#倉吉総産公式インスタ
利用方針はこちら
 

荒天時の対応


荒天(警報発令)時の
対応については、
こちら 
 

最近の配付物


 特にありません。
 
COUNTER757994
オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

入試情報


鳥取県ってどんなところ?

倉吉市ってどんなところ?
 
お使いのブラウザの設定によっては、リンクが一部表示されないなどの不具合がある場合があります。その場合は互換表示を行ってみてください。
 このサイトの情報をすべて閲覧するためには、PDFを表示するためのソフトが必要になります。
 必要に応じてリンク先を活用してください。

 
家庭学科生活デザイン科
■学科の概要

 人間の発達や生活を総合的に捉える能力と、生活するために必要な知識・技術を習得し、 将来、関連の分野で活躍する職業人の育成を目指しています。

 1年次で衣食住、保育、福祉、家庭看護・介護に関する基礎を学びます。

 2・3年次で生活科学」「生活福祉」の2つのコースに分かれ、それぞれの学習を深めます。


 育てたい生徒像

   ・人間の発達や生活を総合的にとらえる能力の習得
   ・生活するために必要な知識・技術の習得
   ・体験的実習を通したコミュニケーション能力の習得
   ・高校生としての基本的生活習慣・礼法・マナーの体得

    を掲げています。


■学習内容
 教科名教 科 内 容
 発達と保育乳幼児の発達や生活に関する知識と保育の技術を学びます。
 生活デザイン生活と環境の関わりについて学び、人生を楽しくデザインするための知識・技術を学びます。
あわせてマナーや礼法を学びます。
 家庭情報処理家庭でパソコンを活用できるように、情報処理の基礎を学びます。
 フードデザイン栄養・食品・献立・調理・テーブルマナーなどの知識と技術を学びます。
 家庭看護・福祉家庭における看護や、地域などでの福祉のための知識・技術を学びます。
 被服製作基礎縫いからはじまり、被服製作の知識・技術を学びます。
 課題研究家庭の各分野に関する課題を見つけ、解決を図るために研究していきます。

 3年間の実習は以下の内容で行います。 
 学習項目学 習 内 容
被 服ハーフパンツ・シャツ・ブラウス・スカートなどの日常着、甚平・浴衣などの和服、ジャケット・ドレスなどの改まった洋服などを製作します。和服は着付け実習もします。デザイン画を描いたり、PCによる型紙製図も行ないます。
調 理夕食などの日常食、誕生日・米寿などのおもてなし料理、おせち・クリスマスケーキなどの行事食、ケーキ・クッキー・プティングなどのスウィーツ、中華料理・フランス料理・イタリア料理などのいろいろな国の食文化などの実習を行います。
福 祉点字・手話・福祉リクレーションなどの実習を行います。
看 護介 護:車椅子介助・食事介助・ベッドメイキング・清拭などの家庭における基礎的な介護実習を行います
保 育おもちゃ・絵本・紙芝居などの製作、レクリエーション、ペープサート・ブラックシアターなどの製作、読み聞かせなどの実習を行います。

■取得可能な資格

 ■ 被服製作 1級:(和服) ひとえ長着、(洋服) 総裏付ジャケット 
                    2級:(和服) じんべい、(洋服) シャツ・ブラウス
          3級:ハーフパンツ作成
          4級:被服の基礎縫い
 ■ 鳥取県福祉ヘルプメート資格技能検定
 ■ 食物検定
 ■ 簿記検定
 ■ ワープロ検定
 ■ 情報処理検定
 

学科の行事など

生活デザイン科
12345
2021/01/19new

生活デザイン科成果発表会

| by 倉吉総合産業高校職員
 生活デザイン科の成果発表会を行いました。例年は、1,2年生が3年生の発表を見ますが、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため2年生のみ発表を見ました。
 まず最初に、ホームプロジェクトの発表を行いました。鳥取県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会で最優秀賞を受賞した発表です。続いて、生活福祉コースが2年間の学習のまとめを発表しました。

            

 最後に、生活科学コースがファッションショーを行いました。着用している服は、一人一人が、デザインを考え、型紙を作成し、縫製しました。
            

                          

           
               <3年生の集合写真>

 各自が、3年間学習してきたことの成果を十分に発揮できたと思います。2年生は、今後の学習にいかしていきましょう。
17:07 | 投票する | 投票数(0)
2021/01/18

生活デザイン科2年生活福祉コース 救急法講習

| by 倉吉総合産業高校職員
 生活デザイン科2年生生活福祉コースの「生活と福祉」の授業で、日本赤十字社鳥取県支部の大門氏を講師にお招きし、「救急法講習」を行いました。

      

       

  「胸骨圧迫」、「人工呼吸」、「AEDの使い方」を丁寧に教えていただき、その後、人形を使って実際に「胸骨圧迫」、「AEDの操作」を行いました。
  今年度の、実習や講習はすべて終了しました。来年度も、引き続き「生活と福祉」の授業があります。2年生で学習したことを3年生の学習にもいかし、実習や講習に取り組んでいきたいです。
17:53 | 投票する | 投票数(0)
2020/12/21

D3生活福祉コース 「生活と福祉~D2との交流~」

| by 倉吉総合産業高校職員

12月9日、生活福祉コース3年「生活と福祉」の授業で、2年生との交流会を開きました。

新型コロナウイルス感染防止のため、手指の消毒・換気などの他、制作したフェイスシールドを全員がつけました。






2グループに分かれ、3年生が企画したクイズやゲーム、歌やダンスを1時間程度楽しみました。

企画力・観察力・コミュニケーション能力など、レクリエーションの運営で身につく力は将来の仕事にも役立ちます。

後輩を前に緊張しながらも、3年生としてよく頑張りました。
12:26 | 投票する | 投票数(0)
2020/12/15

生活デザイン科2年生活福祉コース 社会人講師による授業

| by 倉吉総合産業高校職員
 2年生の生活福祉コースの「生活と福祉」の授業で、社会人講師として日本赤十字社鳥取支部の中原さんに来校していただき、「高齢者の健康、事故予防と手当」というテーマで講義をしていただきました。高齢者の家庭内で起きやすい事故について説明していただきました。その後、三角巾を用いた具体的な手当の方法について教えていただきました。次回は、救急手当についての講義を予定しています。

        
            講義の様子 一生懸命聞いています

     
    実技 コロナ禍ということもあり、接触のある実習はできないので自分の足に三角巾を巻きました。上手に
       できているか、確認中。
08:14 | 投票する | 投票数(0)
2020/12/14

生活デザイン科1年生活産業基礎「レクリエーション講習会」

| by 倉吉総合産業高校職員
 生活デザイン科1年生の生活産業基礎の授業で「レクリエーション講習会」をしました。1年生は「レクリエーションの基礎」ということで、レクリエーションの意義を学び、実際にレクリエーションを体験します。2、3年生へと進級するとさらに詳しく学習していきます。レクリエーションは、福祉の現場で働く人はもちろんのことですが、社会人として必要なコミュニケーション能力の育成のためにも実施しています。講師として鳥取県レクリエーション協会副会長 玉木純一先生にお越しいただきました。
 最初に、レクリエーションの意義や多彩なレクリエーションについて講義をしていただきました。その後、実際にいくつかのレクリエーションを楽しみました。
       
   レクリエーションの意義等についての講義
   
   まずは、体操から両手を上にあげて~。
 
  
   後出しじゃんけん。後出しして勝つのは簡単でしたが、負けるのは難しかったようです。
   
   ラダーゲッターをして、体を動かした後は、頭を使ったレクリエーション
  
   最後は、「色合わせ7」完成した人が2人いて、講師の玉木先生もビックリ!!

 コロナ禍のため、グループで話し合いながらのレクリエーションはできませんでした。しかし、講師の先生の工夫のおかげもあり、話す機会が少なくても楽しめるレクリエーションを体験することができました。まだまだ、コロナ禍は続きます。今日、教えていただいたことを、今後の交流にいかしていきたいです。
19:29 | 投票する | 投票数(0)
12345