鳥取県立鳥取西高等学校
 
ようこそ、鳥取西高公式Webページへ
 

活動の様子

「思索と表現」

思索と表現活動の様子
12345
2019/06/18

第3回・第4回SGHセミナー ~ジェンダーについて考える~

| by:管理者


 6月14日(金)放課後、第3回SGHセミナーを行いました。「ジェンダー入門 百年前の少女たちの読書空間をのぞいてみよう」をテーマとして、青山学院女子短期大学教授の鈴木直子先生と信濃むつみ高等学校教頭の竹内忍先生に講演をしていただきました。本セミナーは、鳥取県と青山学院大学の包括連携協定に基づく出張講義として行いました。宮沢賢治や尾崎翠を例に、100年前の教育の男女格差や社会状況について学ぶことにより、現代の私たちの生き方を考える機会となりました。


 6月17日(月)放課後、第4回SGHセミナーを行いました。「UN Women ジェンダー平等を実現しよう」をテーマに、ジェンダー平等に向けてのプロジェクト参加に関連し、UN Women日本事務所職員と資生堂社会価値創造本部職員の方々による講演とワークショップを行いました。UN Womenの使命や資生堂での取組を学ぶとともに、貧困や教育などSDGsに示されるさまざまな課題をジェンダー平等からみることによって、今後のよりよい社会をつくる視点を得ることができました。「思索と表現」で探究学習に取り組む生徒にとって、プロジェクト参加のための研究を深める場となりました。
 



15:18
2019/05/25

第2回SGHセミナー(アフリカの田んぼ田植え)

| by:管理者
 5月25日(土)第2回SGHセミナーとして智頭町アフリカの田んぼで田植えをするプログラムに本校生徒15名が参加しました。西高の参加は5年目になります。
 鳥取大学の留学生、森のようちえんのこどもたち、地元智頭町の方々と一緒に田植えをしました。その後、豪華な料理とつき立てのお餅を頂きながら留学生、地元の方々との交流を楽しみました。秋の稲刈りにも参加の予定です。




15:48
2019/04/30

第1回SGHセミナー(アデレード大学生との交流)

| by:管理者
 4月23日(火)に鳥取大学ゲイトウェイ・プログラムの一環としてオーストラリア・アデレード大学生10名が来校しました。このプログラムはESD(持続可能な開発のための教育)について学ぶことを目的としており、本校では高校教育とSGHを中心とした取り組みについての説明の後、有志生徒と交流会を持ちました。教頭の案内により校内を見学したり、ゲームをしたりと生徒たちは和やかな雰囲気の中、話の尽きない様子でした。
~参加生徒の感想(抜粋)~
・ネイティブスピーカーとたくさん話せて良かった。もっと話をしたかった。
・初めは緊張したが、アデレード大学の学生が気さくに話してくれて、雰囲気も和み積極的に話せるようになった。貴重な経験ができた。
・昨年度、アデレード大学研修に参加して出会った学生と再会できて嬉しかった。
・言語が違っても心が通えばコミュニケーションがはかれるのだと実感した。もっと英語を勉強したくなった。

09:32
2018/11/14

平成30年度SGH成果発表会

| by:管理者
 11月9日(金)本年度のSGH成果発表会を行いました。
 午前は公開授業が行われました。本校では、協同的・探究的な授業実践を通して、「主体的・対話的で深い学び」に取り組んでいます。学びの幅を広げ、教科の面白さを感じられるよう、探求的および教科統合的(CLIL(内容言語統合型学習)的アプローチ)な授業などが行われました。
 午後は講堂にてアドレード大学研修、カンボジア研修、国際模擬国連成果発表、前期に行われた「思索と表現」ポスターセッション優秀作品発表と米子東高校のボストン研修の発表が行われました。



15:11
2018/10/20

アデレード研修19

| by:教職員
それぞれの班が、多くの観客の皆さんにプレゼンテーションをしっかり披露し、質疑応答にも、誠実に対応することができました。

16:40
12345