チューター制度

倉吉東高では、新入生4人のグループに対して上級生2名がチューターとしてつき、高校生活のアドバイスや、東高生としてのあるべき姿勢を伝えています。チュータリングは以下の目的のもと、3~7月に8回程度行われます。

  • 新入生に適切な情報を伝達し、高校生活に対する不安を緩和・解消する。
  • 中学生レベルの意識を高校生としての意識に変革する。
  • チューターにとっても、教えることで自分自身の成長につながる。
  • コミュニケーション能力を向上させ、縦の関係を中心とする人間関係を培う。
  • 私利私欲にとらわれず社会に貢献しようとするリーダーを育成する。
 

2019/04/09

第4回チュータリングを行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者1
4月9日放課後に第4回チュータリングを行いました。
第4回チュータリングでは、新入生が国数英の具体的な勉強法についてや、明日からのオリエンテーションに関する質問をチューターにしていました。
チューターも、新入生に一日でも早く倉吉東高での生活に慣れてもらうためアドバイスをしていました。

「数学頑張ってね」


今日のチュータリングの内容をしっかり記録してます!

17:02 | いいね | 投票数(7)