お知らせ
 
737087visitors since Apr.4 2014
岩美高校の日々徒然学校紹介/校訓学校評価進路状況学校生活中学生の皆さんへ中学生1日体験入学在校生へ証明書発行〔卒業生〕保護者の皆様へ転入学、編入学の案内交通・アクセス配布資料 [DL]サイトマップ町営英会話 HELLO IWATS★













 

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

© 2005 Tottori Prefectural Iwami High School.


 
 

|進学類型| 三田 和香奈 ■進学/公立鳥取環境大学経営学部経営学科
 私が進路について真剣に考え始めたのは2年生の夏ごろでした。鳥取県内の大学に進学し勉強したいと思い、公立鳥取環境大学を目指すことを2年生の冬に決めました。

そこからは、三好先生や吉田先生、他にもたくさんの先生方に面接練習や小論文の指導などをしていただきました。特に、三好先生にはヒヤリングの際の段取りや入試対策など一から十まで面倒を見ていただきました。三年生の六月ごろから本格的に入試対策をはじめましたが、時には行き詰ったり落ち込んだりすることもありました。しかし、周囲の友人や家族に支えられ頑張ることができました。

入試当日はとても緊張しましたが、お気に入りの音楽を聴きリラックスして入試に臨むことが出来ました。「やってきたことをやるだけだ」と思い、面接では難しい質問にも落ち着いて答えることが出来ました。

大学進学後もサポートしてくださった先生方、友人そして家族への感謝の気持ちを忘れず、たくさんの事を学び、そしていろいろなことを体験していきたいです。



|進学類型| 岸本 睦 
■進学/美作大学 生活科学部社会福祉学科 学業特待生 
 私は公務員の仕事に就きたいと思い大学進学を目指し、2年生の冬から準備を始めました。
小論文を担当の先生に何度も添削していただいたり、受験の直前では暗くなるまで学校に残り面接練習をしました。そうして入試に臨みましたが残念ながら受かりませんでした。
 気持ちを切り替えて、美作大学を目指すことにしました。社会福祉士の仕事と美作大学について調べ、過去の質問をもとにたくさんの先生方に面接対策をしていただきました。入試当日はとても緊張しましたが、笑顔で話すことができました。その結果、合格し特待生にも選ばれました。
 長い間、サポートしてくださった先生方にとても感謝しています。入学後は社会福祉士の資格取得を目指して勉強を頑張ります。そして地域や社会に貢献できる人になりたいです。




|進学類型| 谷口 里緒 ■進学/鳥取県立鳥取看護専門学校  

私は高校入学前から看護師になりたいと思っていました。高校1年生の時、担任の先生から鳥取看護専門学校を勧められたこともあり、オープンキャンパスに参加し、受験を決めました。

入学試験は、面接と英語でした。英語が苦手な私は、2年の1学期から勉強を始め、英語科の先生にお願いし個別指導をしていただきました。また、実力を測るため、英検に挑戦しました。面接は、過去に質問された内容について調べ、考えました。

入試は虹嶺祭3日目で、文化祭の準備で先生方も忙しい中、時間を作って面接練習をしてくださいました。入試当日、英語は少し焦りましたが、面接では切り換えて臨むことができました。緊張しましたが自分の思いや考えは話すことができました。入試前、自信がなかった私に「自信を持って行って来い」と背中を押してくださった先生、個別指導をしてくださった先生がいたから合格することができました。ありがとうございました。



|観光・スポーツ類型| 山根 総星 ■就職/自衛隊
  

私は、就職で自衛隊に進むことになりました。

私が自衛官になろうと思った理由は、2018年に起きた北海道胆振東部地震での災害をニュースで見た時に、自分も人を助け、国を守る仕事がしたいと思ったからです。最初は全く自衛隊の事を知らなかったし、もともと体が細いので、絶対に無理だと周囲の人に言われ、賛成してくれる人は誰もいませんでした。でも、いろいろ調べていくうちに、本気になり、試験に合格することができました。これも反対してくださった皆のおかげだと思っています。もし賛成してくれていたら、本当に自衛隊でいいのか悩んだりしなかったし、妥協していたかもしれません。だから、今はとても感謝しています。これから進学に向かう人も就職をしようとしている人も、周囲の人に感謝して、周囲の気持ちも背負って頑張ってほしいと思います。



|福祉類型| 岡口 遥香 ■就職/社会福祉法人 鳥取福祉会

 私は元々「介護士」になりたいと思い岩美高校に入ることを決めていました。岩美高校は2年生から3つの類型に分かれ専門教科が学べます。私は介護士になるため日々の授業を頑張りました。私が選んだ福祉類型は筆記だけではなく実技もあり、実際に施設にいったりしてたくさん交流するので、その1日1日を大切にしてきました。初めはなかなか自分から話かけることが出来ず、とても悩みました。しかし利用者の方から話しかけてくださり、交流を続けるうちに、少しずつ自分から話かけられるようになりました。

実習でたくさんの交流を経験した結果、介護士になりたい気持ちがさらに強くなりました。そんな中、先生から「鳥取福祉会」を紹介され、たくさん調べ、夏にあった応募前見学に行き、そこで働いておられる方に話を聞いたりして、より一層そこで働きたいという思いが増しました。

試験は面接と作文でした。作文は過去問を何回も練習しました。面接は毎日何人もの先生にお願いし練習をしました。その結果、試験のときに余裕を持って受けることができ、合格することができました。サポートしてくださった先生方、ありがとうございました。