#倉吉総産公式インスタ
利用方針はこちら
 

荒天時の対応


荒天(警報発令)時の
対応については、
こちら 
 

最近の配付物


 特にありません。
 
COUNTER735352
オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

入試情報


鳥取県ってどんなところ?

倉吉市ってどんなところ?
 
お使いのブラウザの設定によっては、リンクが一部表示されないなどの不具合がある場合があります。その場合は互換表示を行ってみてください。
 このサイトの情報をすべて閲覧するためには、PDFを表示するためのソフトが必要になります。
 必要に応じてリンク先を活用してください。

 


       
 部活名
自転車競技部
 部員数     1年     10名
     2年      6名     合計 20名
     3年      4名
 部活の紹介自転車競技にはロードレース・トッラクレースとたくさんの種目があります。毎日が楽しく充実した活動になるように取り組んでいます。近年は2年連続全国優勝をはじめ入賞多数、OBにはアジア大会準優勝者や日本チャンピオンも!!努力は必ず結果に結びつきます、ほとんどが経験のない初心者ばかりですが、毎日全国大会出場目指して活動しています。



 

【自転車競技部】年間活動計画は、こちら、R2年間活動計画【自転車競技部】 .pdf
 
 
自転車競技部
123
2019/12/20

THE TOUR OF CHIANGRAI 参戦

| by 倉吉総合産業高校職員

THE TOUR OF CHIANGRAI 参戦
場所:タイ王国 チェンライ
期間:12月12日~15日

鳥取県自転車競技連盟の競技力向上事業の一環として、M2美甘星次郎が上記の大会に派遣されました。この大会はアジアのトップ選手や過去世界チャンピオンになった選手も出場する国際ステージレースである。今回は国内実業団チーム「AVENTURA CYCLE RACING TEAM」の選手として選考され出場しています。

大会内容(男子エリート)
1日目:個人TT(8.5km) 31位
2日目:139kmロードレース 9位
3日目:120kmロードレース 10位
4日目:クリテリウム(1.4km×21周)24位
 
4日間総合順位 12位(男子エリート75 名中)


1日目TTスタート直後


1日目ゴール直前








4日目先頭でチームを引っ張る美甘(写真右)

プロチームも参加する中、積極的にレースを展開し、総合で12位という成績でレースを終えました。この大会の中で急速に成長してい姿が感じられ、良い経験となりました。この経験を今後の大会に活かしていきたいと思います。今後も応援よろしくお願いします。
12:41 | 投票する | 投票数(5) | 報告事項
2019/11/12

自転車競技部 四日市ロード結果報告

| by 倉吉総合産業高校職員
2019四日市サイクル・スポーツ・フェスティバル 「第15回全国ジュニア自転車競技大会」

日時 2019年10月27日(日)
場所 三重県四日市市 水沢・桜地区特設コース

三重県で行われた第15回全国ジュニア自転車競技大会に参加してきました。
今大会では男子ジュニアの部、女子ジュニア+女子アンダー17の部に以下の選手が参加しました。結果をお伝えします。

男子ジュニア
 M2 荒金 太一 DNF
 M2 美甘 星次郎 6位

女子ジュニア+アンダー17
 D2 生駒 昭音 10位 


天気は晴天!!

出走前にガッツポーズ荒金主将


出走前笑顔の生駒


出走前に少し緊張気味の美甘


集団を追う荒金


集団で前を走る美甘(中央)

ゴール後生駒

美甘6位入賞!(右端)


最後は2人で笑顔で記念写真


男子ジュニアは9kmの周回コースを11周の99km。116名出走し、完走者は34名のレースの中、最後までトップ集団でレースを展開し、最終のゴールスプリントで出遅れながらも最後まで追い込みM2美甘が6位入賞。M2荒金はスタートの遅れを中々取り戻せずDNFとなりましたが、全国の舞台でのレースの経験を重ね今後の力にしてほしいと思います。女子は9kmの周回コースを4周の36kmのレース。D2生駒は序盤トップの集団との差が詰められず悔しい10位となりました。冬の練習でスピードの強化をはかりリベンジをしていきたいと思います。
今後レースは3月の選抜大会までありませんが、来シーズンに向けてよい経験ができたと思います。たくさんのご声援ありがとうございました。今後も精進していきますので応援よろしくお願いいたします。
17:00 | 投票する | 投票数(2) | 報告事項
2019/08/16

令和元年全国高等学校総合体育大会 自転車競技

| by 倉吉総合産業高校職員

令和元年全国高等学校総合体育大会 響かせろ我らの魂南の空へ南部九州総体2019
 期 日 7月29日~8月2日
 会 場 沖縄県総合運動公園自転車競技場 名護市特設ロードコース

 中国大会の結果により、昨年に引き続き最多の9名が出場しました。

 M3 松岡宥磨(4kmTP 11位、ポイントレース 20位)
 M3 菅原太陽(4kmTP 11位、1kmTT 27位)
 E3 石井雅也(4kmTP 11位)
 M2 美甘星次郎(4kmTP 11位、4km速度競争 予選敗退、ロードレース 優勝
 M2 荒金太一(ロードレース DNF)
 E2 入澤魁星(ケイリン1回戦敗退、敗者復活戦敗退)
 C3 山田夏奈(ポイントレース DNF、ロードレース DNF)
 C2 寺田茉那(ケイリン 10位、ロードレース DNF)
 D2 生駒昭音(ポイントレース 10位、ロードレースDNF)



トラック競技中は晴天でした。



4kmTP予選(左から松岡・石井・美甘・菅原)



ケイリン1回戦 入澤



女子ケイリン 寺田(中央)


女子ポイントレース山田(中央)


女子ポイントレース 生駒(右下)


男子ポイントレース 松岡


1kmTT 菅原


オフショット① 女子競輪出走前 アドバイスをするチームメイト


オフショット② 1kmTT出走前菅原 真剣な表情


オフショット③ 女子ポイントレース出走前 緊張している!?

ロードレース出走前 トラックと打って変わり雨が降る中143名が出走


女子は40名が出走


ロードレース 荒金(右から2番目)


ロードレースゴール直後 美甘 集団スプリントを制し、優勝!!


ゴール後 感動のあまり号泣する主将と涙ぐむ部員たち


表彰式


ロードチャンピオンを囲んで記念写真

大会参加にあたり多くの応援ありがとうございました。
今回は沖縄県での開催となりましたが、保護者の方々も応援に来てくださり、選手たちもより一層気合をいれて大会に挑むことができました。
連日の暑さにも負けず、選手一人ひとりが全力で走りきりました。トラック競技では思うような結果が出せず、悔しい思いをする場面もありましたが、ロードレースにおいて全国の舞台で優勝を果たす大きな成果をあげました。今までの練習の積み重ねやたくさんの方々の支援、本人の努力が実を結んだ結果だと感じています。
このインターハイ期間中、選手・サポートも含め積極的に取り組んだ熱い夏となりました。3年生はこの大会をもって引退となりますが、この経験を今後の生活や将来に活かしてくれると思います。1.2年生は今後の競技生活の更なる成長につなげていくことでしょう。今後は国体・来年春の選抜大会を目指し頑張ります。応援よろしくお願いします。
15:30 | 投票する | 投票数(1) | 報告事項
2019/06/17

【自転車競技部】中国大会結果報告

| by 倉吉総合産業高校職員

中国地域高等学校対抗自転車競技選手権
期日:6/7~6/9(トラック)6/16(ロード)
会場:山口県防府競輪場・広島県中央森林公園

【 トラック 】
団体種目2種目、個人入賞10個
チームパーシュート 3位(M3松岡、菅原 E3石井 M2美甘)
チームスプリント 6位(M2杉本、美甘 E2入澤)
女子2kmインディヴィディアルパーシュート 4位 C2寺田 5位 D2生駒
男子3kmインディヴィディアルパーシュート 5位 M3菅原 7位M2杉本
男子1kmタイムトライアル 4位 M3菅原
女子500タイムトライアル 4位 D2生駒
男子ポイントレース 5位 M3松岡
男子ケイリン 6位 E2入澤 8位 M3田總
女子スプリント 6位 D2生駒


4kmチームパーシュート(左から松岡、石井、美甘、菅原)


チームスプリント(美甘、入澤、杉本)


1kmTT M3菅原太陽


ポイントレース5位 M3松岡宥磨


男子ケイリン6位 E2入澤魁星(写真右側)


男子ケイリン8位 M3田總祐介(写真中央)


3kmインディヴィディアルパーシュート7位 M2杉本颯馬


学校対抗は4位。全員で集合写真。

【ロード】
男子:3位 M2美甘星次郎
   9位 M2荒金 太一
   13位 M3田總 祐介
   23位 E2入澤 魁星

女子:2位 D2 生駒 昭音
   5位 C3 山田 夏奈
   7位 C2 寺田 茉那
   15位 D1 川上 桜

 
女子ロード2位 D2生駒(写真中央)5位 C3山田(写真中央左)


男子ロード ゴールスプリントで3位に入ったM2美甘


集団のゴールスプリントで9位でゴール M2荒金


ロードレースは学校対抗3位に入りました!全員で集合写真。

ロードトラック合わせて団体種目2種目、個人で13個入賞を果たし、男子6名、女子3名の合計9名がインターハイの出場権を得ました。昨年よりも多くの選手がインターハイの出場権を獲得できました。たくさんの応援ありがとうございました。
8月のインターハイに向けて今後も頑張ります。
09:38 | 投票する | 投票数(1) | 報告事項
2019/05/27

自転車競技 県総体結果報告

| by 倉吉総合産業高校職員
第54回鳥取県高等学校総合体育大会
期 日 ロード競技:5月19日 トラック競技:25~26日

会 場 倉吉自転車競技場

【入賞者一覧 3位以内】
《男子》
ロードレースA部門(高校選手権) 優勝 M2美甘星次郎 2位 M3松岡宥磨
ロードレースB部門(普及クラス) 2位 E1釜田佳典
4㎞チームパーシュート 優勝(M3松岡・菅原・E3石井・M2美甘)県高校記録更新
チームスプリント 優勝(M3菅原・M2美甘・E2入澤)
1kmタイムトライアル 2位 M3菅原太陽 
3kmインディヴィディアル・パーシュート 2位 M3菅原太陽 3位 M3松岡宥磨
スプリント 3位 M3菅原太陽
4㎞速度競争 優勝 M2美甘星次郎 2位 M3田總祐介 3位 M3松岡宥磨
ケイリン  2位 M3松岡宥磨 
スクラッチ 2位 M2美甘星次郎 3位 M3菅原太陽
ポイントレース 優勝 M3 松岡宥磨 3位 M2美甘星次郎

《女子》
チームスプリント 2位(C3山田・C2寺田)
500mタイムトライアル 3位 C2寺田茉那
ケイリン 3位 C2寺田茉那
スクラッチ 優勝 C3寺田茉那



4kmチームパーシュート 
県高校記録更新




3kmインディヴィディアルパーシュート




4㎞速度競争




ポイントレース




女子チームスプリント




男子チームスプリント




500mタイムトライアル




女子スクラッチ優勝 C2寺田




新人賞を獲得したM2美甘


30度をを超える暑さの中、沢山のご声援ありがとうございました。
次の中国大会は6月8日(土)~9日(日)にトラックレースが山口県防府競輪場、6月16日(日)にロードレースが広島県で開催されます。各種目優勝・入賞を目指しインターハイの出場権を獲得できるよう頑張ります!


09:20 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
2019/05/13

H30年度全国高校選抜自転車競技大会 報告

| by 村出 真一朗

第42回 全国高校選抜自転車競技選手権大会
期 日 3
月20日~24日

会 場  福岡県北九州市小倉 メディアドーム(トラック競技) 熊本県五木村(ロード競技)

前年の県秋季大会の結果、本校からは4名が全国選抜大会へ出場しました。

【結果】
M3  松岡 宥磨
ポイントレース決勝 9位 
ロードレース決勝36位

ポイントレース予選 松岡君 積極的に前でレースを展開


ポイントレース決勝  松岡君  他選手の隙を突き単独アタックし得点をGET 

これまで多くの全国大会へ出場し経験を積んで挑んだ選抜大会、素晴らしい飛び出しを見せ得点を取りましたが、後半力及ばず9位となり、あと一歩入賞へ届きませんでした。最後のシーズンもう一歩成長しインターハイでの活躍を見せてほしいです。

M3  菅原 太陽
3㎞IP 20位

3KmIP予選 菅原君

得意の3kmIPへ初出場しましたが、ペースを掴めず自己ベストを更新できませんでした。しかしスタートやスピードは十分ついてきているため、今後の屋外練習でしっかりとトレーニングし、インターハイでリベンジです。

M2  美甘 星次郎
スクラッチ 予選9位 敗退
ロードレース決勝29位

スクラッチ予選 美甘君 積極的に前にでる。

E2  入澤 魁星
ケイリン 予選・敗者復活戦 落選
ロードレース決勝 DNF

ケイリン予選 入澤  異次元のスピードを初体感


ロードレーススタート前(左)入澤(右)松岡


美甘君、入澤君の2名は初の高校全国大会となりましたがレース経験もほとんどない中、積極的なレースができたとおもいます。
特に美甘君が出場した、ロードレースでは厳しいレースの中トップ30に残り、今後の活躍が楽しみです。



小倉城へ観光に行きました。


河田先生は今回も大会総務委員長として大活躍

沢山の応援ありがとうございました。
冬季の厳しい練習を乗り越え、部員たちの成長を見ることのできる大会でした。結果は、もう一歩で入賞となる種目もあり、積極的なレースも身についてきています、4月からの新シーズンが楽しみです。今年は沖縄でインターハイが開催される予定となっています、皆がモチベーションも大きく、今後さらにしっかりと練習に取り組み、また切磋琢磨し、県総体、中国ブロック大会、インターハイへ向け目標を高く成長していきたいと思います。応援よろしくお願いします。

新入部員も大募集!選抜大会へ出場した先輩たちも全員初心者からはじめました。高校から新しいことを初めてみたい、挑戦したいと思っている人大歓迎です。部室に遊びに来てください。女子部員も活躍中!!


17:55 | 投票する | 投票数(0)
2018/10/30

自転車競技部 全国大会結果報告

| by 村出 真一朗

自転車競技部全国大会結果


第87回全日本自転車競技選手権大会ロードレース
2018/6/22 〜 6/24 島根県益田市特設ロードコース

M2 松岡宥磨 ジュニア 男子ロードレース FDQ (タイムオーバー)
M1 荒金太一 U-17 男子ロードレース DNF (棄権)
D1 生駒昭音 U-17 女子ロードレース FDQ (タイムオーバー)


ジュニアロードM2 松岡宥磨


ジュニア男子ロードスタート


左前方、OG菅原朱音さん(生活デザイン科28年度卒・八戸学院大学)はU-23女子に出場し4位入賞をはたしました。

        

2018JOCジュニアオリンピックカップ
2018/8/11 〜 8/12  静岡県伊豆市 伊豆サイクルスポーツセンターベロドローム

M2 菅原太陽 ジュニアポイントレース予選 16位 (敗退)
M2 松岡宥磨 ジュニアポイントレース予選 11位 (敗退)
        ジュニアスクラッチ 予選10位 (敗退)
D1 生駒昭音 U-17 2㎞IP決勝 7位
        U-17 500mTT決勝  11位


伊豆ベロドロームは国内唯一の室内250mバンク、いつもとは違うなれないバンクに苦戦しました。


D1 生駒昭音 U-17 2㎞IP

第73回国民体育大会 福井しあわせ元気国体
2018/9/25 〜 9/29  福井県福井市福井競輪場、大野市特設ロードコース

本校から2名鳥取県代表として出場しました。

M2 菅原太陽 4kmチームパーシュート 鳥取県選抜 10位  (4分26秒557)
        少年スクラッチ予選 DNF (敗退)
M2 松岡宥磨 少年ポイントレース予選 DNF (敗退)
        少年ロードレース決勝 27位

鳥取県代表チーム


奥から2番目M2 菅原太陽 4kmチームパーシュート 鳥取県選抜



 第53回全国都道府県対抗自転車競技選手権
2018/10/14 〜 10/16   茨城県取手市取手競輪場、つくば市特設ロードコース

M1 美甘星次郎 男子ロードレース決勝(115㎞) 41位   
D1 生駒昭音 女子ロードレース決勝(46㎞)  20位
       女子チームスプリント 鳥取県選抜 8位(入賞)


倉総産現役OGOB集結!卒業してもなお倉総ジャージを大切にしています!
倉総祭に参加できなかったので監督はクラスT-シャツで参戦。


女子ロードスタート 
右D1生駒昭音 左OG菅原朱音さん(生活デザイン科28年度卒・八戸学院大学)


D1生駒さんは途中転倒し自転車が壊れるトラブルがありましたが、自転車を乗り換え最後まで走り切り完走しました。


OG菅原さんは6位入賞でした。

男子ロードレーススタート前
中央  M1 美甘星次郎 左OB金田優作さん(電気科27年度卒・中央大学)

全国大会初出場の中、M1美甘君は先頭集団で完走を果たしました、来年の活躍が楽しみです。


トラック種目でも活躍が! 鳥取県代表ペア(右D1 生駒昭音、左OG菅原朱音)

女子チームスプリント決勝 8位入賞



今年も全国大会へ多くの生徒が出場することができました、体育文化活動後援会をはじめ、保護者皆様、また地域の皆様より多くの支援応援があってこその活動でした、ありがとうございました。
次の全国大会は来年3月に開催の全国選抜大会です、さらなる活躍を目指し冬季練習に取り組みます、応援よろしくお願いします。

18:50 | 投票する | 投票数(0)
2018/08/21

H30年全国高等学校総合体育大会 自転車競技部〔報告〕

| by 村出 真一朗
H30年全国高等学校総合体育大会 2018彩る感動 東海総体インターハイ
期 日 8
月4日~7日

会 場  静岡県伊豆市 日本競輪学校 日本サイクルスポーツセンター


中国大会の結果により近年最多となる7名が出場しました。
女子は初のインターハイ正式種目となり、本校から2名が出場しました。

D3 小林美咲(2kmインディデュアル・パーシュート 10位、ロードレース DNF)
M3笠田泰地(ケイリン 予選、敗者復活戦敗退)
C3安本颯(スクラッチ 予選敗退)
M2菅原太陽(3kmインディデュアル・パーシュート 29位)
M2松岡宥磨(4㎞速度競争 予選敗退、ロードレース DNF)
M2田總祐介(ロードレース DNF)
D1生駒昭音(2kmインディデュアル・パーシュート 9位、ロードレース DNF)


2020年東京オリンピックの会場となる伊豆べロドロームにて
本校、藤田光司校長が開会式で大会委員長として挨拶されました。




D3 小林美咲 2kmインディデュアル・パーシュート


D1生駒昭音 2kmインディデュアル・パーシュート 


M2菅原太陽 3kmインディデュアル・パーシュート 


C3安本颯 スクラッチレース


M3笠田泰地 ケイリン


M2松岡宥磨 4㎞速度競争


ロードレース女子スタート


D3 小林美咲 ロードレース


D1生駒昭音 ロードレース


M2松岡宥磨 ロードレース2周目積極的前にでる



M2田總祐介 ロードレース 


大会総務委員長は本校、河田拓也先生が務めました。


大会参加にあたり多くの応援ありがとうございました。
出場選手それぞれがこのインターハイに向け取り組みましたが、全国の壁は厚く思うような結果を残すことがでず熱い夏は終わりました。しかしながら多くが全国大会初出場にもかかわらず積極的な走りや、ベストタイムを更新する姿を見ることができました。3年生はこの大会をもって全員が引退となります、この経験を今後の就職活動や、社会人としての生活に活かしてくれると思っています。また1.2年生は今後の成長を見せてくれると思います。9月の国体そして来年春の全国選抜大会を目指し頑張ります。応援よろしくお願いします。

16:23 | 投票する | 投票数(0)
2018/06/26

中国地域高等学校対抗自転車競技選手権 報告

| by 村出 真一朗

中国地域高等学校対抗自転車競技選手権
期 日 6月10日(ロード) 6
月15日~17日(トラック) 

会 場  島根県雲南市 さくらおろち湖(ロード) 広島県広島市広島競輪場(トラック)

【ロード競技】
男子

8位 M2松岡 宥磨 
12位 M2田總 祐介
18位 E2伊藤 拓登 (右)
26位 M2菅原 太陽 (中央)
DNF E2 石井 雅也

女子

5位 生駒 昭音 (右)
6位 小林 美咲 (中央)
8位 山田 夏奈
9位 寺田 茉那

レースの結果、M2田總君がインターハイ男子ロードの出場権を獲得し、県総体で優勝したM2松岡とあわせて2名がインターハイ出場を決めました。



【トラック競技】
団体種目2種目、個人入賞14個

【入賞一覧】
チームスプリント 6位(M3笠田 泰地 M2松岡 宥磨 M2菅原 太陽) 
チームパーシュート 4位(C3安本 颯 M2田總 祐介 E2 石井 雅也 E2伊藤 拓登) 
女子2kmインディデュアル・パーシュート 優勝 D3小林 美咲  
                                                        3位 D1生駒 昭音       8位 C2山田 夏奈
男子3kmインディデュアル・パーシュート 2位 M2菅原 太陽 7位 E2伊藤 拓登
男子ポイントレース 5位 M2松岡 宥磨
男子ケイリン 8位 M3笠田 泰地
男子スクラッチレース 6位 C3安本 颯
女子500mタイムトライアル 3位 D1生駒 昭音 4位 D3小林美咲 
男子4km速度競争 7位 M2菅原 太陽  8位 M2松岡 宥磨
女子スプリント 4位 D1生駒 昭 5位 D3小林美咲

2kmIP 優勝 D3小林 美咲 
 

4kmチームパーシュート 4位入賞          チームスプリント 6位入賞  


女子2㎞IP 8位入賞 C2山田 夏奈         女子500m決勝 C1寺田茉那 

  
3kmIP 準優勝 M2菅原太陽 標準タイム突破 インターハイ出場権獲得


スクラッチ決勝 C3安本颯(先頭左)6位入賞 インターハイ出場権獲得  E2石井雅也(右)12位  

1kmTT  M1美甘星次郎              ケイリン 8位入賞 M3笠田 泰地 インターハイ出場権獲得

 
1kmタイムトライアル  E1 入澤魁星              スプリント予選 M1杉本颯馬                                  

3KmIP 6位入賞 E2伊藤拓登              2㎞IP C1寺田茉那 

  
500mタイムトライアル決勝 3位入賞  D1生駒昭音      


ケイリン準決勝 M3笠田泰地(左)M2田總祐介(右)


ポイントレース決勝 5位入賞 M2松岡宥磨 



昨年を上回る入賞14個、トラック競技ではインターハイ出場権を男子4名、女子2名がインターハイ出場を獲得、ロードと合わせて7名が出場権を獲得しました。8月のインターハイに向け頑張ります。応援よろしくお願いします。
10:43 | 投票する | 投票数(0)
2018/05/28

自転車競技部 県総体結果報告

| by 村出 真一朗

第53回 鳥取県高等学校総合体育大会
期 日 トラック競技:5
月19日~20日 ロード競技:27日

会 場 倉吉自転車競技場

【入賞一覧 3位以内】
≪男子≫
ロードレースA部門(高校選手権) 優勝 M2松岡宥磨 3位 M2田總祐介
ロードレースB部門(普及クラス) 2位 M1荒金太一 3位 E1入澤魁星
4㎞チームパーシュート 優勝(M3笠田、M2菅原、M2松岡、E2石井)
チームスプリント 2位 (C3安本、M3笠田、M2松岡)
1㎞タイムトライアル 優勝 M2菅原太陽
スクラッチ 優勝 E2石井雅也 3位 M2菅原太陽
4㎞速度競争 優勝 M3菅原太陽 M2田總祐介
3㎞インディヴィディアル・パーシュート 2位 M2菅原太陽
ケイリン 2位 M3笠田泰地 
ポイントレース 2位M2菅原太陽 3位M2松岡宥磨

≪女子≫
チームスプリント2位(D3小林、C2山田)
ロードレース 2位D3小林美咲
ケイリン 2位D3小林美咲
500mタイムトライアル 3位D3小林美咲
2㎞インディヴィディアル・パーシュート 2位D3小林美咲

4㎞チームパーシュート


男子チームスプリント


ロードレースで優勝したM2松岡君(前から2番目)は全国高校総体インターハイの出場権を獲得しました。


女子ロードレース

男子チームスプリント

沢山のご声援ありがとうございました。
次の中国大会は6月10日(日)にロードレースが島根県雲南市、トラックレースが6月16日(土)~17日(日)に広島県広島市で開催されます、各種目優勝・入賞を目指しインターハイの出場権を獲得できるよう目指します!
14:37 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
123