鳥取県教育センターホームページのトップページはこちらをクリックしてください
                                            交通アクセスのページはこちらをクリックしてください お問い合わせのページはこちらをクリックしてください
 
トップページ > センター概要 > 所長あいさつ 

やさしいブラウザ(Easy Web Browsing)のホームページ閲覧支援機能をご使用になる場合は、下のアイコンをクリックしてください。
やさしいブラウザについての詳細はこちら
やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用ください
 

ようこそ

1176629人目
メニュー
センター概要最新情報&ニュース教職員研修出かけるセンター(指導主事派遣)土曜自主セミナーとっとり未来教師セミナー学校教育支援教育相談情報教育入札情報その他

Get Acrobat Reader ダウンロードページ 

PDFを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

 

平成31年度 所長挨拶

ご 挨 拶
 
  「教育は人なり」と言われます。この言葉には、いろいろな受け止め方があろうかと思いますが、たとえば「その学校の教育はその学校の教職員の資質能力にかかっている」というように捉えることもできます。
  グローバル化や情報化、少子高齢化など社会の急激な変化に伴う、高度化・複雑化する諸課題に対して、これまで以上に迅速かつ柔軟に対応していかなければならない時代を私たちは迎えています。学校教育においても、求められる人材育成像の変化への対応をはじめ、いじめ・不登校等への対応、特別支援教育の充実、ICT活用なども含めた様々な課題に対応していくために、優れた資質能力を備えた魅力ある教職員が求められています。
 これからの学校には、基礎的・基本的な知識・技能の習得に加え、様々な言語活動や協働的な学習活動等を通した、思考力・判断力・表現力等の育成や学習意欲の向上、多様な人間関係を結んでいく力や習慣など、まさに「生きる力」を育む教育活動の展開がこれまで以上に求められます。そして、そういった学校教育における新たな学びの保障に不可欠として、いわゆる「学び続ける教員像の確立」が挙げられています。
 このような現状をふまえ、文部科学省は、これからの教員に求められる資質能力として、「教職に対する責任感、探究力、教職生活全体を通じて自主的に学び続ける力」「専門職としての高度な知識・技能」「総合的な人間力」などを掲げています。鳥取県教育委員会においても、この学び続ける教員像に迫るための一つの拠り所として「鳥取県公立学校の教員としての資質向上に関する指標」を策定し、その「指標」を踏まえた各種研修等を通した教職員の人材育成に取り組んでいるところです。
 教職員の資質能力の向上に向け、その中核的役割を担う専門機関・施設である当センターとして、私たちはその使命の自覚とともに、その機能を総合的に発揮しながら本県教育の推進と充実に寄与していかなければなりません。本県の未来を担う子どもたちの育成と各校における教育活動のさらなる充実と振興に向け、「教育は人なり」の思いを胸に、本年度もスタッフ一同、心一つに取り組んでいきたいと思います。

   平成31年4月
                       参事監兼鳥取県教育センター所長
                         小 林  傳

 



鳥取県教育センター 

〒680-0941 鳥取市湖山町北5丁目201番地
TEL 0857(28)2321 FAX 0857(28)8513


copyright©鳥取県教育センター