iframe

URLが登録されていません。

メニュー

学校紹介教育ビジョン(イメージ図)校長室の窓から学校行事学習活動進路部活動・生徒会ボランティア活動チャレンジグループ活動ステージグループ保護者の皆さまへ卒業生の皆さまへ中学生の皆さまへ地域の皆さまへ事務室より月報・お便りフォトアルバム尚操会学校評価いじめ防止基本方針連絡・お知らせ

カウンタ

1173751

オンライン状況

オンラインユーザー27人
ログインユーザー0人

学校長挨拶

長挨拶


 

本校で一番誇れるものは「生徒が輝いていること」!!

   本校は、今年で創立105年目を迎えました。少子化の影響もあり、一学年3クラス体制で全校生徒数351人の小規模校です。
しかし、生徒たちは非常に活発に学校生活を送っており、小規模校にも関わらず、逆に輝きを増しているように感じています。「学校で誇れるも
のは何か」と聞かれたら、「生徒が輝いていることです!!」と、私は迷わず答えることにしています。
   その一例として、西高祭の開催は昨年度第五十一回を迎え、「リ・スタート」をテーマに設定してスタートしました。
生徒がどんな知恵を出して再スタートするのか大変興味深かったのですが、全体を取り仕切る総合実行委員会が行ったのは、組織作りでした。
パートごとに実行委員長の希望者を募り、納得のいくまで面談を重ねていました。リーダー自らが他の生徒の模範となるような取組姿勢を示しながら、
実行委員長希望者の意欲を確認し、西高祭への意識を変えていきました。そのお陰で、主体的な生徒集団へと発展し、以前にも増して統制の
取れた機能的な組織ができあがり、西高祭は大成功を収めました。
   また、部活動では、全国高校総体に出場した弓道部団体男女は、決勝トーナメントで接戦の末敗れたものの、福井国体では少年男子が近的と
遠的で、女子が遠的で優勝しました。台風の影響で選手には大きなプレッシャーがかかったと聞いていますが、見事にそれを克服し実力を発揮し
てくれました。そして、野球部が夏の大会でベスト四に進出したことも大きな喜びとなりました。チームの調子が良いと聞いてはいましたが、大会で勝
ち進むに連れて強くなっていくチームに、多くの方々から労いの声をかけていただきました。この他の部活動でもそれぞれの目標達成に向けた努
力は賞賛すべきものであり、どの部もチームや個人を大きく成長させました。  
 昨年の夏休みに開催しました本校の体験入学には、286人の参加者があり、体験が終了したときに書いていただくアンケートには、「探究活動の発
表が良かった」、「体験入学に来てよかった」など多くの参加者の皆さんが肯定的な評価をしてくださっています。人によって感じ方が異なることもあ
りますが、「本校の良さは何か」について共有できたらとの思いから教職員や生徒に聞き取りを行い、本校の魅力を推進するための企業理念として
「倉西スタイル 八つの指針」を作成しています。生徒の主体性を重視し指導の仕方を工夫することによって、本校の理想とする学びを追究してい
くことを狙いとしています。また、教育方針のイメージ図も昨年度から変えていますので、本校のイメージをより一層ご理解いただければ幸いです。
 生徒の活き活きした姿があふれる学校を目指し、更なる発展に向けて尽力していきますので、ご理解・ご支援を賜りますようお願いいたします。

  平成31年4月           
                                                         鳥取県立倉吉西高等学校長  稲毛  靖