日誌

みんなのひろば >> 記事詳細

2013/07/04

「教育は・・・」

| by it01
 「教育は建国の基礎なり。師弟の和熱は育英の大本なり。」
 これは、説明するまでもなく、夏目漱石が旧制五高(現熊本大学)の創立10周年の記念式典祝辞で述べた言葉です。
 
 昨年の後半は我が国の政治が政権交代の文字に一喜一憂しました。国民が期待している、あるいはしたのは、日本という国の再建に思いを馳せたからではないでしょうか。しかしながら、およそ想像できない議員の金銭感覚や事業仕分けであたかも何もかもわかっているとでもいいたげな閣僚の物言いに、私たちの期待を少なからずしぼんでしまったのではないでしょうか。
 
 「教育は建国の基礎なり。」国を再建するときにまず考えられなければならないのは、教育ではないのか。基地の問題も、財政再建についても論議が無駄だとは思いませんが、ここで、教育についての論議がかすんでしまっている現実を私たちは憂いなければなりません。私たちにできる教育の力の再建は必ずやこの国を立ち直らせる力となることを信じて、今何ができるのか、どのように学校のリーダーとして教職員の指導力を充実させていくのか。
 考えながらじっくりと、そして確実に学校の力をつけていきたいものです。                       

07:47