とっとりけんりつやずこうとうがっこう
 
407094(since Jun.14.2013)

校章・校歌

 校章


かつて校庭の松林の間には小菊が群生しており,本校の前身である旧制八頭高等女学校の頃から「菊の校章」が用いられていました。昭和24年,新制八頭高校の発足にあたり,菊の若葉三枚を組み合わせた現在の校章が制定されました。
その意味するところは菊の花のように節操高く,高潔にして,清く優しく,美しきものを求めてやまぬ心と,当時の校内新聞に記されています。


 校歌

校歌が制定されたのは昭和26年11月3日の文化の日です。当時,歌詞を生徒より募集したそうですが,結局,作詞作曲共に当時本校に勤務していた教諭が行いました。

校歌