現在公開されている日誌はありません。



 


  体育祭モザイクアート

                                                                                      R元年度シンボルアート(体育祭)                           
                       
                                         R2年度シンボルアート(体育祭)
                                                                                                                                                                     
 


  
 


 

お知らせ

 

 

お知らせ

令和2年度 ごあいさつ
                                               

  令和2年度がスタートして約1ヶ月。
   今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、たくさんの行事が中止や延期になっています。その中でも生徒たちは今自分たちができること、しなければいけないことをしっかり考えて行動してくれています。(毎日の検温、マスク着用、手洗い等)
   入学式の式辞でも、校訓の「生き抜く力」について、話をしました。

   日南小・中学校の【校訓】は

『生き抜く力』
~見つめよ自己を 求めよ友を 惜しむな汗を~
 

(昭和50年6月 日南中学校完全統合に際して制定)
 
  【見つめよ自己を】 自分で考え、判断できる力
  【求めよ友を】 そして困ったり悩んだりしたときに相談できる仲間を創った    り、信頼される 自分を創る力
  【惜しむな汗を】行動する力、あきらめない力、負けない力

   まさに、今年のような状況の中では、自分たちの思い通りにいかないことやどうにもならないことなど、たくさんの制約も出てきます。その中でも、最善を尽くしながら臨機応変に動ける力、これが校訓の「生き抜く力」の具体的な姿につながっていくと思います。

  全校生徒78名、教職員24名、本物の『生き抜く力』が身につくように『チームにちなん』でしっかり頑張っていきたいと思います。
皆さまの温かいご支援ご協力をお願いいたします。

  
 
                                                   
                                       校 長     吹野 玉枝 

 

校長室だより

校長室から
12345
2020/11/24new

10月学校通信より抜粋

| by FT

   
   大成功の文化祭!!
    ~感謝の気持ちを忘れずに~

                     校長  吹野 玉枝
 10月24日(土)日南中学校文化祭を感動の中、終えることが出来ました。
 今年はコロナ禍の中、感染対策を行い入場制限も設けながらではありましたが、例年通りさつきホールで文化祭を行うことができたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 そして早朝よりたくさんの保護者の方々にご観覧いただき、温かい拍手、励ましをいただき本当にありがとうございました。
 今年の文化祭のテーマ「輝く笑顔を届けよう みんなが主役のステージで」のように、ステージで生き生きとそして堂々と活動してくれている子どもたちの姿をみて本当に胸が熱くなりました。
 各学年のカラーを出しながら、学年劇、プレゼン、合唱と最高のパフォーマンスを見せてくれました。
帰られる保護者の方々から、「感動しました」「本当に涙が出ました」「素晴らしかったです」「中学生がこんなにやるとはすごい」などの嬉しい言葉をたくさん聞きながら、文化祭のめざした『感動の共有と一体感』の目標は達成できたと改めて感じ嬉しく思いました。
 文化祭振り返りの全校集会では、「生徒の頑張りを讃えると共に、学校が目指している姿を3年生がしっかり示してくれたこと、そしてこれが日南中学校の強みでもあり、伝統になっている」ことなどの話をしました。
 また、文化祭では練習から本番までたくさんの方々に支えていただきました。プロも使う本格的なホールを使って、照明、音響、幕の操作を中学生がさせていただけること、ホールのようないい環境で学年劇、プレゼンを行うことのできること、そして合唱も反響版がある中での最高の環境。このような環境の中で文化祭ができることに感謝しながら、来年もレベルの高い文化祭をできるように生徒・教職員一丸となって創っていきたいと思います。頼もしい2年生が来年も引っ張ってくれると信じています。
全校生徒78名の小規模校ですが、だからこそ一人一人が活躍できるたくさんのステージがあります。
これからも一人一人が輝ける、そして仲間と共に成長できる活躍のステージ・機会をさらに増やしていきたいと思います。
生徒の皆さん、是非、このチャンスを逃さず、たくさんのことに挑戦し、自分の力を発揮してください。みんなが主役の日南中学校で。



12:56
2020/11/24new

9月学校通信より抜粋

| by FT

     
   「本気だからこそ涙が」

                  校長 吹野 玉枝

 今年は、2学期スタートから天候に恵まれ体育祭練習はすべて順調に行うことができましたが、台風接近の影響もあり、天候については最後の最後まで心配しました。
  当日は、全ての演技、競技を予定通り行うことができ、限界に挑戦する子どもたちの本気の姿・本気の思いを見ることができ、体育祭の一日、心地よく幸せな思いで過ごすことができました。
今年の体育祭は特に、3年生を中心に練習の時からチームがまとまり、前日の組別集会の雰囲気・盛り上がり等、本番までの練習に対する取り組みもやる気にあふれていました。その様子から当日はきっと素晴らしい体育祭になると確信することができました。
本番では、子どもたちは最高のパフォーマンスを見せてくれました。競技だけでなく、必死に応援する姿、円陣を組み気持ちを奮い立たせる姿、そして何よりの体育祭を心から楽しんでいる笑顔。また、競技後、友達と抱き合い泣いている生徒、チームのために自分を限界まで追い込んでゴールのあと倒れ込みしばらく動けない生徒、閉会式では目を赤くしていた多くの3年生の姿など、たくさんのドラマがありました。見ていて胸が熱くなりました。
「本気でやっているからこそ涙も出ます。本気でやっている姿は、見ている人を
感動させます。そして何より自分を成長させます。」
これこそが日南中の体育祭!
こんな体育祭を行うことができる生徒たちを誇りに思います。


12:47
2020/08/25

7月学校通信より抜粋

| by FT


   今できることを考えながら
       ~工夫の中での新たな伝統!~

                         
                 校長   吹野 玉枝

 4月7日から始まった1学期が今日で終わります。どんな1学期だったでしょうか?
 今年度は新型コロナウィルスの対応により、例年とは大きく違う1学期となり、たくさんの行事が延期や中止になりましたが、その中で生徒たちは、落ち着いていつもと変りなく学校生活を送ってくれていました。一人一人がコロナウィルス感染防止に心がけ、毎日の検温、マスクの着用、手洗い、教室の換気、3密を避ける行動等、自分や周りの大切な人のために今できることをしっかり意識して過ごしてくれました。また、先生方にも、教室、ランチルーム、トイレ、特別教室、部活等の活動場所など、毎日消毒を行っていただきました。本当に皆さんの協力で無事に1学期を終えることができたことが嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
 1学期大きな行事はありませんでしたが、その中でも今年初めて取り組んだ全校合唱が印象に残っています。3密にならないように工夫し、卒業式・入学式では歌うことができなかった校歌を久しぶりに体育館で聞いた時の感動は今でも忘れません。特に3年生のパワーに思わず「わー」と声をあげていました。いろいろな制約の中で工夫して行った全校合唱への取り組みでしたが、終った後の感想を読んでも行ってよかったと改めて思いました。例年は大山宿泊研修で1年生は校歌の練習を行いますが、今年は中止になったため、校歌を知らない1年生へ2、3年生が指導を行いながら校歌を覚えていく、これもまた日南中学校のいい伝統の1つになっていけばいいと感じました。
 まだまだ、新型コロナ対応で例年と違うことが起こってくると思いますが、今後もいろいろな制約の中で工夫をしながら、日南中学校として今できることを生徒と共に考え、創っていきたいと思います。
 
 保護者の皆様、ご家族の皆様、1学期の取り組みへのご理解とご支援をいただきありがとうございました。夏休み中の子どもたちの健康と安全と2学期以降引き続きのご協力をよろしくお願いします。



17:24
2020/06/26

R2 5月学校通信より抜粋

| by FT



    西部地区総体に向けて
                     校長  吹野 玉枝

今年度は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3年生にとっては最後となる全国中学校総体、中国総体、県総体、サマーブラス、県吹奏楽コンクールなど次々に大会が中止となり、本当に残念です。
上位大会すべてが中止になりましたが、これまで努力してきた生徒、その中でも特に最終学年となる3年生の思いに応えるために、西部地区夏季総体は開催されることになりました。競技によっては、施設での3密を避けるために、3年生のみの出場、時間短縮や競技内容を工夫するなど、従来の形とは異なりますが、県総体を予定していた7月18.19日に実施される予定です。3年生の中には、このまま試合もなく引退するのではと不安に感じていた生徒も少なくなかったと思います。
緊急事態宣言解除を受け、これから練習試合も実施可能になり、土・日の部活も再開します。しっかり準備を行いながら悔いの残らないよう、今までの部活動の成果を発揮し、節目となる大会にしてほしいと思います。また、勝敗も大切ですが、その時に「自分は精一杯やってきた」と自分の納得いくものであるためにも、今やるべきことに誠心誠意取り組んでほしいと思います。
そして、大会が行われることや今まで支えてくださった周りの方々への感謝の気持ちを忘れず、あと1ヶ月半、3年生を中心にどの部も西部地区総体に向けて頑張って練習に取り組んでほしいと思います。


13:16
2020/04/24

R2 4月学校通信より抜粋

| by FT

    みんなで力を合わせて
                      校長 吹野 玉枝 

   新型コロナウィルス感染を心配しながらスタートした令和2年度ですが、どの学年も落ち着いて学校生活を送っています。例年4月にある行事もほとんど延期や中止になっていますが、その中でも生徒たちは今自分たちのできること、しなければならないことをしっかりやってくれています。(毎日の検温、手洗い、マスク着用など)
 学校の対策としては、授業中の喚気、手洗い、班活動は最小限で行い、ペアリング学習も距離を取りながら行ったりしています。また、給食は2つのランチルームを使って(1,3年生は山側)(2年生は川側)対面にならないよう一方方向を向いて給食を食べ、放課後は毎日、普通教室をはじめ、特別教室、体育館、トイレ、ランチルームなどの消毒も行っています。
先日、家庭科の時間を使って布マスクを作りました。(3年生は連休明け)毎日マスク着用しているため、どの家庭もマスクが不足してくるのではないかと思い作ることにしました。自分の好きな布をもってくる生徒もあり、楽しみにしている生徒も多いようです。学校でも教員をはじめ、手作りマスクをしてくる人も増えてきました。休校中に家でも家族の人の分まで作れたらいいなと思います。
新型コロナ対応で、毎日大変な中、嬉しいこともありました。
保護者の方から、消毒用の雑巾を寄贈していただいたり、消毒のお手伝いなどを申し出てくださったり、本当にありがたいです。
また、朝、校長室を覗いて「おはようございます」と大きな声であいさつをしてくれる生徒が少し増えたように感じます。
本当に生徒のあいさつの声で元気をもらっています。

生徒の皆さん、今年一年、一緒に頑張りましょう!
保護者の皆さま、今年度も温かいご支援とご協力をお願いいたします!


17:24
2020/04/24

R2  4月地域版学校通信より抜粋

| by FT

『生き抜く力』        
                日南中学校長  吹野 玉枝

 令和2年度がスタートして約1ヶ月。今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、たくさんの行事が中止や延期になっています。その中でも生徒たちは今自分たちができること、しなければいけないことをしっかり考えて行動してくれています。(毎日の検温、マスク着用、手洗い等)
入学式の式辞でも、校訓の「生き抜く力」について、話をしました。
自分で考え、判断できる力【見つめよ自己を】そして困ったり悩んだりしたときに相談できる仲間を創ったり、信頼される自分を創る力【求めよ友を】行動する力、あきらめない力、負けない力【惜しむな汗を】
まさに、今年のような状況の中では、自分たちの思い通りにいかないことやどうにもならないことなど、たくさんの制約も出てきます。その中でも、最善を尽くしながら臨機応変に動ける力、これが校訓の「生き抜く力」の具体的な姿につながっていくと思います。
全校生徒78名、教職員24名、本物の『生き抜く力』が身につくように、『チームにちなん』でしっかり頑張っていきたいと思います。
皆さまの温かいご支援ご協力をお願いいたします。


17:16
2020/04/24

2月地域版より抜粋

| by FT
  待ち遠しい4月
                 日南中学校長   吹野 玉枝 
   
 立春が過ぎ、少しずつ春の訪れを感じるようになってきましたが、今年は全国的にも暖冬で雪不足の状況が続き、大山で行われるはずの県総体スキー大会、中国大会と中止になっています。例年であれば、外の部活動も室内で活動していましたが、ありがたいことに今年はしっかり外でも部活動ができています。
 中学3年生は、あとは県立一般入試を残すだけとなりました。4月からの新しい進路を是非自分で切り拓いていってほしいと願っています。
 先日の体験入学の日に、小学校6年生に「一番楽しみにしていることは?」という質問をしてみました。多かったのは、やはり「部活動」でした。その他に、中学校は教科によって先生が変わること、全校生徒がランチルールで一緒に給食を食べること等があげられました。今年は小学校の卒業式までに毎週木曜日に部活動体験を5回くらい行う予定です。実際に体験を終えた感想にも部活動のことがたくさん書かれていました。中でも嬉しかったことは「早く中学校に入学したい」「春が待ち遠しい」等の感想がいくつもあったことです。中学校でも6年生が安心して入学式を迎えてもらえるようしっかり準備を行い、その日が来るのを楽しみに待っています。
 また、来年度も保護者や地域の方々にさまざまなご支援・ご協力をいただくとともに、生徒たちによる地域貢献を進め、地域と共に歩む学校づくりを進めていきたいと思っています。
今後も明るく、笑顔で安心して学校生活をおくることのできる学校づくりに努めて参りますので、ご理解ご支援をお願いいたします。

16:59
2020/01/16

12月学校便りより抜粋

| by FT


  
 良いお年をお迎えください

                日南中学校長 吹野玉枝
   

 2019年、令和元年も残すところ、あとわずかになりました。今年度が始まって9ヶ月、保護者の皆様には日南中学校の教育にご協力いただき、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
 生徒達は色々な行事や活動を経て、心身ともに随分と成長した年になったと思います。学校生活の中では、いつも楽しいことばかりでは無かったと思います。時には辛いときや苦しいとき、嫌なときもあったかもしれません。そういう壁を一つ一つ乗り越えた生徒こそ、しっかりとした成長を遂げることができているはずです。そして、行事や活動の中で、生徒の頑張る姿からたくさんの感動を与えてもらいました。頑張った生徒達に感謝したいと思います。本当にありがとう。
 冬休みが明けると3学期が始まります。3ヶ月しかないとても短い期間ですが、一年間の仕上げをする大事な学期です。1,2年生は進級に向けて、そして3年生は自分の進路実現に向けて、自分の力を最大限に発揮するために全力で学習に取り組み、これまで以上に一人ひとりが自分と向き合っていくことになります。生徒達がそれぞれの課題を乗り越えていけるように、日南中職員一同、精一杯支える努力
をしていきたいと思います。
 また、生徒一人ひとりが明るく、顔を上げて、自分の将来に向けて進んでいくためにも、家庭と学校が同じ方向を向いて子ども達を支えていくことが必要になってきます。
 今後ともよろしくお願いします。
 2020年もみんなが幸福で笑顔あふれる年に
 なりますように・・・・・。
 良いお年をお迎えください。


09:32
2019/12/13

11月学校だよりより抜粋

| by FT

 感謝の気持ちあふれる 
      ~日頃言えない思いを親守詩に~
            日南中学校長 吹野 玉枝 
 
 今年で3年目になりますが、親守詩鳥取県大会に全校生徒が応募しました。今年もたくさんの生徒が賞に輝いています。(裏面で紹介していますのでご覧ください。)『子守唄』とは、親から子へ思いを伝えるものですが、『親守詩』は、子から親へ、俳句、和歌、連歌、エッセイなどで感謝や親愛の気持ちを伝えたものです。
生徒達は、日頃直接口に出して伝えていない家族への感謝の気持ちを『親守詩』を創りながら、改めて感じていたようです。いくつかの作品を紹介します。
『家族への 大きな感謝 忘れずに』
『足つぼに おしゃべりしちゃる お父さん』
『気づいたよ 支えてくれる ありがたさ』
『いつまでも 母のぬくもり 忘れない』
『ガキの頃 手と手つないで 歩いたね』
『お父さん 怒った声は 優しさで』
『ありがとう 普段言えない この気持ち』
『お母さん けんかするけど もとどおり』

入賞した作品だけでなく、どの作品も生徒達の飾らない素直な気持ちが読まれていました。
今回、全校生徒の作品を一つずつ読みながら、本当に心が温かく幸せな気持ちになりました。
これからもこんな気持ちがあふれる日南中学校でありたいと思いました。


13:19
2019/12/13

10月学校だよりより抜粋

| by FT

 
      感動をありがとう 
     ~中学生の本気の想いが炸裂~

                     校長  吹野 玉枝
 10月26日(土)日南中学校文化祭を感動の中、終えることができました。当日は、天候にも恵まれ、早朝よりたくさんの保護者や地域の方々にご観覧いただきました。そして多くの場面で生徒たちの活動を盛り上げてくださり、温かい拍手、声援をいただき、本当にありがとうございました。
 今年の文化祭のスローガンは『煌めけ みんなの笑顔 魅せろ 本気の想い』でした。体育祭では、全校が縦割りで取り組みましたが、文化祭は各学年が一つになり、プレゼン、演劇、合唱等、一生懸命創り上げてきました。日南町の町民の皆様、観ていただく全て皆様に、喜んでいただけるような作品を目指して取り組みました。
当日は、スローガンの『中学生の本気の想い』が会場に炸裂し、私自身、生徒からのいろいろな思いを受け止めながら涙が出ました。そしてこの会場に一緒にいられることに本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。日南中学校の生徒たちの力、エネルギー、本当に素晴らしいです。ありがとう。
 文化祭の当日はもとより、文化祭に至るまでの準備の段階で生徒たちは多くのことを学びました。苦労や困難を乗り越えたからこそ、達成感や成就感、感動の共有(一体感)を味わえることができたのだと思います。生徒の感想からも、みんなで話し合い問題を解決し、『みんなでいい劇を
創ろう、いい合唱にしよう』と気持ちを一つにして、日南中学校全体が感動の共有
(一体感)を目指して取り組んできたことがよくわかりました。
心が動かされるときは、心が成長するときです。
 準備を含めた文化祭の様々な場面で、生徒たちは多くの成長を感じる
ことができた文化祭になったと確信しました。
 本当に笑顔が煌めく、素晴らしい文化祭でした。感動をありがとう。



13:15
12345

                     H26.9.1 撮影
 
 〒689-5212
   鳥取県日野郡日南町霞740
      TEL  0859-82-1225
      FAX 0859-82-1226
  メール
  
nitinan-j@mailk.torikyo.ed.jp

 在校生徒数  78人(6学級)
          (R2.4.8現在)

  アクセス  JR伯備線「生山駅」から             から
        路線バスにて「中学校前」
            所要時間:約5分