お知らせ
12345

new令和元年度オープンスクール

 8月24日(土)午後オープンスクールを開催しました。
 中学生を対象に部活動の紹介、体験、施設見学を行い、中学生・保護者あわせて300名程度の参加者を迎えました。
 大体育館での全体説明で生徒会会長が歓迎の挨拶を行い、続いてステージ前に並んだ各部活動代表が部紹介を行い、それぞれの部活動実施場所へと中学生を案内しました。吹奏楽部は中学生向けのミニコンサートも実施しました。参加いただいたみなさんには部活動体験を楽しんでもらえたでしょうか。
 7月に実施した体験入学では学習についてでしたが、今回は部活動についての体験でした。本日の体験が来年の進路選択に役立つことを願っています。

               
2019年08月24日16時43分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:行事・イベント

new体育祭合同練習

 8月22日(木)から1年生・2年生それぞれ体育祭の合同練習を実施しています。1年生は商高体操の、2年生は集団行動の練習です。
 写真は2年生の練習の模様です。昨年までと違って夏休みを間に挟んでの8月の体育祭実施となったため、休み前に練習したことを再確認する必要もあり、クラスごとに同じ動きを何度も繰り返したり、生徒たちでお互いに声をかけあって確認したりする様子も見られました。
 27日(火)は最後の練習になります。完成度が上がっていることを期待しています。

     
2019年08月24日12時32分Tweet ThisSend to Facebook 管理職

new令和元年度オープンスクール(8月24日実施)参加の皆様へ

 参加にあたり以下の事柄にご注意ください。
1 受付は午後0時30分~午後1時の時間帯で本校大体育館入口で行います。
※当日は高温や強い陽射しが予想されます。到着後は屋外で長時間待機せずに速やかに受付を済ませ館内に進んでください。中学校関係者の皆様のご協力をお願いいたします。
2 熱中症予防のため水分補給用の飲料水等を必ず用意してください。
3 十分な睡眠、休養をとり、食事も摂って体調を整えておいてください。
4 筆記用具、校舎内用上履き、下足袋を持参してください。
5 当日の登下校は公共交通機関(JR、路線バス)を利用してください。

〈保護者の方へ〉
 当日自家用車での校地内乗り入れおよび駐車、車内待機はご遠慮ください。また近隣道路に停車しての乗降は危険ですし交通の妨げになりますのでこちらもご遠慮ください。300人を超える数の中学生が参加しますので校地内、学校付近の安全確保にご協力ください。

 日程概要 12:30~ 13:00 受付
       13:00~ 13:20   開会、諸連絡、移動
            13:30~    更衣(運動部)・部活動体験
                  
               終了後 アンケート記入・更衣(運動部)・解散


2019年08月22日09時50分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:教務部

newJA共済連による贈呈式

 8月20日(火)始業式に引き続いて、JA共済連による贈呈式を行いました。贈呈式には、大変お忙しいところ、JA鳥取いなば代表理事組合長谷口節次様、同代表理事専務清水雄作様、JA共済連鳥取県本部長森山昇平様に御臨席いただきました。
 今回寄贈いただいたのは、、総合実践室用の長机23台・椅子43脚・トレーユニット1台、鳥商デパート用関連機材としてノートパソコン・硬貨計算機・紙幣計算機各1台です。
 贈呈式では、JA鳥取いなば代表理事組合長の谷口節次様より、今回の寄贈品を活用して鳥取の産業経済界を支える人材へと成長し、ますます鳥取を元気にしていただきたい、と激励の言葉をいただきました。そして、生徒を代表して生徒会長が目録を受け取り、お礼の言葉を述べました。
    
 全校での贈呈式の後、生徒会執行部の代表及び鳥商デパート経営委員の生徒とJAの関係者のみなさんとで、新しく整備された総合実践室に移動して、寄贈された機材・備品等の披露の場をもちました。
 はじめに岩田校長が、続いて鳥商デパート生徒社長がお礼の言葉を述べ、JAの担当者の方から寄贈品についての説明がありました。テレビや新聞社の取材も入り、生徒社長は緊張した面持ちで取材に応じていました。

          
 2学期に入り、鳥商デパートの準備もいよいよ本格化します。今まで以上にお客様にご満足いただけるものになるよう、経営委員をはじめとして生徒一丸となって取り組んでいきます。
 なお、本日の贈呈式の模様は、20日(火)18:15~の「ニュースevery日本海」で放送される予定です。
2019年08月20日17時17分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:行事・イベント

new第2学期始業式

 8月20日(火)第2学期の始業式を行いました。式辞で岩田直樹校長が、3年生は就職・進学へ向けての本番、2年生は鳥商教育(ビジネス教育、資格取得、部活動)を支える中核としての成長、1年生は中学生から完全に脱皮し「真の鳥商生」となる時として、2学期はそれぞれ重要な意味を持つ時期であるとして、2つのことを話されました。
 まず、8月14日付の日本海新聞の「大量引退で後継者危機-650万人の雇用喪失も」というトップ記事を引用して、企業の後継者不足が深刻になる中で、鳥商の「めざす人物像」は「地域の産業経済界をリードし、活躍する人」であり、皆さんは、ふるさと鳥取の産業経済界を持続させるために、地元企業の持続・発展に尽力してほしい、と語られました。
 次に、このたび、JA共済連から鳥商教育への支援として、総合実践室用の机・椅子、鳥商デパート用の関連機材・備品等を寄贈いただくことになったことに触れ、鳥商生が鳥取の産業経済界のみならず地域社会そのものを支える人材となることへの期待の表れであり、その自覚を持って日々の学校生活に臨んでほしいと述べ、式辞を締めくくられました。

  
2019年08月20日17時11分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:行事・イベント

new人権教育職員研修会

 8月19日(月)人権教育職員研修会を行いました。今回は鳥取県総務部人権局人権・同和対策課よりUD推進専門員の山根恒さんをお迎えし、「カラーユニバーサルデザイン~色覚の多様化への対応~」というテーマで研修を実施しました。
 はじめに、色の感じ方は味覚や嗅覚と同じで人それぞれであることや、色の見え方が異なる人は日本人男性では20人に1人、女性は500人に1人程度の割合で存在することなどについてお話をしていただきました。
 その後、専用のメガネを使用して異なる色の見え方を体験し、その色の見え方を意識しながら、ゴミ収集日のカレンダーや鳥取県の観光ルートの地図を作成しました。グループごとに使用する色を変えたり、色以外の形や模様を取り入れたり、文字情報を入れたりといった工夫が見られました。
 最後に、カラーユニバーサルデザインの3つのポイントとして
1 できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。
2 色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。
3 色の名前を用いたコミュニケーションを可能にする。
をあげられました。さらに、学校生活でも色覚特性を持つ生徒がいることを前提として考え、色に関わるやりとりが必要な場合は、教職員が配慮することが求められる、とのお話がありました。そして、色覚特性に限らず、すぐ隣に配慮の必要な人が存在することを意識することが必要であると語られ、研修を締めくくられました。
 研修会の後で、本校の学校案内や体験入学のパンフレットを、専用メガネをかけて見てみました。ホワイトボードの板書や今後作成するポスターなども意識してみたいと思います。日ごろ街で見かける表示についても、改めて考える時間となりました。

       
2019年08月19日15時48分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:人権健康部

弘済会鳥取県支部奨学事業「給付奨学金」贈呈式

 8月16日(金)公益財団法人日本教育公務員弘済会鳥取県支部の奨学事業により、本校2名の生徒に「給付奨学金」の贈呈式が行われました。弘済会鳥取県支部から野﨑元校長先生とジブラルタ生命の担当者1名の計2名が来校され、保護者同伴のもと目録と奨学金が贈呈されました。
 奨学金の説明・成果報告書の説明・奨学金を授与された二人の生徒からお礼の言葉があり、最後に岩田校長から弘済会へのお礼の言葉と奨学生への激励の言葉がありました。
 奨学金を受け取った2名の生徒は、本校を代表する生徒です。この給付奨学金を有効に活用し、将来の目標に向かってさらに邁進することを期待しています。

     
2019年08月16日16時43分Tweet ThisSend to Facebook 管理職

【重要】3年生民間就職希望者のみなさん

 8月16日(金)午後2時からの指導は予定通り実施します。

 なお、交通機関の乱れ等により登校が難しい場合は、その旨を学校に連絡してください。後日対応します。

 今後の台風の影響次第で対応が変更になる場合は、改めて連絡します。
2019年08月15日11時30分Tweet ThisSend to Facebook 管理職

大学進学研修プログラム@鳥取環境大学

 8月1日(木)鳥取環境大学において、「自己表現力を向上させる~自らの考えを「言語」と「対話」を通じて表現していく能力を向上させる~」をテーマに大学進学研修プログラム【実践編】が開催されました。
 このプログラムは、県内の高校生の大学進学に向けた取り組みを鳥取大学と鳥取環境大学が連携して応援する鳥取県初の取り組みです。この日は、本校以外に八頭、鳥取工業、倉吉西、倉吉総合産業、倉吉北、鳥取中央育英の生徒合わせて20名が参加し、研修プログラムを受講しました。
 午前中は「大学側が求める視点」をテーマに、志望理由書の書き方や面接のポイントについて概要の説明がありました。午後からは実際のAO入試のシートを使って、「文章による自己表現」にチャレンジし、山田先生に表現方法のポイントを指導していただきました。また、「対話による自己表現」では演習を通して、面接に対する心構えやポイントについて指導していただきました。
 生徒からは「1コマ90分は長かったけど、大学進学へ向けて気持ちを新たにすることができた」、「志望理由書の書き方のポイントや面接のポイントを教えていただき、参考になった」などの感想がありました。
 5日と6日には鳥取大学でも同じ研修プログラムが開催され、本校からも計11名が参加する予定です。

   
2019年08月06日16時28分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:進路指導部

公務員セミナー

 7月31日(水)から8月2日(金)までの3日間、大原学園神戸校の阿波谷先生を講師として迎えて公務員試験対策セミナーを実施し、1年生から3年生まで18名の生徒が参加しました。3年生は各々の志望する職種を意識しながら、1・2年生は今後の高校生活で取り組むべきことを考えながら、集中して取り組みました。
 近年の人物重視の採用の傾向を踏まえて面接指導の講座も充実した内容でした。
 冒頭では公務員試験全般について、あるいは職種別に、学科試験のレベルや実技試験で重視されるポイントなどについて具体的なガイダンスがありました。
 その後、学科試験の頻出分野の演習や解説、適性試験対策など、生徒が今後どうような対策を立て、演習を積んでいけばよいかをわかりやすく解説していただきました。
 頭をフル回転させる時間が長く、あっという間に時間が過ぎました。

         
2019年08月05日08時21分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:進路指導部

大学研修会

 7月30日(火)鳥取大学教育支援・国際交流推進機構入学センターの山田貴光先生をお招きして、「AO・推薦入試で大学側が求める視点」というテーマで講話をしていただきました。3年生7名が参加して熱心に話を聞いていました。
 冒頭で、大学進学という人生選択に「自分の意志」を持つことが大切であると話され、その意志を自分で組み立てて表現することが入試では求められると話されました。
 大学側の書類選考や面接のねらいは、受験生の関心の内容や程度、主体的な姿勢、高校生活での活動・経験、志望理由、意欲や志といった受験生の“素”の姿を知ることだと話され、書類選考や面接での大学側の観点を具体的に説明してくださいました。大切なのは、自分の意志で行動したり、本を読んだりといった、志望を掘り下げるための行動をしていること、高校時代の経験を語る場合も結果ではなくプロセスを語れることであると語られました。印象的だったのは「事実は変えられないけど認識は変えられる」という言葉です。未来志向で肯定的に経験を語れることが大切だと話されました。
 最後に大学に進学して「自分が何をしたいか」そのために「今何をすべきか」を主体的に考え、準備することの必要性を強調され、お話を締めくくられました。
 8月1日からは鳥取環境大学・鳥取大学の協働の企画による、大学進学研修プログラムが実施されます。こちらにも大学進学希望者が参加する予定です。

   
2019年07月30日17時25分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:進路指導部

中学生体験入学

 7月26日(金)に中学生体験入学を行いました。東部地区中学校を中心に300名を超える中学生の皆さんが参加してくださいました。全体説明の後、2班に分かれてそれぞれが学校・学科説明、体験講座の受講を行いました。

 
 学校・学科説明ではまず教務担当が鳥商が目指す教育と鳥商生の1日の生活をスライドとともとに説明しました。続いて2年から選択する4類型(商業、会計、情報、デザイン)について、3年生の代表が各類型の特色と魅力等を自作のプレゼン資料を使って中学生の皆さんに説明しました。各々の類型の授業で作成した動画やプログラミングも披露しながら説明していました。最後に進路担当から鳥商生の進路状況について説明し、就職・進学ともに高い実績をあげていることを伝えました。

  
     
 体験講座では事前の希望に従って、「会計」「情報」「商業経済」の各分野の模擬授業を体験してもらいました。「会計」の教室では、授業に先立って2年生の生徒による電卓の実技が披露され、中学生は熱心に見入っていました。「情報」の教室では、パソコンを使ったラーメン屋の経営分析を体験しました。「商業経済」の三つの教室では、洗剤やお菓子などの商品開発や売れる仕組みづくりについてグループワークもまじえながら学んでいました。
        
 8月24日(土)には部活動体験を中心としたオープンスクールも予定しています。鳥商での高校生活や卒業後の進路について知ってもらい、志望校決定に役立ててもらればと思っています。猛暑の中夏休みの貴重な半日を鳥商体験入学にあててくれたことに感謝します。中学生の皆さんが自ら進路先を決定しその実現のために努力されることを願っています。そして、来年4月に鳥商でお会いできれば大変うれしく思います。
2019年07月26日14時31分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:行事・イベント

企業合同説明会開催 就職活動いよいよ佳境へ 

 7月23日(火)午後、鳥取産業体育館において、令和元年度「新規高卒求人事業所説明会」が開催され、鳥取県東部地区の就職希望者(3年生)約300人、鳥商からは64名が参加しました。
 企業70社の簡単なプレゼンテーションの後、生徒たちは各企業ブースで詳しい説明を受けていました。8月1日(木)2日(金)には就職希望者三者懇談が実施され、9月16日(月)から始まる就職試験へ向けて、全職員による面接指導、小論文指導等が行われます。

   
2019年07月24日09時37分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:進路指導部

1学期終業式

 7月19日(金)は1学期終業日でした。前夜の大雨の影響によるJRの遅れのため、予定を遅らせて終業式を行いました。
 式辞の冒頭では、岩田校長から前夜の大雨や今後接近が予想される台風に関連して、先日の避難訓練での話を踏まえて万が一の際の行動についての話がありました。
 次に7月21日(日)の参議院選挙では、選挙権のある生徒はぜひとも権利を行使してほしいということ、また、7月20日の「ふるさと手づくりまつり」には本校の生徒も参加するので、時間があれば仲間の様子を見に来てほしいということを話されました。
 最後にこれからの時代の商業高校の生徒に求められる力についての話がありました。
 工業科や農業科の生徒や先生は、いいものを作ることに意識が向く傾向にあること、関連して「ドローン」の例を示して、現在のドローンは、25キロ以上の重量の運搬、1時間以上の飛行は技術的に無理で、現状ではアマゾンの無人配達はできない。軽くてパワーのあるエンジンを作って、25キロ、1時間の壁を破れば、世界の大きなシェアを占めることができる。しかし、エンジンだけ完成しても、プロペラを作ること、コントロール技術を向上させること、長距離を飛ぶドローンを規制する法律を整備すること、さらには商品の仕入れ、注文、倉庫管理など無数の仕事があるという話をされました。そして、経済学者のシュンペーターのイノベーション論を引用して、彼が主張するのは、最終的には人と人、組織と組織、市場と市場をつなぎ、新しいステージへ導くことで、すでにある人、組織、市場をつなぐことによって、新しい組み合わせ、新しい社会が生まれるということだと話されました。その上で、それらを「つなぐ」のには経営がわかる人間、つまり現在商業高校で学んでいる皆さんが必要なので、「つなぐ力」としてのコミュニケーション能力を身につけてほしい、と語られました。
 充実した夏休みになること期待しています。

   
2019年07月19日17時02分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:行事・イベント

【重要】令和元年度中学生体験入学(7月26日実施)参加の皆様へ

 参加にあたり以下の事柄にご注意ください。

1 受付は午前8時~8時40分の時間帯で本校大体育館入口で行います。
※当日は高温や強い陽射しが予想されます。到着後は屋外で長時間待機せずに速やかに受付を済ませ館内に進んでください。中学校関係者の皆様のご協力をお願いいたします。
2 熱中症予防のため水分補給用の飲料水等を必ず用意してください。
3 十分な睡眠、休養をとり、朝食も摂って体調を整えておいてください。
4 筆記用具、校舎内用上履き、下足袋を持参してください。
5 当日の登下校は公共交通機関(JR、路線バス)を利用してください。

〈保護者の方へ〉
 当日自家用車での校地内乗り入れおよび駐車、車内待機はご遠慮ください。また近隣道路に停車しての乗降は危険ですし交通の妨げになりますのでこちらもご遠慮ください。400人を超える数の中学生が参加しますので校地内、学校付近の安全確保にご協力ください。

 日程概要 8:00~ 8:40 受付
        8:40~  8:55   開会、諸連絡、移動
                9:15~10:05   1班 学校・学科説明 2班 体験講座受講
                   10:25~11:15   1班 体験講座受講  2班 学校・学科説明
                   11:30~12:00 質疑応答、アンケート記入、閉会


2019年07月16日15時37分Tweet ThisSend to Facebook 管理職

3年自己表現力育成講演会

 7月16日(火)3年生を対象に自己表現力育成講演会を開催しました。講師に佐々木公之氏(中国学園大学国際教養学部准教授)をお迎えして「セルフプロデュースの方法」と題してご講演いただき、これから就職、進学に向けて面接でいかにして自分をアピールするかを具体的な例を示してお話しいただきました。
 「自分の長所・良い部分については友達や先生の客観的な意見を参考にすること」「数字を効果的に使う、中でも1番にこだわること」「ポジティブ表現をうまく使って短所を長所に変換すること」「短所を先に述べて印象を薄めて長所をアピールすること」など、ポイントをわかりやすく説明していただきました。さらには、高校時代にしかできない「自分自身の経験」がもっとも説得力がある、面接ではどんなに取り繕ってもふだんの生活が出るといった、日常の高校生活で意識すべきアドバイスもいただきました。
 これから就職試験、進学試験に向けて面接の準備を進めていく上でとても参考になりました。ありがとうございました。

     
2019年07月16日15時33分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:進路指導部

3年就職希望者模擬面接指導(鳥取青年会議所会員による)

 7月14日(日)3年就職希望者模擬面接指導を行いました。鳥取青年会議所に御協力いただき、冨田専務理事様他11名の会員の皆さんに面接官とし生徒を指導していただきました。
 開会式で岩田校長の挨拶の後、黒坂悟史様(鳥取ヤクルト販売 代表取締役)より「企業が求める人材」と題しての講話をいただきました。まず、経済産業省の「企業が求める人材」に関するアンケート結果では、主体性、実行力、課題設定・解決能力、チームワーク・協調性、創造力、社会性が上位に入っていると話されました。また企業は会社の経営理念に共感してくれる人を求めているので、ホームページを見たり、店舗等を訪れたりして相手企業をより深く知り研究してほしい、企業側はその会社の社風に合うかどうか、一生懸命さが感じられ、一緒に働きたいと思えるかどうかを面接の場では見ている、と語られました。さらに、面接の場では、準備をしたことを完璧に答えようとするよりも自分の言葉で伝えようとすることが大切だと語られました。最後に、伝えたいこととして「成長を意識すること」「失敗を恐れず挑戦すること」「感謝を忘れず、言葉にして伝えること」を挙げて講話を締めくくられました。
 講話のあと11の会場に分かれて模擬面接を行い、ビジネスの最前線で活躍しておられる皆さんに御指導いただきました。企業経営に携わる方からの企業の求める人材という観点での面接は就職希望の生徒にとって貴重な経験となりました。講話で取り上げられた経済産業省の「求める人材」像のポイントが伝わるようアピールすること、キーワードを短文で伝えて、あとで補足すること、志望する業種についてもっと掘り下げて伝えること、社会のニュースにアンテナを張っておくことなど具体的かつ丁寧に指導していただきました。
 会員の皆様には貴重な時間を鳥商生に割いていただきありがとうございました。今後も御指導いただきますようお願いします。

       
2019年07月14日12時39分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:進路指導部

自転車盗難予防のビラ配布

 7月12日(金)鳥取商業高等学校の執行部員が、鳥取県警生活安全課と協力して鳥取大学前駅の周辺にて自転車盗難予防のビラ配布を行いました。
 生徒は、受け取っていただけない通行人もいる中で、目の前を通る方々に笑顔で配布していました。自転車が盗まれると大変困ります。その後の生活が不便です。盗難予防のためにも、駐輪するときには鍵をかけましょう。

   
2019年07月12日18時54分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:生活指導部

外務省高校講座

 7月11日(木)外務省高校講座として、外務省中南米局カリブ室の滝沢仁さんに全校生徒にご講演いただきました。演題は「明日を築く若き理想」、これは鳥取県民歌と本校校歌の歌詞の一部を取ってつけられたものでした。この他にも、ご自身がカリブ室勤務であることに関連して鳥取県とジャマイカとの交流について取り上げたり、澤田節蔵・澤田廉三といった鳥取出身の外交官を取り上げたりと、本校生徒にむけてわざわざ準備してくださった内容であることが伝わってきました。
 冒頭で「自分がどういう眼をもって周りを見るかで、見える景色は変わってくる」と語られ、世界の動きや外務省の役割と業務などについて、身近な例や自身の体験を交えながらお話しくださいました。
 海外で働く困難や面白さは、相違の中の共通、共通の中の相違を見いだすことにあること、また留学を経験することは新たな発見や視野の広がりにつながり、失敗が許されるなかで挑戦できるという点でも意味があることだと語られました。
 最後に「自分の成長のために一歩踏み出す勇気を持つこと」「相手の心に届く言葉を伝えるために外国語を学ぶことが重要であること」「いま・ここ・じぶんを大切にすること」「外務省員に求められる、教養・誠実・不屈の三つを総合すると本校の校訓である『質実剛健』につながること」を話され、本校での高校生活において自分を高めていってほしいと語って講演を締めくくられました。最後に生徒代表が謝辞を述べて講演会を閉じました。
 生徒のみなさんの「見える景色」が変わっていくことを期待しています。

      
2019年07月12日08時12分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:行事・イベント

国語の授業でビブリオバトル実施

 7月11日(木)2年生の現代文の授業でビブリオバトルを実施しました。
  各グループの代表7名が各自の読んだ本について、ネタバレしないように、しかも興味を喚起するように工夫して語っていました。
 「過去に戻りたいと思ったことはありますか」「恥ずかしいと思ったことはありますか」といった問いかけから始めて聞く人を引きつける語り方が印象的でした。中でも『夜のピクニック』(恩田陸)を紹介した生徒は、「みなさんは強歩大会をどう思っていますか」という本校ならではの問いかけから始めていました。
 秋には各クラス代表による学年でのビブリオバトルも計画されているようです。
 みなさんも夏休みを利用して、ぜひ仲間が紹介した本を手にとってみてください。

       
2019年07月12日07時56分Tweet ThisSend to Facebook 管理職 カテゴリ:図書室
12345

〒680-0941 鳥取県鳥取市湖山町北2丁目401番地 電話:0857-28-0156 FAX:0857-28-0157

このサイトについて | サイトマップ | 交通アクセス