#倉吉総産公式インスタ
利用方針はこちら
 

荒天時の対応


荒天(警報発令)時の
対応については、
こちら 
 

最近の配付物


 特にありません。
 
COUNTER768933
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

入試情報


鳥取県ってどんなところ?

倉吉市ってどんなところ?
 
お使いのブラウザの設定によっては、リンクが一部表示されないなどの不具合がある場合があります。その場合は互換表示を行ってみてください。
 このサイトの情報をすべて閲覧するためには、PDFを表示するためのソフトが必要になります。
 必要に応じてリンク先を活用してください。

 
工業学科機械科

■学科の概要


 工業の中心となる機械系の学習を通して、工業のさまざまな分野で働ける人材の育成を目指しています。

 特に、実習・課題研究などの実技を伴う科目において、ものづくりを体験することで、
 機械屋的な感覚を身につけた技能者を育てることに重点を置いています。

 ◇目標とする専門能力や技術・技能レベル:
  機械製図を読み書き能力や機械工作法、機械設計法、材料学、計測・制御法、電気基礎など、
  工業技術全般の基礎を習得し、機械加工、溶接、計測などの基本的な技能を身に付けていくことです

■学習内容

 教科名 教 科 内 容
 情報技術基礎コンピュータに関して学習します。学習言語はC言語。
 機械製図機械図面について基礎的な知識と技術について学習します。
 機械実習各種工作機械を使用して加工方法や技術を修得します。
 機械工作様々な材料や工作機械について学習します。
 機械設計機械に働く力や材料の強さについて学習します。
 原動機流体力学、熱力学、内燃機関(エンジン)について学習します。
 電子機械コンピュータによる各種制御方法について学習します。
 課題研究ものづくりなど生徒が研究テーマを設定し自発的に課題に取り組みます。
 自動車工学自動車の構造やエンジン、自動車に関する電気・電子技術について学ぶ。

■取得可能な資格

 ■ 機械製図検定  
 ■ 基礎製図検定
 ■ 技能検定3級機械加工(普通旋盤作業)
 ■ ガス溶接技能者
 ■ 危険物取扱者
 ■ ボイラー技士2級
 ■ 品質管理検定4級
 ■ 情報技術検定3級
 ■ 計算技術検定3級・4級
 

学科の行事など

機械科
2021/03/04new

ようこそ高校へ

| by 倉吉総合産業高校職員

3月3日(水)2,3限に進路学習会「ようこそ高校へ」が行われました。
講師は元BASE8823店長の山村さんにお越しいただき、いろいろなお話を聞かせていただきました。



山村さんの自己紹介から始まり、バイクを通して鳥取の良さや隼駅祭りのことについて詳しくお話を伺うことができました。山村さんのお話を聞いてこれから学校生活を頑張ろうと思った人や自分たちがまだ知らない鳥取の良さを改めて知れてうれしかったと思う生徒もいたと思います。実際にバイクにまたがらせてもらえた生徒は「隼」のすごさを体感できたのではないでしょうか。とても楽しくも充実した時間をありがとうございました。
受講した生徒はこの学習会をしっかりと活かして学校生活での取り組みに頑張っていきましょう。
12:16 | 投票する | 投票数(0)
2021/03/03new

機械科 先輩に学ぶ

| by 倉吉総合産業高校職員
日時:令和3年3月3日
企業:パドックⅢ

機械科の卒業生を講師としてお招きし、機械科1・2年生に学生時代の話や
バイクと関わっての体験談などお話しいただきました。
 
           興味深々に聞いていました!!
 
         近くで聞くエンジン音に驚いていました。

今回のお話しを聞いて将来の進路先や働くイメージができたのではないかと
思われます。ありがとうございました。
18:59 | 投票する | 投票数(0)
2021/02/25

旋盤4つ爪単動チャックの心出し方法を学びました

| by doi

 2月24日(水)5・6限、「機械加工実践」を選択している10名の生徒が、4つ爪による材料の取付と心出作業の手順を学びました。
 講師に「神鋼機器工業株式会社」の植田健斗さんをお招きし、植田さんから作業の流れの説明をうけた後、3台の旋盤に分かれて学習をしました。

   
    まずは作業の流れの説明をうけます          ひとつひとつ丁寧に説明していただきました
 
   
   3つのグループに分かれ心出しに挑戦です        ダイヤルゲージを使い精度の確認をします

 初めはハンドルの締め付ける力の加減が分からず悪戦苦闘していましたが、徐々にコツをつかみスムーズにできるようになりました。加工技術の幅が広がったと思います。ご多忙にもかかわらす指導していただきましたことに感謝申し上げます。
20:02 | 投票する | 投票数(0)
2021/02/25

機械科1年生・2年生 「企業見学」

| by 倉吉総合産業高校職員

2月22日(月)及び2月24日(水) 企業見学を行いました。

22日は、機械科1年生が「株式会社寺方工作所」へ訪問し、工場内を見学させていただきました。


     初めて知ることに興味津々!?                               最後はみんなで記念撮影!!

24日は、機械科2年生が「株式会社明治製作所」及び「株式会社テクノメタル」へ見学に伺わせていただきました。


   大きなプレス機にびっくり!!       切削加工が終了した製品も見せていただきました

1年生も2年生も初めての企業見学。大きなプレス機にびっくりしたり、繊細な加工工程に感動したりと1人1人が興味を持った様子が見受けられました。
普段行っている実習とは異なる実際の生産現場を見て今後の進路への参考にもなったのではないでしょうか。
今回の見学を活かして、今後の学校生活の頑張りに期待します。
見学させていただいた企業の皆様方ご協力いただきありがとうございました。
09:18 | 投票する | 投票数(0)
2021/01/19

課題研究発表会

| by 倉吉総合産業高校職員

1月19日(火) 機械科の課題研究発表会が行われました。

3年生がこの1年間の成果を発表してくれました。
「おっ?」と思うような発表内容から、実用的なものを制作した発表まであり3年生の頑張りが見られた課題研究発表となりました。
また鳥取大学 准教授 森川修先生に講評いただきとても的確なアドバイスをいただきました。3年生も、1,2年生も今回の課題研究発表会で学んだこともあると思いますので今後に役立ててくれたらと思います。




17:26 | 投票する | 投票数(1)
2020/01/06

中部ハイスクールフォーラム2019へ参加しました

| by doi
 12月22日(日)倉吉未来中心で開催された「中部ハイスクールフォーラム2019」へ参加しました。中部地区の各高校がそれぞれの学校の特色ある取り組みについて報告するフォーラムです。会場には中学生・高校生のほか教育関係者や一般の方々の多くの参加がありました。
 本校からは機械科が「地域の要望に応えるものづくり」というテーマで活動報告を行いました。
内容は、本年度取り組んだ「調理器具乾燥棚の製作」、昨年度の「ピタゴラチックやってみた」、「ドローンを使った地域のPR」で、いずれも課題研究での取り組みです。動画などを使いわかりやすく発表しました。
  
発表したのは石原君(左)、松田君、山崎君の3名です。 会場全体の様子です。多くの方に来ていただきました。
本校公式instagramFacebookに動画を投稿しています。こちらもぜひご覧ください。
12:35 | 投票する | 投票数(0)
2020/01/06

技能検定3級(旋盤作業)練習再開

| by doi

 機械系の国家資格である技能検定3級(旋盤作業)合格に向けて練習を再開しました。年末年始は練習を中断していましたが、新年は1月5日から練習を始めています。
2月上旬に行われる実技試験に向けて11月末から練習を始めましたが、今回は14名が受検を希望し、旋盤の台数が足りないため2班に分かれ交互に練習に取り組んでいます。
本番に向けて正確な作業とスピードアップを目指しています。

   
         練習に励む機械科1年生たち

 
11:46 | 投票する | 投票数(0)
2019/09/17

地域に貢献 調理器具用乾燥棚を作りました!

| by doi

 9月13日(金)上北条公民館にて、「調理器具乾燥棚」の引渡し式を行いました。
 上北条地区社会福祉協議会の給食ボランディアで弁当を作る際の鍋などを乾燥させていた棚が老朽化により使用できなくなったため、本校機械科3年生に製作依頼がありました。課題研究「要望に応えるものづくり」をテーマとした研究班8名は、棚の間隔、使い方、工夫してほしい点など細かな要望を聞き、6月から製作に取りかかりました。夏休み中に試作品を使用していただき、その後、改善したものを引き渡しました。式では、一人ずつ苦労した点などを語り、工夫したところなどを説明しました。

  
                      引渡し式での様子

(生徒のコメント)
 ・「軽いがグラつかない、錆びない、移動しやすい」を条件とし完成させました。
  長く使ってもらいたいです。
 ・自分たちが地域に貢献出来てとても嬉しいし、いい経験になりました。
 ・卒業後も地域に貢献できるような人になりたいです。

   
       工夫したところの説明                 調理室に収まりました


12:47 | 投票する | 投票数(1)
2019/07/27

第3回ブリッジコンテスト

| by 倉吉総合産業高校職員

 今年度もブリッジコンテストを開催しました。生徒たちが自由な発想のもと作成し強度試験を行いました。


班員で協力して作業をしている様子です。
どのような橋が強いのか悩みつつも頑張って作成していました。

こちらは優勝した1班の皆さんです。橋という概念にとらわれず見事なものを作成しました。
結果20.3kgもの重量に耐えきりました。

他の班も様々な工夫を凝らし試験に臨みました。
楽しみつつも班員全員で協力して一つのものを作り上げる達成感を感じることができたのではないでしょうか。
コンテストはまたどこかで行われるかもしれません。
次回もさらなる工夫を凝らした驚きの作品に出合えることを楽しみに待っています。
16:17 | 投票する | 投票数(0)
2019/05/30

機械科実習室に安全のための通路線を引きました

| by doi
 機械科3年生が実習室内の通路線を引きました。これまでも工場内の機械と機械の間の通路を示す線はありましたが、年数が経ち消えかけていました。当日は多くの生徒が県総体へ参加していて少ない人数での作業となりましたが、工場内には鮮やかな通路が復活しました。

  
   作業中の様子です。まずはマスキングテープで線の位置を決め、みんなで協力して線を塗りました。

  
        消えかけていた通路線                 新しくなった通路線

 これからも安全な作業に心掛けながら実習に取り組みたいと思います。
15:55 | 投票する | 投票数(0)
2018/09/21

第2回ブリッジコンテストの開催

| by 中川 智志

 昨年度から行っているブリッジコンテストを今年度も開催いたしました。生徒達が思考を凝らして製作した橋の強度試験を行いました。班ごとに分かれてアイデアを出し合って製作した木製の橋に容器を吊るし、重りを加えていきどれだけ橋が耐えられるか競い合いました。橋の構造によって、強度に大きく影響があることを実感できるよい機会となりました。






19:43 | 投票する | 投票数(0)
2018/09/19

2018次世代自動車トキメキ出前授業の実施

| by 中川 智志
 9月10日(月)に日本工科大学校さんにお越しいただき、機械科1年生を対象に「2018次世代自動車トキメキ出前授業」を実施していただきました。
 座学では次世代自動車のメリット・デメリットや未来の自動車について学習しました。また、実車を前に説明を受けたり、実際に電気自動車に乗せていただきモーター走行や加速感を体験しました。大変貴重な良い体験となりました。





10:50 | 投票する | 投票数(0)
2018/02/09

第1回ブリッジコンテストの開催

| by doi


 強い橋を作る第1回ブリッジコンテストを開催しました。機械科1年生を3~4名のグループに分け長さ300mmの橋を製作しその強度を競う競技会です。支給される材料は、ヒノキ棒(角5mm×900mm)1本、割り箸8膳で、製作時間は150分です。限られた材料で強い橋をつくるには材料の特徴を最大限引き出す構造としなければなりません。今回が初めての開催で生徒も様子がわからないまま、どうすれば強くなるのか、試行錯誤しながらも工夫を凝らした橋が完成しました。最も強い橋は、企画時の予想をはるかに超える 38.5㎏ の重さまで耐えることができました。生徒のアイデアがそのまま強さとして反映させられる企画となり、班ごとに実施する強度試験では大変盛り上がりました。今後も継続して実施したいと思います。
 
    支給する材料はこれだけです             グループごとに橋を製作

  
  完成した橋です(様々な工夫がされています)    強度試験の様子(壊れるまで重りを加えていきます)


優勝した7班(福永くん、福本くん、松岡くん、松田くん)


08:43 | 投票する | 投票数(0)
2018/02/05

技能検定3級(普通旋盤作業)

| by doi
2月3日(土)本校機械加工実習室を会場に普通旋盤作業の実技試験が実施されました。受験したのは機械科の生徒3名(2年生1名、1年生2名)でした。2時間で2つの部品を完成させる試験で、加工精度は最も厳しい部分で0.05mmの範囲で仕上げなければなりません。この範囲を外れると減点となります。
 受験した生徒は、12月から試験日までの2か月間、ほぼ毎日(放課後、休日、冬休み)2時間から3時間を実技練習に充ててきました。鳥取県職業能力開発協会の協力により、技能士の西村清さんに10日間にわたり技能指導していただくなかで、当初は、作品完成まで6時間以上の時間がかかっていた生徒も指導のおかげで時間内に完成させることができるようになりました。合格という結果で恩返しができればと思います。
 学科試験は2月4日(日)に県庁で行われ、合格発表は3月16日(金)となっております。

  
       審査員からの事前説明          支給された材料(左)と完成した実技課題(右)


   
     手際よく作業を進める受験者        試験に向けた技能指導は西村さんにお世話になりました
15:24 | 投票する | 投票数(0)
2017/03/02

機械科1年 工場見学

| by doi
機械科1年生が2月27日に株式会社明治製作所の見学を行いました。
実際の製造現場を見学することで作業安全への意識や専門知識の必要性などを学ぶとともに、卒業後の進路についての意識を高めることをねらいとして実施しました。
当日は会社の概要説明と製造現場の見学、生徒からの質問の順に約2時間の見学でした。
  
      鍛造工程に必要な金型の説明            プレス・ハンマーによる鍛造現場の見学

生徒は鍛造現場に響く音と振動に驚きながらも、実際に作業しておられる社員の姿を見て、働くことの大変さを感じていました。
この見学を今後の学習活動や進路選択に活かしていきたいと思います。

09:17 | 投票する | 投票数(0)
2016/06/06

ものづくりコンテスト中国地区大会が開催されました

| by doi
6月4日(土)・5日(日)に平成28年度高校生ものづくりコンテスト中国地区大会(旋盤作業部門)本校実習棟機械加工実習室を会場に開催されました。
この大会は11月に北海道で開催されれる全国大会の中国地区予選会となっており、その権利は優勝者のみ与えられます。
残念ながら、本校からの出場はありませんでしたが、島根県を除く中国地区4県から各県の予選を通過した8名が出場しました。
今年の課題は昨年より難しくなっており、選手たちは慣れない会場で練習の成果を発揮しようと頑張りました。

   
抽選により本番で使用する旋盤が決まり、調整に余念のない選手と指導者で会場はごった返しています。

   
             開会式の様子

   
  競技会の様子です。2時間で課題を完成させるため、動きに無駄がありません。


     
   提出された作品です。寸法と仕上がりで順位を決めます。     出場者全員で記念撮影です。お疲れ様でした。



19:33 | 投票する | 投票数(0)
2015/02/17

機械科1年生 地元企業見学

| by 土井 康弘
 機械科1年生が進路選択の参考とするため、株式会社明治製作所を見学しました。地元の企業でありながら、製造部品、工場の様子、製造工程などについて知らない生徒が意外と多く、日頃学習している内容が現場ではどのように活かされているか、製造現場で働くための心構えなど、学習意識、進路意識を高めるため実施しました。
 会社の概要、製造工程の説明の後、金型、鍛造、熱処理などの工程見学し、現場でしか感じられない多くのことを五感をとおして感じてくれたようです。

生徒の感想
 見学して、将来の仕事に対する考え方が少し変わったように思います。見ていておもしろそうだと思ったし、同時に大変だとも思いました。作業している従業員の方の真剣な顔を見て、『必死でやっているんだなぁ』と、すごく感動しました。将来、機械に関係する仕事に就きたいのですごく参考になってよかったです。

          会社概要について説明


            鍛造現場の見学
11:05 | 投票する | 投票数(0)