#倉吉総産公式インスタ
利用方針はこちら
 

荒天時の対応


荒天(警報発令)時の
対応については、
こちら 
 

最近の配付物


 特にありません。
 
COUNTER742549
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

入試情報


鳥取県ってどんなところ?

倉吉市ってどんなところ?
 
お使いのブラウザの設定によっては、リンクが一部表示されないなどの不具合がある場合があります。その場合は互換表示を行ってみてください。
 このサイトの情報をすべて閲覧するためには、PDFを表示するためのソフトが必要になります。
 必要に応じてリンク先を活用してください。

 


       
 部活名
カヌー部
 部員数     1年     9名
     2年     4名      合計 17名
     3年     4名
 部活の紹介カヌー部の練習場所は東郷湖です。
カヌースプリント競技は500mまたは200mの直
線コース競われる競技で、最速でゴールしたものが勝ちとなります。
県内唯一の部活動で、インターハイや国体での活躍を目指し、毎日練習しています



 
【カヌー部】年間活動計画は、こちら、R2年間活動計画【カヌー部】.pdf
 
 
カヌー >> 記事詳細

2020/09/14

日本カヌースプリントジュニア大会 長尾さん準優勝

| by doi

 9月9日から13日まで石川県小松市木場潟カヌー競技場において第16回日本カヌースプリントジュニア・ジュニアユース小松大会が開催されました。
 本校からは500m競技と200m競技に山枡寛大くん(電気科2年)と長尾葉花さん(生活デザイン科2年)の2名が出場しました。

 新型コロナウィルスの影響により例年よりも若干少ない参加選手数でしたが、全国規模の大会としては今年度初めて開催される大会のため、活躍の場を求めた全国の選手が集まるレベルの高い大会となりました。
 その中で、女子カヤックシングルに出場した長尾葉花さんが500m競技で準優勝、200m競技でも3位と2種目で入賞し、同大会では県勢初の表彰台に立ちました。

  
        長尾さんが準優勝に輝いた500m決勝(300m付近を1艇身差のトップで通過)

 また、男子カヤックシングルに出場した山枡寛大くんも500mでは惜しくも準決勝まででしたが、200mではB決勝に進み3位(全体では12位)と意地を見せました。

  
              初の全国大会にも大きなフォームで漕ぐ山枡くん

   
         準優勝おめでとう              全力で漕ぎ切り、すがすがしい表情です

 14日には德田校長先生に入賞の報告とこれからの目標を伝え、今後の活躍を誓いました。

           

                左から德田校長先生、長尾さん、山枡くん


14:32 | 投票する | 投票数(4)