 
・学習 
・生活 
の3つの観点からできています。
 

とびうお

≪とびうお学級≫
学級目標 「笑顔で協力できる優しいクラス」

かかわり:一人一人を大切にする一人一人を大切にしていきたいです。
自分から相手に優しく接することで、相手も自分に対して優しく接してくれると思います。
そうすることで、嫌な思いをする人がいないクラスにしたいです。

学習:「困っている人に声をかける」
困っている人に声をかけると、相手も安心して勉強できると思います。そ
うやって、みんなで一緒に勉強に取り組んでいきたいです。

生活:「係の仕事をきちんとする係の仕事をしないと、他の人に迷惑がかかってしまいます。
係の仕事をきちんとすることで、自分たちのことは自分たちでする力を身につけていきたいです。

代議員の学級に対する思い
目標を達成することで、お互いに頼れて、安心できて、楽しい学級を作っていきたいです。
これからいろいろなことがあると思いますが、みんなで協力してがんばっていきたいです。
 

あすなろ

≪あすなろ学級≫
学級目標  
「お互いの個性や特性を理解しあい、みんなで楽しく勉強ができるクラス」

かかわり:お互いの気持ちを考え、これからの生活をよくするために、まずはお互いのことをわかりあうことが大切であると考えました。

学習:それぞれ同じ教室の中でも学習内容が異なるので、それぞれの学習を大切にしたいと思います。

生活:相手のことを理解しないと、すぐにけんかになってしまうので、それぞれの主張を受け入れる努力をしたいとおもいます。

代議員の学級に対する思い
それぞれが異なる個性や特性を持つ中で、少しでも分かり合い、気もちの良い生活ができるように考えて生活していきたいです。
 

3年A組

≪3年A組≫
かかわり:「意見に反応し、嫌な思いをしない、させない、仲の良いクラス」
淀中プロミスにもある『自分や相手の思いを伝えやすい環境』をつくるためには相手に反応することが絶対に必要だと考えました。その上でクラスの仲間の個性を尊重し、相手を思いやった関わり方をしっかり考え、発言したり、行動したりできれば全員が『このクラスでよかった』という思いで卒業できると考えました。

学習: 「みんなが話し合いに参加し、誰とでも聴き愛や教え合いができるクラス」
全員が話し合いに参加することで、全員が学習に参加でき、自然と教え合いができると思います。
教え合いをするうえで全員が押さえたいことは、学習の得意、不得意があるということ。
自分と違うからといって否定するのではなく、しっかりと『聴き愛』のルールを守り、高め合える仲間でありたいと考えてこの目標を考えました。

生活:  「当たり前のことを意識して過ごせるクラス」
ひとことに『当たり前』と言っても人によって差はあるが、ここであげたクラスの当たり前とはみんなが感じている課題や、こうありたいという思いである。
具体的にはプロミスにある『聴き愛ができること』『意見に反応すること』、
そして3年生として意識したい『あいさつができること』『授業と休憩の切り替え』である。全てを意識して過ごすことでクラス全員にとって安心で安全で楽しいクラスを目指したいと思います。

代議員の学級に対する思い  
この学級目標は討議に討議を重ね、全員が納得いく目標を考えました。それだけにこの学級目標はただの掲げた目標ではなく、この1年間全員が意識し、卒業するときに全員が『このクラスでよかった』という思い出卒業して欲しいと思っています。今はまだできていない事もありますが、どんな小さな問題もクラス全員の問題として考え、一人や一部の人だけが悩むことがないようにしたいと思います。
 

3年B組

≪3年B組≫
かかわり:「いじめ・からかいがなく、お互いを認め、応援できる笑顔なクラス」
人が傷つくような言葉遣いや行動をするのでなく、仲間を応援したり笑顔にしたりする言葉をかけたり、行動したりしたい。
このことを心がけると自分も笑顔になれると思うので、クラス全体で取り組みたい。
この状態に達することができたら、みんなが安心・安全に過ごすことができると思う。

学習:「お互いに教え合いができ、メリハリがつけられるクラス」
男女関係なく、おたがいに教え合いをすることで、協力ができ、クラスの絆を深めることにつながる。
現在、休憩時間と授業時間のメリハリがついておらず、授業中に私語が出てしまうことがあるので、そこを改善したい。

生活: 「当たり前のことができ、周りを見て行動できるクラス」掃除や給食の配膳など、自分勝手に行動するのではなく、「自分がやるべきことをやる」ができるクラスになりたい。
 

3年C組

≪3年C組≫
かかわり:「みんなが平等に接し合い1人がみんな、みんなが1人を想い合った言動ができるクラス   
全員の個性を認め平等に接し合うことで、相手を想い合うような言動が日常的にでき、人に嫌な思いをさせないような行いをしてほしいという思いを込めました。

学習:「相手の意見を否定せず、学習への意識が高く、教え合えるクラス」   
学習への意識が高く教え合えることで、クラス全体の授業への取り組み方が良くなってほしい。
そして、相手の意見を否定しないことで自分以外の意見も取り入れられると思うので、そこから授業の内容をより深く学んでいってほしいという思いを込めました。

生活: 「正しいことと悪いことを理解し、笑顔が絶えず、雰囲気が良く明るいクラス」   
正しいことは正しい、悪いことは悪いと1人1人が理解して生活し、クラスの中の明るい雰囲気や笑顔が今までよりも増え、より活発的なクラスになってほしいという思いを込めました。

代議員の学級に対する思い   
かかわり・学習・生活。この3つの目標に全員の意見を入れているので、全員が卒業するまでに目標達成できるようになってほしいです。
そして、目標を設定して満足するのではなく、意識をきちんと持ち、よりよいクラスを目ざして頑張っていきたいです。
 

2年A組

≪2年A組≫
かかわり:「相手の気持ちを考えて誰とでも楽しく話せるクラス」   
相手の気持ちを自分なりに考えて誰も嫌な思いをしないような関わり方をしたい。また、ポジティブな言葉が飛び交うようなクラスになりたい。

学習:  「人の意見を大切にし、教え合いができるクラス」
友達が自分と違う考え方でも否定せず1つの意見として大切にできるようにしたい。また、教え合いをすることによって教える側、教えてもらう側、両方の学習の理解を深めたい。

生活:  「真摯な心で感謝の気持ちを忘れず笑顔あふれるクラス」普段から周りの友達や先生への感謝の気持ちを忘れず何事にも熱心に取り組むことができるようになりたい。そして、クラス全員で公的な楽しみを見つけ笑顔が絶えないクラスになりたい。

代議員の学級に対する思い   みんなで決めた学級目標に向けてクラスの代表として頑張りたい。まずは一人一人が学級目標に向かって頑張り、達成するのが難しい部分はクラスのみんなと支え合ってみんなで達成できるようなクラスを目指したい。そして、誰か一人を置いていくのではなくみんなで大変なことにもチャレンジしてまとまりのあるクラスを目指したい。
 

2年B組

≪2年B組≫
かかわり:「個性を理解し、お互いを尊重し合い、相手を思いやり、みんなで一つになろう」
嫌な思いをする人が一人もいないように、相手のことを考え、クラスがバラバラにならないように、まとまろうという思いを込めました。

学習:「一生懸命努力して進んで発表をし、授業妨害をせず、聴き愛をして教え合おう」積極的に、発表・聴き愛・教え合いをして、まじめに授業に取り組めるクラスにしたいという思いを込めました。

生活: 「公私をわきまえ、あいさつをし、安心安全な学校づくりをして楽しく過ごそう」休憩と授業とのけじめをつけて、安心安全で楽しい!と思えるようなクラスにしたいという思いを込めました。

代議員の学級に対する思い
自分たちで安心安全で楽しい落ち着いたクラスを作り、代議員や班長を中心に協力できるクラスにしていきたいです。
 

2年C組

≪2年C組≫
お互いに協力して、一人ひとりの意見を尊重し合って、仲間を大切にするクラス
かかわり:「小さな助け合いができるクラス」
小さなことでも気づき、支え合えるようになり、お互いに協力し合えるクラスになったらいいなと思います。

学習:  「小さな教え合いができるクラス」
一人もおいていかないで教え合って互いに高め合えるようなクラスで学習すれば、
みんなが力がついていくと考えてこの目標をつくりました。

生活:  「挨拶をして、ルールをちゃんと守るクラス」
まず挨拶から始めて、周りの人とたくさん関わり、学校の決まりをしっかり守って生活できるクラスにしようという思いをこめました。

代議員の学級に対する思い
このクラスを、「自分の意見を、自信を持って伝え合えるようなクラス」にしたいと思っています。
そのためには、一人ひとりを大切にして認め合い、高め合える、そんなクラスにしていきましょう。
また、今できていることは継続し、改善した方がよいことは意識して直していきましょう。
 

1年A組

≪1年A組≫
かかわり:「仲間のことを考え、人を侮辱することを言わないクラス」
仲間のことを考えずに、人のことを馬鹿にしたり、からかったりする場面があるので、
相手がどう感じるか考え発言できるクラスになりたいと思いました。
また、この目標が達成できたら、淀中の生徒会目標の「いじめ・悪口・からかいのない安心安全な学校を自分達でつくろう」にも近づけると考えました。

学習:  「人の意見が聴けて、すぐに否定しないクラス」
人の意見は聴けるけど、すぐにそれを否定したり、横やりを入れたりする姿がよく見られます。
そのため、まずは相手の意見をしっかりと聴けるクラスになりたいと思います。
この目標が達成できたら、話し合いが進み、「聴き愛」も意識できるクラスになると考えました。

生活: 「声かけを協力して、2分前着席をするクラス」
4月から2分前着席ができていなくて、授業に遅れることがありました。
この目標が達成できたら、授業に遅れず、勉強がたくさんできます。
また、授業準備を忘れてしまう人も減り、より授業に集中できると考えました。

代議員の学級に対する思い
私たちはこの学級目標を常に意識して生活することで、1年後に、仲間と助け合え、
今のクラスよりみんなに居心地のよいクラスをつくっていきたいと思います。
 

1年B組

≪1年B組≫
かかわり:「暴言・いじめを許さず、一人一人を理解して、だれとでも楽しく仲の良いクラス」
日々の生活で、悪口や人を傷つけるマイナスワードを耳にすることがあります。
それらの言葉は、人を嫌な気持ちにさせるし、人権も尊重できていません。
だからこそ、暴言・いじめはおかしいという雰囲気をみんなで作っていきます。
そして、相手を傷つけるのではなく、人権を尊重し、その人らしさあふれる性格や個性を認めえる声かけをしていきます。
そうして、淀中プロミスにもあるように、一人一人が安心・安全な環境で過ごすことが出来るよう目指していきたいです。

学習:「授業と休憩の区別をつけ、授業ではあきらめず真剣に取り組むクラス」
1年B組では、時々休憩と授業の区別をつけることの出来ない人がいます。
また、特に昼休憩の後の授業に集中できていない時もあります。
加えて、わからないとすぐにあきらめる声も聞こえてきます。
みんなでこの学級目標を意識して行動したり、互いに呼びかけを行ったりしながら、
2分前着席・授業準備やお互いに教え合いを頑張ります。
そして、学級の誰もが集中しやすく、互いを思い合える環境を作っていきたいです。

生活:「みんな協力して、素早く行動し、何でも全力でできるクラス」
クラスの中で、中々ルールを守れなかったり、だらだら行動してしまったりする人がいます。
お互いに班活動やペア活動で協力したり、メリハリをつけたりできるクラスにしていきたいです。
また、ただ学校のルールを守るだけではなく、社会のルールを守ることが出来るクラスを目指しています。
そして、クラスが一体感を持って、授業や行事、学校生活を楽しんでいきたいです。

代議員の学級に対する思い
毎日楽しく学校生活が送れるようなクラスにしていきたいと考えています。
また、まず自分が2分前着席や授業準備を心がけ、みんなの模範となるように頑張りたいです。
これから、クラスのみんながそれぞれの性格や個性を理解し、認め合い、
誰とでも仲良くでき、一致団結し、クラス全員で2分前着席や授業準備ができるクラスを目指します。
 

1年C組

≪1年C組≫
かかわり:「男女関係なく仲良しで、優しい言葉づかいができるクラス」   
男女関係なく仲良くすると、クラス全体の雰囲気が良くなり、クラスで取り組むときに、協力しやすくなる。
また、優しい言葉づかいができるようになると、みんなの笑顔が増えると思ったから。

学習:「私語が少なくて、授業に集中できるクラス」   
私語が少なくなると、授業に集中して取り組めるし、大事なことを聞き逃さなくなるから。

生活:「学校のルールを守って、安心・安全な学級にしよう」   
学校のルールを守ると、安心して生活できるし、安全な環境でみんなが過ごせるから。

代議員の学級に対する思い   
このクラスは、とても賑やかで明るい集団だけど、きまりやルールを守るという意識がまだまだなので、
学級目標を意識して、自分たちの力でクラスをさらに良くしていきたいと思います。