今月の生活目標

8・9月の活目標
   
 身の回りの
  整理整とんに
   心がけよう!
    
       
 

アクセスカウンタ

550227アクセス
since 2013.1.28

オンライン状況

オンラインユーザー3人

PDFファイルについて

本ホームページでは、年間行事予定などのファイルにPDFファイルを使用しています。
PDFファイルを見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Readerというソフトをインストールする必要があります。
下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償)




1.アイコンをクリックするとAdobe社のホームページが新規ウィンドウで開きます。
2.画面の説明に従って、ソフトをダウンロード・インストールしてください。
3.ダウンロード・インストール完了後、PDFファイルの閲覧が可能になります。
 

CopyRight

米子市立五千石小学校のホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は米子市立五千石小学校に帰属します。
 

基本方針

米子市立五千石小学校いじめ防止基本方針
はじめに
 いじめは、いじめを受けた児童生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがある重大な問題である。
 米子市では、平成25年のいじめ防止対策推進法の制定と同年から実施の米子市版小中一貫教育(本校区では、平成24・25年度に国立教育政策研究所指定の「魅力ある学校づくり調査研究事業」)を契機に、本校区内の全ての児童生徒が安心して学校生活を送り、校区のめざす子ども像の実現に向かっていくための取組を行い、いじめの防止等(いじめの防止、いじめの早期発見及びいじめへの対処をいう。以下同じ。)の対策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針を定める。

1 いじめ問題の理解
 いじめは、どの学校でも、どの児童にも起こり得る問題である。また、いじめは子どもの心身の健全な発達に重大な影響を及ぼし、不登校や犯罪など、様々な問題を引き起こす背景ともなる深刻な問題である。
 さらに、最近のいじめは、携帯電話やスマートフォン、また、ゲーム機や音楽機器などの手軽にインターネットにつながる機器が身近にあることにより、一層見えにくいものになっている。こうしたいじめは、人権侵害であり、決して許すことのできないものである。また、命に関わる問題であるという危機感を持って対応することが大切である。

【いじめの定義】
 「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。(いじめ防止対策推進法 第2条)

2 組織的・計画的に取り組むための組織
◯いじめ防止等の対策のための組織「五千石小学校 生徒指導・いじめ防止対策委員会」(以下「いじめ防止対策委員会」という) および「生徒指導・不登校対策委員会」(以下「生徒指導対策委員会」という)を設置しています。
【いじめ防止対策委員会構成員】
  校長、教頭、教務主任、生徒指導主任、人権教育主任、該当担任、養護教諭
 *事案により適宜構成員を追加
  
【生徒指導対策委員会構成員】
  校長、教頭、教務主任、生徒指導主任、上・下学年代表、該当担任、養護教諭

尚、事案の解決に当たっては、必要に応じて関係機関と連携を図るとともに、対策委員会への参加を依頼します。
(米子市教育委員会学校教育課、米子警察署、西部少年サポートセンター、医療機関、スクールカウンセラー(以下SC)、児童相談所、家庭児童相談室、スクールソーシャルワーカー(以下SSW)等)

  〈役割〉①学校基本方針に基づく取組の実施、進捗状況の把握、定期的検証
        ②教職員の共通理解と意識啓発
        ③生徒や保護者・地域に対する情報発信と意識啓発・意見聴取
        ④教育相談や相談窓口の集約
        ⑤いじめやいじめが疑われる行為を発見した場合の集約
        ⑥発見されたいじめ事案への組織的な対応
        ⑦対策組織の取り組み状況及び、対応の記録
        ⑧重大事態への対応
   〈具体的な取り組み〉
 ・年度始め、全ての教員がいじめに対して共通の理解をもち、そのための取り組みに対して共通の認識を持ちます。
 ・決して一人で抱え込むことなく、組織で対応していくことを全教職員が理解しておきます。
 ・各学期に1回のカウンセリング週間で児童の人間関係の実態を把握し、状況に応じていじめ対策委員会を開催します。
 ・全教職員へ会議の内容や今後の取り組み等について伝え、共通理解して実践します。
 ・年度末のいじめ対策委員会の会議では、基本方針の見直しもあわせて行い、次年度に生かします。

3 いじめの未然防止
 児童がいじめに向かわないようにするために、以下のことに取り組む。特に、「居場所づくり」と「絆づくり」は大切なキーワードとして教職員は理解し、日々児童の指導にあたっていくことが重要となる。

<いじめが起きにくい学校・学級風土をつくり出すために→居場所づくり>
◯全職員が、確かな人権感覚を身につけ、児童の努力を認めたり、成長を喜んだりする言葉かけを行う。
 ・全職員が明るく元気なあいさつをする。 
 ・児童の心に寄り添った声かけをする。
◯いじめの未然防止に組織的・計画的に取り組む。
 ・教員は児童とコミュニケーションを取りながら、情報収集及び観察等を行う。
 ・随時教職員は校内外を巡回し、児童の様子を把握する。
 ・適宜いじめについての職員研修を行う。
 ・個々の児童の状況を全職員で常に把握する努力を行い、学級担任を中心に児童の様子を記録していく。
◯小小、小中がお互いを理解し合い、いじめの対応も一貫して行う。
 ・いじめ防止基本方針を比較検討し、共通実践事項等について協議する。
 ・いじめの事実については、小中両校の該当担任が直接引き継ぎを行う。
 ・校区の生徒指導主任会を定期的に開催し、情報交換及び対策等を検討する。
 ・年度末に行われる小中連絡会での情報をもとに、学級編成等に考慮する。
◯自己肯定感の高まる取り組みを日常的に行う。
 ・帰りの会に自尊心を向上させるための時間を設定し、児童の努力をお互いに賞賛し合ったり認め合ったりする場を設定する。
 ・「学び合い」のある学習活動の充実をめざす。
 ・児童会活動、地域交流や体験活動の充実を図る。
◯保護者との連携を図り、児童生徒の規範意識を養うための指導など、いじめ防止等のための取り組みを推進する。
 ・状況に応じて,PTAによるいじめ防止研修会を開催する。
 ・学校は保護者との信頼関係を築くために、通信やHPを利用し、情報の発信に努める。
◯保護者にいじめ防止基本方針の取り組みについて伝えることで、意識啓発を図る。
 ・PTA総会及び参観日等の機会を利用して取り組みを伝える。
◯校区の教育推進会議の構成員(校区少年指導委員会・主任児童委員・民生委員等)、日頃より児童と接していただいている地域の方々と連携・情報共有を密にしながら、いじめ防止等の取り組みを推進する。
 ・教育推進会議、少年指導委員情報交換会、主任児童委員情報交換会等を定期的に開催する。

<いじめをしない許さない児童・生徒を育てるために→絆づくり>
◯道徳をはじめすべての教育活動を通して、互いに認め合い高め合える人間関係の構築に努める。
◯授業や行事の中で、児童が安心でき、自己存在感や充実感を感じられる居場所づくりに努める。
 ・課題を抱えている児童に寄り添う。 
 ・授業中のグループ学習やペア学習を中心とした学び合い活動を授業に積極的に取り入れる。
 ・担任会から提案された「学びのルール」を定着させ、間違ったり失敗したりしても笑わない学級づくりを行う。
 ・学校行事の中での縦割り活動を充実させる。
◯人権教育を充実させ、いじめの問題性に気づき、考え、行動できる児童の育成に努める。
 ・9年間の成長を見通した人権教育年間計画を作成する。
 ・人権教育を充実させ、全児童が人権作文を書き、人権について考える機会を持つ。
◯いじめの未然防止の視点で各教育活動の年間計画を見直し、学年・学校・校区で共通した取り組みを充実させる。
 ・校区PTA連絡協議会と連携した各校でのあいさつ運動に取り組む。
◯児童の主体的な活動を支援する。
 ・委員会などで、異学年同士の関わり合いのもてる活動を支援する。
◯情報教育や学活で、情報モラル教育の充実を図る。
 ・人権参観日やいのちを大切にする参観日等で情報モラルについて学習公開する学年を設定する。
◯コミュニケーション能力を育てる機会や場の設定の取り組みを充実させる。
 ・「主体的・対話的な学習」を進める中で、コミュニケーション能力を育てる学習に取り組む。
◯計画的・継続的に異学年交流・小小交流・小中交流を設定し、自己有用感を高める活動を経験できる場をつくるなど、絆づくりの推進に努める。
 ・遠足、運動会、ゴーゴータイム等での縦割り活動を推進する。
 ・4年生合同宿泊体験活動
 ・合同交流会(新入生説明会)で小小及び小中の交流を深める。
 ・親善水泳大会で直接交流ができる競技を設定する。
〇児童理解を全職員で行う。
 ・いじめの加害者、被害者、傍観者、いずれの立場の児童についても個々の児童が抱えている背景を見つめ、全職員での共通理解をもとに児童の指導にあたることを心がける。

4 いじめの早期発見
 何らかの問題があることが判明した場合、「いじめなのかもしれない」「いじめに発展するかもしれない」という視点に立ち、いじめの早期発見に向け、以下のことに取り組む。

<ささいな変化に気づく取り組み>
◯児童との会話をできるだけ多くし、様子を注意深く観察する。
 ・授業、休憩、学級活動、委員会活動、クラブ活動等あらゆる活動の中での情報交換に努める。
 ・担任以外の職員が気になることを発見した場合は、担任にすぐ報告を行う。
◯定期的に教育相談を行い、児童の声に耳を傾ける。
 ・学期に1回(6月、11月、2月)カウンセリング週間を設定し、教育相談を行う。
 ・教育相談前には、Q-U調査等を行い、児童が相談しやすい環境を整える。
◯調査結果の考察から実態を見る。
 ・年2回Q-U調査を行い、分析結果を活用する(5月・10月)
 ・実際の教育相談後に、気になる行動に関して、情報交換を行うとともに、以後の対策について検討し、事案によっては、生指対策委員会を開催し、検討する。
◯保健室・SC・相談室の利用について児童・保護者に周知する。
◯家庭訪問、家庭連絡などをこまめに行い、いじめの早期発見に努める。なお、いじめの疑いがある場合は、安易に電話連絡で済まさず、家庭訪問を優先する。

<気づいた情報を確実に共有する取り組み>
◯日常的に情報を共有する場を設ける。
 ・こどもを語る会等で情報交換を行う。 
 ・他学年の情報についても、全職員で日々情報交換に努める。
 ・児童の遅刻・欠席の状況について、教職員は常に関心を持つようにする。
 ・保護者、地域へオープンにすることに躊躇せず、情報発信に努め、積極的に協力を得る。

5 いじめへの対処(早期対応・早期解決)
◯いじめに係る情報を入手したものは、管理職に報告する。管理職は報告を受け、いじめ防止対策委員会を立ち上げる。
◯いじめを目撃した場合は、その場でその行為を止めることを最優先する。
〇「暴力を伴わないいじめ」と「暴力を伴ういじめ」を区分けする。
 ・「暴力を伴わないいじめ」は目に見えにくいため、早期発見ではなく未然防止の視点が重要となる。
 ・「暴力を伴ういじめ」は、制止することを最優先する。被害側が被害を否定しても鵜呑みにはしない。
◯得られた情報からいじめであると判断した場合は、いじめ防止対策委員会が中心となって必要に応じて関係者を招集し、いじめ対策ケース会議を開催する。被害者対応班、加害者対応班、間接対応班などの組織的対応の基本的な流れを設定する。あわせて関係機関との連携が必要な場合は速やかに連絡を取る。
◯事実確認を行い、いじめた児童、いじめられた児童、いじめを見ていた児童に対して、それぞれの立場の児童の心に寄り添った支援や助言をしていく。その際、「事情の聞き取り」と「指導」は別物と考え、同時に行わないように注意する。
◯事案に関係する情報を全職員で共有する。
 ・毎日共通理解の時間を持つようにする。
◯いじめ対策ケース会議を開き、本事案に対する学校としての対応方針を決定する。
 ・いじめ対応の段階を、①安全確保の段階と、②児童同士の関係回復の段階とに分け、特に、後者の段階で、いじめは解決したと安心せず、加害・被害の児童に声をかけたり保護者と連絡を取ったりすることを忘れないようにする。
◯被害児童の保護者・加害児童の保護者の双方に直接会って、保護者に対し共感的に理解しながら、事実とともに改善へ向けた学校の指導方針を伝えるとともに、早期解決に向けて協力を求める。その際、すべてが解決できていなくても(調査中の件があっても)、その時までの状況を早期に保護者に伝える。
◯早期に解決に至らなかったり、解決が困難な場合は、いじめ対策委員会で協議し、必要に応じて、教育委員会に相談したり、関係機関と連携を図る。
◯ネットへの不適切な書き込み等については、被害の拡大を避けるため、米子市教育委員会・警察と連携し、直ちに削除する措置をとる。
◯事案における確認した事実や、対応等については、いじめ対策委員会が中心となって時系列で記録する。
◯児童の生命、身体又は財産に重大な被害が生じる恐れがあるときは、直ちに所轄警察署に通報し、適切に援助を求める。

※重大事態への対応
  いじめ防止対策推進法第28条にある重大事態があった場合は、次の対応を行う。
    ①重大事態発生報告を速やかに、市教委に行う。
    ②市教委との協議の上、重大事態に対応する組織を設置する。
    ③設置した組織を中心として、事実関係を明確にするための調査を実施する。
    ④調査結果は、いじめを受けた児童生徒及び保護者に対して情報を適切に提供し、市教委へ報告を行う。
    ⑤調査結果を踏まえた必要な措置を行う。

6 関係諸機関との連携
 学校内だけでは解決を図ることが困難な場合には、子どもの状況に応じて適切な関係機関や地域と連携していく。
〇児童相談所、家庭児童相談室、SSWと情報交換や対策について検討する。学校側の参加者は、校長・教頭・生徒指導主任・教育相談担当で、適宜必要なメンバーを追加する。
◯警察との連携が必要なケース
 ・暴行を受けてけがをしたり、万引きを命令されたり、金品を要求されたりするなど、犯罪の可能性が予測される場合
◯医療機関・SCとの連携が必要なケース
 ・いじめ発生後、学校に登校できなくなり長期化している場合
 ・自殺をほのめかす、幻聴、幻覚などを訴えるなど、極度の精神的ダメージを受けている場合
◯児童相談所や地域の主任児童委員等との連携が必要なケース
 ・いじめの背景に養育上の課題があるなど、子どもや保護者への支援が必要であると判断された場合
〇校区内にある組織(教育推進会議、主任児童委員情報交換会、少年指導委員情報交換会、校区PTA連絡協議会等)との連絡を密にしていく。
  〈主な機関連絡先〉
   米子市教育委員会学校教育課    23-5432
   米子警察署            33-0110
   西部少年サポートセンター     31-1574
   米子児童相談所          33-1471
   家庭児童相談室          23-5176
   NPO法人こども未来ネットワーク  0858-22-1960