学校所在地

〒689-3212
鳥取県西伯郡大山町名和648番地
TEL: 0859-54-2024
FAX: 0859-54-2440
E-mail: nawa-j@mailk.torikyo.ed.jp
 

アクセス数

336200アクセス

著作権について

本ホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は、大山町立名和中学校に帰属します。
Copyright © Nawa Junior High School. All rights reserved.
 

お知らせ

 

               「令和3年度が始まりました」

                                                                 校長  賀川 雅規


    新入生46名を迎え、生徒129名、教職員21名の体制で令和3年度がスタートしました。本年度も新型コロナウイルス感染症の心配は消えることはありません。新入生はもちろん、2・3年生にもこの状況への不安はあると思いますが、それ以上に「未来の自分への期待」が満ちあふれているような気がします。


    始業式・入学式では「あいさつや伝統」、「自分や周りを大切にすること」、「将来を思い描くことと」について話をしました。今年度も、状況的には昨年より緊張感のある日常を送っています。そんな「安心・安全」を第一に考えていく中でも、「縮小」や「中止」だけでなく「今できるもの」を「新しい形」で作り上げていくことのできる1年間にしていきたいと思います。


    生活様式も大きく変化し、「手洗い、マスク、消毒、換気、密の回避等」と沢山の生徒たちも心や身体にストレスや負担を感じている状態です。こんな時だからこそ、「命」や「人と人とのつながり」や「地域とのつながり」を考える良い機会になっています。それは単に自分の命を守るためだけではなく、周りにいる人たち、大切な人たちの命も守ること、そして自分自身や周りの人たちを大切にしていかなげればいけないということに意識を向けなければいけません。このことの大切さに気付いたときに、私たちが今やるべきことがはっきりし、未来に向けて少しずつ前に進んでいくのではないでしょうか。

   
    行く先の見えない今の世の中、今まで通りが通用しない今現在、私たちはどう考え、どう生きていくのかが問われています。「やってもらうというよりも自らが動く」であり、「型にはめ込むというよりも自らが型を作っていく」ことが求められているのです。


    その中で本校の教育も少しずつ変革の時期を迎えています。学校現場(教育活動)もデジタル化が進みPC等を活用した学習に急速に移行しつつあります。またGIGA(Global and Innovation Gateway for All)スクール構想も進み、大山町でも生徒に1人1台の学習用PCや、クラウド活用を前提とした高速ネットワーク環境などを整備して、ICTを活用した教育が始まろうとしています。


    本校も「ICTを活用したとっとり授業改革推進事業」の指定を受け、「個々の学力を伸ばし、協同学習推進のための効果的なICT利用の工夫」という取り組みをしています。ICTを学習道具の一つとしてとらえ、慣れるだけでなく主体的・効果的に使用すること、また使用時のルールやマナーを学んでいきます。義務教育9年間で「学力の向上」や「人間関係力」や「あきらめずに挑戦する生徒」、「今後の社会に対応していける生徒」を育成していけるような学習を目指しています。


    コロナ禍の中、学校も大きく形を変えなければいけない時期に、大きな宿題を沢山いただきました。こういう時期であるからこそ多くの物を「大切」にし、「未来の自分に期待することのできる生徒」たちを名和中学校から送り出していきたいと思います。


    令和3年度、名和中学校教職員集団チーム一丸となり、生徒、保護者、地域とともに進んでいこうと思います。ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。