日誌

新規日誌9 >> 記事詳細

2020/06/24

コミスクルームについて

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 さかのぼること令和元年5月のお話です。
 「毎日が参観日」としていつでも学校に来ていただこうという取り組みを続けていた本校。
 ただ、残念ながら保護者・地域の皆さんからはまだ「敷居が高い」とのお言葉が。
 そこで、学校運営協議会の皆さんの発案で、子どもたちを参観していただくだけでなく、保護者・地域の皆さんの交流の場を作っては、とのご意見をいただきました。
 交流の場・・・なかなかどのような場を作ればよいのか浮かびません。
 その時、「コミスクカフェ」の話題が。
 前年度に南中校区CSで行い、大変にぎわったとのこと。
 確かに「カフェ」は、お茶を飲んだりおしゃべりを楽しむ場所。
 学校に「勉強を参観」だけが目的ではなく、皆さんが集まられ、楽しくお話しされ、そして子どもたちの様子も見ていただける場所を提供しては、と盛り上がります。
 しかし・・・
 とても良いご意見ではありますが、だれがどのように運営していくのか・・・
 場所はどこにするのがよいか・・・
 いつ行えるのか・・・
 と考えていると、「地域学校協働活動推進員」の熊谷さんから「よし。分かった」との声が。
 熊谷さんの力強いお言葉から、
 週1回木曜日に開催(開店?)
 場所は家庭科室
 店長?は熊谷さん・・・と、とんとん拍子に話が進み、
 めでたく令和元年6月6日(木)、コミスクルームを開店!しました。

 ・・・ちょっと簡単なお話のようにしてしまいました。ただ、実際の開設にあたっては、運営協議会の皆さん、特に熊谷さんには多くのご協力をいただきながら実現した「交流の場」です。2年目を迎える本年度。新型コロナウイルス流行のため今はまだお休み中ですが、状況を見ながら9月からの再開を目指しています。皆さんが集えるコミスクルーム、ぜひお越しください!!
18:47 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

お知らせ

ただ今試験中