鳥取県立鳥取西高等学校
 
ようこそ、鳥取西高公式Webページへ
 

1、沿革

 本校は、鳥取藩校「尚徳館」(1757年設立)の「文武併進」の精神を受け継ぎ、明治6年(1873年)第四学区第十五番変則中学校として尚徳館跡に開校し、明治22年鳥取城三の丸跡の現在地に移転した。昭和24年(1949年)新学制により、鳥取第一高等学校(旧鳥取一中)・鳥取第三高等学校(旧鳥取高女)・鳥取商業高等学校(後に分離)を統合して鳥取県立鳥取西高等学校となった。
 

2、教育方針

教育目標
 藩校「尚徳館」の「文武併進」の精神を受け継ぎ、高い志を持ち、幅広い教養を身につけ、社会の進歩・発展に貢献する創造性豊かな人間を育成する。


教育方針
 1 知性を高め、理想を追求する
 2 徳操を磨き、個性を伸長する
 3 体力を養い、志気を高揚する


今年度の重点目標
 「深い学び」「幅広い学び」による高い進路目標の実現
  ・学問の奥深さに触れ、深く学ぶことの喜びを実感できる授業を研究・実践する。
  ・「大学進学重点校」として生徒の高い進路目標を実現するための施策を徹底する。
  ・生徒の良識を培い、社会性を高めるための指導を推進する。
  ・学習と部活動の両立を支援し、スポーツ・文化芸術活動の充実を図る。
  ・スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業を組織的に推進する。
 

3、設置学科・学級数など

 全日制普通学科普通科、各学年7学級、全校生徒数844名。二学期制で45分授業(7時限)を実施している。

 

4、校章の由来

 鳥取城跡(久松山)の松の若枝三本を組み合わせ、中央に「高」の字を浮き出したものである。三本の枝は統合の母体となった鳥取第一中学校、鳥取高等女学校、鳥取商業学校の三校を示したものであり、松には、永遠の生命、その緑には知性、親愛、理想の意味を込めたものである。昭和24年5月12日に制定された。