学校長あいさつ

 29代校長 福光 浩


 本校は明治42年、鳥取県立倉吉中学校として創設され、今年創立112年目を迎える伝統校です。その間一貫して、有為な人材を世に送り出してきました。同窓生のみなさんは、地元倉吉や鳥取県はもとより、全国で、あるいは世界で活躍され、様々な分野で社会に貢献してこられました。
 明治・大正・昭和・平成・令和と時代を重ねるにつれ、社会は大きく変化し、それに伴って高校に求められるものも少しずつ変わってきました。ひたすら知識を詰め込み、テストでよい点を取ることが求められていた時代から、その知識を組み合わせながら、発展応用的な発想が求められる時代へ、そしてプレゼンテーション力や協働性が求められるようになり、最近では自分で課題や問題点を見つけることが求められるようになってきました。高校とは、中学生を成長させ次のステージへ送り出すためのステップであり、それ自体がゴールではありませんから、高校に求められるこの役割の変化は、自然なことであり、当然だとも言えます。言い換えれば、高校の役割は、社会のニーズの変化とともに変わる「流行」と言えます。
 しかし、本校には長い歴史の中で培われてきた「不易」の部分が、今もしっかりと受け継がれています。全力で校歌や応援歌を歌い上げる応援歌練習。5日間にわたって生徒主体で行われる学園祭。他国の風土に触れ、日本とは異なる価値観や文化を学ぶ海外研修旅行。学校生活の節目となる場面で上級生が下級生を指導してくれるチューター制度。鴨水同窓会や育友会と学校との協力体制。そして生徒と教職員の間に構築される強い信頼関係。こういった「不易」の部分は、時として「効率が悪い」「時代にそぐわない」等の批判を受けることもありますが、こういった活動を通してのみ得ることのできる財産もある、そして、先の見通せない不安定な時代だからこそ、「不易」の中で身につけた力が必要になる、と私たちは信じています。
 私は、全教職員とともに、あらゆる教育活動に真摯に取り組み、この「不易」と「流行」を織り交ぜながら、倉吉東高校の歴史に新しい1ページを加えていきたいと考えています。令和2年度がどんな一年になるのか、4月の時点では不透明な部分もありますが、地域のみなさん・鴨水同窓会・育友会や関係機関と連携しながら、本校教育のさらなる発展に取り組んでまいりますので、今後もご支援・ご指導をよろしくお願いします。

 
                                  

 
■学校長より >> 記事詳細

2020/12/28

2020.12.28 校長室より

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者1
令和2年もあと数日を残すのみとなりました。あらゆることが新型コロナウイルスの影響を受け、思いどおりにいかない1年でしたが、生徒の皆さんは、学習・部活動・学校行事、そしてそれぞれの日常生活の中で、やるべきことを正しく認識し、真摯に全力で取り組んできました。全員が100%満足のいく結果を得たわけではありませんが、こんな状況だからこそ、やり遂げたイベントや残した実績には例年以上の価値があります。どうか、自分のやってきたことに自信と誇りを持ち、この経験をこれからの人生での財産にしてください。
保護者の皆さんには、先の見えない状況の中、学校とベクトルを合わせながら、生徒たちを心身両面で支えていただくと同時に、様々な教育活動にご協力をいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。
令和3年もまだまだ新型コロナウイルスとの闘いが続きそうです。不安や心配を完全に払拭することはできませんが、学校として安心・安全を第一に、できる限りの教育活動を実施していきたいと考えていますので、生徒の皆さんの積極的な取組と保護者の皆さんの一層のご支援をお願いします。
生徒・保護者・教職員の皆さん、この1年本当にありがとうございました。令和3年が皆さんにとって実り多い年になることを願っています。どうかよいお年をお迎えください。
                                     令和2年12月28日 校長 福光 浩
13:32 | いいね | 投票数(3)