鳥取県
教育センターホームページのトップページはこちらをクリックしてください                                       交通アクセスのページはこちらをクリックしてください お問い合わせのページはこちらをクリックしてください
 
トップページ 

やさしいブラウザ(Easy Web Browsing)のホームページ閲覧支援機能をご使用になる場合は、下のアイコンをクリックしてください。
やさしいブラウザについての詳細はこちら
やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用ください
 

ホームページ移行のお知らせ

教育センターのホームページをCMSサイトに移行しました。
新しいURLは
https://www.pref.tottori.lg.jp/kyoikucenter
10月以降の教職員研修開催要項は下記ページからご覧ください。
研修開催要項
 

お知らせ

「非集合型遠隔研修受講マニュアル」
「メニュー」→「学校教育支援」からダウンロードして御活用ください。

※県内公立学校においては、「学校教育支援サイト」からダウンロードすることもできます。
 【学校教育支援サイト上の掲載場所】
 「知りたい」→「研修講座」→「実施要項・手引・様式・ハンドブック・シラバス」 
 

教育企画研修課トピックス

令和3年度
2021/07/19

S×T協議会

| by ICT支援員
島根大学と連携した教員支援と人材育成の推進
            ~初任者支援を中心に~


 7月16日に、令和3年度山陰教師サポート連携協議会(S×T協議会)を開催しました。
 この協議会は、島根大学教師教育研究センターと鳥取県教育センターが連携し、鳥取県内の学校現場の現状を踏まえた教員支援と人材育成に向けた具体策を協議することを目的とするものです。
 島根大学教師教育研究センターをはじめとする島根大学関係者、県教育委員会事務局関係各課、各教育局等22名が遠隔で参加し、各機関の最新の情報を共有するとともに、「初任者支援の充実」と「未来の教師育成」に向けた熱心な協議を行いました。
 初任者支援の具体策として、次のような案を協議しました。島根大学の教職員と県教育センター指導主事が共に初任者を対象としたオンライン座談会を実施すること、所属校訪問による初任者研修(研修番号9)の際に、島根大学出身者については島根大学教職員が同行し、面談を実施すること、ICTを活用した連携事業を行うこと等です。
 本年度も島根大学としっかりと連携し、初任者支援を中心とした教員支援と人材育成を進めていきたいと思います。

14:55
2021/07/13

ふるさとキャリア教育

| by ICT支援員
鳥取県に誇りと愛着を持ち、自分らしい生き方を実現する
           児童生徒の育成を目指して~【ふるさとキャリア教育】研修より~



 ふるさと鳥取県におけるキャリア教育のあり方ついて理解し、その推進のための具体的な手立てについて考えること、「キャリア・パスポート」について理解を深め、小学校から高等学校を通じた系統的な指導につなげていくことをめざして研修を行いました。
 本県における「ふるさとキャリア教育」のあり方について小中学校課から説明後、ふるさとキャリア教育モデル事業実施地区の日野町から、小・中・高等学校が連携し、地域人材を活用した取組について紹介していただきました。地域社会とつながることを意識しながら児童生徒を育成する取組でした。
 続いて、筑波大学藤田晃之教授のキャリア・パスポートの活用に焦点をあてたキャリア教育のあり方についての講義では、学ぶことが将来につながっていることを実感させることが有意義な取組になること、大人が鳥取を好きでいることが大切であることをお話しをしていただきました。
 受講者の「異校種の先生の取組やキャリア教育の考え方を知り、今後のキャリアパスポートへの取り組ませ方や子どもへの言葉かけなどを考えるきっかけになりました。」などの感想から、「ふるさとキャリア教育」のあり方や他校種の実践について理解を深め、縦のつながりを意識した実践の重要性について再認識している様子がうかがえました。
 今後、子どもたちが予測困難な社会の中で、ふるさと鳥取を愛し、それぞれに思い描く幸せを実現する力を身に付けていくために、「キャリア・パスポート」を活用しながら学年間や学校間をつなぐことを大切にした実践が積み上げられることを期待します。

17:17
2021/06/29

新任校長研修

| by ICT支援員
学校の危機管理を考える
      ~未然防止、迅速かつ的確な対応のために~

 県教育センターでは、8月までの研修について、原則非集合としており、学校経営研修も県内外の講師と各所属校をつないで実施しています。
 6月21日には、大阪で法律の専門家の立場で子どもの育成に関わっている弁護士をオンラインで招き、新任校長32名を含めた校長62名を対象とした学校危機管理と校長の役割についての研修を実施しました。
 講義では、現在の学校教育が抱える様々な問題について、最新の事例を挙げながら、背景をきちんとアセスメントして支援方法をプランニングし、チーム対応することの重要性を伝えていただきました。一同大変熱心に聴き入る様子がうかがえました。
 研修後の振り返りでは、自校の事故発生時の体制の点検や、いじめ対策委員会の在り方の見直しといった具体的な取組に早速着手したいという声が多くありました。研修での学びが学校経営に生かされ、子どもたちがより安心・安全な学校生活を送ることを切に願います。
 教育センターでは、画面越しであっても、県としての思いを発信しつつ、学校のニーズと最新の情報をつなぐ研修を工夫していきます。

15:47
2021/06/18

初任者研修(特別支援学校)

| by ICT支援員
学びを深めるための工夫を凝らして
        ~初任者研修(特別支援学校)より~

 6月の初任者研修は各校種ごとに研修番号3及び研修番号4を実施しています。非集合での遠隔研修が続いており、各所属校での受講となりますが、研修成果が上がるよう、講義はもちろん、演習や協議も取り入れながら、研修方法について最大限工夫を凝らしながら実施しています。
 6月3日に実施した初任者研修(特別支援学校)では、鳥取盲学校をホスト会場に、視覚障がい教育について講座を開きました。事前に受講者に郵送しておいた点字を使っての演習、タブレットで校舎内を撮影しながら数多くの設備や機器の紹介など、鳥取盲学校の教職員の皆様のアイデアを盛り込んだ熱心な講義等により、学びを深めました。 
 講義・演習で学んだことをもとに行った協議では、次のように自分の実践を振り返り、明日からの実践に生かすことを見出していました。
「児童が自発的に学ぼうと心を動かす体験ができるような課題、教材を提供することが、主体的な学びにつながると感じた。」「掲示の仕方、教科書等の配置についてなどを改めて考えるきっかけになった。」
 研修での学びが授業づくりに生かされることを期待しつつ、今後も工夫を重ねます。

09:05
2021/06/07

初任者研修

| by 指導主事9
県内41校でメンターチーム研修実施中!
メンターチームが初任者とともにつくる学びの場、再始動。


 本年度、小学校、中学校、義務教育学校のうち41校が実施している初任者研修におけるメンター方式。これは、育成期・向上期の教員が中心となりメンターとして初任者とともに学び合う「メンターチーム」と、初任者と若手教員の育成を担う「初任者研修サポート教員」を置く方式です。実施校では既にメンターチームが機能し始め、メンターチーム研修が2回、3回と実施されています。

 倉吉市立小鴨小学校では、6月上旬に第2回目のメンターチーム研修が実施されました。放課後の会議室に集まった参加者は10名。「教材研究の進め方・方法」をテーマに、熱く語り合った1時間の大まかな流れは次のとおりです。

①初任者が悩みを話す
②メンターが準備した資料をロイロノートで共有し、紹介する
③初任者がこの研修で学んだことを話す
④リーダーとサポート教員がまとめる

「もっと詳しく聴きたい」と質問する初任者や参加者の姿、笑い声が広がったかと思えば一転して熱く語る真剣な表情……参加者全員が主体となっているからこそ生み出される「熱さ」がそこにはありました。だれもが明日へのエネルギー補給ができる、そんな場がメンターチームによってつくられているのです。

 本年度も鳥取県教育センターは県内各地を訪問し、メンターチームの活躍を発信していきます。乞うご期待!

13:54
2021/05/13

2年目研修

| by ICT支援員
学習指導に関する実践的指導力の向上をめざして ~2年目研修スタート~



 5月7日と11日に、本年度1回目の2年目研修(小・中・義・高・特・養)を実施しました。
 2年目研修では、学習指導を軸に個々が設定した課題研究を行い、実践的指導力の向上をめざします。今回の研修では、講義・演習・協議を通して、現在の自身の課題と向き合い、課題研究を進めるための目標設定を行いました。
  協議では、授業におけるICT活用、評価のあり方、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた指導等、受講者の日頃の課題が活発に交わされました。
 当初は集合して研修を行う計画でしたが、新型コロナウイルス感染症対策として、Google Meetによる非集合型遠隔研修としました。心配をよそに、昨年度の初任者研修の際に行った非集合型遠隔研修の経験が生かされ、円滑に進行しました。
 今年度も、新型コロナウイルス感染症対策として集合型にしていた研修を非集合型にせざるを得ない状況が生じていますので、学びを止めないよう動画配信や遠隔等方法を工夫しながら研修を実施したいと思います。

15:43

〇学校教育支援サイトへの接続について  

<ログイン方法>
●県内市町村立学校の場合

c4thのログイン画面を表示します。
画面の上の方に表示されているアドレスバー内にすでに通知しているアドレスを入力して下さい。


●県立学校の場合
インターネットに接続する画面を表示します。
ログインをせずに画面の上の方に表示されているアドレスバー内にすでに通知しているアドレスを入力して下さい。

 

学校教育支援サイトリニューアル!

 県内公立学校教職員向けに鳥取県学校教育支援サイトをリニューアルしました。
日々の授業づくりや校内研修等に積極的にご活用ください。
詳しくは各学校への通知をご覧ください。
 〇掲載内容
  ・県内エキスパート教員の授業動画・学習指導案
  ・各種教育情報
  ・校内研修等に活用できる資料(県教育センターで開催した研修の動画)
 

教職員研修開催要項(9月以降については新ホームページ参照)

 
表示すべき新着情報はありません。

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。



鳥取県教育センター 

〒680-0941 鳥取市湖山町北5丁目201番地
TEL 0857(28)2321 FAX 0857(28)8513
E-mail  kyoikucenter@pref.tottori.lg.jp


copyright©鳥取県教育センター