鳥取県倉吉市立成徳小学校
Copyright (C) 2013- Kurayoshi city Seitoku elementary school  All Rights Reserved.
 

ようこそ成徳小学校Webサイトへ

 明治40年花運動の写真
明治40年に初めて公開された「花運動」
 明治6年開校の本校は、「自学・自治・創造」をめざしています。

 
成徳小学校の出来事
12345
2020/05/26new

成徳にある自まんを見つけよう

| by 先生1
 5月22日に、根鈴さんをゲストティーチャーとしてお招きし、3年生が「成徳にある自まんを見つけよう」の学習を行いました。成徳地区は、打吹城の城下町として発展し、赤瓦や白壁土蔵群などの街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。当日は、話を聞いた後、町の中を散策し、柳橋や赤瓦に白の漆喰で塗られた土蔵、玉川にかかった石橋などの説明を聞きながら地域を散策しました。
 根鈴さんは、成徳小学校の卒業生で、倉吉のいろいろな歴史や文化を研究しておられます。「今の子どもたちはいいですね。こんな自分の地域のことを知る学習があって。このように地域の素晴らしさや良さを知って、自分の地域を愛し、ふるさとに戻って来てほしいです。」と話しておられました。


12:48
2020/05/25new

成徳大仏完成

| by 先生1

 6年生が,5月21日に校庭に大仏の絵を描きました。歴史の学習で,聖武天皇が大仏をつくろうとしたことを学びます。手の大きさや,指の大きさのサイズを示すのですが,なかなか子どもたちには大仏の大きさを実感することができません。そのため,校庭に大仏を描き,大きさを実感させる体験的な学習を行いました。まず,校庭に棒を使って下書きをし,その後,石灰を使って大仏を描きました。最後には,校舎の2階や打吹公園に上がって,出来上がりを確認したようです。

 では,なぜ,その当時こんな大きな大仏を作ったのでしょう。その時代は,自然災害や疫病が流行り,とても不安定な世の中でした。(最近の世の中も,自然災害や新型コロナウイルスが流行っています。似た状態だったのでしょうか。)そこで,聖武天皇は,仏の力をかりて国の安定を図ろうとしたようです。仏の力を大仏で表し,その力が国内に行き渡るように国分寺を建てました。その国分寺が,倉吉市国府の国分寺跡です。


11:21
2020/05/21

児童集会

| by 先生1

 5月20日の6校時に、児童集会を行いました。児童集会は、児童が主体となって運営して行う集会活動です。今回は、各委員会が取り組みの発表を行いました。

 成徳小学校には、運営委員会、給食委員会、保健委員会、広報委員会、図書委員会、環境・福祉・栽培委員会の6つの委員会があります。委員会活動は、4年生以上で組織し、学校生活がよりよくなるために、児童がアイデアを出し合い工夫して活動を行うものです。
 当日の発表では、営委員会があいさつの仕方を劇を使って伝えたり、広報委員会が時計を見ながら行動することや話をしっかり聞くことを呼びかけたり、給食委員会が食事の大切さなどをクイズを通して伝えたりしていました。






11:05
2020/05/20

お世話になります ウイリアム先生

| by 先生1

 今年度は、英語専科教員が、3年生から6年生の外国語活動、外国語科の学習指導を行っています。また、昨年に引き続き、東中学校に配属のALTのウイリアム先生が、水曜日の外国語活動、外国語科の学習に参加してくださり、子どもたちにネイティブな英語を聞かせてくださっています。

 英語がとても苦手な私にとって、今の子どもたちの恵まれた環境が羨ましいかぎりです。小さいころからネイティブな英語を聞き慣れることで、きっと英語の理解が進むことでしょう。また、英語が得意に思える子どもたちでも育つことでしょう。これからのグローバルな社会を生きる子どもたちは、英語が必要な場面に多く出会うことでしょう。しっかり学習を積み上げ、英語の力を高めてほしいと思います。


11:35
2020/05/19

大きくなあれ

| by 先生1
 2年生が、5月15日にミニトマトの苗を植えました。昨年、アサガオを育てていた一人一人の鉢に土を入れ、苗を1本ずつ植え替えていきました。
 昨年の2年生も、ミニトマトを大きく育てていました。プール横のフェンスに支柱をつなげ、大きく成長したミニトマトが、真っ赤な実を見つけていたことを思い出します。今年の2年生は、どこまで大きく育てるのでしょう。7月にいっぱい実をつけたトマトを楽しみに、毎日、しっかり水やりを行うことでしょう。

12:33
2020/05/14

草集めボラティア ありがとう

| by 先生1
 5月13日に,倉吉市教育委員会の2名の方が学校の公園側の斜面の草刈りに来てくださいました。今の時期は,草木がぐんぐん成長する時期で,だんだん大きくなる草の丈に,早く草刈りを行わなければと思っていたところでしたので,大変助かりました。

 5月14日には,環境・福祉・栽培委員会が中心となって,刈り取った草を集めるボランティアを募集し,草の片づけを行っていました。委員会の取り組みとして,環境・福祉・栽培委員会の子どもたちはよく頑張っています。その呼びかけに応じて,ボランティアに参加し,片付けに参加した子どもたちも,本当に素晴らしいですね。

 これからも,自分から進んでいろいろなことに取り組む子どもたちに育ってほしいと願っています。


14:56
2020/05/08

学校再開

| by 先生1
 昨日より、臨時休業を終えて学校が再開しています。学校の中には、子どもたちの声や休憩時間にブランコで遊んでいるキーコーキーコーという音が響いています。
 子どもたちの過ごしている学校は、やっぱりいいものです。新型コロナウイルスの感染・拡大予防には十分に気をつけながら、学校での子どもたちが元気に過ごせるよう最善の対応を行っていきたいと思います。
 その対策として、健康観察票の記入を各家庭にお願いしています。保護者の皆様には、いろいろなご負担をおかけしますが、子どもたちの健康や安全を守るためですので、ご理解とご協力をお願いします。


13:48
2020/04/24

菜の花プロジェクト

| by 先生1
 菜の花プロジェクトで綺麗に咲いていた菜の花も、もう終わりが近づき花がほとんど散ってしまいました。3月から黄色い花をつけていた菜の花でした。
 4月23日の昼休憩に、環境委員会がボランティアの呼び掛けを行い、菜の花の切り取り作業を行っていました。呼びかけにこたえて、中学年や高学年の児童がボランティアとして作業をしていました。
 きれいに刈り取ったプランターは土を再生し、環境委員会が、次は夏の花に植え替える予定のようです。


14:45
2020/04/23

小さなお客様 いらっしゃい

| by 先生1
 4月22日に、2年生が1年生を案内して学校探検をしました。校長室にも、2年生のリードで、何グループかが訪問してきました。「失礼します。」と入室した後、2年生が、「校長室は、校長先生がお仕事をされたり、お客さんが来られて話をする場所です。」などと、上手に説明をしていました。
 昨年の4月は、案内されていた2年生ですが、1年経って大きく成長しました。説明する立派な姿に、説明を聞き入ってしまいました。校長室の歴代校長先生の写真や琴桜関の額を一生懸命に眺めている1年生のまなざしがとてもキラキラしていました。

10:55
2020/04/22

落ち着いた朝のスタート

| by 先生1
 4月22日の朝、学校を回っているとどの学級も静かに朝読書に取り組んでいました。学校全体を回って最後に児童玄関を通りかかると、どの学年も下足がきれいにそろっていました。2~3足の揃っていない靴もありましたが、置き方が大きく崩れているものではありませんでした。
 昨年、下足揃えを担当職員から毎月のよう子どもたちに働きかけをしていました。月日が経つに従い、だんだん揃っている学年が増えていたところでした。
 本年度は、始業式が始まってしばらく経ったころ、下足の揃っている学年が多いなと感じていたところです。そして、今回の下足の整頓。4月のスタートが順調にきれているなと感じた瞬間でした。



10:21
12345

校舎正面

所在地:
〒682-0824 倉吉市仲ノ町733番地

電話:0858-22-6173

FAX:0858-23-4495

e-mail: seitoku-e@mailk.torikyo.ed.jp