オンライン状況

オンラインユーザー3人

カウンタ

令和2年より115137人目のお客様です

フォトアルバム

<作成中>

作成されているアルバムがありません。

Copyright@鳥取市立江山学園

このホームページに掲載されている記事・写真の無断転載はご遠慮ください。全ての著作権は鳥取市立江山学園に属します。 
 
PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。
 
鳥取市立江山学園は旧江山中学校神戸小学校美和小学校の3校が一体になり、令和2年4月1日に開校した義務教育学校です。
 

学園ニュース

江山学園の最新ニュースをご紹介します
12345
2021/12/24

冬休み前のブロック集会が行われました

| by:管理者
 12月24日(水)、冬休み前のブロック集会がそれぞれ行われました。校長先生から今年のよかったことや冬休みの過ごし方、来年の抱負についてお話がありました。


 初等ブロックの集会では、今年はみんなのがんばりで大人たちも笑顔になったというお話がありました。最後には、今年お世話になった先生方へのお礼もしました。


 中等ブロックの集会では、今年はそれぞれの学年のがんばりを見せてくれたというお話がありました。ピリッとした集会の雰囲気から、確実に成長している姿が感じられました。


 高等ブロックの集会では、今年は行事などでのみんなの姿が新たな伝統をつくりあげているというお話がありました。特に9年生は、進路実現に向けて力を出せるように冬休みの学習もがんばりましょう!

 今年はさまざまな方に「江山学園はがんばっていますね」という、嬉しいお声をたくさんいただきました。地域や保護者のみなさまから様々なご支援・ご協力をいただいたおかげだと思っております。本当にありがとうございました。
 来年の江山学園も、さらなる飛躍の年にしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

15:39
2021/12/17

授業で講師の先生方にお世話になりました。

| by:管理者
 11月の終わりから12月にかけて、7~9年生の後期課程の保健体育と音楽の授業で、特別非常勤講師の先生にご指導をいただきました。


保健体育では、坂根真奈美先生にダンスの指導をしていただきました。


ダンスの指導以外にも、常に明るく元気な先生から、前向きな心の持ち方についても学ばせていただきました。


音楽では、池本薫理先生に箏(そう・こと=琴)の指導をしていただきました。


先生のメリハリのあるご指導と「さくらさくら」の優雅な調べで、心が和む学びの場となりました。


今年度は新たに4年生にもご指導いただきました。日本の伝統的な和楽器に触れる貴重な体験ができました。
14:23
2021/12/15

3年生がピザ釜と消防署に行きました

| by:管理者
 12月10日(金)、3年生が「江山かがやき科」の学習として、地域を活性化するために活動されている方を訪ねるため、神戸地区のピザの石窯「ボンズキルン」を訪れました。


ボンズキルンの猪口さんたちにお世話になり、ピザづくりにもチャレンジしました。


大きな石窯で、ピザを焼くところも見せていただきました。


ピザづくりで地域を盛り上げようとする人々の思いにふれることができました。

 同じ日の午後には、社会科「くらしを守る」の学習のため、鳥取消防署に行きました。


消防士さんから直接説明をしていただきました。とても興味を持って聞くことができました。


消火服を着せていただました。予想以上の重さにびっくりです。


消防車も間近で見せていただきました。これまで学習したこと以上に気づくことが多かったです。消防署の皆さん、ありがとうございました。
13:44
2021/12/06

PTA資源回収にご協力、ありがとうございました

| by:管理者
 12月5日(日)には、本年度2回目となるPTA資源回収が行われました。前回に引き続き、たくさんの段ボールや古紙、アルミ缶などが集まりました。







 提供していただいた資源は業者に引き取っていただき、得られた収入は江山学園の学習活動や部活動のために使わせていただきます。本年度もご協力ありがとうございました。

10:42
2021/12/06

「生き方セミナー」でゲストのお話を聞きました

| by:管理者
 12月2日(木)には、7~9年生がキャリア教育の一環として、「なりたい自分になるための生き方セミナー」を実施しました。5人のゲストティーチャーの方をお招きし、それぞれの方が現在の職業に就かれるまでに経験してこられたことや今のやりがいなどのお話を聞き、その生き方に触れさせていただきました。


県立中央病院救急救命センターの小児救急医(ドクターヘリ)、後藤保さん
演題「Homing instinct ~U turn 小児救急医 ~ 」


「大江の里自然牧場グループ」の販売スタッフ、太田実里さん
演題「知らなかった!大江の郷ってこんなとこ!」


(株)アクシスのシステムエンジニア、北浦恭弘さん(※リモートでの講話)
演題「働くとはどういうこと?」


トゥリーアンドノーフ(株)で農場経営、ユーチューバーでもある、徳本秀一さん
演題「誰に何と言われようとも、君の生き方は君が決めればいい」


隼Lab(株)シーセブンハヤブサのコミュニティーマネージャー、諸岡若葉さん
演題「好奇心を軸とする生き方選び~コミュニティーマネージャーの仕事~」

 どの講座でも、生徒はとても興味を持って聞いており、地域のよさを再認識し、自分の将来について考えるよい機会となりました。ゲストティーチャーのみなさま、ありがとうございました。

10:03
12345
本校の新型コロナウイルス感染症対策について

▶ 令和4年1月6日(金)更新
1 日常的な感染症対策
・換気扇やサーキュレーターの使用、マスク着用(不織布推奨)、1m以上の間隔を確保するなどして3密を回避します。
・健康観察の徹底し、登校時の体温チェック、風邪症状の自宅休養、手洗いの徹底を行います。
・家庭用洗剤や消毒液を使用し、清掃・消毒を行います。
・県外との往来があり不安がある場合は無料の臨時PCR検査センター等による検査を行うことができます。

2 各種行事の対応
・年度当初に計画した行事(参観日、遠足、運動会等)について、現段階では方法や内容を工夫して実施予定です。
・水泳学習については十分な感染対策をとりながら実施する予定です。
・修学旅行については各種ガイドライン等を参考にし、旅行業者等と連携して判断します。
・感染リスクを下げることができないと判断した場合は延期・中止をします。

3 部活動の対応
・緊急事態宣言の対象地域への遠征(合同練習、合宿、試合等)及び受け入れは当面の間自粛します。
・県内で練習試合、合同練習を行う場合は十分な感染防止対策を講じた上で実施します。ただし「3密」が防げない場合、相手地域の感染状況、競技の特性上不安がある場合は延期・中止をします。

4 感染時の対応
・教職員・児童生徒がPCR検査を受けることとなった場合は学校へ速やかに連絡します。
・感染が判明した場合、感染者と最後に接触した日の翌日から7日間の臨時休業とすることを基本にします。
・感染者の情報については守秘義務を守ります。

 
お知らせ

▶6月23日(水)更新
◇日本赤十字社「一次救命措置~心肺蘇生とAED~」
例年開催している救命救急講習の代わりとして日本赤十字社の許可をいただき研修用動画を掲載します。是非ご確認ください。
https://www.youtube.com/watch?v=N_b5wYiRwZE&t=3s


◇音声ガイダンス対応時間のお知らせ◇

次の時間は留守番電話での対応と致します。
ご協力お願いします。
【 4月~10月】 18:30~7:45
【11月~ 4月】 18:00~7:45
◇各ブロックの下校時間について◇
 ※ 行事等により変更する可能性があります
◆初等ブロック
 【1・2年】月・木・金 15:05 / 火 15:55 / 水 14:45
 【3年】火・木・金 15:55 / 月 15:05 / 水 14:45
 【4年】月・火・木・金 15:55 / 水 14:45
◆中等ブロック
 【5・6年】月・火・木・金 16:15 / 水 14:55
◆中・高等ブロック
 【7・8・9年】月・火・木・金 18:00 / 水 14:55

 
今月・来月の予定
▶1月6日(木)更新   
◇◇1月◇◇
 6日(木)授業開始日
      1~8年冬休み明けテスト
 8日(土)城北推薦・専願Ⅰ入試
11日(火)9年第3回校内模試
      6年生部活動体験開始
15日(土)敬愛推薦入試
19日(水)専門委員会
20日(木)9年第3回進路PTA
      7年性教育
21日(金)9年第3回進路PTA
      義務教育学校児童生徒会web会議
22日(土)敬愛一般入試
25日(火)PTA理事会
26日(水)クラブ(最終)
30日(月)城北専願Ⅱ・併願入試
◇◇2月◇◇
 2日(水)校内授業研究会
 3日(木)新入児童説明会・物品販売
 7日(月)テスト期間開始(~14日)
 8日(火)県立推薦入試
      1~8年参観日
10日(木)後期課程説明会・物品販売
12日(土)敬愛特色選抜入試
      クラーク一般入試
13日(日)米子高専一般入試
14日(月)5~8年学年末テスト
      9年実力テスト
15日(火)7・8年学年末テスト
16日(水)専門委員会
 
小規模校転入制度について

 小規模校転入制度とは、「豊かな自然環境や小規模であることを生かし、自然に触れる中で学ぶ楽しさや心身共に健康で豊かな人間性を培いたいと希望する児童生徒・保護者に一定の条件を付して入学を認める。」という制度です。
 江山学園でも、この制度を導入しています。義務教育学校の特徴を生かして異学年集団による様々な活動や交流を取り入れています。

 詳しくは、鳥取市教育委員会のホームページをご覧ください。→ 鳥取市教育委員会ホームページ

 
江山中学校チラシ →  R2小規模校チラシ.pdf
 
 
バナー
義務教育学校
 
教育関係機関
 
その他