最近の配布物

特にありません
 
オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人

アクセスカウンター

4028931
■専攻科からのお知らせ
12
2012/03/02

修了おめでとう

Tweet ThisSend to Facebook | by yamane-s
 
 4月からの受験生活もいよいよフィナーレが近づき、
本日、修了式を迎えることができました。
 
 
牧校長先生の式辞では、
「合格を手にしても驕らず謙虚になること」
「合格した幸せを将来に活かす『惜福』の精神が大切」
との訓辞をいただきました。
 
式には、校内の先生方をはじめとして、
倉吉西高や鳥取中央育英からもご出席をいただき、
盛大に修了生の門出を祝っていただきました。
 
さて、今日の修了式も専攻科生にとっては
ひとつの区切りに過ぎません。
国公立の中期試験・後期試験までもう少しです。
今週末も専攻科は開館し、生徒一人ひとりを
最後の最後まで全力で指導してまいります。 
引き続き、ご理解とご支援をお願いいたします。

00:00 | いいね | 投票数(0) | 今日の出来事
2011/07/01

学び祭プログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by yamane-s
7月4日(月)、5日(火)の両日、専攻科2組にて、
平成23年度 専攻科学び祭りを開催します。 
当日の発表内容ならびにスケジュールは以下のとおりです。
 
4日(月)(初日)
8:25~8:40   開会挨拶(学び祭の意義)
8:40~9:00   社会学とシミュラークル
9:00~9:20   現代にみる功利主義
9:20~9:40   構造の『構造』とその役割
10:00~10:20 ことばと人類のあゆみ
10:20~10:40 明治小説史
10:40~11:00 武士道に学ぶ日本人論
12:40~13:00 ロボットという存在
13:00~13:20 <一>対<多>のマルチチュード
13:20~13:40 資源が支えた世界史
 
5日(火)(2日目)
8:20~8:30   開会挨拶
8:30~8:50   絵画と写真
8:50~9:10   動物たちの環世界
9:10~9:30   夢
9:50~10:10  遺伝子からみる生命
10:10~10:30 オートポイエーシス論
10:30~10:50 エントロピーで見る世界
11:20~11:40 人にとっての時間
13:00~13:20 波+粒→ひも
13:20~13:40 3つの「不」(不完全・不確定・不可能)
13:40~14:00 宇宙
 

00:00 | いいね | 投票数(0)
2011/03/25

H23年度 鳥取県立倉吉東高等学校  専攻科受験案内

Tweet ThisSend to Facebook | by makino-k

平成23年度 鳥取県立倉吉東高等学校 専攻科受験要項を掲載しました。
 
 

00:00 | いいね | 投票数(0)
2010/05/14

切り替えながら加速しよう

Tweet ThisSend to Facebook | by yamane-s
 
第2回進路指導テストが本日終了しました。
手応えを感じた人もあれば、そうでない人もあったと思いますが、
以前に述べたとおり、今は結果を求めるより問題を学習の糧としてください。
 
さて、1年間は長いものです。長い戦いにはそれなりのペース配分も大切です。
10月頃を想像してみてください。
プレッシャーを感じ始めますし、いやがうえにも勉強がヒートアップしてきます。
そうした時期に潰れないためにも、専攻科生の皆さんには、
時間の余裕のある今こそ、深く広く学んでほしいのです。
(というわけで、来週月曜放課後に「学び祭り」のオリエンテーションを行います。)
 
一日の時間をペース配分して、切り替えながら加速する勉強ができていますか?
昼間は授業に集中。放課後2時間は教室等で予習、復習。
そして、帰宅後、もう一段ギヤを上げて各自の重点教科に取り組む。
でも、夜更かしは禁物。
朝8時までには登校して、始業前に一勉強。(7時に登校する猛者もいます。)
このサイクルをキープしていきましょう。
 
皆が専攻科の生活に慣れてきたように思います。
この調子で、まずは夏休みまで走り続けましょう。

00:00 | いいね | 投票数(0)
2010/05/12

時間意識を高めよう(5月10日専攻科集会要旨)

Tweet ThisSend to Facebook | by yamane-s
5月10日(月)放課後、専攻科集会を開き、桧主任から日常生活に関して講話がありました。
 
「入学後約一月が経過したが、各人が専攻科での生活をもう一度見直してみてほしい。」
「最近気になるのが時間を守るということ。たとえば下校の時刻などでも、教員に促される前に自ら行動を先取りしてほしい。先週末の駿台模試でも開始時間ぎりぎりに来る生徒が見られた。」
「君たちは一度センター試験を経験しているのだから、本番の重圧を思い出してほしい。重圧に負けないためには、常々から余裕のある行動を心がけてほしい」
 
以上が、講話の内容でした。
受験に打ち勝つには、自らの生活と行動を再構築していく必要があります。
今回は時間のことでしたが、それ以外にも、挨拶や清掃、通学自転車の整列など、さまざまな生活場面で、自分の意識や行動がどのようであるのかを自省するよう指導しております。
 
保護者の皆さまにもご理解とご協力をお願いします。


00:00 | いいね | 投票数(0)
12