学校長

                         和3年度 学校経営方針
                                 令和3年4月1日
    
              校 長 盛田 恭司

 はじめに
 
 明治23年5月30日、面影尋常小学校と命名され今年で131周年を迎えます。校名は、奈良時代に名付けられていた因幡三山(こしき山・いまき山・おもかげ山)の1つ、面影山の麓にあることからそれにちなんで「面影」と命名されました。

 歴史と伝統のある本校の校歌の歌詞に「今日も元気に希望に生きん」「今日も笑顔で学びに生きん」「今日も楽しく、自治に生きん」と記されています。この中に学校教育の理念が位置づけられていると考えています。毎日を元気・楽しく・笑顔で生活が送れる人間関係を涵養する。また生きていくための人間力を培い、夢や希望を育み、一人一人が自己実現に向けて自分の可能性を広げるそのための学びを実践することが本校の使命と考えます。

 昨年4月から実施の新学習指導要領を踏まえ、今まで構築されてきた歴史と伝統を継承し、昨年度まで取り組んできた「より良い学校づくり」をさらに充実させたいと考えます。


1 学校教育目標

「志を持ち、感謝の気持ちを忘れず、未来を切りひらくために、学びつづける心豊か な児童の育成」

 

(1)めざす学校像

「人が育つ地域の学校」

~児童一人一人の自己実現と社会的な自立を学ぶ場としての役割を果たす~

◎「通いたい」(行きたくなる)学校

   →「喜んで登校、満足して下校」という実感をすべての子どもに与える。

   ・子どもの自己有用感を高めるための仕掛けづくりと声掛けを大切にする。

「友だちや学校の役にたった」「わからないことがわかった」「できなかったことができた」「友だちと活動して楽しかった」「気になっていた友だちと話ができた」「友だちに助けてもらった」「友だちに元気づけてもらった」「みんなの役に立ち感謝された」

「活躍が認められた」

 

◎「通わせたい」(信頼している)学校

   →「安心安全な環境のもと信頼関係を築き、子どもの可能性を伸ばしている」

    家族は、児童が元気に学校に登校し、一日を終え、無事に家庭に帰ってくることが喜び。

   ・学校の教育環境が整備されている。

・子ども同士がつながり、学校、学級の中でその子の居場所がある。

・授業で子どもの学力を伸ばしてくれる。

   ・朝、気になるスタートをした子には、学校での一日の様子を保護者に知らせる。

   ・「できていることは何か」を見つけようとする姿勢

   ・気になることがあった日は、その日のうちに必ず子どもが保護者に伝えるよりも早く、正確に家庭へ連絡する。

   ・その子の伸びを子どもと一緒に認め合う。(他者評価によるメタ認知力の向上)

 

◎「応援したくなる」(支援したい)学校

   →「子どもたちが地域で育つ・地域に貢献する」

   ・学校を核として子ども大人も学び合い育ち合う教育体制ができている。

   ・桜ヶ丘中校区各小学校運営協議会の共通理念「桜の下に集まるみんなの笑顔」を基盤として地域の資源を有効に活用する。

   ・学校を核として地域の将来を担う人材を育成するため人が共に成長する場を構築する。


(2)本校のめざす児童のすがた(姿)

130年の歴史と伝統を持つ本校には学校創立の理念や願いが校訓・校歌に込められると考える。校訓「かしこく うつくしく たくましく」と校歌の歌詞をもとに児童のすがた(像)を設定した。

 

<めざす児童のすがた(像)>

○すすんで(主体的に)学習する児童 (かしこく:学びに生きん)

○なりたい自分をめざす児童     (うつくしく:希望に生きん)

○生きるための土台をつくる児童   (たくましく:自治に生きん)

 

◎「きょうも笑顔で学びに生きん」:「すすんで(主体的に)学習する児童」→「かしこく」

・「聴くこと」(相手を認めること)を大切にし、話し合う力を高めている。

・学習習慣・学習規律、家庭学習習慣が確立している。

・意欲的に学習し、互いに教えあい高めあう態度が身についている。

・「今」することに一生懸命取り組んでいる。

・地域の文化・行事などから体験的に学んでいる。

 

  ◎「きょうも元気に希望に生きん:「なりたい自分をめざす児童」 →「うつくしく」

・正しいことを「自分の心の命令」ですることができる。

・役立ち感をもち、自己肯定感が育っている。

・生活習慣・規範意識が育ち、「しぐさ」となっている。

・コミュニケーション能力、ソーシャルスキルを身につけ、他者を大切にしている。

・集団の一員としての所属感、連帯感をもっている。

・自分が支えられていることに気づき、感謝の心をもっている。

 

  ◎「きょうも楽しく自治に生きん」:「生きるための土台をつくる児童」→「たくましく」

・生活リズム、基本的生活習慣が身についている。

・生命を大切にし、自らの健康に関心をもって、よりよい生活をめざしている。

・心と体を鍛え、挑戦しようとする意欲がある。

・最後までねばり強くやり遂げる意志や態度を身につけている。

・友だちの成功を一緒に喜ぶことができる。

※小小連携・小中連携で共通に取り組む5つのめざす児童・生徒像は同様に取り組む。

   <桜ヶ丘中校区が共になって育てる姿(5つのスタンダード)>

① 返事、あいさつができる子

② 正しい言葉づかいができる子

③ すすんで掃除ができる子

④ 学校や学級のきまりやルール、先生との約束事を守る子

 

    ⑤ 家庭学習に励む子

(3)めざす教師像(すがた)大切にしたい学校のすがた

○同僚性を大切にしながら、共に学び続ける教師

○率先垂範、ふるまいや姿勢で子どもを感化できる教師

○子どもを大切にし、敬意を払い、愛をもって導く教師

・学校は、地域や次代を担う子どもの成長を願い、保護者、地域、教師がともにつながることのできる場所であり、このつながりを大切にする教師であってほしい。

 ・学校で取り組むと決めたことは、凡事徹底、全教職員で足並みをそろえ取り組みたい。

・何事も良いものを創るという願いのもと、互いに知恵を出し合える教師集団でありたい。

 

☆具体的な教師としての行動・姿勢

○子どもを肯定的にとらえる→ほめてのばす (元気の出る言葉のかけられる先生に)

    ・子どもに寄り添い、ともに考える。(怒るから叱るに)

    ・少し「背伸び」をしたら見えてくるそれまでとは違う世界に誘う姿勢。

○明るく、笑顔で、すすんで挨拶する教職員

    ・あいさつで、人と人とがつながる。

・いつも先生や友だちの笑顔が待っている学校には登校したくなる。

    ・笑顔は、相手を受け入れていることの何よりのメッセージ。

    ・笑顔は「少しくらい失敗してもいいよ」という気持ちを伝え、物事に積極的に取り組む支えにもなる。

○子どもを育てる方法の原点は、教職員の「お手本」と「感化」

    ・先生の「率先垂範」「子どもと一緒にやること」はどんな指導にも勝る。

    ・教職員それぞれの個性を生かした子どもとのかかわりの工夫を。

    ・成長途上の子どもには、あらゆる場面でよきお手本が必要。(子どもは教師の鏡)

  一人一人のよさを生かしあえる教職員集団に

・専門職としての自覚とプライドをもち、使命感・責任感を感じる。(わかる授業の創造)

・労を惜しまず、共に汗を流す。(組織の一員として協調を)

・進んで自己研修に励む。(学び続ける教師。課題への対応力、解決力を)

他者と積極的に関わり学び合う。(豊かな人間関係豊かな教養)

・風通しがよく、仲の良い職員集団が学校を支える。

    「コミュニケーションからクリエーションに」(豊かなつながりから何かが生まれる)


さらに詳しくは、こちらの文書をご覧ください。
R3面影小経営方針.pdf