鳥取県立智頭農林高等学校 令和元年度 教育目標・重点目標


―本校の教育目標―
「一人ひとりの生徒を大切」を教育の根幹におき、勤労と責任を重んじ、心身とも健康で地域産業及び社会の発展に貢献できる人材を育てる。

―本年度の重点目標―
1 専門教育の充実
各科の授業実践及び資格取得の取組をとおして、学びの質の向上を図る。
2 学力向上
(1)基礎学力の定着
生徒の学力・学習状況を把握し、「学び直し」指導の充実を図る。
(2)②授業力向上
「学びあい」のある授業の実践を通して生徒の主体的な学習を促し、生徒の実態に応じた授業改革の実践・研究を行う。
3 キャリア教育
(1)進路指導の充実
進路指導計画の改善と実施
(2)職業観・勤労観の育成
基本的生活習慣の確立を図り、社会人としての意識を育み、職業観・勤労観を育成する。
4 こころの教育
(1)規範意識の醸成
自らを律する力の育成。
授業規律の徹底。
挨拶や清掃の励行など凡事徹底。
(2)自己理解・他者理解に基づいた人間関係づくりの支援
SSTを活用した人間関係づくり。
教育相談、特別支援教育及び人権教育のより一層の充実。
(3)自己肯定感の育成
(4)健やかな体づくり
(5)家庭との連携
5 地域連携の充実
(1)地域の教育資源を活かし、本校の教育資源を地域に活かす
(2)顔の見える地域連携、先輩から後輩に引き継がれる連携活動やボランティア活動の推進
(3)広報の拡大と充実