同窓会

鳥取商業高等学校同窓会
は、卒業生相互の親睦を深め、母校との連絡を密にし、その発展に資することを目的として活動しております。

組織と会則

  • 鳥取商業高等学校同窓会Adobe PDF鳥取商業高校同窓会会則(84KB)(PDF形式)
  • 若葉会(鳥取商業高等学校同窓会 関東支部)
  • 双葉会(鳥取商業高等学校同窓会 関西支部)Adobe PDF双葉会会則(80KB)(PDF形式)
 
1234

【同窓会】令和元年度同窓会入会式

 3月2日(月)令和元年度同窓会入会式が行われました。岡田信俊会長からご挨拶をいただいた後、学校・家庭・地域における顕著な取り組みや成果を顕彰する「産文賞」の表彰が行われ、武田大直さんと石井美咲さんに賞状と記念品が贈呈されました。その後、谷尾幹事長様の役員紹介や活動報告を経て、新入会員を代表して加賀田樹さんが宣誓を行い、卒業生162名が同窓会に入会することになりました。
    
2020年03月02日18時30分 管理職

【同窓会】「創立110周年記念事業」幹事会の開催について(御案内)

 下記の通り、学年代表幹事会を開催します。
 ご都合のよい時間にお越しいただきますよう、よろしくお願いします。
同窓会幹事会案内.pdf
2019年12月05日18時28分 管理職 カテゴリ:本校事務局

【同窓会】 東京若葉会(関東同窓会)が開催されました

11月10日(日)、東京・新橋駅前の「とっとり・おかやま新橋館」2階の「ビストロカフェももてなし家」(「ももてなし」とは岡山の「もも」と鳥取の「なし」を合わせた造語)において、東京若葉会総会・懇親会が開催され、約30名の同窓生の皆さんが参加しました。
 徳田政昭・若葉会幹事長による開式の辞、黙祷、中川忠司・若葉会会長の挨拶、5名の来賓(岡田信俊・同窓会長、米田満夫・双葉会会長、岩田直樹校長、西村省二元校長、島田幸人・鳥取県東京本部主幹)による挨拶の後、島田幸人・若葉会名誉会長の乾杯の音頭で、懇親会が始まりました。
 参加者全員が鳥商時代にタイムスリップしたかのように話に花が咲き、2時間の懇親会があっという間に終わりました。全員による自己紹介・近況報告の後、次回の再会を期して閉会しました。
 
2019年11月11日10時43分 管理職 カテゴリ:若葉会(関東支部)

【同窓会】令和2年度創立110周年記念式典について

 以下の通り、7月3日(水)役員会で確認しております。

◆記念式典
 日時 令和2年7月8日(水) 午後
 会場 鳥取市民会館

◆祝賀会
 日時 令和2年7月8日(水) 午後
 会場 白兎会館

※時間帯等の詳細は、決まり次第お知らせします。


2019年08月29日09時51分 管理職

【同窓会】令和元年双葉会(関西支部)総会

 7月6日(土)、大阪キャッスルホテル(大阪市中央区天満橋京町)において、66周年を迎えた関西同窓会・双葉会(米田満夫会長、会員約850名)の総会が盛大に開催されました。
来賓として鳥取県関西本部・岸田副本部長、鳥取市関西事務所・中原登所長の御臨席を賜り、鳥商関係では、岡田信俊・同窓会会長、谷尾勝利・同窓会幹事長、関東同窓会(若葉会)・徳田政昭幹事長、高野辰二郎元校長、西村省二元校長、坂林豊人前校長、岩田直樹校長が参加しました。
 佃春雄・双葉会幹事長のユーモアあふれる司会により、午前11時から午後3時まで楽しい時を過ごすことができました。
 講演では、円城寺隆二氏が、同級生で親友だったフランス芸術勲章を受章した故谷口ジロー氏、経済マンガで有名な玄太郎氏について、マンガ家への夢を捨てがたく会社を辞めマンガ家のアシスタントへ転身したこと、デビュー当時の様子、売れっ子になってからも続いた3人の交友関係などについて、ときに熱く、ときにしみじみと語られました。
最後に、西商、新商の校歌を合唱し、創立110周年を迎える来年の再会を誓いました。
 次第は、下記のとおりです。

第1部 総会
 1 開会挨拶  2 黙祷  3 会長挨拶  4 来賓紹介  5 来賓挨拶
 6 議事 7 鳥商報告  9 閉会挨拶
第2部 講演
  円城寺隆二 氏 (新商7回、昭和41年卒)
「ペンネーム 谷口ジロー・玄太郎さんのマンガ家への夢」
第3部 懇親会
 1 乾杯  2 歓談  3 アトラクション(因幡の傘踊り) 4 中締
5 校歌  6 閉会挨拶  

     


2019年07月08日11時43分 管理職 カテゴリ:双葉会(関西支部)
1234

〒680-0941 鳥取県鳥取市湖山町北2丁目401番地 電話:0857-28-0156 FAX:0857-28-0157

このサイトについて | サイトマップ | 交通アクセス