現在公開されている日誌はありません。



 


  体育祭モザイクアート

                                                                                      R元年度シンボルアート(体育祭)                           
                       
                                         R2年度シンボルアート(体育祭)
                                                                                                                                                                     
 


  
 


 

お知らせ

H29年度 学校経営の基本的な方針


1.校訓 『生き抜く力』 ~見つめよ自己を 求めよ友を 惜しむな汗を~

2.教育目標  ふるさとに学び、夢に向かい、生き生きと輝く子ども(生徒)の育成

  3.日南小・中学校のめざす子ども(教師)像

 ◆学び続ける人(知)・・・・・ 努力を惜しまず、学力向上をめざす子ども(教師)

   ◆思いやる人(徳)  ・・・・・ 基本的人権を尊重し、礼儀を重んじる子ども(教師)

 ◆やり抜く人(体)  ・・・・・  最後まであきらめず、心身を鍛える子ども(教師)


4.学校経営の基本的な方針

(1)キーワード : 『チームにちなん』

                         ~生徒・教師・保護者・地域 一丸、連帯、協働、相互扶助~


(2)学校課題の解決に向けたミッション

①長期的ミッション ・・・・・ 日南町の将来・未来を担って生きる人材の育成

②短期的ミッション ・・・・・ 保小中一貫教育の推進・学力向上・自己有用感の確立


(3)指導の重点

①信頼・期待

     ・生徒、教師、保護者それぞれの信頼関係が確立されること。【教育の基盤】

    ・教師は生徒や保護者から期待を寄せられる存在であること。【教師の責務】

    ・教師は生徒や保護者の成長に期待をもって指導すること。【教師の役割】

②努力・創意工夫

    ・努力のないところに花は咲かないこと、実はならないこと。

    ・工夫のないところに、変化は得られないこと。

③成果・結果・効果

    ・ゴールイメージ(ねらい)を必ず持つこと。【目標のない実践は教育ではない】

    ・得られた結果は、必ず何かの変化をもたらす成果ととらえること。

    ・プラスの結果は、生徒も教師も自己効力感を高める一番の特効薬となること。

                                                    【自尊感情・自己効力の高揚】   

④活力・元気・やる気

     ・チャレンジは活力。やる気を持って進むところに成果(実績)ができること。

     ・生徒、教師ともに笑顔で心身ともに元気に過ごせること。


5.重点努力事項

(1)学力の定着と向上を図る。

①学習への意欲や関心を高め、の基礎・基本の確実な定着を図り、学力向上をめざす。

②言語活動を充実し、思考を深め広げる学び合い、関わり合いのある授業の工夫改善に努める。

③「わからせる授業(教師)」と「わかろうとする学習(生徒)」のマッチングを図り、相互の達成感の共有を推進力とする。

④生徒の実態を把握し、少人数指導や複数指導体制等によるこの応じた指導をすすめる。


(2)一人ひとりの個性を活かし伸ばす。

①特別支援教育の視点を生かし、一人ひとりの生徒の能力が最大限に引き出される授業や取り組みをすすめる。

②一時的、表面的な事象だけにとらわれず、生徒の生活背景にも目を向けた生徒理解の進化・深化を図る。


(3)豊かな心と人間性を育む。

①同和教育を基盤にした温かで優しく且つ正義が生きる人間関係を構築する。

②日々の生活の中で人権尊重の精神と行動が生かされ、いじめ等の未然防止、早期発見、迅速対応を進める。

③集団活動を通して感動を共有し合うことによって、生徒一人ひとりの自己有用感、自尊感情を高める。


(4)健やかな心身を育てる。

①人間的なふれあいに基づいて、共感的理解のもとで心の安定と成長を支援する。

②メタ認知による自己マネジメント力、自己判断力、自己決定力を育成する。

③食育、健康安全教育、危機管理等を通して、生涯にわたる自他の生命尊重の意義を認識する。


(5)社会の変化に対応できる能力を育成する。

①グローバル時代に対応できるコミュニケーション能力の育成を実践によって積極的に図る。

②情報収集、整理、発信の方法を主体的に選択し、積極的に活用する能力の育成を図る。


(6)特色ある教育活動を展開する。

①日南町版保小中一貫教育の特性を生かし、子どもの学びや育ちの継続性や系統性を共有し合う。

②PT、LPT等による基礎・基本の徹底と学習意欲の高揚、自学自習の態度の確立を図る。

③ICTを活用した教育方法の開発、充実による学力の定着と向上を図る。

④日南町の中にあって、中学生の存在や活動を積極的に情報発信・実践し、町活性化の一翼を担う。


(7)教職員の資質・能力の向上を図る。

①教職員相互のホウレンソウ(報告・連絡・相談)による、学校組織としての教育力の充実と向上を図る。

②率先垂範を心がけるとともに、的確、適切な判断と迅速、丁寧な対応に努める。