この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
   
 

校長室から


  湖東中学校は千代川流域の西に広がる市街地にあり、校区には日本最大の池として石釜漁でも知られる「湖山池」、因幡の白兎神話で有名な「白兎海岸」、体験的水族館「とっとり賀露かにっこ館」など、地元の人に愛され大切に守られている場所がたくさんあります。また「賀露港」や「鳥取空港」などもあり交通の拠点でもあります。このような自然環境や施設に加え、鳥取大学、鳥取商業高校、鳥取湖陵高校、鳥取緑風高校、白兎養護学校、鳥大附属特別支援学校、県教育センターなどがあり、文教地区として恵まれた環境にあります。

 生徒は純朴・快活であり、教師の指導を素直に受け入れる生徒が多く、部活動や学習に熱心に取り組んでいます。H9H12には県駅伝を4連覇するという偉業を成し遂げ、本校の誇りであり、目標でもあります。

 校訓は「自主・志学・友愛」であり、教育理念として「社会の調和ある共存に寄与する人間を目指す」としています。

また、本校では伝統的に支え合う仲間づくりが行われてきており、人を大事にし、明日もがんばりたいと思える温かい人間関係の学校を目指しています。そして「人を大切にし 夢と志を持つ 知性と創造性豊かな生徒の育成」を令和3年度の学校教育目標とし、目指す生徒の姿としては「人を大切にし、協調性のある生徒」「未来に夢と志を持ち、明るい展望を持つ生徒」「故郷を誇りに思う生徒」「自分の行動に責任を持つ生徒」「響き合い切磋琢磨し努力を重ねる生徒」を掲げています。目指す教職員の姿としては「熱意のある教職員」「行動力のある教職員」「対応力のある教職員」「人間力のある教職員」「プロ意識のある教職員」を目標として、日々子ども達の教育のために研鑽に努めています。
 当面の教育課題は、学力向上と学校不適応の解消が特に急務です。中学校3年間は成長期における大人への架け橋ともいえる重要な時期です。この位置づけの中で、今年度の重点項目は1生徒指導・2学力向上・3不登校生徒の減少ならびに学校不適応に対する的確な指導・4特別支援教育の充実・5進路指導の充実・6若手教職員の育成・7教職員の働き方改革の7項目を掲げ、指導の重点化ならびに焦点化を図ります。
 新学習指導要領完全実施元年、さらにはICT教育元年といわれる今年度、新型コロナ感染症対策も念頭に置きながら、全校生徒626名、教職員66名の命を守り、地域に社会に貢献できる人材の育成を目指し、誠心誠意湖東中教育の推進に全教職員であたります。

今後共、夢と希望に満ちた新入生と保護者の皆様の期待、そして次の夢に向かって進み始めた2年生、3年生の期待に応えられるよう、地域に根ざした学校として頑張って参りたいと考えています。

   令和3年4月8日
                                                       鳥取市立湖東中学校長 伊藤 浩三

令和4年新年の全校集会(放送)挨拶
 新年あけましておめでとうございます。令和4年 2022年が始まりました。
年末年始の大雪で大変なこともあったことと思いますが、湖東中の生徒が全員元気で新年のスタートを迎えられたことが何より喜ばしいことです。
さて、今日は、各学年が乗り越えなければならないハードルを目標に掲げてスタートする時です。
3年生は、昨日、敬愛高校の特進入試を終えました。これから毎週、入試が続きます。覚悟を持って臨み、自分を見失うことなく、目指す進路に向けて全力で頑張って下さい。そして、胸をはって卒業できることを願っています。
2年生は、最上級生になる年です。4月には、どんな3年生の姿に自分をしたいのか、1年後には進路をどこに向けているのか自分に問いかけ、その為に今すべきことがあるはずです。その努力をこつこつと続けて下さい。応援しています。
1年生は、2年生になる年です。入学してくる新入生にとって、よいお手本と言える生活ができているでしょうか。一人一人が自分のすべきことを積み重ねて下さい。学習に部活に生活全般において一回り成長することを期待しています。
ところで、この冬休み中、日本が新型コロナ感染症第6波に突入したと言われています。オミクロン株が蔓延することに大変危機感を持っています。第6波は、鳥取にもやってきています。感染の拡がりをどれだけ小さなものに、押さえ込めるかがポイントです。
 その為には、正しく恐れることです。これまでやってきたことを再確認し、3密を避け、マスク着用や手洗い、換気、ソーシャルディスタンスなどもう一度徹底することです。君たちが、ここまでやってきた感染防止対策を迷わず行い、面倒くさがらず、やり続けることです。ここで油断してはいけません。自分も守り、友達や家族も守るためにはみんなで一つ一つの対策を確実にやることです。そして、笑顔で卒業並びに進級が迎えられるように努力を重ねましょう。
 令和4年1月6日   校長 伊藤 浩三