#倉吉総産公式インスタ
利用方針はこちら
 

荒天時の対応


荒天(警報発令)時の
対応については、
こちら 
 

最近の配付物


 特にありません。
 
COUNTER742568
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

入試情報


鳥取県ってどんなところ?

倉吉市ってどんなところ?
 
お使いのブラウザの設定によっては、リンクが一部表示されないなどの不具合がある場合があります。その場合は互換表示を行ってみてください。
 このサイトの情報をすべて閲覧するためには、PDFを表示するためのソフトが必要になります。
 必要に応じてリンク先を活用してください。

 
家庭学科生活デザイン科
■学科の概要

 人間の発達や生活を総合的に捉える能力と、生活するために必要な知識・技術を習得し、 将来、関連の分野で活躍する職業人の育成を目指しています。

 1年次で衣食住、保育、福祉、家庭看護・介護に関する基礎を学びます。

 2・3年次で生活科学」「生活福祉」の2つのコースに分かれ、それぞれの学習を深めます。


 育てたい生徒像

   ・人間の発達や生活を総合的にとらえる能力の習得
   ・生活するために必要な知識・技術の習得
   ・体験的実習を通したコミュニケーション能力の習得
   ・高校生としての基本的生活習慣・礼法・マナーの体得

    を掲げています。


■学習内容
 教科名教 科 内 容
 発達と保育乳幼児の発達や生活に関する知識と保育の技術を学びます。
 生活デザイン生活と環境の関わりについて学び、人生を楽しくデザインするための知識・技術を学びます。
あわせてマナーや礼法を学びます。
 家庭情報処理家庭でパソコンを活用できるように、情報処理の基礎を学びます。
 フードデザイン栄養・食品・献立・調理・テーブルマナーなどの知識と技術を学びます。
 家庭看護・福祉家庭における看護や、地域などでの福祉のための知識・技術を学びます。
 被服製作基礎縫いからはじまり、被服製作の知識・技術を学びます。
 課題研究家庭の各分野に関する課題を見つけ、解決を図るために研究していきます。

 3年間の実習は以下の内容で行います。 
 学習項目学 習 内 容
被 服ハーフパンツ・シャツ・ブラウス・スカートなどの日常着、甚平・浴衣などの和服、ジャケット・ドレスなどの改まった洋服などを製作します。和服は着付け実習もします。デザイン画を描いたり、PCによる型紙製図も行ないます。
調 理夕食などの日常食、誕生日・米寿などのおもてなし料理、おせち・クリスマスケーキなどの行事食、ケーキ・クッキー・プティングなどのスウィーツ、中華料理・フランス料理・イタリア料理などのいろいろな国の食文化などの実習を行います。
福 祉点字・手話・福祉リクレーションなどの実習を行います。
看 護介 護:車椅子介助・食事介助・ベッドメイキング・清拭などの家庭における基礎的な介護実習を行います
保 育おもちゃ・絵本・紙芝居などの製作、レクリエーション、ペープサート・ブラックシアターなどの製作、読み聞かせなどの実習を行います。

■取得可能な資格

 ■ 被服製作 1級:(和服) ひとえ長着、(洋服) 総裏付ジャケット 
                    2級:(和服) じんべい、(洋服) シャツ・ブラウス
          3級:ハーフパンツ作成
          4級:被服の基礎縫い
 ■ 鳥取県福祉ヘルプメート資格技能検定
 ■ 食物検定
 ■ 簿記検定
 ■ ワープロ検定
 ■ 情報処理検定
 

学科の行事など

生活デザイン科 >> 記事詳細

2020/10/22

生活デザイン科3年生活福祉コース「認知症サポーター養成講座」

| by 倉吉総合産業高校職員
 生活デザイン科3年、生活福祉コースの「生活と福祉」の授業で「認知症サポーター養成講座」を実施しました。講座の実施には、地域包括支援センターや倉吉市役所の長寿社会課の方などを講師としてお招きしました。例年は、デイサービスセンターでの実習に向けて1学期に実施していました。しかし、今年度は新型コロナウイルス感染症防止のため、実施を延期していました。
  
   最初に、認知症について詳しく講義していただきました。
  
   街の中で、認知症の方が困っている様子を講師の方々が実演してくださいまし
  た。

     
   その後、どう接したらよいかロールプレイをしました。 
  
  
   自分たちの対応がどうだったのかグループで話し合いました。
 
  講習を受け、「認知症の方と接するときに大切なことは、「驚かさない。急がせない。傷つけない」の3つの「ない」ということが分かりました。」、「認知症の症状をよく理解して、気持ち寄り添えるようになりたい」という感想を持ちました。これから認知症の方と接する機会があったときに活かしてくれることを期待します。
16:33 | 投票する | 投票数(0)