三朝小学校について

校 章
 三朝小学校は、平成31年4月、町内東小、西小、南小の3校を統合し
創立された。
 校章は、羽ばたく鳥をモチーフとし、時代を担い未来を拓く子ども姿を
表現している。鳥の羽は、三朝町の「三」をイメージするとともに、3校
が統合し未来に向けて躍進する三朝小学校を表現している。

校区内の特色
 三朝町は、鳥取県の中央部に位置し、東西24km、南北19kmにも及び、総
面積は233.52kmの広大な面積を有している。東は鳥取市、西は倉吉市、北は
湯梨浜町、そして南部一帯は中国山地を境にして岡山県に接している。しか
し、そのうちの約90%は山林で、他の10%が米・梨の生産を中心とした農業
と社寺・温泉地の観光が主な産業である。
 本町は豊かな自然に恵まれ、ラジウム含有量で世界有数の三朝温泉をはじ
め、三徳山、小鹿渓など史跡名勝地を有し、森林浴、スポーツ広場の活用等
で、多くの観光客が訪れる。
 本校は、平成31年4月、東小、西小、南小の3校が統合して創設された
小学校であり、町民の学校教育にかける期待は大なるものがある。

位置と校下地図
 ・鳥取県東伯郡三朝町大字大瀬1170番地1
 ・東経 133度86分    北緯 35度41分
 ・標高 35m