学校概要


 鳥取県立智頭農林高等学校

 所  在  地  〒689-1402 鳥取県八頭郡智頭町智頭711番地1 
 電  話  (0858)75-0655
 開  校  昭和28年
 課  程  全日制の課程
 学  科  農業学科(ふるさと創造科・森林科学科・生活環境科)
 生徒定員  80名
 校  地   418,387.50㎡
 学  校  長  大塩 朋
 
沿革

 昭和13年04月青年学校令による智頭実業専修学校創立

昭和16年02月

智頭実業専修学校を県に移管昇格し、2月12日鳥取県立智頭農林学校が設立許可される。農業科・林業科・女子部を設置し、同年4月開校となる。

昭和23年04月

学制改革により鳥取県立智頭農林高等学校と改称し、全日制の農業科・林業科・農村家庭科・畜産別科・定時制の農業科および農村家庭科を本校並びに用瀬分校に設置する。

昭和24年04月

高等学校統合により鳥取県立八頭高等学校農林部と改称し、家庭別科を新設する。

昭和25年04月

農村家庭科・畜産別科・定時制用瀬分校を廃止する。

昭和26年04月

家庭別科を廃止し、農村家庭科を復活する。

昭和28年04月

高等学校再編成により鳥取県立八頭高等学校より分離独立し、鳥取県立智頭農林高等学校となる。

昭和38年04月

林業科1学級増となり、育林コース、加工コースの2学級とする。

昭和40年04月

家庭科を生活科と改称し、農業科40名、林業科80名、生活科40名の定員(1学年)となる。

昭和44年04月

林業科のコースを改め、育林コースを林業科、加工コースを木材加工科とする。

昭和48年03月

第1学年の各科(農・林・加・生)の定員38名となる。

昭和56年03月

第1学年の(農業科・林業科・木材加工科)を括って80名の定員となり、生活科は38名となる。

平成02年04月

学科改編により園芸経営科(農業)林業技術科(林業)木材加工科に科名変更しコース制導入。

平成02年05月

創立50周年記念式典。

平成03年04月

学科改編により生活科学科(生活)に科目変更しコース制導入。

平成11年06月

創立60周年記念式典。

平成12年04月

学科改編により農業学科(園芸科学科。森林科学科、環境科学科)括り80名。家庭学科(生活デザイン科)定員40名の設置。

平成17年04月

家庭学科(生活デザイン科)定員38名。

平成19年04月

家庭学科(生活デザイン科)の募集を停止。農業学科を改編し、農業学科3科(園芸学科・森林科学科・生活環境科)で80名の定員となる。

平成21年06月

創立70周年記念式典
 

各科紹介





 

お知らせ



        ◎開催日◎      
1回目  6月15日(土) 10:00~12:00 
2回目  7月20日(土) 10:00~12:00 
3回目  9月21日(土) 10:00~12:00 
4回目 10月19日(土) 10:00~12:00 
5回目 12月21日(土) 10:00~12:00 
最終回  1月18日(土) 10:00~12:00 
 
   
スクールキャラクター
「ちのりん」
智頭農林高校のスクールキャラクター。美しい智頭の森にすむコグマで緑の色をしている。首にはちずぶるー色の藍染めスカーフを巻いている。