読書・小論文活動概要

 本校では、平成8年度から平成30年度まで読書小論文活動を実施していました。1・2年生は、夏休みと冬休みに課題図書の読書と小論文の作成を行い、優秀作品は「志在千里」に掲載し、また課題図書の著者を招いての講演会等も行い、読解力や表現力の向上に一定の成果を収めてきました。現在は図書館での図書館ゼミや読書会など、本に親しむための活動を積極的に行っています。 
 平成19年度からは、進んで読書を行い、主体的に学びながら向上しようとする人間の育成を目指して、朝読書の取組みを開始しました。 
 
■読書・小論文活動の過去の記事一覧
12345
2019/12/12

全国高等学校ビブリオバトル2019鳥取県大会

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

12月8日(日)に倉吉体育文化会館にて行われた
全国高等学校ビブリオバトル2019鳥取県大会」
県内の高校生20名が参加し
本校からも2名の生徒が出場しました。


「ビブリオバトル」とは・・・
参加者が好きな本を持ち寄って紹介し合い、
一番読みたくなった本(チャンプ本)を決める
書評ゲームで、知的書評合戦とも呼ばれています。
(※鳥取県立図書館HPより引用)

今回の鳥取県大会で選ばれたチャンプ本獲得者(優勝者)は
1月26日に東京で行われる全国大会へ出場します。







3年生の石賀さんが紹介したのは

「悪魔の辞典」中村徹(遊泳舎)

予選のトップバッターでしたが
いろいろな単語がブラックに解釈された本の内容に、
思わず会場全体が笑いに包まれ、その後に発表する
生徒さんたちの緊張も解せるいいスタートを切りました。






2年生の市橋くんが紹介したのは

「超動く家にて」宮内悠介(東京創元社)

SF小説を読むきっかけになった本ということで
熱の入った発表に聞いている側もどんどん前のめりに。
発表後のディスカッションでも次々に質問が飛び交い
なんと、予選チームのチャンプ本に選ばれました!!


緊張しながらも迎えた決勝戦





予選を経験したからか
より丁寧でスムーズな発表でした。


惜しくもチャンプ本とはなりませんでしたが
『奨励賞』を頂きました。








バトル終了後は他校の生徒さんたちとの
交流会も開かれ、和気藹々と話に花が咲きました。






今回の参加で刺激をもらい
もっと倉吉東高校でもビブリオバトルがしたい!
と2人とも目を輝かせていました。

また図書館で開催できるようにしたいですね♪





2人ともお疲れさまでした!!







15:10 | いいね | 投票数(12)
2019/07/18

【図書館を活用した授業】2年美術選択

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk


2年生の美術選択で図書館を使用した
授業が行われました。

夏季休業前最後の授業です。







参考資料を吟味して選ぶ生徒たち。








集中して進めています。









「日本の美 カラー切り絵」の製作中です。









完成が楽しみですね。




14:44 | いいね | 投票数(8)
2019/07/03

星に願いを

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk



もうすぐ七夕なので、先週
図書館の前に七夕飾りを設置しました。

大きな青竹は倉吉農業高校さんから
おすそ分けを頂いたものです。



(先週の様子)



(本日の様子)


数日でこんなにいっぱいになりました。




何書こうかな~と言いながら短冊へ
楽しそうに願い事を書く生徒たち。





続々と願い事が増えています。




皆さんの願いが叶いますように☆









13:08 | いいね | 投票数(15)
2019/06/18

出張図書館を開設

Tweet ThisSend to Facebook | by takenaka-t2
 6月18日(火)の昼休みに、3階の廊下に出張図書館を開設しました。これは3年生からの「図書館が遠いので借りに行きにくい」という声に応えたもので、図書委員が選んだ30冊を廊下に並べて、本の出前を行いました。広報がやや不足していたためか、貸し出しは数冊にとどまりましたが、本を通じて生徒同士の会話が広がっていました。これからも図書館は、本に親しんでもらうための企画に取り組んでいきたいと思います。

 
 
出張図書館の貸し出しの様子


  

15:04 | いいね | 投票数(9)
2019/05/17

図書館展示 チューターおすすめの本

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk



1階の階段下にこんなボードを置いています。

(オモテ)




(ウラ)




4月のはじめにチューターの2・3年生が
1人1冊『1年生に読んでほしいおすすめの本』を
選び、紙に書いてもらったものを掲示しました。


もちろん図書館の中にもコーナーが!!
入口入ってすぐの場所にあります。



1年生だけでなく、2年生3年生、先生方も
どんな本があるだろう?と興味をもって
しばらく眺めたり、手に取ってくれています。



11:56 | いいね | 投票数(8)
2019/05/10

図書館オリエンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk



4月18日~23日まで、情報の時間で
1年生に向けた図書館オリエンテーションを行いました!



館内の蔵書数や図書館でのマナー、
本の借り方・返却方法などについて司書が説明。





東高の図書館に入るのは初めて!
という生徒も多く
広さや本の多さに驚いていました。





図書館の本がどのように配置されているのか
「日本十進分類法」についても説明をし、
ワークシートに書き込みます。





その後は実際に図書館の中を自由に見て
気になった本を2冊選びその本が何分類なのかを調べました。


最後にはどのクラスもたくさん本を借りて帰ってくれました!





これから3年間、図書館は読書や学習だけでなく
みなさんの学校生活に寄り添っていきたいなと思います♪





10:28 | いいね | 投票数(4)
2018/11/29

著者講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者1

11月28日(水)5.6限に著者講演会を実施しました。今年は、本校の必読図書の一つである「軋む社会」(河出文庫)の著者である東京大学大学院教育学研究科 教授 本田由紀先生より「軋む社会を結びなおす-日本社会における教育・仕事・家族の関係における課題」を演題にご講演いただきました。

ご講演の中で、日本の社会が教育面、賃金面、経済面、家族関係などにおいていかに悲鳴を上げているかについて、説得力のある資料を示しながら話していただきました。また、ブラック企業による「やりがいの搾取」のしくみ、雇用契約時のジョブ型正社員での契約への移行、コミュニケーション能力や独創性、問題解決力などのような本質的で情動に根差した能力が求められる社会(ハイパーメリトクラシー)等についても問題提起していただきました。

一方、「新たな社会モデル」についての提言もいただき、これからの社会を生きていく本校生徒にとって大変興味深いものになりました。


また、講演会後に行った本校生徒との座談会では、和やかな雰囲気のなか、参加50名の生徒の質問に一つひとつ丁寧かつ明快に答えていただきました。生徒たちは積極的に質問することで、さらに「軋む社会」をいかに再生していくかについての認識が深まりました。本田由紀先生、本当にありがとうございました。



講演の様子

生徒副会長が謝辞を述べてくれました

講演の後の座談会の様子

11:52 | いいね | 投票数(10)
2018/09/12

図書館で知る県民の日キャンペーン「鳥取県高校生クイズ」

Tweet ThisSend to Facebook | by oohara-yk
今日、9月12日は「とっとり県民の日」です。
とっとり県民の日(9月12日)に合わせ、県内の高等学校・特別支援学校図書館で「鳥取県高校生クイズ」を実施します。

生徒が「鳥取県に関するクイズを学校図書館の資料を活用して解くことで、郷土に関心を持ち、鳥取県の魅力に気づくこと」や
「図書館資料を用いて情報を集める力を身に付ける」ことを目的としています。
同時に地方活性化に関する本も展示しています。
これからの「まちづくり」や「地域の活性化」に興味がある人はこの機会に手に取ってもらえたらと思います。


高校生のデザインしたポスターと県内の学校司書が考えた問題・解答用紙

早速チャレンジ!



10:06 | いいね | 投票数(4)
2018/09/11

学んだ英語で楽しく読もう♪(椿章夫元校長先生寄贈図書)

Tweet ThisSend to Facebook | by oohara-yk

椿章夫元校長先生の御遺志でいただいた図書費で英語の多読用図書を購入しました。

本校は本年度から県教育委員会の指定する英語教育の重点校です。また、かねてより生徒から「学んだ英語で物語を楽しみたい」という要望を受けていました。

音声CD(もしくはデータ)が付いているものもあり、使い方によってはリスニングやスピーキングの力を高めることもできます。

御寄贈いただき、ありがとうございました。

 たくさんの本が入りました


 
早速借りる生徒もいました


夏季休業中に受け入れ準備作業を手伝っています

CDに名入れをするボランティアの生徒

11:04 | いいね | 投票数(10)
2018/08/24

図書館レイアウト変更・蔵書点検(図書委員・ボランティア)

Tweet ThisSend to Facebook | by oohara-yk

8月17日から蔵書点検と図書館のレイアウト変更を行いました。
 1・2年生の図書委員とボランティア参加の生徒が担当する時間を決めて、図書館が所蔵する本を1冊ずつ専用の端末を使用して目録データと照合します。

ボランティア3時間コースの生徒は、「学校図書館の役割、学校図書館の仕事」について司書から説明を受けた後、蔵書点検のほかにも新刊図書の受け入れ作業やレイアウト変更を体験してもらいました。

生徒からは、
「新刊が図書館で利用できるようになるまでの流れや、生徒が快適に利用するために様々な工夫がされていることがわかった」
「1冊ずつ手に取って点検することで、面白そうな本を見つけることができた。」
「想像以上に疲れたけど、ボランティアを通して図書館に興味を持てたし、新しい発見もたくさんあり楽しかった」
「興味があった職業の体験ができ、視野が広がった」
・・・など、様々な感想が寄せられました。

また、今回のレイアウト変更では大型の机の移動もあり、野球部の1・2年生が協力してくれました。
日頃の練習で培った体力と規律ある動きによって、短時間で移動が完了しました。

今年度後半からはじまる学習活動に向けて、より利用しやすい図書館になる予定です。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。


  本に貼ってあるバーコードを1冊ずつなぞって点検!


 新聞は3年間保存。必要な時に取り出せるよう整理。



 机の移動。これ、かなり重たいのです・・・。



 移動のために分解した書架を組み立てる。



 本の移動。協力して作業をしています。




10:38 | いいね | 投票数(8)
12345