校長あいさつ

校長岩田直樹「グローカル人材」の育成をめざす

 鳥取県立鳥取商業高等学校ホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 本校は明治43(1910)年に創立され、今年で創立111年を迎えます。鳥取県商業教育の拠点として、約2万名にのぼる有為の人材を輩出してきました。卒業生は、県内はもとより全国各地で、産業経済界のみならず教育、スポーツ、文化など、さまざまな分野で活躍しています。

 鳥取商業高校はめざす人物像として、「地域の産業経済界をリードし、活躍する人」を掲げています。鳥商デパートを「鳥商教育の集大成」と位置づけ、「ビジネス教育」「資格取得」「部活動」の3本柱を通して、地域社会に貢献できる人材の育成に努めているところです。

 本校では、全国的なネットワークを築くために、平成26年度から鳥取県商業教育フォーラムを開催しています。これまでに北は青森から南は九州まで12校を招聘し、全国トップレベルの商業教育実践校と交流を深めてきました。
 また、「主体的・対話的な深い学び」を早くから取り入れています。平成25年度から3年間にわたり文部科学省研究指定校として授業改革に努め、一斉講義型授業を補完する在り方を模索してきました。
 このような取り組みが評価され、平成28年度には、全商(全国商業高等学校協会)加盟校1400校のうち毎年数校が対象となる「学校表彰」を、平成29年度には、文部科学省から「キャリア教育優良学校表彰」を、それぞれ受賞しました。
 
 教育活動の根幹である健康教育を学校経営の基軸に据えていることも、本校の特徴の一つです。10年間継続している体力づくり(商高体操、集団行動、強歩大会等)と地域に開かれた生徒主体の問題解決型活動(健康教育LHR、鳥商デパート等)が評価され、令和2年度「全国健康づくり推進学校」最優秀賞(日本学校保健会)を全国の高校の中で1校のみ受賞しました。 

 さらに、昭和62年から実施している国際交流にも力を入れています。令和2年度から本格交流を開始する予定であったアメリカ・バーモント州エセックス高校とは、コロナ禍の中、オンライン交流を進めています。
 
 「グローバル」と「ローカル」を組み合わせた「グローカル」という言葉があります。「世界規模で考え、地域社会で活動する」(Think globally, act locally.)の発想のもとに生まれた言葉です。
 鳥取商業高校は「グローカル人材」を育成する学校です。校訓質実剛健のもとに、鳥商教育のめざす姿を教育実践の中で実現し、ふるさと鳥取の「持続可能な発展」に貢献できる人材を育成していく所存です。
                                       
                             
                             鳥取県立鳥取商業高等学校                                              
                             第30代校長 
岩田 直樹
 

〒680-0941 鳥取県鳥取市湖山町北2丁目401番地 電話:0857-28-0156 FAX:0857-28-0157

このサイトについて | サイトマップ | 交通アクセス