日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2021/04/07

令和3年 入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 校地内に咲き誇る花々や木々の新芽が鮮やかな季節となりました。
 昨年度来、新型コロナウイルス感染症予防を行い、新しい学校生活への工夫を重ねてまいりましたが、依然として感染力の高いウイルスへの緊張感が続いております。そうした中にあって、本日、令和3年度鳥取県立鳥取盲学校入学式を挙行できますこと、心より感謝申し上げます。
 改めまして、ただ今入学を許可しました2名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。保護者の皆様、心よりお祝い申し上げます。入学生お二人と保護者の方、教職員の一部が会場にいる形とさせていただいておりますが、大画面で映し出された在校生の皆さんもお二人の入学をそれぞれの教室からお祝いし、エールを送ってくださっています。
 この鳥取盲学校は、明治43年に遠藤董(えんどう ただし)先生により「私立鳥取盲あ学校」として創設され、今年で創立111年を迎える、長い歴史と伝統をもつ学校です。たくさんの夢と希望を持って入学してこられたお2人には、どうか安心して学校生活をスタートしていただきたいと思います。
 鳥取盲学校の今年度のキーワードは「つながる」です。本校の児童生徒10名、ご家族の方と教職員がしっかりと心を一つにつながること。そして、自分の周りの人や学校を支えてくださる地域の方々とつながること。つながることで理解の輪が広がり、生活しやすさや安心感、ひいては夢の実現につながっていくと信じています。児童生徒の皆さんとともに、人や地域とつながり、自立に向けた生活が広がっていくよう、一緒に歩んでいきましょう。
 お二人にとって、本校での出会いが新たな自分の発見につながり、自分を成長させてくれるはずです。夢の実現に向け、自分らしく、臆することなくその力を発揮されるとともに、それぞれに輝きを増していかれることを心から願っております。
 最後になりましたが、保護者の皆様、私たち鳥取盲学校教職員は、初代校長の遠藤董先生の意思と人間愛を受け継ぎ、お二人の成長に向け、一丸となって指導・支援してまいります。どうぞ本校教育にご理解とご協力いただきますようお願い申し上げ、式辞といたします。


09:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)