鳥取県倉吉市立成徳小学校
Copyright (C) 2013- Kurayoshi city Seitoku elementary school  All Rights Reserved.
 

ようこそ成徳小学校Webサイトへ

 明治40年花運動の写真
明治40年に初めて公開された「花運動」
 明治6年開校の本校は、「自学・自治・創造」をめざしています。

 

お知らせ

【新型コロナウイルス感染防止について】
4.26 チラシ.pdf


成徳小学校は、もしも、成徳小学校のともだち、その家族の方、地域の方が新型コロナウイルスにかかってしまったり、病院などで新型コロナウイルスと闘ってくださってる方たちが、悪口を言われたり、いじわるをされたり、差別されたりするようなことがあったら、子どもたちも先生たちも、その人たちを守るために力を合わせる学校です。

 
成徳小学校ブログ
1234
2022/07/01new

“ スイカわりがしたくなる日に・・・ ”というお話

| by 管理者

7月1日(金)。

いよいよ7月。

今日もね・・・

あつ~い日です。

 

 

思ったんです。

“ スイカわりがしたくなるくらい暑いな。”って。

 

 

休み時間。

6年生のおねえさんが・・・

一輪車に乗ってたんです。

 

 

あまりにも上手だから・・・

おねがいしたんです。

「すごいねえ。」って。

「写真とっていいですかあ?」って。

 

かえってきたんです。

「いいですよお。」って。

“ ぱしゃり ”とシャッターをきったときには・・・

もううしろすがただったんです。

(はやっ)

 

 

 

そのあとも・・・

どんどんとおともだちが・・・

一輪車のところにやってきたんです。

 

 

すいすいと乗れるおともだちも・・・

練習中のおともだちも・・・

 

 

おてつだいしたり・・・はげましたり・・・。

 

 

私はね・・・

もうそんなすがたを見ることができただけで・・・

もうしあわせて・・・ハッピーだったんです。

それで・・・

自分までなんでもできそうな気になっちゃって・・・

 

言ってみたんです。

「校長先生も乗ってみる。」って。

 

 

おともだちがたずねてくれたんです。

「校長先生・・・乗ったことあるんですか?」って。

こたえたんです。

「うまれてはじめてです。」って。

 

 

べつのおともだちがつぎつぎに言ったんです。

「だいじょうぶですか・・・?」って。

「ねえ・・・いいの校長先生・・・」って。

「うそ・・・ですよね。」って。

 

 

私はね・・・言ったんです。

「もしも校長先生がころんで・・・

 あたまがじめんに当たって・・・

 スイカわりみたいになったら・・・

 救急車をよんでください。」って。

 

 

かえってきたんです。

というか大荒れに荒れたんです。

「校長先生!!やめてください!!」って。

「どこまで本気なんですか?」って。

「そんなえぐいこと言わないでください!」って。

「えぐいです!」って。

 

 

大ブーイングの中ね・・・

「えいやあ」でこいでみたんです。

 

 

そしたらね・・・

2m。進んだんです。

 

 

おともだちがね・・・

まんまる目で言ったんです。

「あっ。」って。

「まあまあだ。」って。

「あそこからここまできた・・・。」って。

 

 

どや顔をしようと思ったそのときね・・・

ちょうど休み時間がおわっちゃってね・・・

みんなとっとと一輪車をかたづけて・・・

教室に入っていっちゃったんです。

 

 

みんながいなくなったあとの・・・

一輪車置き場はね・・・

ほら。

こんなにもうつくしかったんです。

 

 

私はね・・・

思ったんです。

“ うつくしいものをみせてもらったな。”って。

“ きみたちって・・・やっぱりすごいよね。”って。

“ また乗りにこよう。”って。

 

そして・・・

“ この一輪車を「マイ一輪車」にしよう。”って。
(今日奇跡をおこしたピンクのやつ)


 

“ スイカわりがしたくなる日に・・・

  自分がスイカわりにならずにすみました。というお話でした。


11:26
2022/06/28

“ こんな暑い日にも・・・ ”というお話

| by 管理者

6月28日(火)。

めらめらと景色がゆがんでみえるほど・・・

もわんとした日です。

 

 

“ みんなとろけちゃってないかなぁ。 ”

 ・・・って心配になっちゃって・・・。

(私は・・・

 ・・・のうみそが・・・

    ・・・ちょっと・・・

       とけそうだったから・・・)

 

 

教室におじゃしてみるとね・・・

 

 

みんな・・・

ふだんとまったくかわんなくって・・・

 

 

カードでひき算の学習をしたり・・・

 

 

考えたり・・・

 

 

ノートに考えをまとめたり・・・

 

 

じいぃっとお話を聞いたり・・・

 

 

足がものすごいおぎょうぎだったり・・・

 

 

大サービスで手をふってくれたり・・・

 

 

「超」がつくくらいに・・・

 がんばっていたんです。

 

 


私はね・・・

超うれしくなっちゃってね・・・

思ったんです。


“ やっぱりおとなは・・・

  子どもにはかてないな。 ”って。

 “こんな暑い日にも・・・

  みんなってがんばっちゃうんだね。”って。


 

そして・・・

“ みんな水分をしっかりとるんだよ。 ”って。

 

・・・って思いながらろうかを歩いていると・・・

ほら。

2年生のおともだちが・・・

ラッパ飲み。

 

 

思ったんです。

“ いいぞお。 ”って。

“ きみを見ていると・・・

  校長先生まで元気がでたよ。 ”って。

 

そしてね・・・

校長室にもどるときに見つけた

へちまのつる。

なんだか・・・

さっきのラッパ飲みのおともだちと・・・

ポーズがにていたんです。

 

 

私は・・・また・・・
超うれしくなっちゃってね・・・

思ったんです。

“ へちまのつるも・・・

  おともだちも・・・

  きっとぐんぐんのびるんだ。”って。

 

 

“ こんな暑い日にも・・・

  みんなぐんぐんのびるんです。というお話でした。



13:43
2022/06/24

“ おとぎ話のような・・・ ”というお話

| by 管理者

空気が「とろり」って感じられるほど・・・

蒸し暑い日です。

 

 

2年生の教室のうしろに・・・

粘土の作品がならんでいたんです。

 

 

粘土もね・・・

おもしろいんです。

 

立体だからこそ表現できる・・・

その子らしさがとびだすんです。

 

 

では・・・

いくつかご紹介を。

(おともだちが書いた作品名の写真もあじがありますよお)

 

「わくせいがならんでいるよ」。

 

 

この惑星はね・・・

きっと土星にちがいないんです。

そして・・・このおともだちは・・・

星がだいすきにちがいないんです。


 

 

 

「りゅうがいっせいにつっこんできた」。


 

 

りゅうの迫力がね・・・

すごいんです。

迫力だけじゃあなくってね・・・

ものすごく精密なんです。

おともだちの集中力のたまものです。

 




 

 

「いけに、かもの赤ちゃんがうまれたよ」。

 

 

ひとつひとつが・・・

とてもかわいらしくできていて・・・

私にはわかるんです。

“ このおともだちがとってもやさしい子なんだ。”

・・・っていうことが。

 

 



 

「大きなピザとぎょうざがこげちゃった」。

 

 

“ いい。とってもいい。 ”って思ったんです。

大きなピザとね・・・

ぎょうざなんです。

おとなはぜったいに考えつかないんです。

「大きなピザ」と「ぎょうざ」。


私はね・・・うれしかったんです。

「大きなピザ」と「餃子」・・・

私の大好物なんです。

しかも・・・

ちょっぴりこげちゃったのが好きなんです。

このぎょうざなんか・・・ほら。

うっかり・・・ほんとに・・・

たべちゃいそうになるくらい・・・
感じが出てるんです。

 

 

 

私はね・・・

おともだちの作品を見ながら・・・

おとぎ話の中に入り込んじゃったような・・・

気持ちになって・・・

夢中になってしまったんです。

 

“ 学校にある・・・

  おとぎ話のような世界。というお話でした。

 

 

でね・・・


私が夢中になって・・・



作品を見ている教室ではね・・・ 

 


おともだちが・・・

真剣モードで・・・

算数のお勉強をしていたんです。
なんだかわるい気がしてね・・・
背中をまるめて出て行ったんです。
“ こそこそ・・・こそこそ・・・ ”って。

 

 

思ったんです。

“ またおとぎの国につれていってね。”って。


13:27
2022/06/22

“ 青のうつくしさ・・・ ”というお話

| by 管理者

6月22日(水)。

梅雨に入ったけど・・・

よいおてんきの日でした。

 

 

空がまぶしいくらいに青くって・・・

そのあまりのうつくしさに・・・

2階のテラスから空を見上げていたんです。

 

 

プールではね・・・

5・6年生のおにいさんおねえさんが・・・

水しぶきを上げながら・・・

水泳の学習をしていたんです。

 

 

もくもくと・・・

 

 

ひたすらに・・・

 

 

そして・・・誠実に・・・

 

 

泳ぐそのすがたに・・・

私はね・・・

敬意を抱かずにはいられなかったんです。

 

 

途中・・・

一度整列したときに・・・

じいぃっと見てる私に気づいた・・・

おにいさんおねえさんと川口先生が・・・

2階のテラスに向かって・・・

手を振ってくれたんです。

 

 

でね・・・

そのプールの水の青さが・・・

空のそれに負けないくらいに・・・

うつくしかったんです。

 

 

私はね・・・

ほんきで思っていたんです。

“ 空とお水とはつながっているんだ。”って。

 

 

(これはいろんな意味でまちがいない。)

(でもそのことについてここで書くと・・・

 お話が・・・

 あと10倍くらいの長さになるから・・・

 やめとこっと。)

 

 

そしてね・・・

校舎にもどると・・・

だれかが生けてくれたあじさい・・・

 

 

これまたその青さに目をうばわれたんです。

思ったんです。

“ この青もうつくしいぞ。”って。

“ 今日のおてんきは・・・

  青と相性がいいにちがいないぞ。”って。

 

 

でもね・・・

私は気がついていたんです。

“ 今日・・・ほんとうにうつくしかったのは・・・

  誠実に・・・そしてきらきらと・・・

  水泳の学習に向き合っていた・・・

  おにいさんおねえさんたちのあのすがたなんだ。”って。

 


“ 青のうつくしさに負けない・・・

  がんばるすがたのうつくしさというお話でした。



13:07
2022/06/20

“ あなたのキラリで・・・ ”というお話

| by 管理者

6月20日(月)。

梅雨に入って・・・

じとぉっと蒸し暑くって・・・

 

 

“ みんな元気かなぁ・・・。”って

思いながら・・・

ろうかを歩いていたんです。

 

 

3年生の教室の前のろうかに・・・

見つけたんです。

「あなたのキラリで3年生がキラリ!」。

 

 

おともだちのね・・・

キラッとよいところをね・・・

ふせんに書いて・・・

貼ってあるんです。

 

 

たっぷりです。

しかも・・・

このもぞう紙・・・

2枚目なんです。

 

 

ふせんにはね・・・

おともだちの名前を書いて・・・

そのおともだちの・・・

“ キラリ ”と光るところについて・・・

書いてあるんです。

 

 

思ったんです。

“ これは みんなキラリとするわ。”って。

 

 

そう思って・・・

教室におじゃましてみると・・・

ほら。キラリとして考えてる。

 

 

ほら。キラリとして発表してる。

 

 

ほらほら。キラリとした目でお話を聞いてる。

 

 

そしてね・・・

発表するおともだちを・・・

キラリとしてみんなが見てる。

(こんなにもキラリと見つめられたら・・・

 2時間くらいお話したくなっちゃうよなぁ。)

 

 

“ まぶしいくらいにキラリだな。”って・・・

思ったその瞬間ね・・・

目の前のおともだちの手が・・・

あがったんです。

キラリです。

「ちょっきーん」です。

(おおお・・・

 鼻にささるかと思った・・・

 あせったぁ・・・。)

 

 

夕方。 

3年生のおともだちが・・・

帰っていったそのあとね・・・

もう一度教室におじゃまして・・・

じっくり読んだんです。

“ キラリ ”のカード。

 

見つけたんです。

一枚のふせん。



「横山先生のいいところは・・・、
 こまってたりかなしんでる人を・・・
 たすけるところです。
 だから・・・、
 ぼくもそんなふうにしたいです。」って。
 

思ったんです。

“ これは・・・

  横山先生もなるわ。

  「キラリ」ってね。”って。


 

“ あなたのキラリで・・・

  みんながキラリ・・・

  横山先生もキラリ!というお話でした。



17:35
2022/06/17

“ 成徳ギャラリー満喫 ”というお話

| by 管理者

6月17日(金)。

今日はね・・・

教室やろうかに貼り出してある・・・

図工の作品を見せてもらったんです。

 

 

3つの学年の作品をね・・・

いくつか紹介しようって思うんです。

 

 

 

「私の空」。

6年生。

 

 

6年生ともなると・・・

やや抽象画の域なんです。

“ おおっと ”って思ったんです。

 

【作品名:夕日の空を見ている私】
 

私はね・・・

つぶやいたんです。

「 さすがだなぁ。」って

 

【作品名:明るい自分を見る自分】 



 

「ふしぎなたまご」。

2年生。

 

 

見てるだけで・・・

こっちまでたのしくなってくるんです。

だから・・・

おともだちは描いてるとき・・・

ぜったいにたのしかったはずだな。”って思ったんです。

 

【作品名:おもちゃがうまれた】

 

私はね・・・

つぶやいたんです。

「 かわいすぎるなぁ。」って

 

【作品名:タマゴから花火がいっぱいでたよ】 



 

「ちょきちょきかざり」。

1年生。

 

 

縦一列が・・・

一人分の作品なんです。

ろうかの右と左とにかざってあって・・・

“ たのしいなぁ。”って思ったんです。

 

 

私はね・・・

つぶやいたんです。

「ディズニーランドにきたみたいだな。」って。

 

 

“ 成徳ギャラリー満喫というお話でした。

 

 

そうそう。

保健室の前のろうか。

だれかが折り紙で作った「かたつむり」。

 

 

つくってくれたのは・・・

保健室の秋山先生かなあ・・・

それともおともだちかなあ。



10:52
2022/06/15

“ せすじがのびました。 ”というお話

| by 管理者

6月15日(水)。

お勉強中の校舎をね・・・

てくてくと歩いてまわっていたんです。

 

 

3つの学年の教室のろうかにね・・・

書写の時間に書いた字が・・・

貼り出してあるのが目にとまったんです。

 

 

「道」。

5年生。

思ったんです。

 

 

“ まじかあ。 ”って。

“ 「道」ひとつじゃあないな。 ”って。

“ こんなふうに・・・

  似てるようでみんなちがう・・・

  それぞれの「道」があって・・・

  おなじじゃないといけないわけがないんだよね。”って。

 

 

せすじが伸びる思いがしたんです。

 

 

「羊」。

4年生。

思ったんです。

 

 

“ こころがこもった誠実な字ばかりだな。”って。

“ じいぃっと見ていると・・・

  羊の顔に見えるからふしぎだな。 ”って。

“ 字が生き生きとしているからだよな。 ”って。

 

 

たくさんの羊たちに・・・

囲まれているような気持ちになってね・・・

せすじが伸びる思いがしたんです。

 

 

 

「一」。

3年生。

思ったんです。

 

 

“ シンプルな「一」。”って。

“ されど・・・「一」。”って。

“ だからこそ・・・

  にじみでるんだよなぁ・・・

  その子らしさや・・・

  その子のあじが・・・。”って。

 

 

そんな一人一人の個性に・・・

敬意を抱かずにはいられなくって・・・

せすじが伸びる思いがしたんです。

 


“ せすじがのびました。というお話でした。

 

 

教室やろうかにはね・・・

図工の作品も掲示してあるんです。

しめしめって思ったんです。

“ あしたは図工の作品の見せてもらおうかな。”って。



14:49
2022/06/14

“ おとなも子どももがんばりました。”というお話

| by 管理者

今日。


6月14日(火)は・・・

参観日をしたんです。

 

 

ひさしぶりの雨降りで・・・

“ おうちのみなさん・・・

  おでかけにくいかなあ・・・。”って・・・

ちょっと心配になっちゃったんです。

 

 

ところがね・・・

「みなさんごめんなさい。」だったんです。

 

 

どの教室にも・・・

たくさんの方がおいでくださって・・・

とってもうれしくなってしまったんです。

 

 

ろうかで出会ったおうちの方に・・・

「こんにちはぁ。」って・・・

ごあいさつしたら・・・

 

 

みなさんが・・・

「こんにちはぁ。」って・・・

かえしてくださったんです。

 

 

そしてね・・・

もっとうれしかったのはね・・・

学校中のおともだちが・・・

 

 

みんなとっても一生懸命に・・・

お勉強していたことだったんです。

 

 

だから・・・

参観授業のあと・・・

おうちのみなさんも・・・

一生懸命にお勉強。
ほら。

 

 

こころから思ったんです。

“ みなさん・・・

  ほんとうにありがとうございました。”って。

 

“ おとなも子どももがんばりました。”というお話でした。

校長室にもどって窓のそとをみるとね・・・
このまえ・・・
3年生のおともだちが植えてくれたひまわりが・・・
5cmくらい伸びたような気がしたんです。



19:00
2022/06/13

" みんなでお待ちしています。 "というお話

| by 管理者

明日。

6月14日(火)は・・・

参観日です。

 

 

新型コロナウイルスの影響で・・・

みなさまを・・・

学校にお招きする機会が・・・

めっきり少なくなってしまいました。


 

ようやく参観日を・・・

盛大にすることができるんです。

 

 

どの学年も・・・

いつ参観にきていただいてもいいくらいにね・・・

いつもがんばってるんです。

 


そんなみんなのすがたを・・・
たくさんのおうちのみなさんに・・・
みていただきたいんです。 


 

正式な参観日デビューの・・・

1年生のおともだちの目は・・・

 

きらん!

 

 

きらん!!

 

 

きらん!!!

 

 

きらん!!!!

 

 

1年生の教室はもちろん・・・

明日の成徳小学校は・・・

どの教室も・・・

“ きらん! ”ってまぶしいですよ。

 

 

みなさまのご来校を・・・

こころからお待ちしています。

 


"
みんなでお待ちしています。 "というお話でした。

 

 

やすみ時間にね・・・

1年生のおともだちがね・・・

ぶらんこをしていたんです。

 

 

“ 一回転しちゃうんじゃあないかな ”って・・・

心配になるくらいにね・・・

ぐるんぐるんにこいじゃってるんです。

 

 

きいてみたんです。

「こわくないですかぁ?」って。

「空にとどきそうですよぉ。」って。

 

 

かえってきたんです。

「だいじょうぶですぅ。」って。

 

 

思ったんです。

「きみたちなら・・・

 宇宙まででもとべそうだな。」って。



14:54
2022/06/10

"先日・・・横断歩道で目にした光景 "のお話

| by 管理者

先日のことです。

出張にでかけるために・・・

子どもたちの下校とほぼおなじタイミングで・・・

学校を出発したんです。

 

 

信号機のない横断歩道で・・・

成徳小学校のおともだちがひとり・・・

横断できそうなタイミングを待っているすがたが・・・

目に留まったんです。

 

 

私の車の前に3台の車があったから・・・

「もう少ししたら校長先生がとまるからね。」って思いながら・・・

スピードを落とし始めていたんです。


 

そしたらね・・・

先頭の車の運転手さんが止まられたんです。


 

おともだちはね・・・すうっと横断したんです。

そしてね・・・横断を終えると・・・

振り返って運転手さんにおじぎをしたんです。
「ぺこり」って。

 

 

私はね・・・

まずは、おともだちが無事に横断できたことに・・・

“ホッ”と安心したんです。

 

そして・・・もうひとつ・・・

こんなことを想っていたんです。

 


“ この運転手さんはきっと・・・、

  「つぎもまたとまってあげたいな。」って思われただろうな。って。

 

“ そして・・・、

  このおともだちは・・・

  これからも運転手さんから守られるだろうな。って。

 

“ この運転手さんは・・・、

  成徳小学校の近くでは・・・、

  これからも気をつけて走ってくださるだろうな。って。

 

“ 成徳小学校に・・・

  このようなことができるおともだちが・・・、

  一人、また一人とふえると・・・

  こんな運転手さんも同様に・・・、

  一人、また一人とふえてくださるだろうな。って。

 

“ この日、私が目にした・・・

  おともだちの「おじぎ」は・・・、

  これからの自分を守るためだけじゃあなくって・・・

  すべてのおともだちを守ることに・・・、

  まちがいなくつながっていくだろうな。って。

 

"先日・・・横断歩道で目にした光景  "のお話でした。

 


【成徳小学校のおともだちへ】

みんなで・・・、

こんな「一人、また一人」の中の一人に・・・

なってみませんか。

横断歩道で「ぺこり」って。



14:30
1234

校舎正面

所在地:
〒682-0824 倉吉市仲ノ町733番地

電話:0858-22-6173

FAX:0858-23-4495