保健室より

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

日誌

保健室日誌 >> 記事詳細

2015/10/31

溶連菌感染症が増えています

Tweet ThisSend to Facebook | by yatagai_hr
鳥取県
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)警報 発令
過去10年の同時期と比較して報告数最多!
12月のピークに向かって今後さらに増加する可能性があります


  
   
【症状】
発症する場合は、突然の発熱と全身倦怠感、のどの痛み、しばしば嘔吐を伴う。
また、特徴的な苺(イチゴ)舌が認められる場合がある。
症状を発症してなくても体内に菌をもっていることもある!!
          ・・・症状がないから大丈夫、と油断していては危ない
            他の人にうつしてしまう可能性もある

【主な感染経路】

●飛沫感染:発症者もしくは保菌者(特に鼻咽頭部に保菌している者)の
咳やくしゃみなどから
●接触感染

【気をつけること】
●発熱、のどの痛み等の症状があった場合は、早めに病院へいく
●手洗いを徹底する!!!
●症状がある人が、マスクをつける!


13:13 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)