読書・小論文活動概要

 本校では、平成8年度から平成30年度まで読書小論文活動を実施していました。1・2年生は、夏休みと冬休みに課題図書の読書と小論文の作成を行い、優秀作品は「志在千里」に掲載し、また課題図書の著者を招いての講演会等も行い、読解力や表現力の向上に一定の成果を収めてきました。現在は図書館での図書館ゼミや読書会など、本に親しむための活動を積極的に行っています。 
 平成19年度からは、進んで読書を行い、主体的に学びながら向上しようとする人間の育成を目指して、朝読書の取組みを開始しました。 
 
■読書・小論文活動の過去の記事一覧
12345
2020/07/30

ブックハンティングに行ってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

7月29日(水)の放課後、図書委員の生徒が「ブックハンティング」に行ってきました。
「ブックハンティング」とは、生徒が実際に書店へ出向き、図書館に置いてあったらいいなと思う本を生徒目線で選定することです。事前に全校生徒へアンケートを取り、好きな小説のジャンルや置いてほしい本のジャンル等をまとめて、それを参考にしながら選びました。
夏季休業明けには図書館で貸出しできる予定です。

ご協力くださいました今井書店パープルタウン店様、ありがとうございました。



アンケートを参考にしながら店内を見て回る図書委員。



選んだ理由もしっかり考えながら選びます。



いろいろな本を手に取って吟味。



みんな真剣に選びました。




16:20 | いいね | 投票数(6)
2020/07/30

読書感想文表彰

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

新型コロナウィルスの影響で臨時休校になっていた5月。家にいる時間が増えた子どもたちに読書をして過ごしてほしいと、鳥取県教育委員会が「今こそできる!じっくり読書キャンペーン」と題して「読書感想文・絵てがみコンクール」を行っていました。

その中の「読書感想文部門」に応募した2年生の東裕美子さんが見事 『佳作』 に選ばれ、先日校長室で表彰を行いました。

8月6日(木)まで倉吉未来中心の1階で
知事賞、教育長賞、優秀賞、佳作を獲った作品が展示されていますので、是非見てみてくださいね。



校長先生から表彰状を受け取る東さん



東さん、おめでとうございます!



15:48 | いいね | 投票数(5)
2020/07/29

苦手な野菜が好きになるずかん

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

先日、本校の卒業生である 石賀安枝様より「英語付き 苦手な野菜が好きになるずかん やさいとくだもの」という本を寄贈して頂きました。

石賀様は社会人経験を積まれたのち、26歳で大学受験をされ、現在は管理栄養士としてご活躍されているそうです。

今回、寄贈頂いたこの本は石賀様が監修されたものです。英語付きでイラストも多く、野菜の種類だけでなく調理法まで載っており、子どもからおとなまで楽しめる1冊です。図書館で貸出ができますのでみなさん是非手に取ってみてください。

 






10:19 | いいね | 投票数(11)
2020/07/22

「第2回ビブリオバトル大会」を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

7月14日(火)の放課後、図書館にて図書委員会主催の「第2回 ビブリオバトル大会」が開催されました。ビブリオバトルとは本の紹介ゲームです。参加者は1人が1冊好きな本について5分間で紹介し合い、最後に投票を行なって「一番読みたくなった本<チャンプ本>を決定」します。
今回の参加者は10名。前回よりも多くの人が参加してくれました。それぞれ紹介する内容も前回よりパワーアップしており、どの発表もぐっと引き込まれるものでした。
チャンプ本に選ばれたのは前回もチャンプ本を獲得した1年2組の山本夏未さん。紹介した本は『オーブランの少女』(深緑野分)。山本さんは「物語に出てくる女の子たちがとても愛おしく、そして少し残酷で悲しい。どの話も素敵なのでぜひ読んでほしい」と話してくれました。

 次回第3回は「漫画」をテーマに、9月中旬に行われる予定です。また、1・2年生は8月26日のLHRの時間に全クラスでビブリオバトル大会が行われます。いろいろな本に触れて、自分が紹介する1冊に出会ってほしいと思います。


それぞれが前回よりも内容の濃い5分間。



今回で2冠となった山本さん。





どの本もとてもおもしろそうでした。



バトラー・観戦をしてくれたみなさん、ありがとうございました。



16:51 | いいね | 投票数(4)
2020/07/06

たなばた

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

今年も図書館の前に
大きな笹を設置しました。



今回の笹も倉吉農業高校さんから
譲っていただきました。







学園祭のこと、部活のこと
恋や夢のこと、大学合格など
みんな楽しみながら書いてくれています。

みなさんの願いが叶いますように。




16:51 | いいね | 投票数(8)
2020/06/19

「第1回ビブリオバトル大会」を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者1
 6月17日の放課後、図書館にて図書委員会主催の「第1回ビブリオバトル大会」を開催しました!
 ビブリオバトルとは本の紹介ゲームです。参加者は1冊好きな本について5分間で紹介し合い、最後に投票を行なって「一番読みたくなった本<チャンプ本>を決定」します。今回の参加者は7名で、チャンプ本に選ばれたのは1年生の山本夏未さんが紹介した『わたしの美しい庭』(凪良ゆう)でした。山本さんは「著者の他の人からは理解されないけれど、一人一人が大切にしている幸せの形に共感するまなざしがとても好き」と話してくれました。
 来月も第2回のビブリオバトル大会を行う予定です。また、1・2年生は8月26日のLHRの時間に全クラスでビブリオバトル大会を行われます。本選びや発表の参考になると思いますので、図書委員会の開催するビブリオバトルにも気軽に参加・見学してみてくださいね。



それぞれの参加者が好きな本について熱く語ります。


参加者・見学者の皆さん、ありがとうございました。


今回登場した本たち、どの本も読んでみたくなる素敵な紹介でした。

19:06 | いいね | 投票数(7)
2020/05/21

教職員のおすすめ本♪

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者1
「教職員のおすすめ本」を1階フロアに掲示しています。
google classroomにも配信中!
興味の湧いた本をぜひ読んでみては。


教職員4名ずつのおすすめを紹介しています



校長先生のおすすめは「のぼうの城」



掲示が終わったおすすめは図書館でみることができます



図書館に来てください♪


08:59 | いいね | 投票数(9)
2020/04/22

校内ビブリオバトルを実施します

Tweet ThisSend to Facebook | by takenaka-t2

 今年度から1・2年生全員が参加して「ビブリオバトル」を開催することになりました。ビブリオバトルとは京都大学の読書会から全国に広まった本の紹介ゲームで、以下のルールで行われます。  
(1) 参加者が面白いと思った本を持って集まる。
(2) グループを作り順番に一人5分間で本の内容を紹介する。
(3) 発表の後に2~3分間ディスカッションを行なう。
(4) その後「どの本が一番読みたくなったか?」の投票し「チャンプ本」を決定。

 

 本校の実施日は、8月26日(水)ですが、本日はその事前説明会が行われました。まず放送部が作成したビブリオバトルの紹介ムービーを視聴した後、担任・副担が渾身の力で「先生のおススメ本」を紹介しました。
 新型コロナウィルスの流行で、学校が長期にわたり休業になりますが、この時期を利用してたくさん本を読み、自分の知らない世界の扉を積極的に開けてほしいと思います。そして読んだ本の内容がもっと日常の話題になるような、豊かな読書環境を創っていきたいと思います。 
 


放送部が作成したビブリオバトル紹介ビデオを視聴


2-3 小松先生のおススメは『死神の精度』(伊坂幸太郎)


1-4 長谷先生のおススメは『夢をかなえるゾウ』(水野敬也)


16:57 | いいね | 投票数(4)
2020/02/20

韓国・シンガポールフェア

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

2年生の探求成果発表会で
共同研究をした韓国とシンガポールについて
みなさんに知ってもらえればと
図書館内にコーナーを作りました。





左から
パジチョゴリ(韓国:男性用民族衣装)
チマチョゴリ(韓国:女性用民族衣装)

サロンケバヤ(シンガポール:女の子用民族衣装)
サロンケバヤ(シンガポール:女性用民族衣装)

民族衣装は鳥取県国際交流財団様
よりお借りしました。












15:01 | いいね | 投票数(0)
2019/12/12

全国高等学校ビブリオバトル2019鳥取県大会

Tweet ThisSend to Facebook | by kume‐yk

12月8日(日)に倉吉体育文化会館にて行われた
全国高等学校ビブリオバトル2019鳥取県大会」
県内の高校生20名が参加し
本校からも2名の生徒が出場しました。


「ビブリオバトル」とは・・・
参加者が好きな本を持ち寄って紹介し合い、
一番読みたくなった本(チャンプ本)を決める
書評ゲームで、知的書評合戦とも呼ばれています。
(※鳥取県立図書館HPより引用)

今回の鳥取県大会で選ばれたチャンプ本獲得者(優勝者)は
1月26日に東京で行われる全国大会へ出場します。







3年生の石賀さんが紹介したのは

「悪魔の辞典」中村徹(遊泳舎)

予選のトップバッターでしたが
いろいろな単語がブラックに解釈された本の内容に、
思わず会場全体が笑いに包まれ、その後に発表する
生徒さんたちの緊張も解せるいいスタートを切りました。






2年生の市橋くんが紹介したのは

「超動く家にて」宮内悠介(東京創元社)

SF小説を読むきっかけになった本ということで
熱の入った発表に聞いている側もどんどん前のめりに。
発表後のディスカッションでも次々に質問が飛び交い
なんと、予選チームのチャンプ本に選ばれました!!


緊張しながらも迎えた決勝戦





予選を経験したからか
より丁寧でスムーズな発表でした。


惜しくもチャンプ本とはなりませんでしたが
『奨励賞』を頂きました。








バトル終了後は他校の生徒さんたちとの
交流会も開かれ、和気藹々と話に花が咲きました。






今回の参加で刺激をもらい
もっと倉吉東高校でもビブリオバトルがしたい!
と2人とも目を輝かせていました。

また図書館で開催できるようにしたいですね♪





2人ともお疲れさまでした!!







15:10 | いいね | 投票数(12)
12345