banner.gif
 

学校経営方針

令和3年度 学校経営方針

大山町立大山中学校

1 校訓 『 根性 』

2 基本方針 
 (1)生きる力を育み、「知・徳・体」の調和のとれた生徒を育成する。
 (2)人間性豊かで自他の尊厳を大切にする生徒を育成する。
 (3)目標に向かって、粘り強く挑戦する生徒を育成する。

3 本年度の学校教育目標

  仲間とともに、目標に向かって粘り強く挑戦する生徒の育成  『自立』

4 本年度の重点目標
 (1)小中連携による授業研究や指導方法の工夫改善を通して授業の質の向上を図り、自ら学ぶ意欲を高め、確かな学力の定着を図る。
 (2)人権教育を土台に関わり合いを推進し、自己有用感を高め、温かい人間関係づくりに努める。
 (3)生徒会活動などの自主活動の活性化により、自治の意識を高め、主体的に学校生活を送ろうとする意欲と態度を育てる。

5 めざす具体の姿
  ・自分からあいさつができる生徒
  ・労を惜しまずそうじができる生徒
  ・時間を守る生徒
  ・いじめを許さない生徒
  ・真剣に授業に取り組む生徒
  ・熱心に部活動に取り組む生徒
  ・自分の言葉で思いを伝えることができる生徒

6 本年度の取り組みの重点
 (1)将来の夢や目標に繫がるキャリア教育の推進
  ア 体験的活動の充実
  イ キャリア教育講演会の充実
  ウ 進路決定に向けた系統的な指導計画の作成

 (2)学習指導の充実と学力の向上
  ア 学習規律の徹底
  イ 協同学習の推進と指導力の向上
  ウ 特別な教科としての“道徳”教育の推進

 (3)人権教育の推進
  ア 一人一人のよさを認め合い、支え合う学級づくりの推進
  イ 小・中9年間を見通した人権教育の推進
  ウ 各種調査や教育相談を活用したいじめ・不登校の早期発見・早期対応

 (4)自治活動(生徒会、学級会)の充実
  ア 学校行事等への生徒の参画
  イ 話し合い活動の充実
  ウ リーダーの育成

 (5)好ましい生活習慣の定着
  ア 「あいさつ」、「そうじ」、「時間」の徹底
  イ メディアとの付き合い指導の充実
  ウ 家庭学習の習慣化