カウンタ

COUNTER194395

フォトアルバム

学校風景

学校風景を開きます。
12枚
学校風景

登録者:管理者 | 2014/05/19(1票)

学校所在地

〒689-3112
鳥取県西伯郡大山町下甲951番地1
TEL:0858-58-2014
FAX:0858-58-2028
E-mail: nakayama-j@mailk.torikyo.ed.jp
 

著作権について

本ホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は、大山町立中山中学校に帰属します。
Copyright © Nakayama Junior High School. All rights reserved.
 

カウンタ

COUNTER91

お知らせ

12月1日(木)
 関東地方の郷土料理献立
 とっちゃなげ汁は、小麦粉を練って作る「すいとん」という団子が入った汁物です。群馬県の郷土料理で、すいとんをとって鍋に投げ入れる様子から、この名前がついたといわれています。
 

お知らせ

11月29日(火)
 ぼたん汁
 「ぼたん」は猪肉のことで、猪肉を切って盛り付けた様子が花の牡丹に似ていると言われています。今日は、大山町産の猪肉と野菜を入れたみそ汁です。
 

お知らせ

11月24日(木)
 「和食の日」献立
 「いい(11)に(2)ほんしょ(4)く」とかけて、11月24日は「和食の日」です。今日は、昔から和食で使われている豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いもなどの食材を組み合わせた献立です。
 

お知らせ

11月22日(火)
 鶏肉とながいもの甘酢揚げ
 ながいもに含まれる消化酵素のアミラーゼは、でんぷんの分解を促して、消化を助けます。今日は、鶏肉とながいもを揚げて、甘酸っぱいたれでからめました。
 

お知らせ

11月21日(月)
 さんまの塩焼き
 さんまは、秋によく獲れる刀のような形をした魚という意味から漢字で「秋刀魚」と書きます。さんまに多く含まれるDHAやEPAは脳のはたらきをよくしたり、血液をサラサラにしたりするはたらきがあります。
 

お知らせ

11月18日(金)
 ブロッコリーの白和え 
 今月の食育メニューは「ブロッコリーの白和え」です。秋冬のブロッコリーが出回る季節になりました。寒くなると甘みが増して、おいしいブロッコリーになります。旬のブロッコリーを生産者の方に感謝をしながらいただきましょう。
 
 

お知らせ

11月17日(木)
 豚肉のキムチ炒め
 キムチは、白菜や大根などの野菜を唐辛子や調味料で漬けた韓国の漬け物です。キムチの辛さのもとである唐辛子は、血の流れをよくして体を温めたり、食欲を増進させたりする効果があります。日に日に気温が下がる時期です。豚肉のキムチ炒めとごはんをしっかり食べて、体を温めましょう。
 

お知らせ

11月16日(水)
 鶏肉のカップ焼き
 鶏肉は、豚肉や牛肉に比べて脂質が少なく、筋肉をつくるために必要なたんぱく質が多いのが特徴です。今日は、鶏肉や旬のきのこ、白ねぎを一つずつカップに入れて、チーズをかけて焼きました。
 

お知らせ

11月15日(火)
 ねばりっこ汁
 「ねばりっこ」は、鳥取県で開発された長いもの品種です。主に北栄町で栽培されていて、ねばりが強く、あくが少ないのが特徴です。今日は、みそ汁に入れました。
 

お知らせ

11月14日(月)
 じゃこナムル
 ナムルは、韓国語で「和え物」という意味で、韓国の家庭で親しまれている料理の一つです。野菜や山菜などを調味料とごま油で和えるのが特徴です。今日は、カルシウムを多く含むちりめんじゃこを入れた、じゃこナムルです。
 

お知らせ

11月11日(金)
 白ねぎたっぷり肉うどん
 今日は、大山町産の白ねぎをたっぷり入れた肉うどんです。ねぎ特有の香り成分である硫化アリルは、疲労回復効果や体を温めるはたらきがあります。
 

お知らせ

11月10日(木)
 近畿地方の郷土料理献立
 関西では、鶏肉のことを「かしわ」と呼ぶことがあります。また、「じゅんじゅん」は滋賀県の郷土料理で、肉や魚を甘辛い味付けで煮た鍋のことです。今日は、鶏肉を入れたじゅんじゅんです。
 

お知らせ

11月2日(水)
 キャロットポタージュ
 にんじんに多く含まれるカロテンは、のどや鼻の粘膜を健康に保ち、かぜを予防するはたらきがあります。今日は大山町産のにんじんをすりおろして、ポタージュにたっぷり入れました。
 

お知らせ

11月1日(火)
 ばばちゃんのから揚げ
 ばばちゃんは「タナカゲンゲ」という深海魚で、正面から顔を見るとおばあちゃんの顔の雰囲気と似ていることから「ばばちゃん」と呼ばれて親しまれています。岩美町の特産品で、くせがなく、あっさりとした白身が特徴です。
 

お知らせ

10月31日(月)
 ほうれんそうのごま和え
 ほうれんそうは緑黄色野菜の一つで、免疫力を高めてかぜを予防するはたらきがあるβ-カロテンを多く含みます。他にも鉄分やビタミンCなどの栄養素も豊富な野菜です。
 

お知らせ

10月28日(金)
 かみかみ献立
 よくかんで食べることは、消化を助けたり、脳へ運ばれる血液量を増やして頭のはたらきを活性化したりします。今日はかみごたえがあり、歯をつくるために必要なカルシウムを含む切干大根をサラダにしました。
 

お知らせ

10月27日(木)
 麦ごはん
 新米がおいしい季節になりました。給食では、大山町産の「星空舞」を使っています。5月ごろに田植えを行い、田んぼの水を管理したり、害虫や鳥から稲を守ったりして、9月から10月ごろに収穫の時期を迎えることができます。地元の生産者の方が丁寧に育ててくれたお米を、おいしくいただきましょう。
 

お知らせ

10月26日(水)
 りっちゃんサラダ
 小学校1年生の国語科で学習する「サラダでげんき」に登場するりっちゃんが病気のお母さんのために作るサラダを再現しました。何が入っているか確認しながら、食べてみてください。
 

お知らせ

10月25日(火)
 秋の恵みカレー
 今日は、旬のさつまいもやきのこ、りんごなど、地元でとれた秋の恵みをたっぷり使ったカレーです。さつまいもは、エネルギーのもとになるでんぷんが多いですが、ビタミンCやカリウム、食物繊維も多く含まれています。
 

お知らせ

10月24日(月)
 秋の味覚献立
 「食欲の秋」といわれるように、秋はおいしい食べ物がたくさん出回ります。今日は、秋が旬のなめこやさけを使いました。秋の実りに感謝して、いただきましょう。
 

お知らせ

10月21日(金)
 マーボー豆腐
 給食では、鳥取県産の大豆から作られた豆腐を使っています。大豆は、たんぱく質やミネラルなど多くの栄養素が詰まった食品です。大豆が豆腐に加工されると、消化や吸収率が上がり、大豆の栄養分が効率よくとれるようになります。
 

お知らせ

10月20日(木)
 大山おこわ
 今月の食育メニューは「大山おこわ」です。文化庁が認定する「100年フード」に「大山おこわ」が認定されました。「100年フード」とは、100年続く食文化として、これからも受け継いでいくことを宣言するものです。昔から受け継がれてきたふるさとの食文化を大切にしましょう。
 

お知らせ

10月19日(水)
 りんご入りフルーツヨーグルト
 りんごは、体の中の余分な塩分を体の外に出すはたらきがあるカリウムや、お腹の調子を整えてくれる食物繊維を多く含みます。今日は、大山町産の旬のりんごを煮て、フルーツヨーグルトに入れました。
 

お知らせ

10月18日(火)
 かみかみ献立
 毎月8のつく日は、かみかみ献立です。この日は、よくかんで食べられるように、かみごたえがある玄米をごはんに混ぜて炊いています。今日は、鳥取県のオリジナル品種「星空舞」の玄米を使いました。一口30回かむことを意識して食べましょう。
 

お知らせ

10月17日(月)
 さばのみそ煮
 さばは秋から冬にかけてが、脂がのっていておいしい時期です。さばに含まれるDHAやEPAは、血液の流れをよくしたり、脳を活性化したりするはたらきがあります。
 

お知らせ

10月14日(金)
 九州地方の郷土料理献立
 郷土料理は、昔からその地域で食べられていた料理のことで、地域の歴史や風土と深い関わりがあります。今日は、九州地方の郷土料理である長崎県の「ちゃんぽんめん」や大分県の「とり天」を組み合わせました。
 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

お知らせ

10月13日(木)
 ひじきの炒り煮
 ひじきは、昔から食べられている海そうで、茎の部分の「長ひじき」と葉の部分の「芽ひじき」があります。給食では芽ひじきを使うことが多く、やわらかくて食べやすいのが特徴です。
 

お知らせ

10月12日(水)
 What is the lunch today?
 英語に親しみをもってもらいたいと思い、献立を英語にしました。今日は、大山コッペパン、牛乳、さつまいものシチュー、ハンバーグ、だいこんのサラダです。私たちの身近な食べ物を英語で何というのか、いろいろ調べてみてください。
 

お知らせ

10月11日(火)
 ブロッこんぶ
 ブロッコリーの旬は、初夏と秋から冬にかけての年2回あります。ブロッコリーはつぼみを食べる野菜で、つぼみには花が咲く前の栄養がぎゅっとつまっていて、カロテンやビタミンCを豊富に含んでいます。
 

お知らせ

10月7日(金)
 目の愛護デー献立
 10月10日は「目の愛護デー」です。目を守るはたらきがある緑黄色野菜や、目の疲労回復に役立つビタミンB群を含む豚肉などを献立に取り入れました。
 

お知らせ

10月6日(木)
 豆腐ちくわの天ぷら
 豆腐ちくわは、鳥取県の郷土料理の一つです。質素倹約をすすめていた江戸時代に、貴重な魚を減らして、豆腐を混ぜ合わせて作った豆腐ちくわができたといわれています。
 

お知らせ

10月5日(水)
 きなこ揚げパン
 揚げた大山コッペパンに、きなこと砂糖をまぶして作ります。きなこは、大豆をすりつぶした粉で、たんぱく質や食物繊維を多く含んでいます。今日は、大山町産の青大豆から作られた、きなこを使っています。
 

お知らせ

10月4日(火)
 まいたけごはん
 見つけると舞うほどうれしいことから「まいたけ」と呼ばれるようになったといわれています。今日は、秋が旬のまいたけを入れた炊き込みごはんです。
 

お知らせ

10月3日(月)
 チンゲンサイのスープ
 チンゲンサイは春と秋が旬で、アクが少なくて食べやすい野菜です。チンゲンサイに多く含まれるβ-カロテンは体内でビタミンAになり、皮膚や粘膜を健康に保つはたらきがあります。
 

お知らせ

9月29日(木)
 あごのしょうがだれかけ
 あごは「とびうお」のことで、英語では「flying fish」といい、胸びれを鳥のはねのように大きく広げて海面をジャンプするのが特徴です。今日は衣をつけて揚げたあごに、しょうがだれをかけました。
 

お知らせ

9月28日(水)
 かみかみ献立
 毎月8のつく日は「かみかみ献立」です。よくかんで食べると、だ液が多く出て、口の中がきれいになり、むし歯の予防につながります。よくかむことを意識して食べましょう
 

お知らせ

9月27日(火)
 アジア料理献立
 フォーは、米の栽培が盛んなベトナムで食べられていて、米粉から作られた平たい麺のことです。今日は、鶏肉や野菜と一緒に汁物にしました。
 

お知らせ

9月26日(月)
 氷温熟成さばの塩焼き
 「氷温」とは、食品が凍る直前の温度のことで、この温度で保存したり、加工したりすると、食べ物のうま味や甘味が増します。もともと梨を保存するために鳥取県で生まれた技術で、今では様々な食品に使われています。今日は鳥取県で水揚げされ、氷温で熟成されたさばの塩焼きです。
 

お知らせ

9月22日(木)
 読書まつり献立
 今日は、小学校で行われる読書まつりに合わせて「読書まつり献立」です。小学校の図書館にある「うちに帰ったガラゴ」「14ひきのかぼちゃ」「星の王子さま」という絵本にちなんだ料理を組み合わせました。皆さん、はどんな絵本を読んでいましたか。思い出しながら食べてみてください。
 

お知らせ

9月21日(水)
 フルーツミックス
 今日は大山町産の梨を煮て、フルーツミックスに入れました。大山町では梨の栽培が盛んに行われています。地元の秋の恵みをおいしくいただきましょう。
 

お知らせ

9月20日(火)
 きのこたっぷりそぼろ汁
 きのこは一年中栽培されて出回りますが、9月から11月の秋が旬です。今日は、えのきたけとまいたけの2種類のきのこを使っています。きのこは食物繊維が豊富で、腸のはたらきをよくして、便秘の予防に役立ちます。
 

お知らせ

9月16日(金)
 鶏肉のなしソースがけ
 今月の食育メニューは「鶏肉のなしソースがけ」です。なしは、腸のはたらきをととのえるソルビトールや、余分な塩分を体の外に出すカリウムを多く含んでいます。
 

お知らせ

9月15日(木)
 トトリコ豚のステーキ
 トトリコ豚は、自然豊かな大山のふもとで、どんぐりを混ぜたえさを食べて育ちます。良質な脂があり、なめらかで口どけのよい肉質が特徴です。今日は焼いたトトリコ豚に、にんにくを使ったステーキソースをかけました。
 

お知らせ

9月14日(水)
 ヨーロッパ料理献立
 中学校の社会科で、世界の地理を学ぶことに合わせて、世界の食文化についても関心を持ってもらいたいと思い、給食では世界の料理を献立に取り入れています。
 今日はヨーロッパ料理の献立です。「ラタトゥイユ」は、フランスのプロヴァンス地方の郷土料理で、たっぷりの夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、煮込んだ料理です。
 

お知らせ

9月13日(火)
 冬瓜と肉団子のスープ
 冬瓜は漢字で冬の瓜と書きますが、旬は夏です。涼しいところに保管しておくと冬までもつことから、冬瓜という名前がついたと言われています。成分のほとんどが水分で、体を冷やすはたらきがあります。
 

お知らせ

9月12日(月)
 とっとり県民の日献立
 9月12日は「とっとり県民の日」です。自然豊かな鳥取県には、おいしい食べ物がたくさんあります。今日は「らっきょう」や「かに」、「なし」などの鳥取県を代表する特産品を使った料理を組み合わせました。地元の生産者の方に感謝をしながら、いただきましょう。

 

お知らせ

9月9日(金)
 お月見献立
 9月10日は「十五夜」です。それにちなんで、今日は「お月見献立」です。十五夜は「芋名月」ともいわれ、すすきや団子とともに、さといもを供えて、月に秋の収穫の感謝と翌年の豊作を祈ります。今日は、秋の味覚である「さといも」や「なし」を使いました。
 

お知らせ

9月8日(木)
 かかみかみ献立
 毎月8のつく日は「かみかみ献立」です。炒り豆腐の豆腐は、歯を丈夫にするために必要なカルシウムを多く含んでいます。また、今日のいわしのおかか煮は、骨までやわらかく煮てあるため、丸ごと食べることができます。
 

お知らせ

9月7日(水)
 黒糖パン
 黒糖はサトウキビから作られていて、白い砂糖には少ないカルシウムや鉄分、カリウムなどのミネラルを多く含みます。黒糖を使うことで、やわらかくて甘みがあるパンになります。
 

お知らせ

9月2日(金)
 運動会応援献立
 練習の成果を十分に発揮するためには、日々の練習も大切ですが、食事と睡眠をしっかりとって、体調をととのえることが特に重要です。今日は、魚やいも、野菜、海藻など様々な食品を使って栄養バランスのよい献立にしました。ごはんもしっかり食べて、運動会に臨みましょう!
 

お知らせ

9月1日(木)
 鶏肉の梅だれかけ
 梅に含まれるクエン酸は強い殺菌作用があり、昔から弁当やおにぎりの具として使われてきました。また、疲労を回復したり、だ液の分泌を促して食欲を高めたりするので、暑さで食欲がない時期にぴったりの食材です。
 

お知らせ

8月31日(水))
 なすのミートグラタン
 
なすは90%以上が水分で、体を冷やすはたらきがあり、夏バテ予防に効果があります。苦手な人が多いなすをおいしく食べられるように、今日はグラタンにしました。調理員さんが一つずつカップに具材を入れて作りました。感謝をしながらいただきましょう。
 

お知らせ

8月30日(火)
 そうめんかぼちゃのサラダ
 
そうめんかぼちゃは「金糸瓜」ともいわれ、皮や実は薄黄色で、丸くて細長い形をしています。果肉は、茹でると糸のようにほぐれます。今日は、夏が旬のそうめんかぼちゃを使ったサラダです。
 

お知らせ

8月29日(月)
 おくらのみそ汁
 
おくらのねばねばの成分は食物繊維で、暑さで弱った胃や腸のはたらきを守ってくれます。また、ビタミンやカリウムなども豊富な野菜です。
 

お知らせ

8月26日(金)
 豚肉となすのにんにくみそ炒め
 
豚肉に多く含まれるビタミンB1は疲れをとり、体を元気にする働きがあるため夏バテ予防に役立ちます。にんにくに含まれるアリシンと一緒に摂るとより効果的です。
 

お知らせ

8月25日(木)
 さわらのみそだれかけ
 
みそは、大豆や米などに塩や麹を加えて発酵させてつくる、日本の伝統的な食品の一つです。給食では、鳥取県産の大豆や米を使って作られた名和みそを使っています。今日は、みそに砂糖やみりんを加えた甘みのあるみそだれを焼いたさわらにかけました。
 

お知らせ

8月24日(水)
 モロヘイヤのスープ
 
モロヘイヤは、エジプトの王様の病気を治したといわれ、アラビア語で「王様の野菜」という意味です。モロヘイヤには、ねばねばの成分である食物繊維が多く含まれていて、暑さで弱った胃や腸の働きを守ってくれます。
 

お知らせ

8月23日(火)
 今日から2学期が始まりました。夏休みの間は、生活リズムが崩れたり、暑さで食欲が落ちたりして、食生活が乱れがちです。今日は、ごはんをしっかり食べられるように、ピリ辛のマーボーなすにしました。1日3食、栄養バランスのよい食事を心がけて、今日からまた頑張りましょう!
 

お知らせ

7月20日(水)
 なすのミートソーススパゲッティ
 
なすの皮に含まれる色素成分であるナスニンは、血液中のコレステロールの値を下げるはたらきがあり、生活習慣病の予防に役立ちます。今日はスパゲッティになすをたっぷり入れました。
 

お知らせ

7月19日(火)
 あごのかば焼き
 
毎月19日は食育の日です。今月の食育メニューは「あごのかば焼き」です。山陰地方では、とびうおのことを「あご」と呼んで親しみ、あごが外れるほどおいしいため「あご」と呼ばれるようになったともいわれています。
 

お知らせ

7月15日(金)
 トマトたっぷりハヤシシチュー
 
ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、トマトは健康によい栄養素がつまった野菜です。トマトの赤い色のもとであるリコピンやβ(ベータ)カロテンには、生活習慣病を防いだり、細胞を元気に保ったりするはたらきがあります。

 
 

お知らせ

7月14日(木)
 はまちのごま衣焼き
 
はまちは成長によって名前が変わる出世魚で、大きくなると「ぶり」と呼ばれます。今日は鳥取県で水揚げされたはまちに、ごまをたっぷりまぶしたごま衣焼きです。
 

お知らせ

7月13日(水)
 What is the lunch today?
 英語に親しみをもってもらいたいと思い、献立を英語にしました。
 コンソメスープには、ズッキーニやかぼちゃなどの夏野菜がたくさん入っています。夏野菜には、暑い夏を乗り切るためのビタミンやミネラル、水分が多く含まれていて、熱中症の予防になります。
 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

お知らせ

7月12日(火)
 鶏肉の梅しそ揚げ
 梅は6月から7月ごろに収穫し、梅干しや梅酒などに加工して食べられます。梅の酸味には疲労回復や食欲を高めるはたらきがあるといわれています。今日は、梅や赤じそを衣に混ぜた鶏肉の梅しそ揚げです。
 

お知らせ

7月11日(月)
 キムチごはん
 
キムチの辛みのもとである唐辛子に含まれるカプサイシンは、食欲を高める効果があります。夏バテを予防するためにも、暑くてもしっかり食べるようにしましょう。
 

お知らせ

7月8日(金)
 かみかみ献立
 毎月8のつく日は「かみかみ献立」です。よくかむことは、味覚を発達させたり、頭のはたらきをよくしたりします。今日は冷しゃぶサラダに昆布を入れて、かみごたえがあるようにしました。よくかんで食べましょう。
 

お知らせ

7月7日(木)
 七夕献立
 七夕は、年に一度だけ織姫と彦星が会うことができるという物語で有名な、季節の変わり目を祝う年中行事です。そうめんと星形のにんじんで天の川を表現した汁物や七夕のデザートを献立に取り入れました。また、今日は星空舞のよさが分かるように、麦を入れずに炊いた「星空舞ごはん」です。

 
 

お知らせ

7月6日(水)
 タンドリーチキン
 タンドリーチキンは、鶏肉をヨーグルトや香辛料に漬けて、「タンドール」という窯で焼くインドの料理です。カレー粉などの香辛料には、食欲を高めるはたらきがあります。暑くて食欲が落ちやすい時期ですが、しっかり食べましょう。
 

お知らせ

7月5日(火)
 じゃがいものみそ汁
 今日は、大山町産の旬のじゃがいもを使ったみそ汁です。じゃがいもに含まれるカリウムは、ナトリウムを体の外に出して、高血圧を予防するはたらきがあります。
 

お知らせ

7月4日(月)
 砂丘らっきょうのピリ辛そぼろ
 らっきょうは鳥取県の特産品の一つで、鳥取市福部町の砂丘地で栽培が盛んに行われています。7月から8月の暑い時期に一玉ずつ植え付けを行い、5月から6月に収穫されます。今日は、鳥取県産のらっきょうをひき肉と炒めました
 

お知らせ

7月1日(金)
 ピーマンのツナサラダ
  ピーマンの青臭さはピラジンという香り成分で、血液をさらさらにするはたらきがあり、生活習慣病の予防に役立ちます。今日は、旬のピーマンとツナを和えたサラダです。
 

お知らせ

6月30日(木)
 あじフライ
 味が良いことから、その名前が付いたと言われています。あじなどの青魚は、血液をさらさらにしたり、脳のはたらきをよくしたりするDHAやEPAを多く含みます。今日は境港で水揚げされたあじのフライです。
 

お知らせ

6月29日(水)
 チリコンカン
 チリコンカンの「チリ」は唐辛子という意味で、ひき肉と野菜を炒め、トマトや豆、唐辛子を入れて煮込むため、少し辛みがある料理です。唐辛子の辛み成分であるカプサイシンには、食欲を高める効果があります。パンと一緒に食べましょう。
 

お知らせ

6月28日(火)
 大山ジビエのキーマカレー
 大山町で加工されたいのしし肉をたっぷり入れたキーマカレーです。いのしし肉は、筋肉や血液をつくるために必要なたんぱく質や鉄分を多く含んでいます。
 

お知らせ

6月23日(木)
 大山おこわ
 文化庁が認定する「100年フード」に「大山おこわ」が選ばれました。「100年フード」とは、100年続く食文化として、受け継いでいくことを宣言するものです。昔から地域で受け継がれてきたふるさとの食文化を、これからも大切にしましょう。
 

お知らせ

6月22日(水)
 おからハンバーグ
 おからは、大豆から豆乳をしぼったものです。おなかの調子をととのえるはたらきのある食物繊維を多く含んでいます。今日は、おからを入れた手作りのハンバーグです。
 

お知らせ

6月21日(火)
 肉じゃが
 初夏に収穫される新じゃがいもは、皮が薄く、みずみずしいのが特徴です。じゃがいもに多く含まれるビタミンCは、夏の強い日差しで傷つきやすい肌を守るはたらきがあります。
 

お知らせ

6月20日(月)
 豚肉のにんにくみそ炒め
 にんにくの香り成分であるアリシンは、疲れた体を元気にしたり、血液をさらさらにしたりするはたらきがあります。今日は、にんにくの香りが食欲をそそる炒め物です。ごはんと一緒にしっかり食べましょう。
 

お知らせ

6月17日(金)
 あごのドライカレー
 毎月19日は食育の日です。今月の食育メニューは「あごのドライカレー」です。あごは、水上を100メートル以上飛ぶなど運動量の多い魚で、脂質が少なくたんぱく質が多いのが特徴です。
 

お知らせ

6月16日(木)
 ハーブ鶏の梅だれかけ
 オレガノハーブを混ぜたえさを食べて、大山の豊かな自然の中で育てられたハーブ鶏は、臭みが少なく、弾力がある肉質が特徴です。今日は、鳥取県産の梅を使った梅だれをハーブ鶏にかけました。
 

お知らせ

6月15日(水)
 グリーンポタージュ
 今日は、ブロッコリーとすりつぶしたグリンピースで、初夏の緑をイメージしたグリーンポタージュです。グリンピースは、えんどうの未熟な豆の部分で、冷凍などにして1年中食べられますが、春から初夏が旬です。
 

お知らせ

6月14日(火)
 いのししのつみれ汁
 給食では、大山町にある加工施設「大山ジビエ工房」で処理されたいのしし肉を使用しています。今日と28日に使用するいのしし肉は、大山ジビエ振興会から大山町内の小中学校と保育所に寄附されたものです。地元の方に感謝をしながら、いただきましょう。
 

お知らせ

6月13日(月)
 What is the lunch today?
 英語に親しみをもってもらいたいと思い、献立を英語にしました。
 こんぶは、縄文時代から食べられていたといわれる日本の伝統的な食材の一つです。今日の和え物は、塩こんぶとブロッコリーを和えた「ブロッこんぶ」です。
 

お知らせ

6月10日(金)
 いわしのおかか煮
 梅雨が始まる時期のことを「入梅」といいます。この時期にとれる「まいわし」は、産卵前で脂がのっていておいしいため、「入梅いわし」といわれることがあります。
 

お知らせ

6月9日(木)
 歯と口の健康週間
 今日は、トトリコ豚を大きめに切って、かみごたえがあるようにしました。よくかんで食べると、脳の満腹中枢が刺激されて満腹を感じやすくなるため、食べ過ぎを防ぎます。
 

お知らせ

6月8日(水)
 かみかみ献立
 毎月8のつく日は「かみかみ献立」です。今日は、カルシウムを含むチーズやかみごたえがあるごぼうを献立に取り入れました。よくかんで食べると、食べ物が細かくなって、だ液と混ざりやすくなり、胃や腸で消化しやすくなります。
 

お知らせ

6月7日(火)
 歯と口の健康週間
 今日は、かみごたえがある茎わかめをきんぴらにしました。よくかんで食べると、だ液が多く出て、口の中がきれいになり、むし歯の予防につながります。しっかりかんで食べましょう。
 

お知らせ

6月6日(月)
 歯と口の健康週間
 6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。この期間中の給食は、かみごたえのある食品や、カルシウムを含む食品を献立に多く取り入れています。よくかんで食べると、よいことがたくさんあります。1口30回かむことを意識して食べましょう。
 

お知らせ

6月1日(水)
 アスパラガスのツナサラダ
 アスパラガスに多く含まれるアスパラギン酸は、体が疲れたときに必要なカリウムやマグネシウムの吸収をよくしたり、疲労物質の乳酸の燃焼を助けたりするはたらきがあり、体の疲労回復に役立ちます。しっかり食べて、明日に向けて体調を整えましょう。
 

お知らせ

5月31日(火)
 もずくスープ
 もずくは、腸のはたらきをよくして便秘を予防する食物繊維を多く含んでいます。また、ぬめり成分のフコイダンは、血の流れをよくするはたらきがあります。
 

お知らせ

5月30日(月)
 いわしのかば焼き
 いわしは、鳥取県で水揚げ量が多く、よく食べられている魚です。いわしなどの青魚に含まれているDHAやEPAは、脳のはたらきを活発にしたり、血液をサラサラにしたりします。
 

お知らせ

5月27日(金)
 ホイコーロー
 「回す」「鍋」「肉」と書いてホイコーローといいます。旬のキャベツと豚肉を炒めて、みそ味で仕上げました。キャベツに含まれるビタミンUは、弱った胃を助けるはたらきがあります。
 

お知らせ

5月26日(木)
たけのこの煮物 
 たけのこの成長は早く、1日に1メートルも伸びることがあります。たけのこは、うま味成分であるアミノ酸が豊富な野菜で、たけのこをゆでた時にでる白いつぶは、「チロシン」というアミノ酸です。
 

お知らせ

5月25日(水)
ポークビーンズ
 だいずは「畑の肉」といわれるほど良質なたんぱく質を含み、体をつくるもとになります。また、腸内環境を整えてくれる食物繊維や血液中の脂肪を減らす効果があるサポニンなどの栄養素を多く含みます。今日は、鳥取県産の大豆をたっぷり使ったポークビーンズです。
 

お知らせ

5月24日(火)
 たまねぎの和風サラダ 
 春から初夏にかけて収穫される新玉ねぎは、辛みが少なくて甘みがあり、みずみずしいため、生で食べるサラダなどにぴったりです。血液の流れをよくするはたらきがある「硫化アリル」が多く含まれています。
 

お知らせ

5月23日(月)
 かつおフライ
 かつおの旬は、春と秋の年2回あり、春は「初ガツオ」、秋は「戻りガツオ」といわれます。特に春に獲れるかつおは、脂が少なくうま味が多いのが特徴です。
 

お知らせ

5月20日(金)
 ムチ入りスタミナ納豆
 キムチの辛みのもとである唐辛子は、食欲をアップさせる効果があります。今日はスタミナ納豆にキムチを入れました。ご飯と一緒にしっかり食べましょう。

 

お知らせ

5月19日(木)
 鶏肉のしそ焼き
 青じそは「大葉」ともいい、さわやかな香りとさっぱりとした味わいが特徴です。しその香り成分には、殺菌や食品が腐るのを防ぐ作用があるため、刺身のつまとして使われます。
 

お知らせ

5月18日(水)
ブロッコリーの豆乳ポタージュ
 今月の食育メニューは「ブロッコリーの豆乳ポタージュ」です。大山町の特産品であるブロッコリーと、大山町産の「緑だんだん」という大豆から作られた豆乳を使ってポタージュにしました。
 

お知らせ

5月17日(火)
焼きししゃも
 一般に出回っているのは「からふとししゃも」という種類です。骨まで丸ごと食べることができるので、骨や歯を丈夫にするカルシウムをたくさん摂ることができます。
 
 

お知らせ

5月16日(月)
鶏肉の抹茶揚げ
 新茶の時期になりました。今日は、小麦粉に抹茶を混ぜて衣を作り、鶏肉につけて揚げました。抹茶には、リラックス効果のある成分や、免疫力を高める抗酸化作用があるカテキンが含まれています。
 

お知らせ

5月13日(金)
にら玉汁
 にらに含まれている「硫化アリル」は、エネルギーをつくるときに大切なビタミンB1の働きを助けてくれます。そのため、ビタミンB1を多く含む豚肉などと一緒に食べると、体の疲れがとれやすくなります。
 

お知らせ

5月12日(木)
山菜入り五目うどん 
 山で育った、食べられる植物を「山菜」といいます。山菜には、苦みやえぐみがありますが、丁寧に下処理をすることで、おいしく食べられるようになります。今日は、山菜を入れた五目うどんです。
 

お知らせ

5月11日(水)
牛乳
 給食では、毎日牛乳が出ます。牛乳に多く含まれているカルシウムは、骨や歯をつくるために必要な栄養素です。丈夫な骨をつくって、体を大きく成長させるために、牛乳などのカルシウムを多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。
 

お知らせ

5月10日(火)
ブロッコリーのサラダ
 大山の豊かな自然と、黒ぼくの土で育てられた、おいしいブロッコリーは、大山町の特産品です。緑黄色野菜であるブロッコリーは、免疫力を高めて、かぜを予防するはたらきがあるβ(ベータ)-カロテンを多く含みます。
 

お知らせ

5月9日(月)
豆腐ちくわの磯辺揚げ
 豆腐ちくわは、鳥取県の郷土料理の一つです。質素倹約をすすめていた江戸時代に、貴重な魚を減らし、豆腐を混ぜ合わせて作られたといわれています。