鳥取県倉吉市立成徳小学校
Copyright (C) 2013- Kurayoshi city Seitoku elementary school  All Rights Reserved.
 

ようこそ成徳小学校Webサイトへ

 明治40年花運動の写真
明治40年に初めて公開された「花運動」
 明治6年開校の本校は、「自学・自治・創造」をめざしています。

 

お知らせ

【新型コロナウイルス感染防止について】
4.26 チラシ.pdf


成徳小学校は、もしも、成徳小学校のともだち、その家族の方、地域の方が新型コロナウイルスにかかってしまったり、病院などで新型コロナウイルスと闘ってくださってる方たちが、悪口を言われたり、いじわるをされたり、差別されたりするようなことがあったら、子どもたちも先生たちも、その人たちを守るために力を合わせる学校です。

 
成徳小学校ブログ
12
2022/05/27new

" 「どきどき」のインタビュー "というお話

| by 管理者

昨日のことです。

5月26日(木)。

 


ひさしぶりに雨ふりになって・・・

学校の前の通りに出ると・・・

ちょっとほこりのにおいがしたんです。

 

雨の降りはじめのこのにおい・・・

なぜだかね・・・私はすきなんです。

 

 

お昼休み。

校長室の扉がノックされたんです。

「こん こん こん」と3回。

音がちょっと高かったから・・・

“ こどもだな ”って思ったんです。

 

入ってきたのは4年生のおともだち。

すぐに気をつけをして言ったんです。

「校長先生 お時間よろしいでしょうか。」って。

「国語の学習でインタビューにきました。」って。

 

 

こたえたんです。

「よろしいです。」

そしてね・・・

おすすめしたんです。

「どうぞおすわりください。」って。

 

 

思ったんです。

“ みなさん・・・

  本気モードだぞ。 ”って。

 

 

アクリル板をはさんで・・・

むかいの席に着いた私を・・・

見つめる目がね・・・

超真剣。

 

 

私はね・・・

どきどきしながら思ったんです

“ おともだちは本気だぞ。 ”って。

“ きんちょうしてきたぞ。 ”って。

 

 

飛び出したんです。

きんちょうの第一問。

「どんなお仕事をしているんですか?」

(お! なんと言えばいいんだろ。)

(むずかしいこと言ってもわかってくれないから・・・)

(よし! ここはシンプルにいこう。)

「パソコンでお仕事をしています。」

(きまったあ!渾身の回答。)

 

 

「さらにお聞きします。」おともだち。

「だから・・・

 パソコンでどんなお仕事をしているんですか?」

(ごまかしはきかないじゃん。)

 

 

「報告書です。」私。

(ぜったいつっこまれるよぉ・・・

 「なんの報告なんですか」って。)

 

「なるほど。わかりました。」おともだち。

(おいおい・・・まじか!? よかった。)

 

 


その後も・・・質問が繰り返され・・・
きんちょうがピークに達したそのとき・・・

放たれたんです。

ピークにふさわしい質問。

(校長室に心臓の音しか聞こえていない。)

(にぎった手にはあせ。あせ。あせ。)

「すきな食べ物はなんでいらっしゃいますか?」

 

「ラーメンでございます。」

「毎日たべたいくらいでございます。はい。」

 

 

こんな声が聞こえたような気がしたんです。

「ラーメンだって。」

「みそかなあ。とんこつかなあ。」

「担々麺じゃない?」

(やばいぞ・・・

 「ラーメンを毎日たべてよいと思ってるんですか!?」

 とか言われるぞ・・・)

 

 

おともだち

「よくわかりました。」

 

(クリアした・・・)

 

 

まだ続いたんです。

おともだち

「給食の中ですきだったものはなんですか?」

 

 

「くじらにくでございます。」

・・・しーん・・・

 

 

こんどは・・・

こんな声が聞こえたような気がしたんです。

「くじらにくだって。」

「くらげのことじゃない?」

「それかイルカ。」

(え?イルカはないでしょ。)

 

 

おともだち

「わかります。」

「ぼくもおうちでたべたことが一度だけあります。」

(たすかったぁ・・・証人がいたぁ・・・)

 

 

 

メモをとる手も真剣。


どきどきしたけど・・・

うれしかったんです。

“ よいすがたをみることができたな。”って。

 

 

しばし沈黙。

また にぎった手にあせ。

しばらくしておともだち・・・

「以上です。」

「お忙しい中ありがとうございまいた。」
(おわりだったのかぁ・・・)

 

 

「こちらこそありがとうございました。」

「またのお越しをお待ちしています。」

 

 

おともだち

「しつれいしました。」

 

 

思ったんです。

“ きみたちって・・・

   ほんと一生けんめいだったよね。”って。

“ とってもかっこよかったよ。”って。


 

" 私が・・・
「どきどき」のインタビュー "というお話でした。



13:55
2022/05/26new

" 私のじまん "というお話

| by 管理者

5月25日(水)。

昨日のことです。

熱中症警報が発令された・・・

カンカンと暑い日でした。

 

 

放課後ね・・・

したんです。

 

 

プールそうじ。

先生たちだけで。

 

 

 

あした(5月27日)・・・

全校のみなさんでやる・・・

プールそうじにむけて。

 

 

そして・・・

5月31日のプール開きにむけて。

 

 

午後3時30分。

プールサイドの気温計は・・・
照り返しのために・・・34℃。

 

 

 

どろみたいな・・・

海そうみたいな・・・

雲みたいな・・・

たくさんのよごれを・・・

 

 

先生たちが・・・

がんばってくれたんです。

 

 

果てしなく続くようにも思える・・・

この作業を・・・

 

 

あせびっしゃんこになって・・・

ひたすらつづける先生たちを・・・

 

 

学童クラブのおともだちが・・・

フェンスの外から応援してくれたんです。

 

 

 

先生たちの背中がね・・・

こう言ってるように見えたんです。

“ 先生たちはね・・・

   みんなのためならね・・・

  いくらだってがんばれるんだよ。 ”って。

 

 

そしてね・・・

私はね・・・思ったんです。

“ そんなふうな気持ちで・・・

   がんばってくれる先生たちのことが・・・

   私のじまんなんだよ。”って。

 

 

作業がのおわったプールを・・・

打吹山がじまん気にみていたんです。

 

 

" 私のじまん "というお話でした。



14:32
2022/05/24new

" 沈黙の中にある「あたたかさ」 "というお話

| by 管理者

5月24日(火)。

今日は・・・

よいお天気だけど ちょっと暑め。

 

 

2校時にね・・・

たんぽぽ学級さんとひまわり学級さんの・・・

授業研究会をしたんです。

 

 

それぞれの学級でね・・・

それぞれのめあてに向けてね・・・

学んでいるすがたがみられたんです。

 

 

熱心に発表したり・・・

黙々と考えを書いたり・・・

“ うーん ”と考えたりしているすがたを見て・・・

とってもうれしかったんです。

 

 

それとね・・・

私はね・・・

そんなみなさんを・・・

そっと支える先生たちの目にね・・・

私の目がくぎづけになったんです。

 

 

コロナ禍だから・・・

よこにそっと・・・
(名原先生)

 

 

おなじ目の高さまで・・・

しゃがんで・・・
(福羅先生)

 

 

やさしいまなざしで・・・

目を合わせて・・・
(大西先生)

 

 

目だけでつつみこむ・・・エネルギー。

思ったんです。

“ 「あたたかさ」もエネルギーなんだ。 ”って。


 

" 沈黙の中にある「あたたかさ」 "というお話でした。

 

 

お昼休み・・・。

出張に歩いて出かけたんです。


 

たくさんのおともだちに出会って・・・

 

 

みんな・・・手をふってくれたんです。

 

 

ここでも思ったんです。

 

 

“ 私にとっては・・・

   こんなすがたもエネルギーだな。”って。



15:44
2022/05/23new

" 沈黙の中にあるエネルギー "というお話

| by 管理者

5月23日(月)。

さらりとしたよいお天気。

 


打吹山のみどりが・・・

いっそう濃く見えたんです。

 

 

午前11時半すぎ・・・

5年生のみなさんがね・・・

理科の学習をしてる理科室におじゃましたんです。

 

 

植物のおべんきょう。

三村先生のお話を聞いてるときの目が・・・

ほら。

 

 

ほら。

 

 

ほら。

 

 

ほらほら。

 

 

ほらあ。

 

 


 

スクリーンに映し出された映像を観る目が・・・

ほら。

 

 

ほらああ。

 

 

もういっちょ ほらあ。

 

 

 

そしてね・・・

目が光ってるとね・・・

しぜんにね・・・

せなかが・・・ぴん!

 

足のつま先まで・・・つぴーん!!
(ここまでくるとおとなはとても勝てない・・・)

 

 

とにかくね・・・

すごいエネルギーを感じたんです。

 

 

ところでね・・・

あとになってきがついたんです。


 

私がね・・・

そんな5年生のすがたを見ているあいだ・・・

みんなね・・・

動くこともなかったし・・・

お話しすることもなかったんです。

 

 

一生けんめいになるとね・・・

じいぃっとしてても・・・

しーんとしてても・・・

エネルギーって・・・出てるんですよね。
目や・・・からだから・・・。

 

 

" 沈黙の中にあるエネルギー "というお話でした。


私もね・・・
みなさんのじゃまにならないようにね・・・
床にねっころがって写真を撮ったんです。
エネルギーです。 はい。



16:12
2022/05/18

" このたびの感染拡大に想う "というお話

| by 管理者

長い長い臨時休業でした。

いつも思いを馳せて心配していました。

 

 

今、感染して熱にうなされて苦しい思いをしている子のこと。

心配そうに看病されるおうちの方のこと。


そして・・・ご自身も感染されたおうちの方のこと。

にもかかわらず・・・

お子さんの看病をふらふらするお身体でなさっていること。

 


おうちの方の・・・

「みんなに迷惑をかけてしまった」というご心配。

「登校できるようになったら・・・

教室でなにか言われはしないだろうか」というご心配。


このふたつの心配は必要ないんです。

かかった人がわるいのではないのだから。



 

けれど・・・人のこころはコントロールできません。

どうしても心配してしまうお気持ち・・・

理解できなくもないですし・・・

やはり当事者は・・・

そんな気持ちになってしまうものなのかもしれません。

 

で・・・、思うんです。

私たち成徳小学校の職員や・・・

おうちの皆さま・地域の皆さまにできることは・・・

そんなご心配が・・・

一発でふきとんでしまうくらいの文化となかまを・・・

地域の中に・・・おうちの中に・・・

そして・・・

学校の中に・・・教室の中に・・・

せっせとこしらえることなんだと。

 

 

この一週間・・・

みなさんが登校してくる日を・・・

校舎が・・・児童玄関が・・・

打吹山が・・・いちょうさんが・・・

琴桜さんが・・・上ぐつさんが・・・

“ みんなまってるねって・・・

お話ししているように見えたんです。


 

" このたびの感染拡大に想う "というお話でした。

 

 

いつも思っています。

成徳小学校は、医療従事者をはじめ・・・、

新型コロナウイルス感染症から私たちを守ろうとしてくださるすべての皆さま・・・
また、感染されたすべての皆さまに・・・寄り添い、応援をする学校です。

倉吉市立成徳小学校  校長  山名 毅


11:29
2022/05/06

" こころとからだはつながっている・・・ "というお話

| by 管理者

5月6日(金)。
7連休後の今日。


運動会まで・・・
あと2週間。

 

はじまったんです。
上学年の「花運動」の練習。

おにいさんとおねえさんは・・・

うごきがちがうから・・・

べつべつの場所で練習をしたんです。

 

 

おねえさんたちは・・・


まずはビデオをみて・・・


うごきを確認してるんです。

 

 (すごい厳かな空気に包まれてる・・・)


おにいさんたちは・・・

体育館で・・・

うごきはじめてて・・・

 

 

うでも・・・足も・・・

そろっちゃってて・・・

 

 

思ったんです。

おねえさんたちも・・・

おにいさんたちも・・・

“ しせいやうごきがすごいけど・・・

  ほんとうにすごいのは・・・

  「こころ」なんだね。 ”って。

 

 

だから・・・

ほら・・・

体育館のすみにおかれた上くつだって・・・。

 

 

ホワイトボードに書かれた・・・

今日の練習メニューだって・・・

メニューの「0番」は服装。

 

すごいものが・・・
あちこちで見られるんです。

 

さいごに・・・

ぜひ見てほしい写真があるんです。

まうしろから見たおにいさんのすがた。

 

 

私はね・・・

こんなにも・・・

たましいのこもったすがたをみると・・・

なきそうになるんです。

大感動です。

 

 

" こころとからだはつながっている・・・ "というお話でした。



17:23
2022/04/28

" まぶしいくらいに・・・ "というお話

| by 管理者

4月28日(木)。

まぶしいくらいのおてんき。

 

 

児童玄関から・・・

空を見上げるとね・・・

白亜の校舎が・・・

おひさまにてらされてね・・・

まぶしかったんです。

 

 

2年生の教室におじゃまするとね・・・

音読の発表会をしていたんです。


 

発表をきいてるおともだちの・・・

目がね・・・まぶしかったんです。

 

 

「がんばっています」っていう自信満々の顔が・・・
まぶしかったんです。


しせいがね・・・まぶしかったんです。

 

 

拍手をおくる気持ちがね・・・まぶしかったんです。

 

 

手もね・・・足もね・・・まぶしかったんです。

 

 

そして・・・もちろん・・・

発表しているおともだちの音読もね・・・

まぶしかったんです。

 

 

 

思ったんです。

“ おてんきもまぶしいけれど・・・

  がんばる2年生は・・・

  もっとまぶしかったなぁ ”って。

 

 

" まぶしいくらいに・・・ "というお話でした。


ところでね・・・
とちゅうね・・・
ちっちゃな声で・・・
話しかけてくれたおともだちがいたんです。
「校長先生・・・ぼくも写真に撮ってください。」って。


私はね・・・
思ったんです。

" とってもいい "って。
だって・・・
「がんばってる」っていう自信があるんだから。
とってもいいことなんです。


思ったんです。
" 2年生のみなさん・・・
  校長先生は・・・
  必ずまたおうえんにくるよ "って。


16:28
2022/04/27

" のうみそから湯気がね・・・ "というお話

| by 管理者

4月27日(水)。

ときどき雨降りで・・・

ちょっと寒いくらいの日。

 

 

お昼前にね・・・

教室をまわっておじゃましていたんです。

 

ろうかを歩いているとね・・・

4年生の教室から湯気が出てきていたんです。

 

 

私はね・・・

えんりょしないんです。

“ この湯気の正体はなんだろ? ”って・・・

入っちゃったんです。

4年生の教室。

 

 

 

そしたらね・・・

4年生のおともだち・・・

超真剣。
(手を見るだけでもわかるんだなぁ)

 

 

一点を見つめるように考えるおともだち・・・

 

 

あたまをかかえて悩んじゃってるおともだち・・・
(これは超集中の証拠)

 

 

ひたすらノートにかいてチャレンジするおともだち・・・

 


かいては消して・・・かいては消して・・・のおともだち・・・

 


ピタッとえんぴつがとまって・・・考えてるおともだち・・・

 

 

 

そんなすてきな表情を見ながら・・・

思ったんです。

 

“ みんなあたまから湯気が出てるじゃん。”って。

“ いいことだよ いいことだよ。 ”って。

“ ろうかの湯気は・・・

  みなさんののうみそから出ていたんだね。”って。

 

 

そんなみなさんが・・・

のうみそから湯気を出して・・・

考えていた学習問題・・・

「ものさしと分度器を使って・・・

 三角形をかく方法を考えよう」

 

 

そのあとは・・・

考えたことを発表して・・・

みんなで考えたり・・・

 

 

「どうすればいいんだろね?」って・・・

生田先生からたずねられたり・・・

おともだちのあたまからね・・・

湯気が出続けていたんです。

 

 

湯気を出し続けるおともだちも・・・さすが。

湯気を出し続けさせる生田先生も・・・さすが。

 

これぞ・・・「学び方学習」。

まだまだ進化しますようお。


 

" のうみそから湯気がね・・・ "というお話でした。

 


13:28
2022/04/26

" 先生たちだって・・・ "というお話

| by 管理者

4月25日(月)。

放課後のことです。

 

多目的室でね・・・

先生たちの・・・
おべんきょう会をしたんです。

 

 

おとなのことばでいうと・・・

「職員研修会」。

 

 

むずかしいことをね・・・

おとなみたいな顔をしてね・・・

しんけんにね・・・

 

 

「ううん」って考えたりね・・・

 

 

「んん」って聞いたりね・・・

 

 

「こうでね・・・ああでね・・・」って

発表したりね・・・ 



みんながんばったんです。

私も・・・ちょっとがんばったんです。

 

先生たちはね・・・

成徳小学校の子どもたちのためだったらね・・・

いくらでもがんばれるんです。

 

 

" 先生たちだって・・・
  がんばりますよお  "というお話でした。



14:25
2022/04/25

" 気温23℃のもとの誠実さ "というお話

| by 管理者

4月25日(月)。

快晴。

 


飛行機雲の白いすじだけがあるような・・・
真っ青な空だったんです。

 

 

午前10時ごろ。

気温は23℃。

 

おひさまの光が元気いっぱいだから・・・

もっと熱く感じられた校庭でね・・・

5年生が体育をしていたんです。

 

 

「リレー」。

リレーの肝・・・
「バトンパス」の学習だったんです。

 

 

小椋先生の説明を聞く目が真剣で・・・

誠実そのもの。

 


いよいよ・・・

ペアを組んで練習。

 

 

だれひとりとしてね・・・

手を抜いたり・・・

いいかげんにしたりしていないんです。

誠実さがね・・・伝わってくるんです。


 

だからこそね・・・

うまくいかなかったときに・・・

修正や調整ができるんです。

 


 

「誠実」。

このことはね・・・

このこと自体の価値だけじゃあなくってね・・・

もうひとつ・・・

「誠実」であるからこそ・・・

身につけることのできる価値とがあると思うんです。

 

 

無形の価値。

そんなシーンを目の当たりにした時間だったんです。

 

 

" 気温23のもとの誠実さ "というお話でした。

 

 

そうそう・・・。

校庭をあとにしてからね・・・

5年生のくつ箱を見に行ったんです。

ほらね・・・。
やっぱりそろってる。

 

 

「誠実」からは・・・

いろいろなものが生み出されるんです。


10:14
12

校舎正面

所在地:
〒682-0824 倉吉市仲ノ町733番地

電話:0858-22-6173

FAX:0858-23-4495