互いのよさを認め合いながら、夢や希望を持ち、主体的に行動する子どもの育成

    

 

校長室から

校長室から
12345
2020/03/26

4月からの学校再開に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
 今朝の地方紙に「今後の学校再開、換気とマスクを」という見出しで「4月の学校再開に向けての指針が本日発表される」という記事が報道されていました。これを受けて、県や市で協議し各学校に方向性や注意点が示されることと思います。保護者の皆様には春休み中にはなりますが、4月の学校再開に向けての連絡をまちコミでお伝えさせていただきたいと思います。
さて、世界中で新型コロナウイルス感染が広がり、多くの死者も出ています。感染すれば家族の生命にもかかわる危険があることを私たちは十分認識して、引き続き、日々の行動に気を付けなければなりません。
・外出の際はマスクをつける。  ・換気を行う。 ・手洗いをする。 
・多くの人が集まる場所を避ける。・近距離での会話を避ける。  
・外で軽い運動する場合は人との接触を避ける。 
 一つ一つを丁寧に行うことで感染を防ぐことができます。不要不急の外出を控え、感染拡大が終息するのを我慢強く待ちましょう。
 3月19日付の鳥取市教育委員会からの文書で、未履修の学習の対応について保護者に説明するようにとの通知がありました。本校では、現時点で以下のように考えています。
・新年度は、それぞれの教科で新しい教科書を使って新学年の学習を1単元行う。各教科で新たな単元が終わり次第、前学年の復習も兼ねて未履修の学習を行う。(教科によっては最初に未履修の学習を行う場合もあり)
・未履修学習については、国語(語句、語法、文法などを中心に行う)、社会、算数、理科、外国語、保健の未履修部分を行う。(前年度の教科書を廃棄しないこと)
・その他の学習については、同じ内容が新学年でも繰り返し設定されていることが多いので、「つけたい力」を加味し新学年での学習の中で指導していく。
・学校行事等の見直しの中で、未履修学習の授業時間の確保に当たるが、学年の学習状況によっては夏季休業中に出校日を設けて、授業の遅れを補填する等の対策を講じる。
 新型コロナウイルス感染防止対策のため、入学式の在り方、参観日、全校遠足、運動会の実施の可否についても今後検討していく必要があります。その時その時の状況を鑑み、一つ一つ丁寧に対応策を考えていきたいと考えています。地域の皆様、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
12:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/03/26

1年間ありがとうございました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
令和元年度もたくさんの方々にお世話になりました。
民生児童委員の皆様には、毎月第2火曜日にあいさつ運動や日々の中で活動していただき、宮ノ下っ子見守り隊の皆様には、登下校や付き添い下校でご指導いただき、そして、公民館を中心とした地域支援ボランティアの皆様、学習支援ボランティア「たんぽぽ」の皆様、読み聞かせボランティア「おひさま」の皆様には、年間を通して学習支援や学校行事支援、学校環境整備をしていただきました。特別非常勤講師の先生方には、専門分野でご指導いただき、子どもたちは興味をもって学習に取り組みました。地域創造学校運営協議会、地域の皆様、そしてPTA役員の皆様、保護者の皆様など多くの方々の支えを受け学校教育は成り立っているのだと改めて心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
教育において「地域は土」と例えられます。本校区には教育を支えるヒト・モノ・コト・ココロが豊富です。種(子どもたち)が発芽し、しっかりと成長していける豊かな土地(地域)があります。これからも、子どもたちの笑顔のために、そして、宮ノ下小学校のためにご支援をよろしくお願いします。  
12:11 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/03/26

蛍雪の功を積み、自立の道を歩んでほしい  

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
蛍の光 窓の雪 書(ふみ)よむ月日 重ねつつ いつしか年も すぎの戸を あけてぞ 今朝は 別れゆく 
卒業式でよく歌われる「蛍の光」の歌詞は中国の故事成語「蛍雪の功」の逸話に由来したものです。苦労をともにしながら学んだ友達との別れを歌っています。本校でも6年間の蛍雪を積んだ6年生63名が卒業です。新型コロナウイルス感染症による臨時休校の中、第73回卒業証書授与式を卒業生、保護者、教職員のみの簡略した内容で挙行しました。
いち早く体育館に集合整列し静かに待機していた全校朝会。
リーダーとして活躍した運動会の応援合戦や組体操。
玄関や廊下で自ら取り組んだあいさつ運動。        
下級生をまとめて活動したわくわく班活動。
自分たちで内容・構成を考え披露した学習発表会・・・・・・。
振り返れば、様々な場面で皆さんが6年生として活躍していた姿が思い出されます。学校生活をよりよくしようと全校に呼びかけたり、真剣に自分たちのパフォーマンスを発表したりする前向きな姿が強く印象に残っています。宮ノ下小学校の伝統・文化である【勤勉・誠実】な姿を後輩に見せてくれたことに感謝いたします。
4月から全校朝会で皆さんに伝えてきたことを、覚えてくれているでしょうか。
①「言葉が自分をつくる」
人は言葉によって、考え行動する。優しい言葉を使う人は、人に優しくできる。前向きな言葉を使う人は、前向きに行動できる。いつも使っている言葉が自分を創る。だから、価値ある言葉を学んでいこう。
②「願わないことは形にならない」
「夢が人生をつくるんだ」、「ぼくにはサッカーの才能はないが、努力を続ける才能はだれにも負けたくない」自分の将来は、どんな夢や目標をもつかによってきまってくる。
③「積小為(致)大」
一日一日、一つ一つ、こつこつと積み重ねることが大きな力となる。
④「教育で得たものを失うことは決してない」(A・ウェック)
4月からは中学生として、自立した一人の人として責任ある言動が求められます。勤勉・誠実の心を忘れないでください。一日は貴い一生であると言われます。一日一日を大切に生きてください。そして、しっかりと自分の得意を磨き持ち前のたくましさと粘り強さで、いつか世界でも活躍できる人となるように願っています。
卒業生にとっては、これからが本当の蛍雪時代です。数々の苦難は自分を鍛えるチャンスと考え、今まで得た教えを心の拠り所にしながら、自分の目指す道を見つけて努力し、蛍雪の功を積んでいってくれることを願っています。
12:08 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/03/26

ピンチをチャンスに!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
3月2日からの臨時休校により、子どもたちは自宅で過ごさざるを得ない状況が続いています。これをピンチと考えるのか、いやいやチャンスと考えるのか。ご家庭によっては「子どもの自立に向けてよいチャンス」と考え、家や庭の掃除、洗濯や風呂準備、料理など多くの家事を子どもたちに任せている家庭もあるように聞いています。「自分の特技や趣味に磨きをかけるよいチャンス」でもあります。書道、手芸、工作、絵画、デザイン、漫画、陶芸、プログラミング、剣玉、縄跳び、ギター、ピアノ、歌、作詞・作曲、手話検定、数検、英検、漢検、短歌や俳句、詩、小説、読書、将棋、囲碁・・・・・・など、自分の興味あることにどっぷりと浸かることのできる貴重な時間となっています。誰にでも等しく与えられている「貴重な時間」をどう使うかによってチャンスは広がります。ピンチをチャンスに変えて充実した日々を過ごし、4月の始業式、中学校の入学式には成長した姿を見せてくれることを期待しています。現在、臨時休校によって学校での新型コロナウイルス感染拡大が防がれています。引き続き感染防止を最優先に考え、自制しながら再登校日までの日々を粛々と過ごしていきましょう。
12:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/02/28

本年度も多くの皆様にお世話になりました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2

本年度も地域創造学校運営協議会の皆様に学校運営に関するご助言ご支援をいただきながら、地域とともにある学校(コミュニティースクール)として、本年度も下記の通り、様々な活動を積み重ねてきました。

芋の苗植え、田植え、水辺の楽校での水生生物調査、手笠踊り、因幡の傘踊り、万葉の庭での手話朗唱披露、朗唱の会、地域文化財や歴史の学習、校区の施設見学、埋蔵文化財センターや万葉歴史館での学習、盲学校・聾学校との交流、稲刈り、芋掘り、餅つき、池田家墓所清掃と写真応募、歌唱指導、水泳指導、手話検定指導・・・

 

本校には、このように様々な体験活動ができるすばらしい環境があります。そして、その活動を支えていただける保護者の皆様、地域の皆様がいらっしゃいます。学校支援ボランティア(公民館、盛り上げ隊)、学習支援ボランティア(たんぽぽ)、読み聞かせボランティア(おひさま)、特別講師(歴史・文化、芸能、音楽、水泳、朗唱、手話、書道、茶道、華道、科学実験、プログラミングなど)の皆様には本当にお世話になりました。


16:48 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/02/28

コロナウイルス感染症の対応

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
   コロナウイルスによる集団感染を防ぐために、全国一斉に休校するように政府より要請ありました。ご家庭でも、今後どのように対応しようか当惑されていることと思います。今回の休校が感染防止のための措置であることを踏まえて、学校でも家庭でもその目的に応じた対応をとることが大切です。基本的には夏休みや冬休みなどの長期休業と同様に過ごしていただきたいと思います。規則正しい生活を送り、家庭学習や読書などに取り組み、学校での授業再開に向けて準備をしていただきたいと思います。ただし、繰り返しますが今回の休校は感染防止を目的とした緊急措置なので、その趣旨を重く受け止め不要不急の外出は控え、原則として自宅で過ごすようにご家庭でもご指導いただきたいと思います。
  なお、今後の対応につきましては、まちcomiメールで随時連絡いたしますが、現在の対応として以下のように考えています。

① 3月5日(木)に家庭訪問を行い、休校中の予定や学習プリント等をお届けします。その後、必要に応じて家庭訪問を行う予定ですが、期日等はまちcomiメール等で事前にお知らせいたします。

② 1~5年生児童の学習用具は授業再開日まで学校保管とします。学習用具が必要で持ち帰りを希望される場合は、学校までご連絡ください。

③ 6年生児童の学習用具については、個々にまとめて持ち帰ることができるように準備をしておきますので、保護者の方がお受け取りください。持ち帰り準備ができましたら、まちcomiメールでご連絡いたします。

④ 卒業式については、文書郵送やまちcomiメールで別途連絡いたします。
16:42 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/01/31

生きる教育参観日

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
「生きる教育」参観日には多くの皆様にご参観いただきました。ありがとうございました。拡大学校保健安全委員会にも約50名の方にご参加をいただきました。まず初めに養護教諭からメディアコントロールや生活習慣に関する取組と児童の実態について報告がありました。その後で今度珠美先生(県情報モラルエデュケーター)の講演がありました。SNSは便利な道具ですが、使い方次第でトラブルや健全な成長を妨げる障害にもなってしまいます。大人がまずは適切な使い方(場所、時間、内容等)の模範を示すことが大切です。講演内容については、後日、保健だよりで紹介させていただきます。
学習時間調査とメディアコントロール調査と県診断テスト等の結果を分析すると、メディアコントロールができている学年は学習時間もしっかりと確保できており、診断テスト平均もかなり高い結果となっています。家庭での時間の使う方を振り返ってみませんか。

15:10 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/01/31

毎日の睡眠時間をしっかり確保

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
生活リズムが乱れると休みがちになったり、学習に集中できなくなったりして学力が低下してきます。テレビやゲームで睡眠時間を削られないように、メディア利用をコントロールし自らの生活を整えられる人に育ってほしいと思います。鳥取市小学校会、市PTA連合会では、ゲームやスマホは夜8時にはスイッチを切るように鳥取市の全ての小学生に指導しています。毎日の睡眠時間をしっかり確保。



15:09 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/01/31

笑う門には福来る

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
「笑う門には福来る」とのことわざにもあるように、笑いは自分の気持ちを朗らかにし明るくしてくれます。また、周りの人も自然と笑顔になれます。人は笑うことによって脳内にエンドルフィン、ドーパミン、セロトニンといったホルモンが分泌されるそうです。エンドルフィンは多幸感を、ドーパミンはやる気やプラス思考を、セロトニンは心地よさや穏やかさを、生み出してくれるホルモンだそうです。また、ドーパミンン分泌によりストレスに関連したホルモンの分泌が抑えられストレスが軽減されるそうです。笑いで脳内に分泌されるホルモンにより心の安定、脳の活性化、血行促進、筋力アップストレス軽減などが図られ、まさに「笑う門には福来る」です。一方、涙を流すことも大切です。涙にはストレスに関連したホルモンが含まれており、涙を流すことでその量をコントロールしているそうです。人にとって「笑う、泣く」など素直に感情表現ができる環境づくりが大切ですね。まずは大人が笑顔でいましょう。
15:09 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/01/31

大人は子どもの鏡

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
  先日、公民館で行われた講演会に参加しました。市内外科医先生の講演でしたが、講演の中で「ミラーニューロン」「笑いとセロトニン」についてふれられたので、興味をもって少し調べてみました。ミラーニューロンとは相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動をとっているかのように反応をする脳内の神経細胞の一つで、簡潔に言えば真似をする働きのある細胞です。その働きにより自分が体験していなくても相手の行動を見たり聞いたりしただけで同じように行動してしまうということです。「親の背を見て子は育つ」ということわざもあります。大人は子どもの鏡です。良いことも悪いことも大人(親、教師)の言動が子どもの言動に反映されます。子どもの手本となるように日々の言動を意識しなければいけない……と自分自身を振り返っています。
15:08 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345
鳥取市立宮ノ下小学校
〒680-0151
鳥取市国府町宮下26番地
☎0857(22)6827

Fax 0857 (22) 4074
E-mail miyano-e@mailk.torikyo.ed.jp 
 

宮ノ下小学校の位置

ここをクリック
→ とっとりWEBマップ
 

あなたは(2013/5/1から)

214810人目のお客様です

オンライン状況

オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人