メニュー

学校紹介教育ビジョン(イメージ図)校長室の窓から学校行事学習活動進路部活動・生徒会ボランティア活動チャレンジグループ活動ステージグループ保護者の皆さまへ卒業生の皆さまへ中学生の皆さまへ地域の皆さまへ事務室より学校の臨時休業等の基準についてフォトアルバム尚操会学校評価いじめ防止基本方針連絡・お知らせ学校運営協議会

カウンタ

1927893

オンライン状況

オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人

お知らせ

  

 

iframe

URLが登録されていません。

日誌

S1 チャレンジグループ活動
12
2021/07/01

S1プレゼン技術研修

| by 管理者3
令和3年7月1日(木)6,7限にステージ1の生徒は、
探究活動の基本的な流れについて学ぶ事を目的に、研修を受けました。

講師の野津教授とは、鳥取短期大学とGoogle Meetでつないで研修を実施しました。
生徒たちは、野津教授が作成したフォームでアンケートに答えるなど、ICTを活用した調査方法についても学びました。
18:37 | 投票する | 投票数(3)
2021/06/10

S1 チャレンジグループ活動(SDGsについて調べよう)

| by 職員
6月10日(木)6・7限 ステージ1では、各ホームで3~4人のグループに分かれて、
図書館やスマートフォンなどを活用して、SDGs(持続可能な開発目標)について調べました。
SDGsについて調べることを通して、社会の現状や課題、目標達成に向けた取組などについて考えました。


図書館にSDGs関連の本をたくさん準備してもらいました。
岡本司書主任にも教えてもらいながら調べています。






教室では、各自のスマホを使って分担して調べています。そして、協力してまとめています。





17:28 | 投票する | 投票数(1)
2021/05/20

S1 チャレンジグループ活動(S3チャレンジグループ活動発表見学)

| by 職員
5月20日(木)6・7限 ステージ1は、各チャレンジグループに分かれてステージ3の研究発表を聞きました。
コロナ対策として、ステージ1は各発表会場とは別の教室でリモートで聞くこととなりましたが、メモを取りながらしっかりと先輩の発表を聞いていました。
チャレンジノートには
「発表を聞いて、疑問に思うことや知りたいこと・興味のあることを自分で調べて考えることが大切なのだと思いました」
「2年後には私たちも発表するので、後輩の印象に残るような研究をしたいです」
といった感想があり、先輩の姿からチャレンジグループでの研究について学んでいる様子がうかがえました。



 
17:37 | 投票する | 投票数(0)
2021/05/08

S1 チャレンジグループ活動ガイダンス

| by 職員
5月6日(木)7限に、ステージ1では、チャレンジグループ活動ガイダンスを行いました。


7限 チャレンジグループ活動ガイダンスの様子
生徒たちは、人文、社会、健康、理工、生命の各グループの活動内容等の説明を聞きながら、自分の興味関心や進路希望に合うグループを考えていました。5月20日には、ステージ3の研究発表会を見学します。
17:34 | 投票する | 投票数(0)
2017/12/26

S1チャレンジグループ活動 新聞活用探究

| by 管理者2
新聞活用探究活動
 12月21日(木)、6・7限にS1対象に新聞活用探究活動を行いました。
 6限はリベラ教室で米田教頭先生による説明があり、新聞活用のねらいや方法を聞き、先輩の事例なども見せていただきました。7限は各ホームにもどり、各自で新聞の中から自分の興味関心のある記事を探し、記事をまとめ、考察をして発表できるようにまとめました。その後グループになってそれぞれの記事を発表し、感想を言ったりして新聞活用の実践を行いました。

 
【米田教頭先生より新聞活用の説明】


【自分の興味関心のある記事を選択】


【グループでそれぞれの記事を発表】

12:39 | 投票する | 投票数(1)
2017/10/19

S1 プレゼンテーション技術研修会

| by 管理者2
S1 プレゼンテーション技術研修会

  本日(10月19日)6限に鳥取短期大学 生活学科の 野津 伸治 教授においでいただき、プレゼンテーション技術について講演していただきました。
 S1では、11月には今年自分が取組んだボランティア体験活動について発表します。また、今後も新聞活用発表会やチャレンジグループ活動発表会など、自分の考えをまとめて皆にプレゼンテーションする機会が多くあります。そこで、今回はプレゼンテーションをする上で、「何が大切なのか」「注意することはどんなこと?」「より分かりやすく伝えるためには」など、様々な視点でお話いただきました。講演では、生徒に「どんなチャレンジグループ活動を考えているの?」などと問いかけながら、分かりやすく話していただきました。


講師の 野津 伸治 先生


生徒に問いかけながらの講演でした


最後にBホームのホーム長が代表で謝辞

20:37 | 投票する | 投票数(2)
2017/10/13

S1チャレンジグループ活動講演会

| by 管理者2
S1 チャレンジグループ活動 講演会
 10月12日(木)に、地元倉吉のバッグ製造会社「バルコス」の社長 山本 敬 さんにおいでいただき、ステージ1の生徒に、社会人として働くことの意義や社会との接点を意識することの大切さなどについて講演していただきました。
 バルコスは、創業当初より「倉吉」から「世界」に通用する商品を作ることを目標に掲げてハンドバックの製造・販売を中心に手がけられ、国内はもちろん世界各所に取扱店を持っておられる企業です。今回は「豊かな地方をつくるために」というテーマで、「豊かな状態とは?」「どうすれば豊かになるのか?」など生徒に問いかけながら、地方の価値を見直すことやものつくりに付加価値をつけることの大切さなど、示唆に富んだお話をしていただきました。
       

講演をしていただいた 山本 敬 社長


講演後の生徒の質問

生徒代表謝辞



10:02 | 投票する | 投票数(2)
2017/06/12

S1チャレンジグループ活動講演会

| by 管理者2
 6月8日(木)6・7限にチャレンジグループ活動の取組として講演会を実施しました。
 今回は、鳥取県立倉吉総合看護専門学校の池尻先生に、「看護の仕事」について講演していただきました。
 生徒は、とても熱心にお話を聞くと共に講演後の感想には、看護の仕事に限らず、どんな仕事に就くとしても大切なことは「相手の気持ちに気づくこと」「見たり感じたりしたことを言葉にすること」など、今後の行動を考えた記述がたくさんありました。
 

講師の池尻先生


看護の仕事について


診療の補助業務や日常生活の援助など


吉川さんの生徒代表あいさつ

18:54 | 投票する | 投票数(0)
2017/01/26

チャレンジグループ活動「新聞活用」

| by 職員

S1 チャレンジグループ活動「新聞活用」

人文、経済、教育、医療、理工、農学のグループから自分の興味関心のある新聞記事を集め、要約し、自分の意見をまとめ、発表しました。発表者の意見に対して、意見を交わしました。これから各自がテーマをもって探究活動をさらに深めてゆきます。今回は初めて意見を述べ、意見交換しました。
17:08 | 投票する | 投票数(0)
2016/12/06

S1チャレンジグループ活動「新聞活用」

| by 管理者2

 12月1日(木)7限にチャレンジグループ活動の取組として「新聞の活用」を実施しました。
 まず初めに、米田先生から新聞の活用について教えていただきました。生徒は、自分の興味・関心のある分野について今後研究を深めていきます。普段から新聞を読み、現代社会の出来事に興味を持ち、活字に触れることの大切さを学びました。チャレンジグループ活動個人研究の始まりです。

S1 興味・関心のある記事を読む生徒たち

12:41 | 投票する | 投票数(3)
12