互いのよさを認め合いながら、夢や希望を持ち、主体的に行動する子どもの育成

    

 

校  歌

    作詞 山本嘉将

       補修 川口義克

作曲 小泉 恵

 

一 学びの園の小松群 

稲葉の山を仰ぎても

   理想の峰はいや高し 

高き文化を打ち立てむ

   ああ 若き友 もろともに

 二 国府の郷にさく花は

とどろく胸に今開く

   みのりの秋を夢みつつ

 たぎる力ぞあふるなる

   ああ 若き友 もろともに 

三 清き流れの国府川

 汚れぬ姿浮かべつつ

   世紀の試練うちこえて

 やがて世界をつなぐ身ぞ

   ああ 若き友 もろともに
 

学校の概要

宮ノ下小学校について
2021/04/13

宮ノ下小学校について

| by nakaba_nr

 鳥取市立宮ノ下小学校は、鳥取市東部に位置し、自然豊かな田園地帯と市街化地域の中間の地にあります。本校は明治6年(1873年)10月17日に設置され、、今年で創立148年目を迎えました。この4月には新1年生49名を迎え、児童数270名、17学級(うち特別支援学級5学級)、教職員32名でスタートしました。
 学校のある鳥取市国府町は、奈良時代に因幡の国府が置かれ、古くから政治・経済・文化の栄えた地であり、地名もこのことに由来しています。校区には因幡国庁跡、大伴家持の歌碑、池田家墓所など数多くの貴重な歴史的文化遺産があります。また、古くから伝わる因幡の傘踊り、手笠踊り、麒麟獅子舞などの伝統芸能も大切に保存されています。因幡の傘踊りの祭典、万葉集朗唱の会、池田家墓所灯籠会など、地域の文化遺産にまつわる行事も行われ、地域の特色ある文化として継承されています。

 本校の特色ある教育活動として、地域の文化を学ぶ活動や児童会の各委員会が企画する様々なイベントがあります。地域の文化を学ぶ活動では、地域の方々の協力をいただきながら百人一首や万葉集の朗唱、因幡の傘踊り、手笠踊り、古典の暗唱など地域の様々な文化を学び、発表の機会をいただいています。各委員会が企画するイベントでは、全校児童が楽しむことのできる様々な活動を工夫しながらおこなっています。

 本校は、学校教育目標を『互いのよさを認め合いながら、夢や希望を持ち、主体的に行動する子どもの育成』としています。子どもも大人も「明日を楽しみにできる学校」になるよう、教職員一丸となって精一杯努力してまいります。                                



09:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

宮ノ下小学校の沿革

明治610 宮ノ下村立宮ノ下小学校開校
 204宮ノ下尋常小学校、中郷簡易小学校、として分離独立
 233国府尋常小学校と称す
 257村立国府尋常小学校と称す
 344公立国府尋常小学校と称す
 407宇倍野第一尋常高等小学校と改称
 414宇倍野第一尋常小学校と改称
大正124宇倍野尋常高等小学校と改称
昭和164宇倍野第一国民学校と改称
 214宇倍野第一小学校と改称
 225宇倍野村立宮ノ下小学校と改称
 2611東校舎新築落成(10教室)
 304北校舎新築落成(10教室)
 324国府町立宮ノ下小学校と改称
 327体育館新築落成
 346給食室新築落成
 399プール竣工
 4310文部省指定道徳教育研究発表会
 4810創立100周年記念式典
 5110PTA文部大臣表彰を受ける
 5711校舎改築竣工移転
平成511校庭、通学路整備拡張
 63創立120周年記念事業
 113コンピュータ教室・関係設備整備
 1510創立130周年記念事業
 
鳥取市立宮ノ下小学校
〒680-0151
鳥取市国府町宮下26番地
☎0857(22)6827

Fax 0857 (22) 4074
E-mail miyano-e@mailk.torikyo.ed.jp 
 

宮ノ下小学校の位置

ここをクリック
→ とっとりWEBマップ
 

あなたは(2013/5/1から)

233551人目のお客様です

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人