明徳小授業研究会

平成25年12月17日(火),遷喬小学校校長栗岡玲子先生を講師にお迎えして,1年2組と5年で授業研究会を行いました。本年度最後ということもあり,富桑小学校の先生方も研究授業にお出でくださいました。何を考えるのかの視点を教師はもつこと,子どもの言葉を聴く姿勢を大切にすること,わからない点や困っている点をはっきりとさせることなど,日々の授業から大切にしなくてはならないポイントを教えていただきました。
授業の様子等は次のファイルでもご覧いただけます。
131217明徳小授業研究会1.pdf


 

明徳小授業研究会

平成25年11月5日(火),講師に遷喬小学校 栗岡玲子校長をお迎えし,3年生で授業研究会を行いました。何でも言える雰囲気をつくること。今日一番やらせたいことを明確にして話し合いを展開すること。等々日々の実践で大切にするポイントを学びました。
授業等の様子は,次のファイルでもご覧いただけます。
11.5明徳小学校授業研究会.pdf


 

明徳小授業研究会

平成25年10月28日(月),講師に栗岡玲子遷喬小学校長をお迎えし授業研究会を開きました。学級は6年生。させたいことを明確にして,子どもとともに問題をつくり,めあてをつくろこと。教師が知ってほしいと思うことは絶対に言わず,子どもに考えさせることで言語活動が充実し,思考力・表現力が育つこと。等々日々の授業に生かすポイントのご指導をいただきました。
授業等の様子は,次のファイルでご覧いただけます。
10.28明徳小学校授業研究会.pdf

 

醇風小学校公開授業研究会


平成25年10月23日(水),醇風小学校で「少人数学級を活かす学びと指導の創造事業」ひ係るす授業研究会が開催されました。西中学校区の研究主題は「学ぶ意欲を高め,思考力・表現力を伸ばす授業づくり ~学びの振り返りを活かした指導を通して~ 」に迫るため,授業公開・参観後,分科会で研究協議を行い,全体会で協議事項を発表し,指導助言を東部教育局 平山晋治氏指導主事,市教育委員会 田中浩史指導主事の両先生にいただきました。
会の様子は,次のファイルでもご覧いただけます。
10.23醇風小学校授業研究会(少人数学級を活かす).pdf


 

明徳小授業研究会

平成25年9月17日(火),講師に遷喬小学校 栗岡玲子校長先生をお迎えし,2年と4年で授業研究会を行いました。今回は,よいめあてつくり,「聞く・話す」レベル表を意識した練り上げ場面での言語活動の充実に焦点をあてた研究会です。
授業の様子,研究会の様子は,次のファイルでもご覧いただけます。
9.17明徳小学校授業研究会.pdf


 

西中学校区全教職員研修会


平成25年8月8日(火),西中学校を会場に,中学校区全教職員研修会を開催いたしました。昨年度は,兵庫教育大学 米田豊 教授を講師にお迎えいたしましたが,本年度は,「全国学力・学習状況調査」や「全国体力・運動能力,運動習慣等調査」において,常に上位を占めている福井県より,福井市立明道中学校研究主任の松山明人先生を講師にお迎えいたしました。ご講演では,目的を明確にした具体的な活動,中学校区のスタンダード,ルールづくり,小学校間のずれをなくすための「学習のきまり」などの共通実践等々,9年間で子どもを育てるための具体的な取組を教えてくださいました。「今日からできる実践」のヒントをたくさんいただきました。分散会では,このご講演を生かし,小中が連携して取組む,学力向上の方策について話し合いました。なお,本研修会には,鳥取市教育委員会学校教育課田中浩史主幹兼指導主事もおいでくださいました。
この研修会の様子は,次のファイルでもご覧いただけます。
8.8西中学校区全教職員研修1.pdf

 

西中学校区トリニティー講演会

平成25年7月22日(月),19時より西中学校多目的室を会場に,トリニティー講演会が開催されました。講師は,鳥取県教育委員会東部教育局 寺谷孝志社会教育指導主事。演題は「お手伝いのススメ ~夏休みこそ習慣化のチャンス~ 」でした。
「お手伝いの習慣化は,責任感の育成,学力の土台となる自己肯定感の育成につながる。」と東部教育局のホームページにも載っております。また,「パンフレット」「お手伝い習慣化カレンダー」のデータも公開されております。鳥取市小学校長会作成の「子育てメッセージ④『お手伝いのススメ』でも,手伝いの重要性を訴えております。この夏休み明けには,手伝いをすることが習慣化した子どもたちが,ぐっと増えるものと思っております。「一家は習慣の学校なり。父母は習慣の教師なり。(福沢諭吉)といわれるそうです。まずは,モデルとなる大人の行動が大切なのだと思います。
講演会の様子は次のファイルでもご覧いただけます。また,校長会作成「お手伝いのススメ」もデータでご覧いただけます。
7.22西中校区トリニティー講演会.pdf
子育てへのメッセージ④ お手伝いのススメ.pdf


 

醇風小学校授業研究会

平成25年7月16日,東部教育局学校教育担当 岡本修典指導主事を講師に,醇風小学校で授業研究会が開催されました。西中学校区共通実践の一つに「意見交流の場の設定」がありますが,「聞く,話す,思考を深める」等について研究が深められたようです。中学校区全体で学んでいきたいと考えます。
会の様子は,次のファイルでもご覧いただけます。
7.16醇風小学校授業研究会.pdf


 

富桑小学校授業研究会

平成25年7月5日(金),富桑小学校で,宮城教育大学教職員大学院 相澤秀夫教授を講師にお迎えして,授業研究会が開催されました。相澤先生は,「学び合い」の授業づくり,ペア学習,座席表の活用等々,西中学校区の共通実践に深く関わる内容について,授業実践をもとに具体的にご指導をいただける先生です。先生のえがおで「具体的に誉める」姿勢が,公開授業でも研究会でも見られました。
授業研究会の様子等は,次のファイルでもご覧いただけます。
7.5富桑小学校授業研究会.pdf


 

西中学校前期Q-U研修会


平成25年6月28日(金),西中学校でQ-U研修会が開催されました。
Q-Uアンケートの結果をどう生かすのか研修を深め,居心地のよい学級づくりをすすめるためです。講師は,奈良教育大学大学院粕谷貴志准教授。子どもの悩みや学級全体の課題に対応し,よりよい集団づくりをすすめるには,何が大切かご講義いただき,事例研究会でもご助言をいただきました。中学校の事例研究会に小学校が参加することは,子どもの理解や職員同士のつながりを深めるよい機会になるのではないかと考えました。
なお,会の様子は次のファイルでもご覧いただけます。

6.28西中学校前期Q-U研修会.pdf


 

明徳小授業研究会

平成25年6月19日(水),本校で授業研究会を行いました。本年度は,研究教科を算数とし,遷喬小学校校長 栗岡玲子先生に継続してご指導いただきます。中学校区の「共通実践」を大切にしながら,「めあてをもち ともに学び合う子ども」をめざします。今回は,「聞く・話すレベル表」に基づく自己評価と活用しやすい座席表を考えました。
授業の様子等は,次のファイルでもご覧いただきます。
6.19明徳小学校授業研究会.pdf

 

富桑小学校授業研究会

平成25年6月11日(火),富桑小学校で授業研究会が開催されました。西中学校区では,それぞれの授業研究会や研修会等の案内を,中学校区の各学校へすることにしています。教職員の交流を図り,研修を深める場とするためです。このたびは,上越教育大学教職員大学院准教授赤坂真二氏を迎え,公開学習,演習,講義という流れで研究会が行われました。
会の様子は,次のファイルでもご覧いただきます。
6.11富桑小学校授業研究会.pdf
 

西中学校公開授業研究会

平成25年5月29日(水),西中学校で「少人数学級を活かす学びと指導の創造事業」の一環として,小中授業研究会が西中学校で開催されました。中学校区全教職員が授業参観後,全体会・グループ討議等で研究を深めました。
会の様子は,次のファイルでもご覧いただけます。
5.29西中学校授業研究会.pdf