2学期始まる!

37日間の長い夏休みが終了し、この夏、智頭町でも38℃を越える猛暑日があり、駅伝練習や部活動等学校での活動中の熱中症予防等に最大注意を払いました。生徒たちは学校での活動に熱心に取り組み熱中症にかかることもほとんどなく無事に活動を終えたところです。仲間と共に心身を鍛え、忍耐力をつけたり、連帯感や協調性を高めたことはとても意義深いことであったと思います。3年生は進路実現に向けて、自主的に補充学習に参加し頑張る姿がありました。各高校での体験入学も大いに参考になったことと思います。皆さんが、自分で決めた夏休みの活動をやり遂げ力をつけたこと、成長できたことにぜひ自信を持ち、にしてほしいと思います。

 今日から2学期が始まりました。2学期は83日の授業日数を数え、1年の中では最も日数の多い学期で、充実期とも言われます。運動会、文化祭、生徒会の交替、秋季大会と大きな行事や試合があります。学校行事や生徒会活動をより良い学級づくりや学校づくり、仲間づくりにつなげて、互いの絆を深め、信頼関係を築いてほしいと思います。

 「凡事徹底」、「一生懸命」、「創意工夫」、「利他心」、「地域で育つ」それらの力をを備えた生徒に育ってくれることを願っています。自分の個性や良さを十分に発揮し、誰もが安心して学び、互いの成長を認め合える学校になるよう、この2学期も職員生徒共々頑張っていきたいと思います。 


 

 

駅伝練習・部活動・補充学習、シンボルづくり・・充実の夏休み終わる

本日の練習をもって夏休みの駅伝練習全日程を終了しました。7月23日(月)の結団式で、駅伝部を結成して以来、約1か月を走り抜きました。今年は、男子30名、女子16名、総勢46名の生徒が自らの意志で名乗りを上げ、駅伝練習に参加しています。陸上部長距離の生徒のリーダーシップのもとに、46人が果敢に苦しい練習に挑戦する姿がありました。文化部を含む他の部活動からの参加で、駅伝大会への士気を高めてくれているのは本当にうれしいことです。各生徒の段階やペースに合わせて、グループ分けがあり、それぞれのグループで目標とするタイムをクリアするために頑張っています。
駅伝部の走る周辺を卓球部も基礎体力・持久力アップのために走っていたことも印象に残りました。37日間の夏休みがあと2日で終わります。駅伝練習や部活動、補充学習、運動会のシンボルづくりに頑張った日々は生徒の皆さんの身となり力となり、中学生としての成長を一段と遂げたそんな夏であったと思います。
 

PTA環境整備作業、お疲れさまでした

本日8月18日(日)、朝8時半より10時半まで、PTA事業部主催の環境整備作業を行っていただきました。敷地内の草取り、桜土手の草刈り、校舎周りの窓ふき等により、グラウンドや校舎、学校周辺の環境がとてもをきれいになりました。おかげをもちまして、8月26日(月)から2学期の学校生活を気持ちよく始めることが出来そうです。9月7日(土)の運動会にも備えていただきました。恒例の環境整備作業を事業部の皆さまのお取りはからいと会員の皆さまのご協力で無事に終了していただきましたことに感謝申し上げます。
 長い夏休みがあと一週間で終わろうとしています。5週間余りの夏休みを、生徒たちは、それぞれ、駅伝練習や部活動、補充学習やシンボル作り等、学校での活動によく頑張っていました。家庭学習、家のお手伝い等にも進んで取り組んだことと思います、充実した夏休みを送ることができたのではないかと思います。
 残りの夏休みも健康に気をつけてしっかりと生活し、始業式には元気な顔で登校してくれるのを楽しみに待っています。
 

いよいよ明日が東部陸上の日となりました

 いよいよ明日が東部陸上の日となりました。
 今年も陸上部員を中心とし、全校生徒に公募して選手団を結成しました。多くの生徒の参加希望を得て、33人の選手団で明日の大会に臨みます。今大会は15回目を迎え、東部地区一圓の19の中学校が集い、各種目でしのぎを削ります。
東部総体とほぼ同時期の開催で、十分な練習日程を組むことが出来ませんでしたが、それでも、こうして多くの生徒が各種目に挑もうとしてくれることは本当に嬉しい
ことです。
 伝統ある陸上部を擁しての参加ですので、陸上部をモデルとして、そのリーダーシップのもとに、日頃の体育の授業で身に付けていること、放課後の部活動で自主的に取り組んでいること、これまで積み上げてきた練習の成果や運動技能を十二分に発揮し、最高のパフォーマンスをしてくれることを願っています。
 昨日までの東部総体で見せてくれた各部の戦いは、あっぱれ智頭中と言える見事な戦いでした。今大会に自ら名乗りを上げて参加してくれたその強い意志をもって、全員が、智頭中の代表として、自信をもって、それぞれの競技で、最後まで諦めず、持てる力をすべて出し切る気持ちで頑張ってほしい。
 中学生らしいさわやかな態度、スポーツマン精神に則った競技態度、そして互いの頑張りを声を限りに応援し合う態度で今年も智頭中旋風を巻き起こしてくれることを期待します。

頑張れ!!智頭中選手団! 健闘を祈ります。

 

智頭中学校大山登山隊からのお知らせです

智頭中学校大山登山隊からのお知らせです。

本日朝、一年生44名全員が元気に大山登山へとバスで出発し、10時45分頃、大山寺に到着しました。その後、とやま旅館にて昼食をとり、12時に旅館を出発し、登山を開始しました。ふもとは肌寒いくらいで、天候は曇り、風もあり絶好のコンディションもと、全員元気に登山を開始しました。
 そして、14時55分過ぎに無事に山頂に登り立ちました。曇り空でしたが、山頂の空気は最高にきれいで、見渡す限り絶景だったということです。
 15時30頃に下山を開始し、先ほど17時35分頃無事に下山し、とやま旅館に帰ってきました。44人の生徒全員と引率教員全員元気です。1年生の皆さん、登頂おめでとう!そしてそれぞれの活動をよく頑張りました。
 今日は宿舎でゆっくり休養をとりましょう。
 

平成31年度智頭中学校入学式 45名の新入生を迎えました

 昨日の着任式・始業式を経て、本日45名の新入生を迎え、入学式を執り行いました。新入生とは、昨年度2月(小学校在学中)に一度出前授業で対面しており、なじみがありました。その時から、そして3月の卒業式の時より、一段と成長した姿があり、凛々しく体育館に入場してくる姿に涙が出ました。
 45名の新入生の皆さん、智頭中学校への入学本当におめでとう!これから始まる中学校での生活、たくさんたくさん楽しいことがあります。明日から一緒に頑張りましょう!!
 保護者の皆さま、お子様のご入学おめでとうございます。中学校に進学された初々しいお子様の姿を見られ感激ひとしおであったことと思います。
 私達職員一同、お子様の教育に精一杯あたらせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
 

期末テスト終わる 第3回生徒会day 新企画の取り組み進む

 本日、11月26日(月)期末テスト2日目が終了しました。先週の金曜日22日に4教科を、今日5教科のテストを行いました。3連休を挟んでのテスト2日目、3日間十分に勉強をして臨むことと思います。3年生にとっては、高校入試の調査書にかかわる重要なテストでした。
 智頭中学校生徒は、家庭学習を一定時間する、また、中学生にふさわしい時間数を確保するということにおいて課題があります。目的や主体性を持った取り組みにしていくことが大目標ですが、まずはテスト期間の家庭学習を充実させることが第一かと考えます。
 テストが終わっても(家庭での勉強を)続けて下さい。
 今日は第3回生徒会dayで、放課後専門委員会が開かれました。新生徒会執行部発足以来、新しい専門委員長のもとに、活動が行われています。「生徒自治」という理念で、生徒自らがより良い学校生活を創り上げていきます。
 各専門部の活動が全校生徒に浸透していくことを期待します。
 

文化祭 成功裡に終わる!!

11月3日(土曜日)、平成30年度の校内文化祭を開催しました。
展示部門、発表部門の2つの部門で日頃の学習・文化的活動の成果を発表しました。
展示会場(こもれびホール・廊下)には技術・家庭科、美術、国語の作品、理科の自由研究、部活動の記録等が展示してあり、生徒の日頃の学習の成果を見ていただきました。
ステージ発表では、午前中に、日本語弁論、英語弁論・暗唱、総合的な学習の発表、美術部の演劇・吹奏楽部の演奏を行い、午後は、合唱コンクール、全校合唱を行いました。
生徒たちは、私たち教職員の期待に応えるかのように本当に素晴らしい発表・合唱をしてくれ、文化祭を成功させてくれました。
保護者の皆さま、来賓の皆さま、地域の皆さま、最後まであたたかい拍手を贈っていただきありがとうございました。
 

小・中合同授業研究会を終えて

 昨日10月22日(月)午後、智頭小学校・中学校合同授業研究会を開催しました。1年生1組では数学を、1年生2組では道徳の授業を公開しました。この合同授業研究会は、平成25年度から6年間、小学校・中学校が交替で公開授業を行ってきたというものです。
 智頭中学校の構内研究の研究主題は、「生徒の興味・関心、満足感を高め、思考力・判断力・表現力の育成を図る授業の工夫」としています。
 各種検査、学力調査等から、智頭中学校区の児童生徒に、思考力・判断力・表現力に課題があることがわかっています。既習の知識・技能を思考力・判断力・表現力を駆使して活用することが今後の社会で求められる力となります。
 児童・生徒たちにその力をつけていくために、小学校・中学校で連携し、発達段階を考慮しながら、一貫した取り組みとなるよう授業交流をしているところです。
 東部教育局、そして広島大学大学院から指導助言をしていただく講師の先生を招致し、小中学校教職員が一同に会して研修を深めました。
 1年生の生徒たちは、両クラスとも、一生懸命に考え、対話し、発表していました。一生懸命に学習する姿に小学校の先生方も成長を感じて喜んでおられました。
研修の成果を今後の授業づくりに生かしていきたいと思います。
 指導助言をいただいた講師の先生方には、大変お世話になりありがとうございました。
 

  
 

後期リーダー研修終わる ニューリーダーに託す!!

去る10月13日(土)、智頭中学校リーダー研修会を開催しました。
 生徒会長のあいさつ、学校長の話と続き、そのあと、各専門委員長が、各自が立てた後期専門委員会の目標や具体策を見てもらい、アドバイスを受けて決定するという流れで午前中の前半の日程を執り行いました。
 私は、校長として、学校の教育目標やめざす生徒像、それを達成するための具体策、どんな学校にしたいのか、そしてリーダーに望むことを話しました。生徒会執行部4名、専門委員長6名、各クラス正副級長12名の参加者が熱心に話を聞いてくれました、アイスブレーキング、ゲームのあと、文化祭で全校で取り組むことについて話し合いました。
 各グループで話し合あった案を全体で精査し各グループから出されたどの案を採用するのがよいか活発に話し合われました。
 進行役の大谷くんが上手に話し合いを取り仕切り、良い雰囲気で話し合いが進行していてとても良かったと思います。3つほどの案に絞られました。最終決定は今後になりますが、決定したら全校で協力して取り組んでいきましょう。
 昼食は、もんじゃ焼きとクレープを手作りし、楽しい交流のひと時を過ごしました。
 独創性と個性のある2年生の良さを生かして、これから1年間の生徒会活動を盛り上げていって下さい。智頭中にまた、生徒自らの手で新たな伝説を創り出していって下さい。
 


 
 

智頭農林高校との交流事業 沖縄修学旅行お土産づくり

 昨日、10月17日(水)、2年生が来年度の修学旅行へ向けて、智頭農林高校との交流事業でお土産づくりを行いました。この交流事業は、修学旅行で持参する手作りのお土産を、智頭農林高校の生徒の手解きを受けて行うというもので、始めてから5年目を迎えます。
 藍染のハンカチ、ペン立て、パン皿、文鎮の4種類のお土産を各自が一つ担当し、作成しました。高校生のみなさんの優しい語らいと丁寧な指導で智頭中2年生達も安心して取り組んでいました。
 智頭町の特産品を自分で作るという目的が達成されるとともに、中学生と高校生の良い交流ができて、大変有意義な交流事業になりました。
 智頭農林高校の生徒の皆さん、大変お世話になりました。
 沖縄の皆さん、智頭中生のお土産楽しみに待っていてくださいね。
 

県駅伝 男子 大健闘 堂々の5位 

 本日10月16日(火)、絶好の駅伝日和とも言える秋空のもと、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークで、鳥取県中学校駅伝競走大会が開催されました。
 夏から秋にかけて、たくさんの災害に見舞われましたが、今日だけは、天候を心配することなく開催することができました。おかげをもちまして、本駅伝大会の全日程を無事終了することができました。
 智頭中学校男子駅伝チームは、11人の精鋭部隊で出陣しました。陸上競技に対する熱い思いを持った11人がこれまでの練習の成果を十二分に発揮して大健闘しました。県大会第5位という成績は本当に素晴らしいです。
 タイムトライアル、駅伝とどの走者も、この大舞台で、プレッシャーをはねのけ、堂々と走りぬく姿に一人一人の選手の成長を感じ、思わず胸に熱いものがこみ上げてきました。
 多くの苦難を乗り越え、つらいこと嬉しいことをともにした11人で勝ち取った
県大会第5位、本当によく頑張ってくれました。ありがとう、智頭中男子駅伝部!!

タイムトライアル 1年男子   萩原 泰太 第14位
         2・3年男子 草刈 純誠 第26位
男子駅伝   1区 山本 琉楓  2区 大呂 青葉  3区 岸本 怜緒
       4区 小林 想   5区 萩原 祐太  6区 加賀田 理元
第5位 タイム 58分46秒(チームベスト記録)
 

県駅伝大会いよいよ明日号砲!! 頑張れ智頭中男子駅伝チーム

 本日10月15日(月)、授業終了後に、明日の県中学校駅伝競走大会の壮行会を行いました。男子駅伝部は、いよいよ明日、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークで開催される県駅伝大会に出場します。
 3年生にとっては、3年間をかけて走り続け、駅伝競走に挑んできたその集大成となる大会です。これまでの練習の成果をすべて出し切り、悔いのないレースをしてきてほしいと思います。目標は県優勝をして全国大会に出場することです。11人の駅伝部員が、一丸となって戦い、目標を達成してほしいと思います。

 智頭中学校の襷には、これまでの先輩達が大会で流した「汗と涙」が滲(にじ)んでいます。そしてそれは次の代に繋ぐ襷でもあると思います。伝統ある智頭中の襷、先輩達の思いの詰まった襷をかけて走れることに誇りと感謝の気持ちを持って本大会に臨んで下さい。
 駅伝部結成以来11人が一丸となって頑張ってきた2ヶ月半の練習を思い出し、晴れ舞台を思い切り駆け抜け、智頭中旋風を巻き起こしてくれることを期待しています。頑張れ 智頭中男子駅伝チーム!!


 

 

東部地区秋季大会 ソフトテニス部 優勝

 台風の影響が心配されましたが、去る10月5日(金)・6日(土)に東部地区秋季大会が鳥取市等各会場で開催されました。
 大会前日の壮行会で全校生徒の激励を受け、各部活動とも、今大会へかける決意を新たにして参加しました。思えば、3年生が引退した後、1・2年生で、3年生が残してくれた功績やその思いを受け継ぎ、勝利につなげたいと、新しいチームづくりに努めてきました。
 迎えた試合当日、どの部活動もその練習の成果を発揮し、健闘をしました。中でもソフトテニス(女子)は、東部地区優勝という結果を残してくれました。猛暑の夏を歯を食いしばって練習してきたこと、そして、これまでの先輩たちが築いてきてくれた智頭中ソフトテニス部の伝統が見事、東部地区大会初優勝という成果をもたらしたのだと思います。ソフトテニス部の皆さん、本当におめでとう!!
 その他にも、男子バレーボールは、強豪岩美中学校に勝利し、続く湖東中との一戦にも勝利し、第3位を勝ち取りました。
 女子バレーボール部は、初日の鳥取東中戦を制し、2日目の決勝トーナメントへと駒を進め、初戦を突破し、さらに、2回戦も岩美中にストレート勝ちし、ベスト4となりました。3位決定戦では惜しくも敗れましたが、みんなで助け合って、県大会出場という目標を達成した素晴らしい結果でした。
 卓球部男子の団体戦での戦いぶりも目を見はるものがありました。相手のコートに着実に返し、粘り強く戦う姿に成長を感じました。
 野球部は、残念ながら1回戦で敗退しましたが、1年生も交えた9人の選手が、練習の成果を十分に発揮した好試合をしました。最大限に力を発揮していたと思います。
 熱い戦いが終わりました。私が特にうれしく思うのは、2年生を主体としたチームで、どの部活動もけっして臆することなく堂々と戦い、中学生らしいさわやかなプレーで勝利へとつなげてくれたことです。
 今後のさらなる活躍が大いに期待できるそんな印象を強く持ちました。
指導にあたってくださった顧問の先生やコーチの方のご苦労に改めて感謝の意をお伝えしたいと思います。そして、子供たちの頑張りに最後まであたたかいご声援をいただいた各部活動保護者の皆さまに心よりお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

〇ソフトテニス部
団体戦 優勝 決勝戦 対福部未来学園 2-1(勝)
       準決勝戦 対気高 2-0(勝) 
個人戦 第2位 木村・谷口愛ペア 第3位 綾木・谷口楓ペア
〇男子バレーボール部
第3位  予選リーグ 対鳥南 2-0(勝) 対鳥北 0-2(敗) 
     決勝リーグ 対岩美 2-0(勝) 対桜が丘 0-2(敗)
           対湖東 2-0(勝)
〇女子バレーボール部
第4位  予選リーグ 対鳥東 2-0(勝) 対湖東 0-2(負)
     決勝トーナメント 対桜が丘 2-1(勝) 対岩美 2-0(勝)
              対中ノ郷 0-2(負) 対鳥南 0-2(負)
〇野球部 1回戦 対八頭 0-1(惜敗)

〇卓球部
団体戦 予選リーグ 対鳥東 1-3(敗) 対鳥大付属 1-3(敗) 
          対鳥西 1-3(敗)
個人戦 2回戦進出 2年の部 橘 勇希 寺坂 直也





 
 

新執行部発足 生徒自らより良い学校創りを行う生徒会活動を!

 去る10月1日(月)、生徒会役員任命式を行いました。生徒会執行部の役員として、生徒会長、生徒会副会長(男子1名・女子1名)、庶務の4名を、そして、その下位組織である専門委員会の6名の専門委員長を任命しました。
 この任命式をもって、昨年の秋から1年間の任期を務めた3年生から2年生に生徒会活動が引き渡されました。
 生徒会長の谷口大翔くんを筆頭にして、生徒自治力を高め、全校生徒が生徒会活動に関心を持ち、協力を惜しまない、今よりももっと良い学校を創っていく生徒会活動を目指してほしいと思います。
 各学級の学級長・副学級長、専門委員会の部員に任命された人、そして教科係になった人も自分の役割をしっかりと果たしていきましょう。
 

生徒会役員選挙立会演説会及び選挙が終わる

 本日、生徒会役員選挙立会演説会及び選挙が終わりました。全校生徒の前で、10名の立候補者の演説と応援演説がありました。
 生徒会執行部は、生徒会長、副会長(男・女)の3名で、これに専門委員長(図書・生活・文化・保健体育・環境・給食)が擁立されます。環境委員長には、2名の立候補がありましたが、その他の役職は1名の立候補で信任投票とされます。
 生徒会長に立候補した2年生の谷口くんを始め、立候補者の皆さんの演説は、自分がそれぞれの役職に立候補する理由とどんなことをして、学校づくりに貢献したいのかが明確に話されていました。
 自身の考えを臆することなく堂々と話す態度に思わず引き込まれ、この人たちなら智頭中を背負ってたってくれるだろうと頼もしく思い、感激しました。
 当選した暁には、生徒会活動を大いに盛り上げ、より良い学校づくりに寄与してください。
 
 

東部駅伝大会 智頭中大健闘!! 女子第14位 男子第5位

 去る9月18日(火)、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークで東部地区駅伝競走大会が開催され、智頭中学校からは、男子11名、女子10名の選手団が参加しました。
 女子タイムトライアルでは、岸本彩藍さんが第14位、1年男子タイムトライアルでは、萩原君が第4位、2・3年生男子タイムトライアルでは、草刈君が第17位の成績を収めました。自己記録更新と後に続く駅伝につながる走りを見せ、突破口を開いてくれました。
 女子駅伝は、1区小林さん、2区平尾さん、3区岸本まゆさん、4区寺坂さん、5区迎山さんのメンバーで、全員1年生ながら、歯を食いしばって力走しました。1か月半の練習の成果を十二分に発揮しておさめた第14位の成績でした。あっぱれ女子チーム!!ぜひ、来年につながてほしいと思います。
 男子駅伝は、1区山本くん、2区加賀田くん、3区小林くん、4区岸本くん、5区萩原くん、6区大呂くんのメンバーで、3年生4人にとっては、3年間の集大成としての走りができるかどうか注目されるところでしたが、昨年に勝るとも劣らない粘走を見せ、昨年を上回る第5位の成績を収めてくれました。
 男子は来月16日(火)に行われる県駅伝を目指して、新たな目標を持って頑張ってほしいと思います。
 智頭中駅伝チームのみなさん、東部駅伝に向けて本当によく頑張ってくれました。
智頭中駅伝の歴史に新たな栄光の足跡を刻んでくれ、ありがとう!!
 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

智頭中駅伝チームいざ出陣

智頭中駅伝チーム いざ出陣
 いよいよ東部駅伝当日の朝となりました。智頭中男女駅伝チームが先程、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク(布勢運動公園陸上競技場)に向かって出発しました。
 7月24日(火)の部結成以来、1か月半を、21人の部員で走りぬいてきました。今年の夏は昨年以上に猛暑日が続き、選手自身も体調管理に気を配りながら練習に取り組んできました。厳しい暑さの中での練習でしたが、それをしのぎ、ここまで頑張ってきた練習の成果を十二分に発揮してほしいと思います。
 男子チームは昨年の経験者が多くいます。その経験を生かして、最高の走りを見せてほしいと思います。女子チームは1・2年生からなる初々しいメンバーです。中学校になってから本格的に長距離を始めた陸上部のメンバー、そして自ら厳しい駅伝部の練習に身を置き自分を鍛えようと決意して入部した女子バレー部のメンバーが、一生懸命に夏の練習に取り組んできました。駅伝練習に参戦した男子バレー部の姿もありました。共に夏の練習を乗り越えた仲間のことも忘れず、智頭中代表選手として頑張ってほしいと思います。
 いよいよ今日、号砲です。女子タイムトライアル10時15分、1年男子男子タイムトライアル10時30分、2・3年男子タイムトライアル10時40分、女子駅伝11時30分スタート、男子駅伝13時スタートです。
 目指せ、男女そろっての県大会出場!! 健闘を祈ります。


  

 

 

智頭中学校運動会の終了について

 本日の智頭中学校の運動会は、雨天時のプログラムにより、午前中で終了しました。来賓の皆さま、保護者の皆さまには、早朝よりおいでいただき、雨の中の運動会でしたが、最後まで熱心にご観覧いただき、ありがとうございました。
午前中のみの実施でしたが、生徒たちは、力一杯の演技を披露することができたと思います。本当にありがとうございました。
 

中国総体 県吹奏楽コンクール終わる 智頭中生大健闘!!

中国総体が本日をもって終了しました。
 8月4日(土)・5日(日)に福山市で行われた水泳競技の部では、2年生の春摘くんが、全学年共通の男子100m自由形に出場し、他県の精鋭と肩を並べ、2年生ながら、鳥取県代表として堂々とした泳ぎを見せてくれました。
 8月8日(水)、9日(木)に尾道市で行われたソフトテニスの部では、本校谷口綾・谷口愛ペアが、山口県代表ペアと1回戦を戦い、惜しくも敗れはしましたが、相手にけっして引けを取ることなく、練習の成果を十分に発揮し、ベストを尽くして戦いました。
 同日、広島市内で行われた陸上競技の部では、大呂くんが、1年生の時から、3度目となる中国大会出場で、本大会では、3000mに挑みました。たゆみない練習で、県大会でも常に上位を保ち、鳥取県の有力選手の一人として出場しました。過去2度の出場経験を活かし、力強い走りで、第12位という成績を収めました。
 軟式野球部は、鳥取県第1位のチームとして、本大会に臨みました。初日(8日)に、2回戦で、岡山県代表金光学園中学校とあたり、2対1で勝利しました。日本海新聞にも、「4強入り」とピンチを凌いで互いをたたえ合う写真が掲載されていましたが、攻守にわたって9人が助け合って戦い抜いた末つかんだ勝利でした。
 バッテリーを中心にした、ピンチをみんなでしのぎ、多彩な攻撃で、1チャンスを一打で得点にする素晴らしいチームに成長しました。
 吹奏楽部は、8月3日(金)にとりぎん文化会館で行われた県吹奏楽コンクール小編成部門で、銀賞を取ることができました。16人が協力しあって3年生最後のコンクールを成功に収めてくれました。
 今年、4つの競技が中国総体に出場し、どの選手も臆することなく、本当に正々堂々と最高のパフォーマンスを見せてくれました。県総体・中国総体への出場こそ逃したものの、東部総体で力の限り戦う各部活動の智頭中の生徒たちの姿は、私の胸に深く刻まれ、これからも忘れることはないでしょう。
 保護者の皆さま、あたたかいご声援本当にありがとうございました。 
 

県中総体 智頭中大健闘!! 野球部初優勝を飾る!!

去る7月21日(土)から23日(月)の3日間、中部地区を中心とした各会場で県中総体が行われ、熱戦が繰り広げられました。智頭中学校からは、陸上部・男子バレーボール部・野球部・ソフトテニス部(個人の部)が出場し、大健闘をしました。
中でも、野球部は、初優勝を飾り、智頭中学校始まって以来の偉業を成し遂げました。優勝戦までの4試合、1回戦こそ、大差で勝利しましたが、対戦相手は、中部地区・西部地区の代表で、良いチームであっただけに、どの試合もけっして容易ではありませんでした。捕手の好リードと投手の素晴らしいピッチング、内・外野手の好守備により、ピンチを切り抜け、着実に試合を運びました。そして、長単打を含め、みんなでつなぎ、チャンスに一機にたたみかける攻撃は見事でした。15人で勝ち取った県優勝本当におめでとう!!
3年連続中国大会出場を果たした、陸上部男子3000メートル第3位の大呂くん、強豪の気高中・桜が丘中を制して第3位を勝ち取った男子バレーボール、東部地区チームとして、中西部のペアを制してベスト8を勝ち取ったソフトテニス部谷口綾・谷口愛ペアの健闘も光りました。
7月14日(土)・15日(日)に行われた水泳競技の部、男子100m自由形で見事第3位に輝いた春摘くんの健闘も心に残ります。
中国中学校総合体育大会は、8月3日(金)~5日(日)には水泳が、8月7日(火)~9日(木)には、陸上、野球、ソフトテニスが、福山市、米子市、広島市内、尾道市の各会場で行われます。
智頭中学校から出場する選手の皆さん、智頭中学校、そして鳥取県代表として頑張って来てください。健闘を祈ります。頑張れ智頭中生!!
 

県中総体に挑む  頑張れ智頭中生!!

 いよいよ、今日から3日間県中総体が行われます。智頭中学校からは東部総体を勝ち抜いた、野球部、ソフトテニス部、男子バレーボール部、そして陸上部が中部地区を中心とした各会場で開かれる大会に参加します。
東部総体を終えてから1か月半の間、課題の克服に努め、さらなる高い目標を達成するために、力をつけチーム力を高めてきました。
 顧問の先生やコーチの方の献身的な指導のもと、声を掛け合い、励ましあって練習してきたことを思い出し、自分のできること、これまでやってきたことをすべて出し切るという気持ちで試合に臨んでほしいと思います。
 中国大会に通じる大会です。一球に集中し、一秒でも速く、あきらめない心で、一試合一試合、一レース一レースを戦ってほしいと思います。先週一足早く行われた水泳競技の部での、智頭中生徒の快挙に続いてくれることを期待します。頑張れ智頭中生!!健闘を祈ります。
 

明日・明後日 東部総体 10日はサマーブラスコンサート

 いよいよ明日・明後日が東部総体の日となりました。3年生にとって、3年間の集大成となる大会です。この日のために、3年間練習につぐ練習を積み上げてきました。同じ思いを持つ仲間が、切磋琢磨し、お互いを高めあってきたその練習の成果を発揮する時が来たのです。どの部活動もチーム一丸となって戦ってきてほしいと思います。
各部の部長が力強く抱負を語ってくれました。野球部は、一戦一戦を着実に勝ち上がり、「優勝」という目標を達成してほしいと思います。女子バレー部は県大会出場を目標に大爆発を、卓球部男子は、互角に戦えるようになった相手を何としてでも倒し、男子バレー部は県大会優勝をめざして戦い、そしてソフトテニス部は、「出場する試合は優勝」という目標をぜひ達成してほしいと思います。吹奏楽部は、「一音入魂」で、聞いている人が笑顔になるような演奏をして来てください。
「1年2年3年全員で、一つのことを成し遂げることこそ部活動の醍醐味。みんなで頑張ろう」と書き記した3年生バレーボール男子部員の言葉を胸に期して、東部総体に出場するすべての部活動がもてる力をすべて出し切ってきてくれることを願います。がんばれ 智頭中生! 健闘を祈ります。
 

大山登山 45人全員登頂おめでとう!! 

 智頭中学校1年生は、5月10日(木)・11日(金)に、1泊2日の大山登山旅行に出かけました。「大山を仲間と共に登り切れ!」のスローガンのもと、大自然に触れ、仲間と励ましあいながら、苦しい道のりを登り切ろうと心に決めて臨みました。この日、登山開始の正午ごろは、少し寒いくらいで、快晴でしたが暑過ぎず、絶好のコンディションでした。45人全員が、長く険しい道のりをものともせずと言ってもいいほど、遅れる人もなく登山し、頂上を制覇しました。山頂から見る景色は本当に素晴らしかったことと思います。
 2日目は、泊の潮風の丘という施設で班対抗グランドゴルフを行いました。他の利用者でにぎわっていましたが、行儀よく順番を待ち、自分や友達のプレーに一喜一憂し、歓声をあげながらグランドゴルフに興じました。
 友達の良さを発見したり、決まりを守ることの大切さを学んだりして、一回り成長して帰ってきました。2日間の日程を無事終了し、全員元気に帰校しました。
 

多くを学んだ「職場体験学習」大変お世話になりました

 智頭中学校2年生は、5月9日(水)から11日(金)の3日間町内21事業所でそれぞれ職場体験学習を行いました。3日間の体験を終え、本日1時限目に報告会を行い、2時限目3時限目とかけて、お礼状やレポート(職場体験新聞)を作成しています。1事業所に1名か2名で体験し、このうちの一人が代表で、この3日間で学んだことや感じたことを簡単に報告しました。町内の企業や公共サービス、飲食店等、職種や分野は違いますが、実際に体験しなければわからなかったことも多く、貴重な体験学習となりました。
 間違いや迷惑、お店の信用を損なうようなことがあってはならないなど、緊張の連続でしたが、それだけに、真剣に、また挨拶な等不慣れなことでも進んでやるように心掛けました。
 仕事の大変さと共に、やりがいを感じ、事業所の方々に優しくご指導いただいたことや、地域の方々に励ましの声をかけていただいたことがとてもうれしかったようです。各事業所の皆様には本当にお世話になりました。
 

1年生は明日・明後日と大山登山に出かけます

明日、明後日と智頭中学校1年生が大山登山に出かけます。中国地方最高峰千七百メートルを誇る伯耆富士大山に登ります。長い道のりですが、忍耐強く、そして、互いに励ましあい、助け合いながら頂上を目指してほしいと思います。
「大山を仲間と共に登り切れ!!」というスローガンをぜひみんなで達成しましょう! 決まりを守り協力し合う態度、励ましあいながら登山する友愛との忍耐力、
そして大自然とのふれあうことを目標に今回の大山登山を成功させてほしいと思います。今晩は体調を整え、万全を期して明日を迎えましょう。
 

3日間職場体験学習でお世話になります

2年生は本日より3日間、町内各事業所で職場体験学習を行っています。ガソリンスタンド、智頭図書館、智頭急行、トスク智頭店等、町内21か所の事業所でお世話になっています。実際に体験してはじめて、働くことの大変さややりがい意義を理解することができるのだと思います。各事業所の指導員の方々に大変お世話になり貴重な体験学習をさせていただいております。多くを学び、一回り成長して帰って来てくれることを期待しています。
 

校歌コンクール縦割り合唱練習開始

校歌コンクール縦割り合唱練習開始。
昨日5月8日(火)、24日(木)の校歌コンクールに向けて全学校1組、2組がそれぞれ、体育館とこもれびホールに分かれて練習を開始しました。1年生から3年生が縦割りで練習をします。3年生の実行委員の指導のもと、縦割りのグループで上級生・下級生が心を通わせながら取り組んでいます。クラス対抗はもとより、この縦割り1組対2組のコンクールも定評があります。昨年はどちらかというと控えめだった現3年生、やはり3年生になると違います。しっかりと、1・2年生を引っ張ってくれています。コンクールまで2週間あまり、しっかり練習して本番を迎えてほしいと思います。

 

沖縄修学旅行 無事に終了 多くを学び良い思い出ができました

 智頭中学校では、4月19日(木)から21日(土)、2泊3日の行程で沖縄への修学旅行に行って来ました。3年生47名全員が伊丹空港から飛び立ち、全日程を滞りなく終え、帰校しました。平和記念公園や糸数豪での見聞、民泊体験、美ら海水族館、首里城見学、国際通り散策等を通して、本当に3日間貴重な学習を積み上げました。2年生の3学期ごろから行った沖縄調べや日頃の教科学習をもとに、課題意識をもって臨んだ今回の修学旅行は本当に実りの多い旅行となりました。
 「 過去と現在から未来へ ~ 「ぬちどう宝」を実感し 「ゆいまーる」をして未来へつなげよう ~ 」というスローガンを 胸に一人一人が深く学ぶことができたと思います。
 3年生の誠実で心優しい人柄が随所に表れ、47人全員で最高の修学旅行にしようという意欲にあふれた本当に素晴らしい修学旅行となりました。
 修学旅行のたくさんの良い思い出と深い学びが今後の学校生活にきっと生きてくると思います。
 お疲れさまでした。 
 

リーダー研修会終わる

 本日4月14日(土)智頭中学校にて、リーダー研修を行いました。参加者は、生徒執行部役員、専門委員長、各クラス正副級長総勢24名でした。
この研修会の目的は、リーダーとしての資質・能力を高める、リーダーとしてのお互いのつながりを深め、行事や学校生活を円滑に進めていく基盤を作るです。そして、本年度生徒会スローガンと各委員会の目標を決定します。
 私校長による話を最初に行い、そのあと、アイスブレーキング(ゲーム形式)による雰囲気づくりを行います。そして、メインイベントのスローガン決めへと移っていきます。今日までの間に各クラスでスローガンのキーワードとしたい言葉を募っておき、それをもって、話し合いを行います。2時間にわたる協議の末、本年度の生徒会スローガンが決定されました。今後の生徒総会で全校生徒へ伝達されることになっています。
 昼食には、焼きそばやお好み焼き、ホットケーキをつくって食べ交流を深めました。参加者の皆さんお疲れさまでした。充実した研修会となりましたね。
 

45名の新入学の生徒を迎えました

 本日、平成30年度智頭中学校入学式を行いました。
入学生45名が、小学校6年間のたくさんの思い出を胸に、中学校生活への夢と希望、大きな期待を抱いて入学しました。初々しい制服姿、きりりと引き締まった佇まいに中学生になった決意を感じ頼もしく思いました。
 「当たり前のことを当たり前にする」「他の人への思いやりの気持ちをもって、相手のことを優先できるようなふるまいを心がけていこう」ということを式辞の中で話しました。
 今日から智頭中生として、2・3年生と共に楽しく充実した中学校生活を送ってくれることを切に願います。
 新入生のみなさん、保護者のみなさま、本日はご入学まことにおめでとうございました。
 

平成30年度1学期がスタートしました

 16日間の春休みを終え、4月9日(月)、平成30年度1学期がスタートしました。新着任2人の先生方を迎え、2年生39名、3年生47名全員が元気に新学期を迎えました。始業式では、小規模校となっても、智頭中学校生徒の生活態度、物事に向かう姿勢は他校の生徒に勝るとも劣らないこと、一生懸命に頑張る姿勢が、昨年度の学校行事や対外試合で実を結んだことを称賛しました。
 将来の夢や目標を持ち、一年後2年後の自分を思い描きながら、一年間の学習を組み立てていくこと、また、今年も智頭中の生活信条である、「凡事徹底」「一生懸命」「仲間とつながる」「地域で育つ」を心にとどめて生活してほしいということ等を話しました。
 進級を中学校3年間の生活の節目として捉え、決意新たに本年度の学校生活を始めてくれることを期待します。
 

卒業おめでとう!! 夢に向かって大きくはばたけ!!

 3月9日(金)第58回智頭中学校卒業証書授与式を行いました。あいにくの雨模様となり寒さが舞い戻った天候でしたが、保護者の皆さま、多くの来賓の皆さまにご参列いただき、寒さを感じさせない程、深くあたたかい愛情に包まれた卒業式となりました。
 3年前、3年生が、真新しい制服に身を包み、中学校生活への期待と希望に胸を膨らめせて中学校に入学してきたことを昨日のことのように思い出します。
 あれから3年、本当に大きく成長した54人の卒業生。皆さんの3年間の努力を心から称えたいと思います。
 何事にも積極的に取り組むパワーのある学年でした。日々の学習、学校行事、生徒会活動、部活動に一生懸命取り組み、第58回卒業生として新たな歴史の1ページを残してくれました。
 皆さんの活躍はまさしく智頭中学校のレジェンドとして、後輩たちに、いかに生きるかを示してくれるものになるでしょう。
 卒業おめでとう!!
 

卒業お祝いバイキング給食 ありがとうございました

 2月16日(金)、恒例の卒業お祝いバイキング給食をしていただきました。卒業を控える3年生を対象に教職員も一同に会し、給食センターの方にご準備いただいたピザ、お寿司、スパゲッティ、ミードボール、メンチカツ、デザート等、たくさんの種類のご馳走をバイキング形式でいただきます。
 生徒は、招待状を作って、職員を招待してくれます。この日も各テーブルごとに、職員室まで職員を呼びに来てくれ、その後、楽しく会食をしました。3年生生徒一同、9年間お世話になった学校給食を思い起こし、楽しい思い出とともに感謝の気持ちで胸が一杯です。栄養士さんや給食センターの職員の方に本当にお世話になり、心身ともに大きく健康に育てていただいことに心から感謝しています。
 楽しみにしていた卒業お祝いバイキング給食も終わり、残り少ない中学校生活、そして高校受験へと向かいたいと思います。
  
 

文化祭 成功裡に終わる

   11月3日(金)文化の日に、「届 ~智頭中から広がる思い尊重しよう心の輪~」の生徒会スローガンのもと、智頭中学校文化祭を開催しました。「届(とどける)」をテーマにした文化祭の意義を表現したオープニングの生徒会劇で文化祭が始まり、日本語弁論、英語弁論・暗唱で、美術部の影絵、総合的な学習の発表、吹奏楽部の演奏と続きました。弁論による問題提起、また、影絵「花さき山」による日本人の心の美しさの伝承、吹奏楽部の楽しい演奏と、日頃の学習や活動の成果を十二分に発表してくれました。そして、総合的な学習は、智頭町の良さを再発見し、今後の活性化について会場の人たちとともに考えることのできた発表でした。
 午後の合唱コンクール、全校合唱では、全身全霊で歌詞の内容を伝えようと精一杯歌う姿と美しいハーモニー、迫力のある歌声に、会場全体が感動しました。素晴らしい歌唱力で歌い切った3年2組、そして、それに勝るとも劣らない表現力で歌いきった3年1組。すべてのクラスにとって、文化祭へ向けて練習を重ねた過程と歌い切ったあとの感動体験はきっと他の何にも変えがたい体験になったと思います。エンディングでは、紙飛行機で人から人へ届ける気持ちを表現しました。そのアイディアと一生懸命な演技が文化祭を盛り上げてくれたことは間違いありません。
 保護者の皆さま、地域の皆さま、温かいご声援ありがとうございました。

  


 
 

準備万端 いよいよ明日が文化祭です

   いよいよ明日が文化祭となりました。生徒たちは、この日のために、全校をあげて練習と準備を行ってきました。展示会場(こもれびホール)には、多くの生徒作品が、1階廊下には国語の作品、理科の自由研究が展示されています。
  ステージ発表の最終リハーサルも終え、準備万端当日を迎えるのみとなりました。
会場に来ていただく皆様に感動を届けられる文化祭になることを期待しつつ、この記事を書かせていただいています。
   本日目にした3年1組の最新学級通信の一節を掲載します。
 「そう「(合唱コンクールで)グランプリを目指して」「届けるを目指して」・・この目的のもと、皆が戦えているからだと思う。だから、お互い言い合える、それを仮に腹がたったとしても、実践しようとできるのである。戦える集団はかっこいい。何よりも一体感を感じる。一体感があるから強い。明日そんな思いが届くといいなー」
 担任の思いのこもった一節です。合唱コンクールでグランプリ(第1位)をとるために生徒たちは、その練習の過程で泣いたり笑ったりしながら、合唱を大成していきます。各クラスがその合唱を競い合うことで、より高いレベルの合唱が生まれます。
そして、その過程を通して、生徒たちは、より高みを目指して頑張る態度を身に着けたり、仲間との絆を強めていきます。上の学級通信の一節は、智頭中のそんな様子をよく表現してくれています。
 明日は多くの皆様のご来場をお待ちしております。
 
 

智頭小6年生の児童の皆さん、中学生の合唱を聞いてくれてありがとう!

 本日11月1日(水)、2時限目に、智頭小学校6年生の48名の児童の皆さんが、中学校3年生の音楽の授業を参観に来てくれました。みんなが揃って中学校に来てくださったのは今回が初めてだったと思います。
 中学校の印象はどうでしたか。訪問の目的は、中学生の合唱を聞きたいということでした。中学校3年生の歌う歌声は、小6の児童の皆さんにはどのように映ったでしょうか。智頭中学校の生徒の合言葉は「一生懸命がかっこいい」です。何事にも、真摯な態度でひたむきに、一生懸命に取り組む姿がかっこよく、その姿は見る人の感動を呼び起こすものであるということです。
 本日参観していただいた3年2組の生徒もまた、学校行事に部活動に、そして勉強に一生懸命取り組んできました。そんなお兄さんお姉さんの姿が智頭小6年生の児童の生徒の皆さんに少しでも参考になればと思います。
 中学校の生徒もまた皆さんに合唱を聞いていただいてうれしかったです。そして、
参観していただいたあとに、感想を言ってくれた5人の児童のみなさん、勇気をもって、発表してくれましたね。素晴らしかったです。みなさんの感想はあの後すぐに3年生に伝えました。
 また、ぜひ見に来てください。文化祭にもぜひ中学校へ足を運んでください。待っています。
 

今年も西岡レッスン(鳥取大学西岡先生のご指導)を受けました

 10月11日(水)、25日(水)の2回にわたり、鳥取大学西岡先生を講師にお招きし、文化祭合唱へ向けての、歌唱指導をしていただきました。毎年、文化祭前にはおいでいただき、恒例となっている行事ですが、生徒たちは、西岡先生にご指導いただく日を心待ちにします。それもそのはず、指導していただく前と後では、その歌声や大変な差異を生むからです。その飛躍的な成長、上手に歌えるようになっていくのが、生徒自身にも実感できるからです。西岡先生のパワフルなご指導、子供を引き付ける術は私たち教職員にも大変参考になります。
 西岡先生の2回のご指導を受け、今年も素晴らしい歌声をお聞かせできること間違いなしです。「智頭中の生徒は本当によく歌う、これも日ごろの音楽の先生の指導があってのことだから。」というお褒めの言葉もうれしい限りです。
 確かに智頭中生の合唱に対する姿勢は定評があります。そして、このクラス合唱、全校合唱に取り組む過程を通して、生徒たちは、各クラスで、または、上級生・下級生の間で絆を深めて行きます。
 西岡先生が、練習の最後に、奥様のピアノ伴奏で披露してくださる歌は、全生徒・全職員が虜になる本当に素晴らしい歌声です。今年は、「夏の終わりに」と卒業式によく歌われる「旅立ちの日に」をご披露いただきました。西岡先生、毎年、ご指導をしてただいた上に、プロの歌をプレゼントしてくださり、本当にありがとうございます。

 
 

自分の健康に関心を持ち、心身ともに健康に生活しよう

 10月24日(火)午後15時から学校保健委員会を開催しました。学校保健委員会の目的は、子供たちに、自他を大切にし、、自立心や自律性を育成し、健康な心と体、自己コントロール能力を身に着けさせることを趣旨としています。そのために、学校、保護者が関係機関が連携して、必要な学校環境の整備を行うものです。
 学校医、学校薬剤師、学校歯科医、栄養教諭、養護教諭をはじめとする学校の関係職員を構成メンバーとして、これらメンバーが一同に会し、話し合いを持ちます。
 今回の学校保健委員会のテーマは、「自分の健康に関心を持ち、心身ともに健康に生活しようとする智頭中生を育てよう」ということでした。
 智頭中生徒の現状、健康・出席状態、基本的生活習慣、メディアとの使用状況など現代的な問題も含めながら、上記テーマに迫る話し合いを進めました。
 大谷学校医さんからは、交感神経系を鍛えることの大切さ、本来のシステムを崩すいろいろなひずみを軽減することが大切であり、そのために、自分の呼吸に合わせてより健康的なリズムをつくることであるということを話していただきました。
 子供たちはもちろん、大人の私たちがまず、自分の健康に関心を持って生活することが大切だと思いました。ご参加いただいた委員の皆さまありがとうございました。 
 

子育て支援センターとの交流事業 命の大切さを学ぶ

 去る10月19日(木)、26日(木)の2日間にわたり、3年生が、子育て支援センターとの交流事業を行いました。本交流事業の目的は、中学3年生が、命の大切さや子育ての大変さを学ぶということにあります。
 山郷地区に拠点を持つ「子育て支援センター」に参加される赤ちゃんとそのお母さんと交流し、幼き命が親や家族、周りの人に大切に守られ、大きく大きく育っていく過程を学びます。目の当たりにする赤ちゃんは本当に愛らしく、中3の生徒たち一人ひとり、優しい気持ちになれました。楽しくあたたかい気持ちになったひと時でした。
 

智頭農林高校との連携事業 沖縄修学旅行のお土産づくり終わる

 10月18日(水)、毎年行っている、智頭農林高校との連携事業で、2年生が、来年の修学旅行で訪問する民泊先へのお土産づくりをしました。
 今年は、昨年と同じく、3つのグループに分かれ、藍染めのハンカチ、ペン立て、ルバーブジャムを作りました。それぞれのグループで智頭農林高校の3つの科の先輩方に、指導をしていただいて、一つ一つ丁寧に、また、安全、品質に気を付けながら
丁寧に作成していきました。おかげをもちまして、来年沖縄に持参するすべてのお土産が完成しました。準備万端、来年の修学旅行楽しみですね。
 

智頭中男子駅伝部 県駅伝大会 堂々8位入賞 

 去る10月17日(火)、米子東山公園どらドラパーク周回コースで、鳥取県中学校駅伝大会が、開催され、智頭中学校男子駅伝部が出場しました。東部地区大会で6位という好成績を納め、4年連続の県駅伝大会出場でした。
 例年に比べ部員の数は少なく、少数精鋭12人で挑んだ大会となりました。7月の駅伝部結成以来3ヶ月間、競技力・精神力の向上を目指して、一人一人がそして、12人が一丸となって練習に取り組んできました。
 前日の壮行会で、「駅伝競走の魅力は、個人がチームのために限界に挑戦し、襷をつなぐというところにある。一本の襷で心を繋ぐ。苦しい練習を共にし、乗り越えてきた仲間だからこそできることだ。」ということを話し、「駅伝部に入ると自ら名乗りを上げ、挑み続けた12人のみんななら、きっとそんな走りを見せてくれると思う
。」さらに、「智頭中学校の襷には、歴代の、これまでの先輩達が大会で繋いだ「汗と涙」が滲んでいること、そしてそれは次の代に繋ぐ襷でもある。」という言葉を励ましの言葉としてかけました。
 1区 大呂君(2年)、2区小林君(2年)、3区 岸本君(2年)、4区山本君(1年)、5区 萩原君(2年)、6区 谷村君(3年)のメンバーが、智頭中の名を背負って、仲間のためにそして、智頭中学校のために精一杯の走りを見せてくれました。タイムトライアルに出場した加賀田君(1年)草刈君(2年)も、粘り強い走りを見せてくれました。
 12人全員で勝ち取った8位入賞でした。あっぱれ!智頭中駅伝部!!
 

 

東部地区中学校秋季大会 大健闘しました

 去る10月6日(金)、7日(土)、14日(土)の3日間、東部地区中学校秋季大会が開催されました。3年生が引退して以来、一から新チーム作りを行い、1・2年生にとってこの大会が始めての大きな大会でした。どの部も、先輩たちが築いてきた伝統を受け継ぎ、部活動延長や、土・日の練習を通してつけてきた力を精一杯に出し切り、戦ってくれました。智頭中生らしい、さわやかな試合態度、フェアプレイ精神で、チーム一丸となって戦う姿は、見ていても清々しいものがありました。中でも野球部は、9人という少ない部員で試合に臨み、どの選手も自分の最高の力を出し切り、すきのない守備、集中安打で1戦1戦勝ち上がり、東部地区優勝という偉業を成し遂げました。目指していた目標を十分に達成できず悔しい思いをした部活動もあったと思いますが、どの部活動も一勝は成し遂げ、善戦をしてくれたことを称えたいと思います。今後のさらなる飛躍を期待します。
 野球部 優勝 一回戦 対江山中 16-0
        2回戦 対岩美中  2-1
        準決勝戦 対桜が丘中 5-0
        決勝戦 対八頭中  7-3
 ソフトテニス部
 個人戦  準優勝 壽村・山根ペア  団体戦 第5位
 男子バレーボール部 第5位
 女子バレーボール部 予選リーグ 1位通過 
           決勝トーナメント 2回戦で敗退
 卓球部  団体戦  一勝2敗で予選リーグ敗退 
 

  

    

 

「見て、泊まって、また きんさい。」民泊マラソン参加大成功!!

 本日9月24日(日)、晴天のもと、第4回智頭町民泊マラソン大会が開催されました。智頭中学校3年生は、昨年度のこの大会の下調べを経て、今大会へ全員で参加・協力をしました。
 3年前から智頭中学校は、智頭町百人委員会の取り組みの仲間入りをさせていただいております。
総合的な学習の一環として、智頭町の活性化のために何ができるかを探求・実践する学習です。
「来て、見て、泊まって、また きんさい。」というスローガンを立て、一年間をかけてこの事業・学習に取り組んできました。
 1年生の時の町内民泊・修学旅行での沖縄の家庭での民泊経験を踏まえ、町政
100周年記念の事業として始められ、第4回目を迎えられる智頭町主催全国民泊マラソンをもっと良いものにできないかという発想で取り組みました。
 マラソン参加、給水所での支援、走者を走りやすくする看板設置、写真撮影、アンケートの実施等、いろいろな役割を考案し、3年生全員がそれぞれの担当場所で、マラソンランナーの支援とこのイベントの活性化に貢献しました。
 前日レセプション、スタート地点山郷小学校での開会式、各地点を周回してみました。どの箇所でもさわやかに声をかけ大会を盛り上げようとする3年生の姿に感心しました。
 1年間をかけて行ってきたこの学習を通して、学んだこと、得たものはたくさんあると思います。
 今後の報告会を楽しみにしています。中学校の本学習を支援して下さった町役場の職員の皆さま、生徒の輸送などご協力いただきました保護者の皆さま、ご協力いただき本当にありがとうございました。
 

東部地区駅伝大会、男女ともに力走しました

 9月19日(火)、台風一過、晴天のもと、コカコーラスポーツウエストパークで、東部地区駅伝競走大会が開催されました。東部地区22校の参加のもと、激戦が繰り広げられました。
 智頭中学校は、男子12名、女子5名、合計17名の選手団で、2ヶ月間の練習の成果をすべて発揮する覚悟で、そして、男子は上位入賞を目指して大会に臨みました。女子は残念ながら4区までを走り途中棄権としましたが、夏休みをかけて互いに声をかけ合いながら練習を続けてきたことを思い起こし、4区間どの区間の選手も一歩一歩を着実に見事走り抜きました。学校のために走ろうという決意を力に換え、他校の生徒に劣らぬ快走・粘走を見せてくれました。
 タイムトライアルには、男子1年生の部門(2キロ)と2・3年生の部門(3キロ)に出場しました。中でも男子1年生の部門では4位に入るという力走をしました。
 男子駅伝は、1区から6区まですべて3キロの6区間を走ります。智頭中の6区間は、3年生が一人、2年生が4人、1年生が一人の6人で構成しました。1区は6着、2区は4着、3区は6着、4区は5着、5区・6区は6着と安定した順位で、6位入賞を果たしました。
 今年の智頭中男子駅伝部は陸上部10人、野球部2人の部員で例年より少ない構成メンバーでした。一人一人の競技力を向上させることともに、チーム全体の士気を向上させることを忘れないように取り組んできました。互いに声を掛け合い、励まし合って12人の心を一つにして頑張り、総力で戦っていくことを念頭において練習を続けた2ヶ月間でした。
 6区間すべての選手が、自己ベストを出し、チームに貢献できるよう胸に期して、そして、サポートに回った生徒も、試合前後の準備や後片付け、タイムキーパー等、選手のサポートを一生懸命に行い、総力で勝ち取った6位入賞でした。17名の選手の皆さん本当によく頑張りました。
 

生徒会立ち会い演説・生徒会選挙終わる

 本日9月14日(木)、5・6時限目に生徒会役員選挙を行いました。本校の生徒会は、執行部(生徒会長、副会長2人)、専門委員会(6部門)、庶務で成り立っています。本日の立ち会い演説会では、生徒会長に二人の立候補者と生徒副会長は男女それぞれ1名が立候補した他、専門委員長5名が立候補しました。合計9名の立候補者が応援弁士の応援演説を得て、演説を行いました。生徒会に入って頑張ろうと思っている理由とどのような学校を作りたいのかを述べました。
 今年の立ち会い演説会で特に感じたことは、応援演説者が、それぞれの立候補者の人柄やこれまでの実績を強調し、この人ならより良い学校作りをしてくれるということを自信を持って述べていたことです。
 立候補者の演説からは、その人柄と各クラスでや部活動でやってきたことが如実に表れていて、どの生徒も、今の3年生がやってきたことをしっかりと引き継ぎ、智頭中学校をもっと良くしていくために、自分なりの考えを持っていることがよくわかりました。
 毎年思いますが、その学年の特色が生かされた素晴らしい立ち会い演説会となりました。全校生徒にとって、この意見表明を聞くことができたことだけでも貴重な体験です。

 

CKGK ”智頭町は今日も元気です”計画 始まる!(2年生総合的な学習)

 2年生は、本日、総合的な学習の一環として、智頭町の活性化のためにどんな方法があるのかを考える学習を始めました。智頭町百人委員会の取り組みとタイアップし、12月に行われる町への企画提案会に参加します。
 今日は、智頭町企画課の職員の方2名に、この提案を行っていくためのヒントを得ることを目的として、智頭町の概要をプレゼンしていただきました。
 始まったばかりですが、来年の事業実施に向けた大きな意味のある最初の授業でした。生徒達は智頭町の知られざる部分や、そうだったのかと改めて認識するような事柄に熱心に耳を傾けていました。今日のお話からヒントを得て、智頭町活性化戦略案を考案してほしいものです。
 題して、「CKGK」 (”智頭は今日も元気です” 計画)です。どんな計画ができるか楽しみです!!
 

3年生学年弁論大会終わる

 本日9月13日(水)、こもれびホールで、3年生の学年弁論大会が行われました。学年弁論大会には、それぞれのクラスで行われる学級弁論大会を経て、各クラス代表3名、合計6名の弁士が発表します。6名の弁士が、それぞれ、中学校3年間の経験をもとに作文を書き、その思いや考えを学年の生徒全体の前で発表しました。どの弁論も素晴らしい内容で、聞き応えがありました。そのあふれんばかりの強い思いに共感した生徒も多くいたことと思います。それぞれの弁士の訴えたいことに胸を打たれ、何度か涙が頬を伝わるのを覚えました。
 貴重な時間を3年生全員が過ごせたと思います。弁論大会に真摯に取り組んでくれた3年生のみんなに感謝します。指導をして下さった国語科の先生や担任の先生、ありがとうございました。
 

秋季大運動会を成功裡に終えることができました

 9月2日(土)、晴天のもと、智頭中学校秋季運動会を開催しました。午後は、強風にあおられることも何度かありましたが、晴れ間ものぞき、一日過ごしやすい天候の中、無事に全日程を終了しました。生徒達は、夏休みも惜しまず練習してきた成果、また、2学期が始まってから実質1週間ほどの短い期間集中して練習してきた成果を出し切るという気持ちで運動会に臨みました。
 すべての演技でその一生懸命な姿を見ていただくことができ、今年も成功裡に運動会を終えることができました。保護者の皆さま、地域の皆さま、あたたかいご声援ありがとうございました。
 

2学期始業式を行いました

 8月24日、2学期の始業式を行いました。33日間の夏休みを終え、生徒達は一回り成長し、元気な顔で登校し、始業式を迎えてくれました。
 一年間で一番長い2学期が始まりました。運動会、生徒会役員選挙、駅伝、秋季大会、文化祭と大きな学校行事や対外の試合があります。
 それらへ向けての準備や練習を通して、より良い学級作りや集団づくりをしていってほしいと思います。3年生は、いよいよ進路選択へ向けての大事な時期に入ります。学習に力を入れて希望の進路実現へとつなげていきましょう。 2年生は学校の中心として生徒会を動かしていく立場となります。自主的で活発な生徒会活動をめざして下さい。1年生は、2・3年生の姿に学び、一層の中学校生活の充実を図ってほしいと思います。
 2学期も共に頑張りましょう!!
 

PTA環境整備作業ありがとうございました。

  去る8月20日(土)、午前中PTA事業部主催の環境整備作業を行っていただきました。保護者の皆さま及び生徒の皆さんには、早朝より作業にあたっていただきありがとうございました。こもれびホールや教室、外回りの梁や桟のほこり取り、校舎外周の窓ふき、敷地内・グラウンドの草取り等、普段できないところを親子できれいにしていただきました。また、桜土手も各支部より草刈り機を提供していただき、広範囲を刈っていただきました。おかげをもちまして、本当にきれいな美しい環境の中で2学期の学校生活を始めることができそうです。ほぼ全員の保護者の方にご参加いただき、惜しみないご協力をいただきましたこと、そして、お家の方と共に一生懸命働き、いい汗を流す中学生のすがすがしい姿があったこと、とてもうれしく思っております。教職員一同感謝の気持ちで一杯です。計画・運営にあたっていただきました事業部の皆さま、各支部長さん、執行部の皆さま、大変お世話になりました。

 

韓国楊口中学校・智頭中学校青少年交流事業盛会に終わる

 7月28日(金)~8月1日(火)の、4泊5日の日程で、韓国楊口中学校・智頭中学校国際交流が行われました。楊口男子中学校・女子中学校からそれぞれ6名ずつ、合計12名の生徒と随行の先生方4名が28日(金)に関空経由で智頭町に到着しました。
 到着後、午後17時30分から、西粟倉村旬の里で、寺谷町長、長石教育長を始めとする町関係の皆さんと智頭中学校の受け入れ家庭12名の生徒と保護者等、多くの方々の列席のもと、歓迎晩餐会を盛大に行いました。
 29日(土)には、半日(9時から13時)、智頭中学校を会場に交流会を行いました。校舎案内・歓迎会・茶道体験・フットサルスポーツ交流会・ソーメン流しという日程で、受け入れ家庭の生徒と生徒会執行部のメンバーが交流をしました。
 3年前、平成26年8月の智頭中学校での交流会では、校舎がまだ半分しかできていませんでしたが、2年前に完成した現校舎を見て、その施設の素晴らしさに感嘆の声をあげていました。歓迎会では、互いの挨拶や学校紹介、プレゼント交換を行いました。茶道体験・ソーメン流しという日本文化を紹介できたことも大変有意義でした。
 勤労者体育館でのフットサルスポーツ交流は生徒会が企画運営を担当し、男女ともに大いに盛り上がり、互いに声を掛け合いながらいい汗をかくことができました。日韓戦は、韓国に軍配があがりました。
 ホームステーを受け入れていただいた家族の皆さまには、食事や寝具の準備、そして何よりたくくさんの心温まるおもてなしをしていただきました。受け入れ家庭の皆さまのおかげで、本当にいい交流ができ、智頭町の本交流事業の目的が十二分に達成できました。
 韓国交流団一行は、智頭町での交流を終え、31日(月)には、京都へ移動し、一日京都見学をし、本日韓国へ帰国しました。
 心に残る交流としていただき、智頭町企画課、教育委員会の皆さまに心よりお礼申し上げます。

 

鳥取県中学校総合体育大会 智頭中旋風巻き起こす

 去る7月22日(土)・23日(月)に米子東山運動公園のスポーツ施設を中心に県総体が開催されました。智頭中学校からは、バレーボール男子、女子ソフトテニス、卓球、水泳、バドミントン、陸上の6種目が出場しました。
 東部地区大会を突破し、県大会へと駒を進めた各部活動の出場選手達は、これまで練習してきたことをすべて出し切るという決意で大会に臨みました。
 水泳は、男子中学3年生50m、100m自由形で見事優勝、バドミントンは、第2位、女子ソフトテニスは、団体戦は強豪港山中学校に2-1で破れはしたものの、互角に戦い、また、個人戦でもベスト16まで進出するなど、目標としていた「県大会で通用する競技力」を十分に発揮し善戦しました。
 男子バレーボール部も二日目に残り、気高中、箕の蚊屋中と対戦し、破れはしたものの、これまでで一番良い試合内容で戦いました。
 卓球部男子個人戦でも、大会に出た選手にとって、初めての県大会出場だったのですが、物怖じすることなく、積極的に攻め、堂々と戦い、心に残る試合をしてくれました。
 陸上部は、男子砲丸投げで2位、2年男子1500mで第3位の成績を納め、両選手とも中国大会出場権を獲得しました。
 どの部活動も、日頃の練習の成果を十二分に発揮した素晴らしい試合でした。県大会という大きな大会を経験し、また一回り成長した生徒の姿を脳裏に刻んだ2日間でした。
 

智頭中学校視察研修ー島根県斐川流域林業活性化センターよりー

 7月19日(水)午前中、島根県斐川流域林業活性化センターより、関係職員の方26名が智頭中学校の木造校舎を視察研修に来られました。地場産の木材を使った建築物を地域の活性化に役立てることを目的とした本町の取り組みを今後の島根県当地域の事業に参考にされたいということで訪問されました。
 智頭中学校新校舎が完成するまでのいきさつ、その間苦心した点、特に工夫した点など、どのような未来構造図を持って智頭中学校木造校舎が建築されたのかを詳しく研修されました。
 子ども達の生活の変化や施設設備の利便性等、建築物そのものに関すること以外に建築物と学校生活の関係についての質問等もあり、視察を受け入れさせていただいた私たち智頭中学校にとりましても、地場産の木材使用が人間の生活や向上にどう関わってくるのかを改めて考えさせていただくよい機会となりました。
 斐川流域林業活性化センター関係の皆さま、視察にお越しいただき本当にありがとうございました。皆さまのご活躍と斐川流域の今後のますますのご発展をお祈りします。

 

清流間断無し  明日から33日間の夏休みに入ります

  本日7月21日、1学期の全授業日数を終了しました。
  1学期の間に、生徒達は多くのことをやり遂げました。修学旅行、職場体験学習、大山登山、校歌 コンクール、そして各種大会等、一生懸命に取り組み、成果をあげてきました。
  いよいよ明日から33日間の夏休みに入ります。
  「清流間断無し」、清らかな川の流れが途切れることのないように、人の活動も途切れなく行うことで、いつか大成に向かう、不断の努力の大切さを謳った禅語です。
  終業式に話に引用しました。
  間断なく(途切れることなく)学び続ける夏休みであってほしい(勉強はもちろん地域での活動、家でのお手伝いなどすべて含みます)と願うばかりです。
  早寝早起き朝ご飯と、規則正しい生活を送り、充実した夏休みを過ごして下さい。
 

第1回校内授業研究会 1年技術科 プログラミング学習

 昨日7月12日(水)5時限目、1年2組の技術の授業で、公開授業を行いました。智頭中学校では、平成25年度より、鳥取県の指導力向上に関わる委託事業を受けたりしながら、授業改善を推進してきました。この日は、広島大学大学院教育研究科の木下准教授に来ていただき指導助言と講話をしていただきました。
 木下先生には、平成26年度から3年間本校の校内研究推進の講師としてお世話になっています。
年3回智頭中にお越しいただき、智頭中教員の授業力向上のためにアドバイスをしていただいています。木下先生は、日本全国各小・中・高等学校から要請をうけられ、授業作りのための指導をしておられます。それだけでなく、海外でも教材研究に関わる指導もしておられるほどです。ご自身の経験や実践を踏まえてのご指導は、現場の職員にとって、非常にわかりやすく、実戦可能で、自分も取り入れてみようという意欲のわくものです。
  今年も一年間かけて、授業づくりを推進します。生徒のみなさん、保護者のみなさん、先生たちの授業、知的好奇心がかきたてられる、興味・関心の高まる授業に変わっていきます。ご期待下さい。

 

非行防止教室開催  

 7月11日(水)、4時限目に非行防止教室を行いました。鳥取警察少年サポートセンターから3名の
講師を迎え、学年ごとに非行防止についての講話を聞きました。
 万引き、車上盗、薬物等、非行の種類や犯罪にかかわる言葉の説明、巧妙な誘いの手口等について、実例を挙げてお話をしていただきました。
  断る勇気、まあこれくらいならと手を出してしまう最初の一回が、決め手となり、その後はずるずると引き込まれていく少年犯罪の恐ろしさを教えていただきました。
  日頃から、正しい判断と行動ができるよう、日々の生活の一つ一つをきちんと行っていくことが未然防止となることを胸に刻み、少年犯罪の危険にさらされないことが肝心です。
  どの学年も熱心にお話を聞くことができました。

 

東部地区水泳大会 智頭中選手団大活躍

  去る6月30日(金)、河原市民プールで、東部地区水泳大会が行われました。智頭中学校からは、10名の選手が参加しました。智頭中学校には水性部がありませんが、志ある11名の生徒が参加を希望し、今年も本大会に出場することができました。
  11名の選手の中には、水泳を専門にする選手もいれば、他の競技をしながら、水泳も頑張っている選手もいます。一つのことに打ち込み、練習を重ねてきたその成果を発揮すべく、大会に臨みました。当日は、体調不良で参加できなかった友達の分まで泳ごうという決意でスタート台にたちました。その姿は、実に頼もしく、また、智頭中生徒らしいさわかやかな競技態度でした
  11人の選手の自己ベスト記録に挑戦し続ける姿勢を称えたいと思います。

 第1位をとった種目 男子400m自由形リレー  男子2・3年生100m自由形
              男子2・3年生50m自由形 男子1年生50m自由形 男子2・年生背泳ぎ
 第2位をとった種目 男子1年生100m自由形 男子2・3年生100mバタフライ
              男子1年生50mバタフライ 
 第3位をとった種目 男子2・3年生100m背泳ぎ 男子2・3年生50m背泳ぎ
              男子400mメドレーリレー
  男子総合 第2位  男女総合 第4位
 

PTA研修会 ミンクス室内オーケストラ 親子で鑑賞 大盛況

去る、6月25日(日) PTA研修会で、ミンクス室内オーケストラの生演奏を聞きました。今年は、、本研修会を親子で生のオーケストラの鑑賞をするという企画で行いました。当日はたくさんの保護者、地域の方にもご参加いただき、大盛況に終わりました。
 今回は35人の奏者においでいただきました。アマチュアのオーケストラで、米子に拠点を置かれ、8割は鳥取県在住の方だということです。アマチュアのオーケストラといっても、ほぼプロに近い演奏でした。全国各地でプロ・アマチュアのオーケストラを問わず、指揮をされるプロの指揮者
松岡究(まつおかはかる)氏の指揮で奏でられる美しい音色、間近で聞く生の演奏の迫力に会場中が心を奪われ聞き入りました。
  吹奏楽部の生徒を始め、多くの生徒にとって、音楽に対する好奇心や関心を高め、「本物の音楽・芸術」にふれることのできた素晴らしい体験となりました。
  ちづコーラスの方の、鍛え抜かれた美しい歌声にもまた、感銘を受けました。生徒たちは大いに参考にさせていただいたと思います。芸術性・音楽性の高まるひとときでした。保護者の皆さま、地域の皆さまも熱心に聞いていただきありがとうございました。
                        
 

お知らせ

  6月13日(火)、コカコーラウエストスポーツパークの陸上競技場で、行われた東部地区中学校陸上競技大会は、湿度が少ない晴天の絶好のコンディションのもとに、22校の中学校が各種目で競い合いました。そして、そこでもまた、智頭中生のすがすがしい戦いぶりがありました。41人の選手団は、智頭中学校の代表選手であるという自覚をもって今大会に臨みました。服装や応援マナーは満点に近く、そして、すべての選手が、一つでも上をめざし、最後まで決してあきらめない競技態度を見せてくれました。
  智頭中生のこういった態度は、けっして一両日中にできたものではなく、一人一人の生徒が、日頃の授業や部活動、学校生活全体で心がけ、自ら育ててくれているものであるということを強く感じています。それだけに、その成果を本体会で随所に見せてくれた生徒の姿に感激しました。結果は男子総合第6位、女子総合第16位、男女総合第10位でした。生徒数は少ない小規模校ではありますが、その存在感を今年もしっかりとアピールできた大会でした。選手・補助員の生徒のみなさん、本当によく頑張りました。全校生徒のみなさん、声援をありがとう!!そして、保護者の皆さま、たくさんのあたたかいご声援ありがとうございました。
  
 

お知らせ

 校歌コンクール、東部総体、東部陸上、吹奏楽部はサマーブラスコンサートと、大きな行事や大会を終え、1学期も後半を迎えています。
 5月26日に行った校歌コンクールでは、各学級が校歌合唱を競い合いました。グランプリをとった3年2組の合唱は強弱やリズムに工夫がされ、ひときわ心を打つ合唱でした。しかしながら、1年生は1年生なりに、2年生は昨年よりも声量も増し、聞きごたえのある合唱で、どの学級の合唱も拍手を送りたい素晴らしい合唱コンクールになりました。
 全学年1組と2組が対抗する縦割りグループの合唱も両クラスとも一生懸命さの伝わる素晴らしい合唱を披露してくれました。
 
 5月31日(木)に、東部総体(6/1日、2日)に向けて壮行会を行い、3年間の集大成として頑張ってくるよう激励しました。どの部活動も大健闘をしました。3年間の練習はやはり、けっしてうそをつかない、勝つために日々練習を積み上げ、できることはすべてやって臨んだ大会。見事にその花を咲かせてくれた大会でした。
 野球部  
  1回戦  対河原中 3-1 (勝)  2回戦  対千代南中 0-4(惜敗)
        対千代南中戦は、9回まで0-0、延長10回のプレーオフ。元中学野球の監督をされていたある校長先生に「これぞ野球」と称賛していただいたほどです。敗れはしたものの智頭中野球部の底力を見せてくれました。
 女子バレーボール部 
  一日目 予選リーグ 対千代南中 2-0(勝) 対国府中 1-2(惜敗)
  二日目 決勝トーナメント 対河原中 2-0(勝) 対湖東中 0-2(惜敗
        チーム一丸となって戦い、2勝しました。ボールをよく拾い、サーブを決め、練習してきたことを精一杯出し切りました。あっぱれ女子バレー部  
 男子バレーボール部   第4位 (県大会出場)
  一日目 予選リーグ 対岩美中 0-2(惜敗) 対南中 2-0(勝)
  二日目 決勝リーグ 対北中 2-1(勝) 気高中 0-2(惜敗)
                対桜が丘中 0-2(惜敗)
              けが人があり、交代メンバーが奮闘し、苦境を乗り越えました。県大会までに怪我を直し、チーム万全の状態をつくり中国大会出場を果たして下さい。
 卓球部
  一日目団体戦  予選リーグ 対青谷中 1-3(惜敗) 対岩美中 0-3 (惜敗)
  二日目個人戦  萩原琴弥  ベスト24 (県大会出場)   
        団体戦は、惜しくも負けてしまいましたが、大健闘でした。個人戦は粘りに粘って勝ち取った勝利です。
 ソフトテニス部   
  一日目団体戦  団体戦 第3位
             予選リーグ 対青谷中 3-0 (勝)  対江山中 3-0(勝)
             2回戦 対河原中 2-0 (勝) 準決勝 対気高中 0-2(惜敗)
  二日目個人戦  第2位 初瀬・寺坂ペア  第3位 國本・谷口ペア  
             ベスト8 森田・山根ペア  ベスト24 古田・谷口ペア
        3年間、この日のために毎日練習をしてきました。その成果が見事に花開きました。
        団体戦で、そして個人戦でも、3年生全員が県大会に出場します。
 バドミントン
  二日目個人戦  第2位   河村 朝陽 (県大会出場)
        日々の厳しい練習を乗り越えてきました。中国大会、全国大会を見超して戦っています。県大会では頂点をねらいます。

 吹奏楽部  
  東部地区サマーブラスコンサート   6月11日(日) 於 とりぎん文化会館 梨花ホール
高校生・中学生そして一般参加もあるサマーブラスコンサートで、吹奏楽部16人が演奏しました。
曲目は、「ケルト民謡による組曲より」「美女と野獣」の2曲で、3年生がしっかりとリードする中、美しい合奏を奏でてくれました。8月に行われる県吹奏楽コンクールに向けてさらなる飛躍をめざして練習を再開しています。

  努力に努力を重ねた智頭中生。そのすがすがしい戦いぶりやパフォーマンスは私の脳裏にしっかりと焼き付いています。智頭中生、あっぱれ!!
 

入学式後、10日が経ち、4月後半に入りました

 入学式後、10日が経ち、4月後半に入りました。各学年とも、学級開き、学年開きを行い、新しいクラス、進級した学年での心構えと担任や学年担当の思いを聞き、心新たに新学年の生活を送っております。
 さて、この間、学校全体としての生徒へのオリエンテーション、1年生のための生徒会主催のオリエンテーションや部活動オリエンテーション等、年度当初の工夫を凝らした行事を行っています。
 1年生は、新しい制服、中学校ピカピカの校舎での生活、新しい教科書と、何もかもが新鮮で毎日嬉々として生活しています。その初々しい立ち振る舞いと笑顔に思わず笑みがほころびます。
 1年生との新しい生活は学校全体の喜びでもあります。部活動オリエンテーション、執行部オリエンテーションの写真です。
 

 先日は、PTA参観日、PTA総会、学年PTAに多くの保護者の皆さまのご参加をいただき大変ありがとうございました。おかげをもちまして、この日の日程を滞りなく終え、平成29年度のPTA活動が新体制の承認のもとに、スタートしました。全会員の皆さま、本年度も智頭中学校の教育にご支援をいただきますようよろしくお願い致します。

 明日から、3年生は、2泊3日の日程で沖縄へ修学旅行へ出かけます。これまで、学年の教員の指導のもと、実行委員の生徒たちが準備を進め、事前学習も行い、明日を迎えます。
 3日間安全に気を付け行ってまいりたいと思います。実り多き修学旅行になることを願いつつ、校長室からのお知らせと致します。
 
 本日4月10日(金)、平成29年度智頭中学校入学式を挙行いたしました。心配されました天候も好転し、桜土手の桜も、入学式を祝福するかのように満開に咲き誇りました。真新しい制服に身を包み、初々しく輝く瞳で入場する39名の入学生を迎えた時、胸に熱いものが込み上げてきました。新入生の皆さん、保護者の皆さま、本日のご入学本当におめでとうございます。
 私たち教職員及び在校生一同、お子様のご入学を心から歓迎し、お子様が明日からの学校生活を安心して、そして楽しく送ることができるよう、精一杯頑張って参りたいと思います。
 どうぞよろしくお願い致します。

 

お知らせ

この度の教職員人事異動により、智頭中学校に5名のものが着任しました。
 本日4月7日(金)に着任式を行いました。
 着任の職員は次の5名です。
  校 長       藤原 紀子(昇任 智頭町立智頭中学校)
  教 頭       山本 詠一(昇任 八頭町立八頭中学校より)
    事 務 主 幹  岡田 礼子(昇任 鳥取市立美保小学校より)
  教 諭        山本 健太(新採用 智頭町立智頭中学校)
    非 常 勤 講 師    中村 智子(智頭町立智頭中学校)
 
 本日の始業式をもって、平成29年度がスタートしました。
 私こと 藤原が、前任の橋本校長の後を引き継ぎ、校長職に就かせていただきました。
 至らぬ点が多いかと思いますが、新着任の山本教頭、岡田事務主幹を始め、全教職員と手を取り合い、全力で、よりよい学校づくり、保護者・地域の皆さまに信頼される智頭中教育の創造に邁進してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

  
 

5名の者が離任いたします

 本年末の教職員人事異動により、智頭中学校からも5名の者が離任いたします。
 3月24日に離任式を行いました。
 異動する5名は次のとおりです。

    事 務 主 幹  井谷 弘美(鳥取市立世紀小学校へ)
    非 常 勤 講 師    広岡 正夫(鳥取市立気高中学校へ)
    特支教育支援員  寺坂 雅美(町立ちづ保育所看護師へ)
    心の教室相談員  山崎 理恵(退職)
    校     長    橋本 浩之(八頭町立八頭中学校へ)

 さて、私も、上記のとおり、八頭中学校へ異動することとなりました。智頭中学校では、新米校長として三年間お世話になりました。「私なんかに校長が務まるだろうか?」と、不安な気持ち一杯で、桜土手の桜に迎えられて智頭中学校に赴任したのが昨日のことのように思い起こされます。
 今、改めて三年間を振り返ってみますと、元気で可愛い子ども達と、いつも温かく協力して下さった保護者の皆様、そして地域の皆様、教育委員会を始めとする町当局の絶大なる支援の下、本当に充実した三年間を過ごすことができました。
 また、五十年に一度と言われる『校舎改築』の大事業にも立ち会わせていただき、立派な校舎に負けない『新智頭中』の創造へむけて、生徒、職員が力を合わせて、希望に満ちた最高に楽しい三年間を過ごさせていただきました。
 私は、大好きな智頭中学校を去りますが、私の後任には教頭の藤原がそのまま昇任しますし、上を見ていただけば分かるように、最小限の異動に留めています。新年度には、140名の生徒と職員とが力を合わせて、きっと、これまで以上に素晴らしい智頭中学校を創ってくれるはずです。そのことを信じて、私も智頭中学校のことを応援し続けたいと思っています。
 このホームページのアップも、これで終了とさせていただきます。1年と3カ月でしたが、見て下さって、ありがとうございました。
 そして、三年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。 
--
--
 

真砂土をいただきました(平成29年3月28日)

 3月28日、先日卒業した生徒のお父さんから、電話がかかってきました。
「子どもが二人、智頭中学校でお世話になって、下の子が卒業した。学校には、本当によくしてもらったから、お礼がしたいけど、自分にはこんなことしか出来ないから・・・。」
・・・ということで、自ら運転して、大型ダンプカー1台分の真砂土を寄贈して下さいました。グラウンドでは野球部が一生懸命練習していますが、どうしてもグラウンド面に高低差が生じてしまいます。そんな時に、低くなった場所に補充するための真砂土は、本当にありがたいです。
 部活、体育の授業、運動会の会場整備などに有効に使わせていただきます。本当にありがとうございました。
 それにしても、我が子がお世話になったお礼に学校に真砂土を・・・。『さすが智頭!』です。カッコいいです。本当に本当に、感謝!感謝!!!です。
--
 

校長室、パブリックビューイングになりました(3月22日)

 本日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の準決勝戦が行われました。予選リーグを無傷の6連勝で勝ち上がった日本チーム(侍ジャパン)の準決勝の相手は、アメリカ・・・。教員も生徒も、授業をしながらも、その戦況が気になります。
 1点を先行されて追いつき、勝ちこされて1-2になった辺りで、ちょうど学校の時間帯は昼休憩です。職員室にある小さなテレビを点けたら、廊下から職員室のドアのガラス越しに子ども達が一生懸命にテレビの画面をのぞき込んでいます。
 そんな様子が、なんだか可愛くなって、校長室を開放しました。校長室には、普段点けることはないのですが、60インチの大きなテレビがあります。最初は10人程度の生徒だったのですが、次から次へと生徒が入ってきて、最終的には男女合わせて、50人以上が一球一球に大声援を送りながら観戦し、さながらパブリックビューイングのようでした。 結果は1-2の惜敗で残念でしたが、どの子も、ちゃんとお礼を言って校長室から出ていきました。余談ですが、子ども達がいなくなった校長室、しばらくは、子ども達の汗の匂いが消えませんでした。子ども達が発するエネルギーって、やっぱり凄いです(笑)


 

智頭小学校の卒業式でした(平成29年3月22日)

 今日は、智頭小学校の「平成28年度第5回卒業証書授与式」があり、私も出席してきました。本当に完璧な準備と練習がなされ、素晴らしい卒業式でした。
 昨年も同じことを書いていますが、智頭中学校で、たったの10分卒業式練習でも何とかなるのは、小学校のおかげだと思わざるをえません。卒業生も在校生も、本当に立派な姿・態度でした。
 さて、今年の卒業生は39名・・・。初めて40名を切る卒業生の数ですが、現在の智頭小学校6学年の中でも最も児童数の少ない学年だそうです。なのに、陸上や水泳の大会で大活躍していて、スゴイ学年だと思います。今日、来賓席から見ていても、たしかに体格のいい児童が多いと感じました。今後の中学校での部活動に明るい未来が見えたような気がしました。
 今年の卒業生は、6年前、統合前の6小学校に入学した最後の児童なんだそうです。式の中の「別れのことば」の中でも、旧小学校での思い出が語られて、少しだけ切なくなりましたが・・・。でも、きっと39名の卒業生達は、統合智頭小学校に学べて幸せだったんだと思います。そして、39名の全員がそろって智頭中学校に入学してくれます。
 この子達に「智頭中学校で良かった」と思ってもらえるよう、私たち中学校の教職員も力を合わせて頑張ります!!!
 39名の卒業生の皆さん、卒業おめでとう。
 4月10日、待っとるでぇ~!!!
--
--
 

諏訪保育園『卒園式』&『閉園式』(平成29年3月18日)

 3月18日、諏訪保育園の『第65回卒園式』がありました。そして、そのあと、引き続き『閉園式』が開催されました。私も中学校長として、臨席しました。
 まずは、『卒園式』・・・。このHPをずっと下の方にスクロールしていただくと、昨年度、私が感じたことをUPしているのですが、今年も全く同じ感想を持ちました。本当に立派な、素晴らしい『卒園式』でした。
 一言でまとめると、わずか6歳の子ども達が、『卒園式』という「いつもとは違う少しかしこまった雰囲気」をちゃんと理解して、その雰囲気に合わせて自らを律し、ちゃんと参加出来ています。これこそ、なかなか家庭教育では身に付けることの出来ない「保育・教育の成果」であろうと思います。そして、「場の雰囲気を理解する、お行儀が出来る、自らを律することができる」ということは、それぞれの発達段階に応じて、絶対に必要なことなんだろうと私は思います。
 諏訪保育所の先生方の今日までの保育(教育)活動に敬意を表するとともに、「この子達を、中学校でもしっかりと育てるぞ!」と意を新たにした「卒園式」でした。
 そして、引き続き『諏訪保育園閉園式』が行われました。昭和26年の開園以来65年、5000名を超える智頭の幼児を保育してきた諏訪保育園の閉園でした。でも、きっと、数年前の町内6保育所の閉園時のような「寂しさ」は、ほとんどの参加者には無いような気がしました。4月からは諏訪保育園とあたご保育園が一園化され、新築の「ちづ保育園」が開園します。素晴らしい環境、素晴らしい施設で、きっと今まで以上に充実した保育がなされることと期待しています。好天に恵まれ、希望に満ちた『卒園式&閉園式』でした。
--
--
--
 

「サクラ咲く!」合格おめでとう!(平成29年3月15日)

 3月15日・・・。本日正午、県立高校一般入試の合格者が発表されました。
 今月7日・8日に入試が終わって、今日までの一週間、本当に不安な毎日だったことと思います。
 そして、ようやく迎えた今日の発表・・・。
 29名の受験生の皆さん、合格おめでとう!!!。
 みんなそろっての合格でした。
 待ち焦がれた瞬間でしたね?。やっと三年間の努力が報われましたね?。
 不安な気持ちと闘いながら、本当によく頑張って来ました。
 私が卒業式で皆さんに伝えた  「一生懸命がカッコいい!。努力は必ず報われる!。」というのは、本当だったでしょ?
 高校生になっても、「努力は必ず報われる」ことを信じて、夢に向かって、真面目に一生懸命に努力する皆さんであってください。
 とりあえず、「15の春」の夢は叶いました。次なる目標に向かって新たな一歩を今日から力強く歩みだして下さい。
  先生たちは、いつまでも皆さんを応援しています。
 保護者の皆様にも、お子様の合格、本当におめでとうございました。
--
 

茶道部「卒業生を送る茶会」を行いました(平成29年3月14日)

 3月14日・・・。先週末に卒業した3年生3名を迎えて、茶道部が「卒業生を送る茶会」を行い、私も招待してもらいました。卒業式が終わっても3月中は、卒業生もまだ中学生なのですが、この「送る茶会」には、卒業生は、代々少し御粧し(おめかし)をして参加するのが恒例のようで・・・。3名の姿は、しっかりと可愛いお姉さんでした。
 3年生がお客様で、おもてなしをする「亭主」を2年生の2名が務めました。最初に和菓子と抹茶を頂いて、これで終わりかと思っていたら、そのあとにチーズケーキと紅茶が出てきました。美味しいお菓子とお茶を頂きながら、楽しい話に花が咲きました。
 3名の卒業生に高校生活での抱負を尋ねたところ、なかなか答えられないので、私から「高校では、頑張ることが3つある。」という話をしました。「3つ」とは・・・。「勉強」 と「部活動」と「恋」です。
 この話をしたら、在校生が「私たちも恋を頑張ります」というので、「君たちは、恋は頑張らんでいいけぇ、勉強と部活を頑張りんさい!」と言っておきました。
 とても楽しい「茶会」でした。
--
 

「卒業式その2」です(平成29年3月10日)

 卒業式の写真「第2弾」です。
 卒業式に向けて、校舎内には卒業生の門出を祝う、たくさんの掲示がされます。
 事務室の廊下の壁面掲示・・・。これは事務室の先生方から卒業生へのメッセージです。
 こもれびホール前の豪華なアレンジフラワー・・・。卒業生が小学校6年生で担任していただいた広富隆史先生、池本佐知子先生から届きました。
 沢山の祝電・祝詞・・・。卒業生がお世話になった下田先生、神波先生、梶川先生、太田(小椋)先生からもいただきました。
 そして、卒業生の各教室の黒板・・・。生徒会執行部の生徒を中心に、前日遅くまでかかって在校生が、心を込めて仕上げました。
 これらを写真で紹介します。
--
--






 

感動的な卒業式でした(平成29年3月10日)

 3月10日、「智頭中学校第57回卒業証書授与式」を行い、48名の卒業生が、智頭中学校を巣立って行きました。
 卒業生の旅立ちを惜しむかのように、名残り雪の舞う中、厳粛な中にも心温まる、本当に感動的な卒業式でした。1時間35分を要した卒業式・・・。来賓の皆様には寒い中を申し訳なく思いましたが、それでも、皆さまから「いい卒業式でした」とお褒めの言葉をいただきました。
 中学校の一年間で、一番大切な日・・・。三年間の学校生活のすべてが凝縮された時間・・・。三年生にとって、きっと「三年間の努力が報われた」と思ってくれた素敵な卒業式になったと思います。
 今年の卒業証書は、この子達を三年間持ち上がった学年主任の小林鈴子先生が心を込めて、浄書しました。卒業生にとって「知らない人が書いたんじゃない!。小林鈴子先生が書いてくれた卒業証書!」・・・。これ以上ない最高のプレゼントだと思います。
 ちなみに、今年の卒業証書の番号は、「第9915号」から「第9962号」まででした。来年はいよいよ証書番号が「10000号」の大台に乗ります。
 卒業式の様子を、写真でお届けします。
--
--
--
--
--
--
 

卒業式前日、予餞会を行いました(平成29年3月9日)

 とうとう卒業式前日となってしまいました。
 今日は、生徒総会、予餞会、卒業式準備、卒後式練習、3年生最後の学年集会etc・・・。
 昨日は一日に4件のUPを行いましたが、今日はあまりにも非日常の感動的な時間が多すぎて、一日を丸ごとUPしたいほどです。切りがないので、予餞会の一コマを紹介します。
 予餞会は、次のような流れで進行しました。
  ①卒業生入場→②PTA・在校生からの記念品贈呈→③在校生によるラップのオープニング→④各部活動の後輩からのメッセージ
  →⑤転任された先生方からのメッセージ→⑥在校生・職員による「恋ダンス」の映像上映→⑦卒業生の中学校生活3年間のスライド上映
  →⑧在校生からのサプライズプレゼント→⑨在校生による合唱「3月9日」→⑩卒業生からの在校生への感謝を込めたスライド上映
  →⑪花道をつくって卒業生退場
--

 要所・要所について、少し説明を加えます。

⑥在校生・職員による「恋ダンス」の映像上映
 昨年流行した「恋ダンス」を部活やクラス等の様々なグループで少しずつ踊って、それをつなげて制作した映像を上映しました。これは、卒業生へのサプライズとして、卒業生に知られないように、極秘で制作されました。なんと、私もソロで踊らされました。
⑧在校生からのサプライズプレゼント
  現生徒会長の「卒業生の皆さん、椅子の裏を見て下さい」という突然の言葉・・・。卒業生が椅子の裏を見ると、何枚かの便箋が貼られています。そこには在校生から一人一人の卒業生にあてた感謝のメッセージがびっしりと書かれていました。
--
⑨在校生による合唱「3月9日」
  「流れる季節の真ん中で~♪♪」
  瞳を閉じれば あなたが  まぶたのうらに いることで
  どれほど強くなれたでしょう  あなたにとって私も そうでありたい
 まさに今日は「3月9日」・・・。歌う在校生も、聴く卒業生も涙、涙の合唱でした。 ・・・という訳で、当然のように予餞会の終了時刻は大きく後ろにずれ、今年も卒業式練習の時間は10分しかとれませんでした。それでもなんとかなるのが今の智頭中学校です。
 明日は、きっと感動的な卒業式になると思います。
--
--
 

『感謝掃除』を行いました(平成29年3月8日)

 本日、4件目のアップになります。これまでで初めてです。それだけ密度の濃い一日だということなのでしょう。
 本日放課後、これも生徒会の取り組みになるのですが、1・2年生有志による『感謝掃除』を行いました。これは、明後日の卒業式を感動的で素晴らしい式にするために、3年生への感謝の気持ちを込めて、式場を中心に校舎を掃除しよう!というものです。
 生徒会執行部の呼びかけに応えて、1・2年生101名のうち7割にあたる71名が集まりました。体育館で生徒会長が、集まってくれたことへの感謝を述べて、清掃区域の分担をして、約1時間の清掃活動を行いました。「やらされる掃除」ではなくて、「自ら求めてやる掃除」です。まさに「意気に感じて!」です。やらされる活動には心が込もりませんが、意気に感じてやる活動には心が込もりますし、何よりも苦しくても嫌じゃありません。
 私がいつも言っていることを、実際の活動として実施してくれる子ども達に、感謝です。
--
--
 

在校生合唱の練習をしました。(平成29年3月8日)

 いよいよ明後日に迫った卒業式・・・。
 智頭中学校の卒業式は、一旦式を閉じた後に、在校生と卒業生が歌の交換をします。
 本日5校時に、1・2年生で、在校生が歌う歌の最後の練習をしました。この練習も、一切教員は指導をしません。現生徒会執行部の子ども達が、すべてを取り仕切って合唱の質を高めていきます。教員は見ているだけです。
 最後のまとめの言葉も、執行部の2年生5名が、それぞれに思いや感想を語って、明後日の合唱に対する「意味づけ」を行いました。私がいつも言っている「意気に感じて」の働きかけをしてくれました。本当にすごい子ども達です。
 それを静かに見ていた3年主任の小林先生・・・。居ても立っても居られずに、飛び入りで、1・2年生に対して、三年生を代弁して感謝の言葉を述べられました。
 こうして、在校生と卒業生とが互いを思い合い、最高の卒業式を創りあげるために、心を込めて、思いを込めて、準備や練習に取り組んでいきます。


--
--
 

2年生学年球技大会を行いました(平成29年3月8日)

 本日3・4校時、2年生は「学年球技大会」を行いました。昨年に引き続き、企画・運営をすべて生徒が行い、バスケットボールとバレーボールの2種目で、楽しい時間を過ごしました。昨年もこのHPで紹介したのですが、2年生の子ども達、本当に見事に計画を立てて、全員が協力し合って、みんなが楽しめるように、上手に運営をします。
 この様子を体育館2階から見ていた、T先生がしみじみと次のように感想を述べられました。
  「本当にすごいですねぇ~!。遊んどる子が一人もおりませんねぇ~!。運動が出来る子が自分やぁでやっちゃうんじゃなくて、みんなにボールを回してますねぇ~!。こうして男女が一緒に出来るなんで、普通はないですよぉ~!。本当にみんな可愛いですねぇ~!。」 
 きっと、T先生のこれまでの長い教師生活の中でも、見たことのない光景だったのでしょう。私にとっても、すごく嬉しいT先生の感想でした。
 「勉強する時は勉強する!。遊ぶ時は思いっきり遊ぶ!。やるときはやる!。」・・・。そんな2年生です。
--
 

県立一般入試二日目(面接)です!(平成29年3月8日)

 今日は、県立高校一般入試第2日目、面接が行われる日です。
 今日も受験生達は、朝の列車で各高校に出発をして行きました。昨日の学力検査の結果に少し不安気な表情の生徒もいましたが・・・。きっと大丈夫でしょう。いや、絶対に大丈夫です!!!。今日の面接は、しっかりと練習を重ねてきましたから、どの生徒も自信を持って臨めるはずです。これで、やっとやっと、悩み続けた日々、不安だった思い、勉強にすべてを捧げた「受験生」という肩身の狭い存在から解放されます。
 そして3年生に残された中学校生活は、あと二日・・・。明日と明後日の二日間だけは、「卒業生」として、思いっきりセンチメンタルな気分を満喫し、「思い出づくり」に専念してもらいたいと思います。
 さて、昨日、県立一般入試に友達が臨んでいる間に、すでに推薦入試で合格が決まっている生徒が、教室の清掃をしました。清掃が終了し、この子達が帰った後の、教室の黒板です。本当に可愛い子ども達です。




 

3月7日、県立高校一般入試当日です(平成29年3月7日)

 今日は県立高校一般入試の初日、学力検査当日です。
 智頭中学校の3年生48名のうち、今日一般入試を受けているのは29名。智頭農林高校以外の高校を受験する生徒は、智頭駅を6時19分と7時08分の列車で各受験校に向かいました。
 私も智頭駅で生徒を激励して送り出しましたが、全員が自信に満ちた表情で列車に乗り込んでいきました。きっと、29名全員が合格を勝ち取ってくれることと信じています。 6時19分の列車では2名の生徒が受験に向かいましたが、下の写真のように、ど派手な「コナン列車」でした。7時08分の列車には、坂田先生も激励に駆けつけて下さり、受験生達は、坂田先生とのハイタッチで改札口へ向かいました。坂田先生の左右の手の平には、マジックペンで「合」と「格」の2文字が・・・・。さすがです!坂田先生!!!。 29名の受験生達、頑張って来いよ~!!!。
-
-
 さて、すでに合格通知を手にしている推薦入試の生徒達は、学校に登校して、3年生教室を中心に卒業前の大掃除をしています。教室の掲示物を剥がしたり、机・椅子の名前を剥がしたり・・・。本当に卒業しちゃうんだなあ~と、なんだか寂しい光景でした。
-
 さてさて、そんな3月7日・・・。3年生の入試に合わせて、2年生は「こもれびホール」に机を持ち込み、学年全体で実力テストを実施しています。1年後の受験を意識して、一生懸命に試験問題に取り組んでいます。君たちも、あと1年・・・。希望する進路の実現に向けて・・・。スタートは早ければ早いほどいいに決まっています。頑張れ!2年生!!!。
-
 

日本海新聞ふるさと大賞2016』智頭町表彰式(3月6日)

 本日午後、智頭町観光協会に於いて、『日本海新聞ふるさと大賞2016』智頭町表彰式がありました。
 この表彰は、地域の活性化に寄与することを目的に、新日本海新聞社と各市町が共催で、地域で頑張っている団体や個人を表彰するものです。今年度が8回目だそうですが、表彰の種類には「地域貢献賞」と「スポーツ功労賞」とがあります。
 本年度の智頭町での表彰は、「地域貢献賞」に「智頭町木材協会木女(もくめ)会」の皆さん、そして「スポーツ功労賞」に本校3年生の大呂恵雨君が選ばれました。
 大呂君の受賞理由の紹介には、次のような文章が載っています。
 今年度の鳥取県中学校駅伝大会でエース区間の1区で区間賞。陸上の「中学中国選手権3000mの部」で7位。またジュニアオリンピックと都道府県対抗駅伝(天皇杯駅伝)に鳥取県代表として出場するなど、中学長距離界で大活躍をおさめた。
 受賞後に、町長さんの挨拶の中で「オリンピックも夢じゃない!」という激励の言葉をいただきました。高校駅伝、箱根駅伝、そしてオリンピックと、夢を大きく持って、更に活躍してほしいですね。智頭中学校は、あと4日で卒業してしまいますが、卒業後も、ずっと大呂君の活躍を見守っていきます。
頑張れ!!!恵雨君!!!。
-
 

入試前日、3年生最後の給食です(平成29年3月6日)

 とうとう3年生にとって、最後の週となってしまいました。
 今日は3月6日・・・。明日・明後日が県立高校一般入試です。智頭中学校からは、29名の生徒が受験に臨みます。本日2校時目に、こもれびホールで、その前日指導を行いました。まず、私(橋本)が29名に激励の言葉を贈って、そのあと小林学年主任の話、そして、最後は受験校ごとに分かれて、引率の先生と交通手段の確認等の詳しい打ち合わせ行いました。どの生徒の顔もキリリと引き締まり、決戦の時に向かう覚悟が感じられました。今日まで本当に不安だったし、苦しかったし、長かったと思います。でも、それも、あと2日です。全員が必ず合格を勝ち取ってくれると信じています。
-

 そして、今日は、3年生にとって中学校最後の給食の日でもありました。いつもの給食時間より少し早い時間帯に、こもれびホールで、学年全体で給食を食べました。「中学校最後の給食」は、多くの生徒にとって「人生最後の給食」になります。どの子も名残惜しそうに、一口一口、しっかりと噛みしめながら、いつもより豪華な『お祝い給食』をいただきました。給食風景を写真に収めてHPで紹介しようと思ったのですが、給食開始が予想外に早くて、給食終了間際の写真となってしましいました。
 今日の献立のメインはオムライス・・・。ケチャップに私の思いを込めて文字にしてみました(笑)
--
 

入試4日前、卒業式1週間前です(平成29年3月3日)

 3月3日・・・。とうとう今週が終わってしまいました。
 来週は、3年生にとって、中学校生活最後の週、入試と卒業式の週です。
 今日は3年生の中学校での教科の授業がすべて終了しました。そして午後の時間帯には、来週県立高校一般入試を受験する生徒は面接練習の仕上げをしていました。同じ時間帯に、すでに私立や推薦で合格の決まっている生徒は、教室で何かの作業をしていました。何の作業をしているかは秘密だそうです。この時期は、1・2年生と3年生との間に、互いに秘密にして準備することがたくさんあります。そして、3年生と先生方の間にも秘密事項があります。それぞれが互いのことを思って準備するサプライズです。どんなサプライズが準備されているかは、あえて訊かないことにしています。サプライズがサプライズでなくなってしまいますからね(笑)。
 さて、あと1週間・・・。智頭中学校の全精力を3年生のためだけに注ぎ込んで、心を込めて、想いを込めて、最高の時間を創りだしていきます。
--
 

3月2日の給食時間です(平成29年3月2日)

 今日は3月2日・・・。3年生の教室には、卒業までのカウントダウンの掲示があります。『卒業まであと4日』となっています。
 私はいつも、「入試が終わるまではセンチメンタルな気分は封印!」と言っていますが、それでも、3年教室に貼られた掲示を見ると、寂しい気持ちで一杯になります。
 3年生の登校日があと4日となった3月2日の給食時間・・・。校内放送で3年生の思い出の音楽が流れていました。昨年の文化祭で全校生徒で歌ったFUNKY MONKEY BABYS の『ありがとう』です。そして、音楽が流れた後、1・2年生の生徒が次々とマイクを通して3年生への「ありがとう」の気持ちを込めた感謝の言葉を語っていました。
 3年生は「センチメンタルな気分封印!」ですが、1・2年生は、3年生への「感謝の気持ち伝達週間」へ突入したようです。3年生と1・2年生が智頭中学校で一緒に過ごすのは、あと4日・・・。あと4日を149名の生徒と一緒に大切に大切に過ごしていきます。
 それにしても、本当に智頭中学校っていい学校だなあ~って思わずにはいられません。
 もし私がもう一度中学校生活をやり直せるなら、私は「今の智頭中学校に通いたいなあ~」って思います。毎日、いろんな場面に感動がいっぱいです。
 そんな感動の場面をたくさん作ってくれる生徒と職員に心の底から「ありがとう」です。

『ありがとう』FUNKY MONKEY BABYS

君にどうしても聞いておきたい事があるんだ
ずっと強がってた本当の僕はもっと臆病で
思ってたよりも弱くてでも何かをしてあげたくて
必死に叫んでいた歌声はどれだけ届いていましたか

何も見えない暗闇の中で君の涙に気付けていたかな
頼りなく手探りをしていたけれどいつだって君だけは僕の光だった

君と寄り添っていくつも乗り越えた悲しみの夜を僕は忘れない
いつもそばにいて支えあえた日々と温かな君の笑顔にありがとう
 ラララ・・・僕は忘れない
 ラララ・・・笑顔にありがとう

眩しいくらいの夢物語でもうまくはいかない事ばかり悔し涙を何度も流し
昨日より明日を必死に探しそこにあった君とのつながり僕を照らした希望の灯り
また続いてく夢物語旅は始まったばかり

もしも離れ離れの時が来てもしも未来が不安に染まっても
君と手を取り積み重ねてきた一つの絆だけが僕の光なんだ

眠れない夜を笑い合った日々を君と見た景色を僕は忘れない
さりげない言葉にその手のぬくもりに僕を照らしてくれた笑顔にありがとう

いくつもの思い出が愛しくて立ち止まってしまいそうになる
それでも僕は歩いて行かなくちゃ今よりももっと輝くため

きっとこの涙も笑顔に変わってゆく
いつだって僕らはそう信じていた

君と寄り添っていくつも乗り越えた
悲しみの夜を僕は忘れない
いつもそばにいて支え合えた日々と
温かな君の笑顔にありがとう

 ラララ… 僕は忘れない
 ラララ… 笑顔にありがとう
 ラララ… ずっと忘れない
 ラララ… 君へのありがとう

-
-
 

高校の卒業式に行ってきました(平成29年3月1日)

 今日は3月1日・・・。いよいよ本年度最後のひと月です。
 今日は、県内の各高等学校で卒業式が行われました。私も智頭農林高校の卒業式に出席しました。凛とした雰囲気の中で、とても引きしまった卒業式でした。卒業生数は52名、校長先生によると、全員の進学・就職が決まっているそうです。
 高校の卒業式に出席して、高校生があまり歌を歌わないと感じることが多いのですが、今日の智頭農林高校の卒業式では校歌と「蛍の光」は、ちゃんと歌っていて感激しました。国歌は少し声が小さめでしたが、もしかしたら、あまり歌ったことがないかもしれませんね。
-
-
 さて、卒業式から帰って来ると、智頭中学校の体育館では3年生が卒業証書を受け取る練習をしていました。中学校では卒業生は卒業の前々日まで高校入試があるので、卒業式練習はほとんどしません。ですから、今日も卒業証書を受け取る時の動きの確認程度で、早々に教室に引き上げていました。なにせ体育館が寒すぎて・・・。この時期に3年生に風邪をひかせるわけにはいきませんから・・・。
 今日の智頭農林高校の卒業式は45分間でしたが、中学校の卒業式は、その倍の1時間半かかります。全員に卒業証書を授与するので、どうしても時間がかかってしまいます。来賓の皆様には申し訳ないのですが、時間が長いぶん、絶対に感動的な卒業式にしますので、どうかご容赦下さいますよう!
--
 

2月も今日で終わりです(平成29年2月28日)

 今日で2月も終わり、明日からは、いよいよ3月です。
 3年生にとっては・・・。
 ・県立高校一般入試まで・・・あと6日
 ・中学校に登校するのも・・・あと6日(卒業式も入れて)
 ・卒業式まで・・・・・・・・あと9日(10日目が卒業式)
 ・中学校での給食は・・・・・あと4回
 ・中学校での授業は・・・・・あと3日(今週一杯で授業は終了です)
 この時期の3年生の学校生活には、何でもない日々の活動に「最後の」という形容詞が付くようになります。だけど、決してセンチメンタルにはならない!!!。3月7・8日の県立入試が終わるまでは、戦闘モードで日々を過ごします。
 今日の6校時、3年生が1・2組合同で、卒業式で歌う学年合唱の練習をしていました。この子達と一緒に生活するのも、あと6日・・・。「本当に卒業しちゃうの?」って感じですが、その日は、確実に一日一日近づいてきます。かけがえのない一日を大切に過ごしていきます。
--
 

大野さんを迎えて「居住地間交流」を行いました(2月27日)

 智頭小学校を卒業して白兎養護学校に進学した大野さんを迎えて、本日、本年度3回目となる「居住地間交流」を実施しました。これは、より適した教育を受けるために特別支援学校に進学した生徒が、居住する地元の友達との交流を継続し、更に深めるために、特別支援学校と地元小中学校との間で実施している取り組みです。
 今日は3校時に間に合うように、大野さんとお母さん、そして担任の先生の3名が智頭中学校に来て下さり、2年生の美術の授業に入って交流したあと、本校の支援学級の生徒と一緒にオムライスを作って食べました。そして、そのあとは体育館に移動して卓球をして交流を深めました。
 2年生も、支援学級の生徒も一昨年度まで、長い生徒は6年間も一緒に生活してきた友達ですから、緊張のかけらもありません。それはそれは楽しそうに交流していました。
 交流を終えたあと、校長室で話をしたのですが、「三代目j Soul brothers」が好きだということで、その話で大盛り上がりでした。今は、それぞれ別々の学校に通っているけれど、智頭小学校で共に学び、智頭町に居住する友達・同級生として、これからもずっとずっと仲良くしていきたいですね。きららさん、またいつでも中学校に来て下さいね。
-
 

八頭郡体育会表彰式がありました(平成29年2月25日)

 2月25日(土)、八頭町中央公民館において、平成28年度八頭町体育会表彰式が行われました。この表彰は八頭郡内3町に居住していて平成28年度中に監督として、または選手として優秀な成績を収めた団体・個人に贈られるものです。具体的には、県大会での優勝または県代表として全国大会へ出場ということが条件となります。
 智頭中学校からも、なんと4個人と1団体、合わせて7名の生徒が表彰されました。
 7名の生徒は次のとおりです。
 ◆スポーツ賞(個人)
   大呂恵雨(県ジュニア陸上競技選手権大会A男子3000m第1位、全国大会出場)
  金谷 晃(県中学新人陸上競技大会中学男子砲丸投げ第1位)
    久本遼太(県中学校総体水泳競技の部男子100m自由形第1位、全国大会出場)
    河村朝陽(県中学新人選手権大会バドミントン男子シングルス第1位、全国大会出場)
  ◆スポーツ賞(団体)
    智頭空手チーム(國本 颯、塚川武大、大坪智輝)
        全国中学生空手道選手権大会男子団体形 出場
 空手の団体の3名については、社会体育での取り組みの成果ですが、3名とも本校の1年生ですので、紹介をしておきます。
 昨年の本校からの表彰者は久本君1名だけでしたから、今年の7名は、まさに快挙です。いろんなところで智頭中生の頑張りが認められるようになってきています。今の2年生の部活動の集大成となる東部総体まで、もう3ケ月しかありません。生徒が智頭中生であることに自信と誇りを持てるよう、総体での勝利を目指して、生徒と共に、一層部活動に励みます。
-
 

この時期の学校長の大切な仕事「沿革史」(平成29年2月24日)

 2月も残すところ4日・・・。平成28年度も間もなく終わりを迎えようとしています。
 年度末のこの時期の学校長の大切な仕事の一つに「沿革史」への追記があります。「沿革史」とは、学校の歴史を記録したもので、必ずどこの学校でも大切に校長室の金庫に保管されています。おそらく絶対に皆さんの目に触れることがないであろう智頭中学校校長室の金庫を今日はお見せいたします。(ほとんどの学校で金庫は「むき出し状態」なのですが、智頭中学校の金庫は智頭杉の建具で覆われているので、校長室に入っていただいても見ることが出来ないのです。)
 さて、「沿革史」のことについて、私は昨年度の『連山』の職員随想で紹介しています。見られてない方もいらっしゃるでしょうから、転記してみますね。

『校長室金庫の中の宝物』        橋本浩之
 生徒のみなさんが中を見ることは、まずないだろうと思われますが、どの中学校の校長室にも立派な金庫があります。智頭中学校の校長室にも、造り付けの杉の扉の中に、立派な立派な金庫が3つ並んでいます。
 金庫ですが、お金は全く入っていません。しかし、お金以上に貴重な掛け替えのない宝物が、金庫の中にはたくさん入っています。それは、「智頭中学校の歴史」を記録した各種帳簿類です。その中で一番大切なものが「智頭中学校沿革史」です。これは智頭中学校の開校時からの歴史を綴った帳簿で、学校長が責任をもって新たな歴史を追加記録していくことになっています。
 この「沿革史」は次のような記述から始まっています。
 ・昭和35年2月29日 智頭町議会に町内三中学校の統合の議が上程されたが、反対地区民多数議場に押し寄せたため深夜に及ぶも議決に至らず、会期を一日延長して、3月1日決定することとなる。
 ・同年3月1日 反対地区民早朝より前日に倍して役場周辺に押し寄せて気勢をあげ、ついに町議会再開に至らず、会期時間切れとなり自然流会に終わる。
 このように、地区住民の反対の中、昭和35年3月28日に3中学校(智頭、南因、山形郷)の統合が議決されて、昭和35年4月から3中学校による名目統合(授業は3校舎で行う)、そして昭和37年度、新校舎の完成に伴い完全統合が実施されています。この「新校舎」とは、3年生が入学時に学んだ思い出深い「旧校舎」のことです。
 「旧校舎」が完成した実質統合初年度の生徒数は、智頭中学校史上最多の1,229名です。今年の生徒数が149名ですから、地域の方々が「少なくなったなあ」としみじみ言われるのも、納得がいきます。
 「沿革史」をめくると、先輩達の栄光の記録も綴られています。生徒数は少なくなったけれど、先輩達に負けない輝かしい栄光の記録を私達の手で追加記述していきたいものです。 

 
3月10日に48名の卒業生が卒業して、4月になったら39名の新入生が入学して来ます。「沿革史」を見ると、智頭中学校が一番多い新入生を迎えたのは、名目統合中の昭和36年度、なんと新入生448名です。信じられないような数字ですよね。
-
-
 

県立一般入試志願者数発表「一喜一憂」です(平成29年2月23日)

 本日正午に県立高校一般入試の出願が締め切られ、午後3時に各高等学校の志願者数が発表されました。東部地区の高校では最も競争率が高いのは鳥取湖陵高校緑地デザイン学科の1.34倍です。また、鳥取東高校は募集定員280人に対して志願者数が332人で52人オーバーとなっています。
 3年教室では、帰り学活の後に担任の先生から「志願者数一覧表」を見せてもらって、自分が出願した高校学科の倍率を確認し、一喜一憂です。ホッと胸をなでおろす者や不安な気持ちで一杯になる者・・・。そんな中で、ある男子の一言「点を取りゃあいいんだろう」・・・。その通りです。倍率なんて関係ない!。点を取ればいいのです。たとえ定員を割っていても点数を取らなければ切られます。
 倍率に一喜一憂する暇があったら、当日のテストで一点でも多く取れるようひたすら勉強することです。高校入試当日まで、残すところ11日・・・。「絶対に合格を勝ち取る!」・・・。頑張れ29名の3年生!!!。サクラ咲く春は、もうすぐそこまで来ています。
-
 

3年生、中学校最後のテストです(平成29年2月20日)

 2月20日、1・2年生は3学期末テストの2日目です。そして、今日は3年生も『高校入試直前テスト』を実施しています。このテストが3年生にとって、全員が受けるテストとしては、中学校最後のテストになります。・・・で、3年生48名のうち29名の生徒には、あと1回、3月7日の県立高校一般入試本番が残っています。
 県立高校一般入試まで、残すところ2週間・・・。今日のテストでは、これまでの最高点を取って、自信を持って入試本番に臨んで欲しいものです。今日までに、私立高校推薦・専願入試、米子高専推薦入試、県立高校推薦入試で、智頭中学校の生徒は、見事に全員合格を成し遂げています。この勢いのままに、県立高校一般入試でも全員が合格を勝ち取ってくれることを信じています。そのための取り組みは十分にやってきたつもりでいますから・・・。
 さて、校舎内には3年生の合格を祈る様々な掲示物があります。まず、生徒玄関を入ると正面に1・2年生全員から3年生に向けた合格祈願のメッセージが掲示されています。そして、事務室入り口には現業職員の西村さん手作りの『必勝ダルマ』が、また図書室入り口には司書の藤木さん作成の『合格祈願絵馬』が飾ってあります。
 言うまでもなく中学校教育の目指すところは唯一つ『進路保障』に尽きます。長い人生の中で『挫折』や『紆余曲折』を否定するものではありませんが、『十五の春だけは絶対に泣かせない!』という強い思いを持って、あと2週間、3年生の指導に学校を挙げてあたります。
----
 

3年生『卒業バイキング給食』でお腹いっぱい(平成29年2月17日)

 今日は、1・2年生は期末テスト初日で、午前中で下校しました。
 3年生だけが給食があるこのタイミングに、毎年、3年生の『卒業お祝いバイキング給食』を行います。いつもは教室でクラスごとに給食を食べますが、今日はこもれびホールで、3年生とすべての先生方が一緒に楽しくバイキング形式の給食をいただきました。
 給食センターから米本所長さんと白間栄養士さんも来て下さって、小学校1年生から9年間お世話になってきた給食センターの方々に感謝しながら、美味しくいただきました。
「年なり」って、やっぱりあって、「よく食べる学年」と「あまり食べない学年」とがあるのですが、今年の3年生は女子の割合が多く、どちらかと言えば「あまり食べない学年」です。でも、今日は9年間の感謝を込めて『完食』が必須命題です。決して無理をしたわけではありませんが、生徒と職員が協力して、感謝の気持ちを込めて楽しく美味しく『完食』しました。
 私はいつも言いますが、智頭の給食は本当に美味しいです。そして、給食センターの職員さんの心配りも最高です。そんな給食を食べられるのも、3年生は、残すところ11回となりました。11回の給食を感謝の気持ちを持ちながら美味しくいただき、中学校生活の思い出の一つとしてくれたら嬉しいです。
--
--
--
 

1・2年生、期末テストです(平成29年2月17日)

 今日は、1・2年生は3学期末テストを4時間やって下校、3年生は6校時までの普通授業でお昼の給食は『卒業バイキング給食』です。
 以前お知らせしましたように、智頭中学校では、中間テストは1日で、期末テストは2日間で実施しています。そして期末テストについては、生徒をしっかりとテスト勉強に取り組ませるために、土日をはさんで金曜日と月曜日に実施するようにしています。部活動が中止となるテスト期間は、中間テストについてはテスト前3日間、期末テストについてはテスト前1週間としていますが、それだと2週続けて土日に部活動が出来なくなるので、テスト2日目(月曜日)の前1週間を部活中止期間にしています。
 1・2年生は、本年度最後の定期テストに一生懸命に取り組んでいます。このテストの結果は3学期の評価(通知票)に反映しますが、評価はテスト点だけではなく、当然、日頃の学習に取り組む姿勢や提出物も含めて総合的に評価します。定期テストにあわせて各教科で提出物の提出を求めます。必ず提出するよう、ご家庭での声掛け・確認をよろしくお願いします。
 1・2年生の保護者さんへ「明日・明後日はしっかりテスト勉強させて下さいね!」
 3年生の保護者さんへ「言わずもがな!です(笑)」
--
--
 

今日の授業風景です(平成29年2月15日)

◆3年生;『鳥取大学出前授業』を行いました。
 本日5・6校時に、鳥取大学の先生3名に来ていただき、実験を中心とする理科の授業をしていただきました。これは、鳥取大学と智頭町との提携により、子ども達に理科の実験を通して、科学への関心を高める取り組みの一環として行われたものです。
 事業名は『鳥取大学発「出前おもしろ実験室」プロジェクト』~理科好きな子どもたちを育てるために~となっています。※1年生は7月8日に実施しています
 今日の授業は、「霧箱」という装置を作って、その中で放射線(α線)を発生させ観察するという内容でした。微量の放射線は私たちの身近にもたくさん存在していて、それを観るという実験でしたが、教室内にも普通に放射線(α線・γ線・β線)が飛んでいることには驚きでした。3名の先生方には、実験を終えた後で「とても素直でかわいい学生さんでした」と、お褒めの感想をいただきました。楽しい実験をありがとうございました。
--
◆2年生;タブレット端末を使って沖縄を調べました。
 2年生は、本日午後、タブレット端末を使って、インターネットで沖縄について調べ、まとめる学習を行いました。今日の学習に向けて図書館司書の藤木先生も山ほどの沖縄に関する書籍を集めて下さり、学習にも入って下さいました。こういう『調べ学習』には、鳥取県一充実した図書館とICT機器が本当に役立ちます。沖縄修学旅行まで、もう2ケ月余りです。修学旅行事前学習、これから佳境に入ります。
--
 

バレンタインデーの給食です(平成29年2月14日)

 2月14日、バレンタインデーです。
 今日、東部地区で授業を行っているのは、智頭町の小中学校、若桜学園、それに八頭町船岡地域の3小学校のみです。休校になったすべての学校でも、きっと今日の給食にはバレンタインデーにちなんだメニューが準備されていたんでしょうね。残念な思いをしている生徒もいることでしょう。
 智頭中学校では・・・。
 バレンタインメニューのハートのハンバーグは昨日食べちゃいましたけど、ガトーショコラはちゃんと付いていました。本格的なとっても美味しいガトーショコラでした。
 給食について、少しお話をさせて下さい。
 毎日給食車が到着する頃に、給食センターの白間栄養士さんから学校に「きゅうメール」という献立を知らせるメールが届きます。このメールの内容は文化委員会の生徒が給食時間中に校内放送で全校に流します。そして「きゅうメール」が添付してあるメール本体にも白間栄養士さんのメッセージが必ず添えられています。今日のメッセージは次の内容でした。
いつもお世話になっています。
今日はバレンタイン献立です。
ハートのハンバーグは昨日出してしまったので残念ですが・・・代わりに調理員さんの愛がこもった手作りかき揚げを主菜にしました。
いつもおいしいと言ってたくさん食べてくださるみなさんへの感謝の気持ちを込めた献立です。
喜んで食べてもらえるとうれしいです。
★かき揚げに卵は入っていませんので、アレルギーの児童も安心して食べてください。

 栄養士さんと調理員さんのいっぱいの愛を感じながらおいしくいただきました。除雪にしても給食にしても、智頭中学校の生徒は地域の方々の深ぁ~い愛に見守られて頑張れているんだなあ~と思わずにはいられません。感謝です!。
--
 

大雪でも学力補充まできっちりと!(平成29年2月13日)

 本日、すぎっ子バスは全路線ちゃんと動いていますので、生徒は6時前のバスで下校させます。1・2年生は、今週金曜日と来週月曜日に期末テストがあるため、今日からテスト期間で、部活動はありません。そこで、バスまでの時間は、全学年が学力補充を行っています。今日は、大雪のため授業を行ったのは智頭中学校だけですが、智頭中学校は放課後の学力補充まできっちりとやります。1・2年生は、それぞれ教員がついて、自学自習だったり、希望者を募って弱点教科の補充などをやっていました。みんな仲良く、真剣に、テスト勉強に取り組んでいました。
 3年生は、数学の補習を終えたあと、バス待ちの生徒が、今週金曜日の3年生バイキング給食の先生宛の招待状を作っていました。この子たちが登校するのも残すところ17日・・・。そう思うと、一日一日が大切で、今日授業が出来たのも、本当にありがたかったです。
--
-
 

除雪作業に智頭町の『底力』を感じました(2月13日)

 トップページにも載せましたが、一昨日・昨日の町を挙げた除雪作業に、私は智頭町の『底力』、『心意気』を感じました。「さすが智頭町!」と思わずにはいられません。
 昨日の午前中、私は本日の臨時休校を協議するために、教育委員会を訪れました。その前に中学校に寄りましたが、積雪のため駐車場に入ることすらできませんでした。しかし、役場に向かう途中、至るところで除雪作業に精を出す地域の方を見かけました。私の住んでいる町では全く除雪できてない道路も、智頭町内は隅々まで除雪がしてあります。鳥取から智頭町への民間バスは運行出来ていませんが、町内を走る町営すぎっ子バスは、全路線で運行されています。
 「絶対に前回のような立ち往生を出さない」、「児童・生徒の通学路・通学手段は町民の手で確保する」という、町民の皆さんの強い決意を感じました。
 そんな様子を目の当たりにした私には「臨時休校」という選択肢はもうありませんでした。中学校の駐車場や敷地内も教育委員会の課長補佐さんが休日出勤でブルドーザーを使って除雪して下さいました。地域の皆様の思いの上に、今日の授業が出来たと思っています。
 本当にありがとうございました。
 本日授業を行っているのは、東部地区では智頭町だけです。感謝しかありません。
 智頭町、最高にカッコいいです!!!。
  さて、授業は行ったのですが、私の気掛かりは、給食食材がちゃんと届くかどうか?でした。前回の大雪の際には、食材は届かなかったそうです。「休校で良かった」というところです。
 で、今日は・・・。献立表と実際の給食を比べて見ると、やっぱり届いてない食材はあったようです。写真を見ていただくとハート型のハンバーグがありますが、これは明日(バレンタインデー)の献立表に載っています。月曜日はパンの日なのですが、パンが届かず今日はご飯でした。これは結果嬉しかったです。臨機応変に対応して下さった今日の給食・・・。やっぱり今日もとっても美味しかったです。
--
 

県立高校推薦入試がありました(平成29年2月10日)

 2月10日・・・。今日は県立高等学校の推薦入試の日でした。
 智頭中学校からは、4つの高校に11名の生徒が受験しました。
 前日からの寒波到来の予報に、列車が予定通りに運行されるか心配しましたが、智頭からの鳥取行きは定時(7時08分)に出発・・・。まずは一安心でした。
 私も智頭駅で受験に向かう生徒を激励しましたが、特に緊張している様子もなく、全員が元気に列車へと乗車して行きました。小林学年主任と見送りの保護者の方と一緒に、必ず合格することを信じて送り出しました。
 1月7日の敬愛高校特別進学コースの入試を皮切りに、毎週のように続いた高校入試も、あと3月7日・8日の県立高校一般入試を残すだけとなりました。
 今日は2月10日・・・。卒業式は一カ月後の3月10日です。あと一カ月・・・。
 一日一日を、三年生と一緒に大切に過ごしていきます。春はもうすぐそこまで来ています。
--
 

県外から視察のお客様がありました(平成29年2月9日)

 今日は、午前中に、県外からのお客様が40名程ありました。林野庁主催の「林業関係金融・税制担当者西日本ブロック会議」という会議の視察だったのですが、この会議は各県の輪番制で開催されており、今年は鳥取県が開催県だったそうです。・・・ということで、今日のお客様は西日本の全県からはるばる鳥取にいらっしゃった各県職員の方だったんじゃないかと思います。当然沖縄の方も、鹿児島の方もいらっしゃいました。なぜか東京の方もいらっしゃったのですが、この方は林野庁の方だったのかもしれません。
 私はいつも県外の方に智頭町を紹介する時には「西河克己監督の映画『絶唱』の舞台です」という話をするのですが、今回ばかりは「大雪で車の立ち往生が発生し全国ニュースになったのは、この前の道路です」という紹介をしました。皆さん、校庭の雪に驚いておられましたが、「あの時は今の3倍以上積もっていたのですよ」と説明すると、信じられないといった様子でした。
 たくさんのお客さんを紹介する写真でも載せたいところですが、私はずっと説明や案内をしていたので、写真を撮ることができませんでした。私が説明しているところを教頭先生が撮ってくれた写真を載せておきます。本当は私が写っている写真は載せたくないのですが、これしかないので仕方がありません(笑)

 さて、お客様をご案内している間、校舎内には甘~い香りが充満していました。三年生が中学校最後の調理実習で「チョコチップクッキー」を作っていたのです。案内を終えて、お客様をお見送りし校長室に帰ってみると、机の上にメッセージを添えてクッキーが置いてありました。とっても美味しいクッキーでした。メッセージを載せておきます。
~校長先生へ~ チョコチップクッキーを作りました。気持ちをこめて、ハートを作りました。味わって食べてください。勉強、頑張ります。 ~3年2組5班一同~
--
 

三年生「性教育講演会」を行いました(平成29年2月7日)

 本日午後、智頭病院の大谷恭一先生を講師にお迎えして、三年生の「性教育講演会」を行いました。本校では、中学校三年間を通して計画的に性教育を行っており、一年生と二年生では、それぞれ助産師さんのお話を聞きます。そして、その仕上げとして三年生では毎年、大谷先生のお話を聞くことにしています。
 三年生が智頭中学校に登校するのは、卒業式の日を入れても、あと21日・・・。すべての生徒が高等学校に進学するとは言うものの、義務教育の締めくくりの時に、これから長い人生をよき伴侶と巡り合い、家族をつくって幸せな家庭を築いていくために、とっても大切なお話でした。
 良い夫、良い妻になって新しい命を授かり、良いお父さん、良いお母さんとして、弱者である子どもの人権を守るために考えるべきこと、守るべきことを話していただきました。
  「女性は自らを守ること!。男性は女性を守ること!」
 三年生も、しっかりと聞いていました。大谷先生、ありがとうございました。
-
-
 

男バレ部、中国大会頑張りました!(平成29年2月6日)

 一昨日・昨日と山口県岩国市で開催された「中国中学バレーボール新人大会」・・・。
 智頭中学校男子バレーボール部は、鳥取県を代表して、さわやかにハツラツと試合に臨みました。初の中国大会、県外の強豪を相手に臆することなく、現時点での精一杯のプレーを見せてくれました。来春の中学校総体で東部地区大会優勝(県大会優勝)を目指す選手たちにとって、本当に貴重な経験となった二日間でした。
 遠い遠い岩国まで、たくさんの保護者の方が応援に駆けつけて下さいました。教育委員会にも、参加費用を全額補助していただきました。このように多くの方々に支えられて部活動が出来ることに喜びと感謝の気持ちを禁じえません。この感謝の気持ちを原動力(パワー)に変えて、もっともっと練習に励みます。
 試合結果をお知らせします。
◆予選リーグC組(3位、予選リーグ敗退)
      智頭中学校 8-25  周東中学校(山口)
                       14-25
      智頭中学校   9-25 井口中学校(広島)
                 12-25
-
--
 

男バレ部、岩国に出発しました(平成29年2月3日)

 本日午後2時30分、男子バレーボール部21人+引率教員2人の計23名が、「中国中学バレーボール新人大会」に出場するため、山口県岩国市に向けて出発しました。
 この大会の参加資格は、各県の予選大会の上位2校(開催県は4校)となっており、本校は鳥取県予選の準優勝チームとして参加します。全12校が3校ずつ4グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの1位校で決勝トーナメントが行われます。
 本校は予選リーグCグループで、明日、地元岩国市立周東中学校と広島市立井口中学校と試合を行います。強豪相手になかなか勝利することは簡単ではないとは思いますが、他県の中学生の強さを身をもって知り、今後の練習に生かしてくれれば、と思います。
 今日は給食の後、部員全員が揃って校長室にあいさつに来て、その後、30分程度練習をして、のとか観光の貸し切りバスで岩国に出発しました。いつも学校行事でお世話になっている「のとか観光」ですが、なんと今日配車されたバスは、初めて客を乗せる新車だそうです。バスの新車にあたることなんて、まず無いことです。3400万円のバスだそうです。それだけで選手たちは大喜び・・・。バスが智頭中学校を出発する時には、町道側の教室の窓には、全校生徒がまさに鈴なりの見送りです。見ていて、なんだかとっても嬉しくなる光景でした。智頭中学校っていいなあ~って、つくづく思いました。
 この大会は、中国バレーボール協会主催で、中体連主催ではないため、参加のための費用は、他市町ではおそらく全額保護者負担です。しかし、智頭町は全額町が負担して下さいます。本当に感謝!感謝!!です。智頭町っていいなあ~って、つくづく思いました。
  バレーボール部の選手たち、頑張って来いよぉ~!!!
--
--


 

今日は節分です(平成29年2月3日)

 今日は2月3日、節分です。節分って何の日???。
 節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いのだそうです。
 ということで、今日の給食メニューは節分献立でした。すし飯に手巻きのり、ウインナー、たまご焼き、梅びしおで「恵方巻」が出来るようになっています。それにイワシのつみれ汁、ツナマヨ和え、節分豆、牛乳のメニューでした。生徒にとって、大好きな楽しい献立となっています。
 ところで、皆さんの家では、今日はやっぱり「恵方巻」を食べられますか?。私は、古くからの風習は結構大事にする方なのですが、どうしても「恵方巻」だけは馴染めません。冬至にはかぼちゃを煮ますし、1月7日には七草粥も炊きます。で、節分は?って言うと、我が家はイワシを煮てしまいます。「恵方巻」って最近ですよね?。ウィキペディアで調べてみると、平成10年にセブン-イレブンが全国発売にあたり商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広めたのだそうです。2月にイベントがないことからの発案だったそうです。とは言え、今日のマーケットのお惣菜コーナーは、高価な巻きずしでいっぱいになっています。「習わし」の始まりってこんなものなのかも知れませんね。
 さて、今日は2年生が、多目的ホール(こもれびホール)で、学年給食を行いました。いつもの学級での給食と違って、人数が倍になって・・・。やっぱり楽しいですね。給食を食べたら、男子バレーボール部が中国大会出場のため山口県岩国市に出発するので、その壮行会も兼ねて、大盛り上がりの給食時間でした。
--

--
 

「入学生学校説明会」を行いました(平成29年2月2日)

 本日午後、「平成29年度入学生学校説明会」を行いました。
 来年度、智頭中学校に入学を予定している小学生39名とその保護者に中学校に来ていただき、中学校の教育について説明をしたり、小学生には授業体験もしてもらいました。 私はずっと保護者会場にいたので、入学生会場で生徒会執行部の生徒がどんなことをしたのか全く知りません。でも、多くの生徒が前日の放課後遅くまで準備や練習をしていたことは知っています。
 説明会が終わった後で、教員が写した写真を見ると、生徒会長がネクタイを締めています。寸劇でもしたのでしょうか???。そして、スクリーンには「一生懸命」「凡事徹底」「意気に感じて」という文字が・・・。私がいつも生徒に伝えていて、説明会の保護者会場で保護者の方に話したのと同じことを、入学生会場でも生徒が話してくれているのです。  学校長にとって、こんなに嬉しいことはありません。生徒会執行部の生徒たちに感謝です。平成29年度、39名の新入生を迎えて、もっともっと勢いのある智頭中学校を創っていくぞ!!!。そんな決意をした学校説明会となりました。
--

--
 

2月になりました(平成29年2月2日)

 2月になりました。今日は午後「平成29年度入学生学校説明会」があります。昨年は6年生(現1年生)にインフルエンザが大流行していて、保護者の方だけの参加だったのですが、今年は入学生(6年生)も来てくれます。昨日も遅くまで生徒会執行部の生徒が今日のための準備をしていました。6年生に中学校の魅力を分かりやすく説明しようと、意欲まんまんでした。
 さて、来年度の準備と並行して、校長室では卒業式の準備が始まりました。今日は、3年団の先生方で卒業証書の押印をしました。立派な卒業証書を生徒に渡そうと、心を込めて一生懸命に押していました。3年生が智頭中学校に登校するのは、3月10日の卒業式を含めても、あと24日です。来週金曜日(10日)が県立高校推薦入試、そして3月7日・8日が県立一般入試です。
 玄関には、今日の「入学生学校説明会」の受付と、1・2年生から3年生に向けた「合格祈願」のメッセージが仲良く並んでいます。温かい春は、もうすぐそこまで来ています。
  頑張れ、3年生!!!
-

-
 

久しぶりのUPになりました(平成29年1月31日)

 久しぶりの更新となりました。二日間も休校にすると、その後もしばらくの間はその「しわ寄せ」で多忙な日々が続くことを実感しました。昨日から、ようやく町内の交通機関も平常通りとなり、やっと落ち着いた日々が戻って来たというところです。
 昨年は、初めて降った雪で生徒が玄関に雪だるまや雪玉を作り、それが可愛くて・・・。「なんとかして保護者の皆様に伝えたい」と思ったのがHPのUPのきっかけでもありました。今年は、あまりにもたくさんの雪が降ったため、生徒にもそんな余裕はなかったようですが、この土曜日に部活動に出てきた生徒が、可愛い雪だるまを作ったようです。
 雪だるまは、だんだんと崩れていっていますが、校庭の雪はなかなか解けてくれません。 今日で、1月も終わりです。この時期、3年生は受験に向けて追い込みの正念場ですが、明後日(2日)には、来年度の新入生と保護者の方を迎えて「学校説明会」が予定されています。
 あまり間を開けないように更新していきますね。
 

生産者さんとの交流給食を行いました(平成29年1月27日)

 本当に凄い雪でした。私は33年の教師生活で初めて大雪による臨時休校を経験しました。しかも二日間も・・・。24日から25日にかけては、学校前の国道373号で立ち往生している観光バスや長距離トラック、自家用車の乗客・運転手さんに対して、本校に避難所を開設しました。90名ほどの方が、一夜を過ごし、役場の職員さんによる炊き出しを利用していただきました。一番長い方は、立ち往生の時間が32時間にも及んだそうです。
 皆様、本当にお疲れさまでした。様々なところで多くの方が一生懸命に災害(雪害)復旧や困っておられる方への対応にあたられていて、本当に智頭ってスゴイなあ~と再認識させていただきました。
 学校もようやく今日になって、なんとか平常を取り戻したような気がします。でも、交通機関はやはり乱れていて、しばらくは保護者の皆様にはご不便、ご苦労をおかけすることと思います。申し訳ありませんが、観測史上初の事態ですので、どうかご理解下さい。
 さて、今日は学校給食の食材生産者さんを学校にお招きして交流給食を行いました。野菜やみそ、豆腐などの生産者さんと一緒に、ご苦労やこだわり、生産にかける思いなどを伺いながら一緒に楽しく給食を食べました。今年は、「玉ねぎの生産者」として智頭農林高校の園芸科2年生と先生も来て下さいました。中には本校の卒業生の熊谷君の姿も・・・。2年ぶりの学校給食は、格別だったことと思います。
 生産者さんのお一人が、こんなことを言って下さいました。
 「学校全体が落ち着いていて、みんないい生徒さんばかりで、これなら安心して孫を中学校に通わせることができる。」
 とってもとっても嬉しいお言葉でした。多くの方に授業を見ていただいてお褒めの言葉をいただくことはあるのですが、給食を通して生徒と触れ合っていただいての感想は、本当に有り難かったです。もっともっといい学校にしていかねば!!!
 本当にありがとうございました。


 

大呂恵雨君、安芸路を駆け抜けました(平成29年1月22日)

 大呂恵雨君、見事に鳥取県代表として、「第22回全国都道府県対抗男子駅伝」第6区(3km)を駆け抜けました。大呂君はとても負けん気が強く、「競り合えば競り勝つ」、「前に見える選手には必ず追いつき追い越す」というタイプの選手ですが、襷をもらった時には、あいにく前にも後ろにも競り合う選手がいません。いわゆる「一人旅」の状況でしたが、そんな中でもよく粘り、9分08秒(区間第34位)で、襷をもらったままの順位(37位)でアンカーへと繋ぎました。
 私は、自宅でテレビの前で応援しましたが、大呂君の鳥取県を背負った「晴れの舞台」に、学校長として本当に感激をしました。また、4区には本校卒業生の杉村宗哉君(八頭高校3年生)も走ることができ、全7区間のうち智頭の子が二人!といいうことも、本当に嬉しかったです。
 沿道に大呂君のお父さんが立てて下さった「底力 智頭中学校」の応援のぼり旗もしっかりとテレビの画面で確認することができました。
 写真は、私がテレビ画面をスマホで撮ったもので、画質は悪いですが、載せておきます。きっと、保護者の皆様、地域の皆様も応援して下さったことでしょう。本当にありがとうございました。


 

大呂恵雨君、広島を走ります(平成29年1月20日)

「第22回全国都道府県対抗男子駅伝」
        6区を大呂恵雨君が走ることが決まりました!。

「第22回全国都道府県対抗男子駅伝」は22日(日)、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48kmで行われます。7区間のうち中学生が走る区間が2区間あるのですが、その2区間に県内で4名の選手が候補選手として選ばれ、合宿等を行って強化を図ってきました。そして、今日、現地で最終選考を行って、見事本校3年生の大呂恵雨君が選手の座を勝ち取りました。
 大呂君は6区(3km)を走ります。レースの様子は当日、NHKで生中継される予定です。是非、テレビの画面を通して応援をしてやって下さい。
 なお、本校出身で現在八頭高校3年生の杉村宗哉君も、今日の最終選考で選手に選ばれるか否かが決まっているはずです。もしかしたら、智頭の子が二人走るかもしれません。 写真は、一昨日の練習風景と、今朝広島に向けて出発する大呂君と杉村君、そして三ツ星翔君(八頭高校3年生)です。頑張ってきてもらいたいです。

 

全学年が「標準学力調査」を実施しました(平成29年1月20日)

 今日は、全学年が1校時から5校時まで、「標準学力調査(テスト)」を行いました。これは、町内の児童・生徒の学力を把握するために、智頭町の教育委員会が費用を負担し、毎年この時期に、智頭小学校と智頭中学校に通う全ての児童・生徒に対して実施しているものです。生徒にとっては、3学期のこの時期のテストですから、この一年間の学習内容の定着度を測るのに役立ちますし、私たち教員にとっては、「生徒にどれだけ力を付けたか」を振り返る貴重な資料になります。
 智頭中学校でも教師が問題を作成して定期テストを行っていますが、今日実施している「調査」は標準化されたテストであり、全国の中学校で同じ「調査」を行っているので、全国平均と比較することができます。智頭中学校では、この「標準学力調査」で全学年、全教科で全国平均を上回ることを目標に、教師が授業改善を図りながら生徒の学習指導に力を入れています。
 昨年・一昨年の状況は、3年生は全教科で全国平均を上回るのですが、1・2年生で「全国平均を上回ったり下回ったり」という状況です。受験を目前にした3年生の頑張りは、物凄いものがあるのですが、そうでなければ頑張りが効かない・・・。まさに「いざという時の力はスゴイ智頭中生」です。今年こそは、5教科×3学年=15教科の全てで全国平均を上回ってくれるのではないかと、内心少し期待をしているところです。
 今週火曜日には9名の欠席者があった1年2組も、今日の欠席者は1名・・・。全校生徒が一生懸命にテストに取り組みました。どうぞ結果を楽しみにしていて下さい。
 

「八頭高ライフ体験事業」に参加しました(平成29年1月19日)

 本日午後、智頭中学校2年生全員が「八頭高ライフ体験事業」に参加し、八頭高生活を少しだけ体験してきました。この取り組みは「八頭タワープロジェクト」という県の事業の一環として行われたもので、本年度が2年目になります。(昨年は1月21日に実施しています。)
  八頭郡内3中学校(八頭中、若桜学園中、智頭中)の2年生全員が八頭高に集まり、次のような内容で「八頭高ライフ」を体験してきました。
     ◆高校生活・実践紹介
        ・書道部による書道パフォーマンス
        ・生徒会による高校生活紹介
        ・探究ゼミの発表(社会、数学)
        ・アメリカ短期留学の報告
      ◆高校の授業体験
        ・国語、社会、数学、理科、英語、体育、書道、情報
      ◆高校生による講話
 それぞれが希望する教科の授業を八頭中、若桜学園中の生徒と一緒に体験しましたが、さすが元気のいい智頭中2年生・・・。全く緊張することなく元気いっぱいに、楽しんで初めての高校の授業を受けていました。最後に講話をして下さった八頭高3年生の生徒さん(桜ケ丘出身の女生徒さん)は、講話を終えた後で「すごく緊張して不安だったけど、とってもいい生徒達でよかった」という感想を下さいました。この生徒さん、推薦で大学への進学が決まっているようでしたが、八頭高校を代表して中学生に講話をするだけあって、本当に爽やかで立派な生徒さんでした。2年生の中に、八頭高生に対する「あこがれ」が少し芽生えたかもしれません。
 さて、生徒会による「八頭高紹介」の最後に、2年生に対する受験に向けたメッセージをいただいたのですが、それは、いつも私が受験を迎える3年生に言っているのと同じことでした。
「受験は個人戦ではなく、団体戦です!!」
 2年生も高校受験まで、あと一年余り・・・。「団体戦」で頑張ります!!!
 受験対策の取組をスタートさせた2年生にとって、すごく大切なことを体験させていただいた半日になりました。八頭高の皆さん、ありがとうございました。


 

インフルエンザ収束に向かいます(平成29年1月18日)

 昨日、智頭中学校にインフルエンザが入っていることをお伝えしましたが、今回の感染については、昨日をピークに収束に向かっているようです。昨日の1年2組は9名の欠席者(うち7名がインフルエンザ)があったのですが、今日の欠席者は4名となり、下の写真で分かるように、空席が目立たなくなりました。「これからインフルエンザが流行しそうだぞ」と思うクラスは、その教室に入ると、なんとなくそんな空気が感じられるのですが、今日の1年2組はみんな元気で、そんな空気は感じられませんでした。
 今日のインフルエンザによる欠席者は、1年2組の4名と2年生の1名の計5名で、新たな感染者は出ませんでした。これ以上の感染者が出ないことを祈るばかりです。(今年これまでのインフルエンザ罹患生徒は8名です。)
 保護者の皆様には、お子様の体調管理をしっかりとお願いしたいところですが、今週に入って大雪が降り、とても寒いです。最近の「若いもん」は、雨が降っても傘をさしませんし、雪が積もっても長靴を履きません。寒くても薄着をしようとします。だけど、この時期、特に3年生は受験を控え体調を崩すわけにはいきません。体調を崩せばインフルエンザにも罹りやすくなります。保護者の皆様にお願いですが、どうかお子様に温かい服装をさせてあげて下さい。また、足元が濡れたり滑って転んだりしてはいけませんから、それなりの靴も履かせてあげて下さい。私は、この時期、絶対に長靴がいいと思うのですが、智頭中の生徒は、けっこう履いていますよ。
 さて、グラウンドに目を向けると一面の雪景色ですが、1コース分だけ除雪をして、陸上部の生徒が一生懸命に走っています。3年生の大呂恵雨君、12月13日にお知らせしましたが、22日(日)に広島市で行われる都道府県対抗駅伝競走大会の選手候補に選ばれています。20日に広島に出発し、現地で最終選考だそうです。なんとしても中学生枠の2枠を勝ち取ってもらいたいものです。鳥取県代表となるにふさわしい気合の入った練習をしていますから・・・。
 

早く元気になって下さい!!!(平成29年1月17日)

 今日は1月17日・・・。
 この「学校経営 校長室より」を下の方にスクロールしてみると、昨年の1月20日にスタートしていますから、まもなく一年になります。この更新が153タイトル目になります。我ながら「よく続いているなあ~」と感心しています。
 間もなく一年を迎えるにあたって、私がどんなことを思いながら更新しているかを、少しお話しさせて下さい。
 当たり前のことですが、私は「不特定多数の方に向けて広く智頭中学校のことを知ってもらおう」と思っている訳ではなく、「智頭中学校の保護者の皆様、地域の皆様に智頭中学校の日常を知っていただきたい」、「学校長である私がどんなことを考えながら学校経営をしているかを知っていただきたい」という思いで、日々、HPを更新しています。HPにUPすれば、瞬時に世界中に発信することになることは承知しているのですが、私は、あくまでも限られた範囲の方に向けて「こっそり」とUPしているつもりなのです。だから、トップページを見ても分からないように「学校経営 校長室より」にUPしているのです。
 それでも、見て下さる方は少しずつ増えて、「見ていますよ」と声を掛けて下さる方もチラホラ・・・。本当に有り難いことで、最近はそんな声(反応)が私の励みになっていたりもします。
 今日、私は、ある方のお見舞いに行ってきました。(分かられる方も多いですよね?)その方は年末に体調を崩され、もう一月近く入院されています。今日やっとお見舞いに伺うことができたのですが、その方も病院のベッドで、小さなスマホの画面で、このページを見ていて下さるというのです。「見ていて下さる方がいる」、「楽しみにしていて下さる方がいる」というのは、本当に嬉しいことです。忙しくてUPするのが億劫に思えることもあるのですが、その方の顔を思い浮かべながらこれからも頑張ります。(もちろん、保護者の皆様の顔も思い浮かべながら・・・ですけれど。)
 ・・・なんてことよりも、、、、、頑張って早く元気になってくださいね!!!。応援していますから。退院されたら、是非また一緒に・・・(笑)
 さて、話は変わりますが、「早く元気になって下さい」つながりで・・・。
 全国的にインフルエンザ流行の兆しですが、智頭中学校にも先週末からインフルエンザが入っています。現時点では1年生が中心で、1年2組の今日の欠席者は9名、そのうち7名がインフルエンザで型は全員がA型です。学級閉鎖も検討したのですが、登校している生徒は全員が元気で、欠席者も9名中5名は明日から登校する予定なので、今日の段階では学級閉鎖の措置をとっていません。
 それでも、少しでも感染を防ぐため、給食の時間には、いつものように班にして向かい合うのではなく、全員が前を向いて、授業と同じ形態で給食を食べました。(1年1組は班ですが)
 欠席している生徒、早く元気になって出てこいよ!!!。待っとるで!!!。
【1年1組と1年2組の給食の様子です】
 

大雪でご迷惑をおかけしました(平成29年1月16日)

 昨日からの大雪で、智頭の積雪は約30cm、しかも今朝学校に来てみると、駐車場は全く除雪がしてありません。自家用車で送って来られる保護者の皆様には、本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
 言い訳をさせていただくならば・・・。
 教員は土曜日に出てきて、除雪機で駐車場の除雪をしようとしているのです。もちろん日曜日も除雪するつもりだったはずです。ところが、土曜日に除雪機のベルトが切れてしまい、動かなくなってしまったのです。人力で除雪するには、あまりに広すぎるため、何もできずに今朝を迎えたというところです。本校の駐車場は入り口が狭いため、一時は「出るに出られず、入るに入れず」という状況で、駐車場内で立ち往生の車を何台も救出しなければならない状況でした。
 午後になって、智頭町の除雪車がきれいに除雪をして下さって、ひと安心・・・。そして、何よりも有り難くて、有り難くて・・・。他の市・町では、学校敷地内の除雪はすべて学校に任されていて、市・町が除雪して下さることは、まずありません。「智頭町で本当に良かった」と思わずにはいられません。
 しかし・・・。保護者の皆様にお願いです。汽車も運休でしたし、道も歩きにくい・・・。ましてや自転車なんて論外の状況でしたが、できるだけ公共交通機関と徒歩で!!!。どうしても自家用車の場合は、こんな日は、学校から少し離れた安全な場所でお子様を降ろしていただけると助かります。いつもは「駐車場内での乗降を!」とお願いしておきながら・・・ですが、どうか「臨機応変、ケースバイケース」でお願いできたらありがたいです。勝手なお願いで申し訳ありません。今日のような大雪がもう降らないことを祈りつつ・・・、どうかよろしくお願いします。
 

男子バレーボール部、中国大会です(平成29年1月15日)

 1月15日(日)、大雪の中、「第12回中学バレーボール新人大会(兼第13回中国中学バレーボール新人大会鳥取県予選)」が、米子市の東山運動公園内の体育館で開催されました。智頭中学校は、10月の新人戦東部2位の成績で、この大会への出場となりました。前日から暴風雪警報が発令され大会の実施が危ぶまれましたが、出場権を持つ全チームが参加して熱戦が繰り広げられました。
 そして、その結果、なんと見事準優勝となり、2月4日・5日に山口県岩国市で開催される「第13回中国中学バレーボール新人大会」への出場を勝ち取ったのです。智頭中学校男子バレーボール部、鳥取県で2番です。鳥取県代表で中国大会へ出場です。
 今年、3名の生徒が鳥取県代表としてジュニアオリンピックに出場してはいますが、それはすべて個人種目で、団体戦での中国大会出場となると、本当に久しぶりの快挙です。毎日気合の入った「いい練習」をしているので、強くなるだろうとは思っていましたが、そのときは思っていたよりも早くやってきました。急いでユニフォームに「鳥取」の文字を入れなければなりません。写真は、新人戦の壮行会のときのものと、今日の昼休憩に校長室に報告に来たときのものです。
 私は、いつも生徒には「勝つ資格のあるチームであれ」と言ってきましたが、今日は男バレの選手に「中国大会に出る資格のあるチームであれ」、「鳥取を背負って大会に参加する資格のあるチームであれ」ということを話しました。
 頑張れ!!!男子バレーボール部!!!。もっともっと強くなれ!!!。
【第12回鳥取県中学バレーボール新人大会結果】
    初 戦 智頭中 対 桜ケ丘中 (2-0で勝利)
             25 -  20
             25 - 19
    準決勝  智頭中 対 後藤ケ丘中※西部1位 (2-0で勝利)
              25 - 21
              25 - 18
    決 勝  智頭中 対 気高中 (0-2で準優勝)
              13 - 25
              18 - 25
 

今年最初の研究授業でした(平成29年1月13日)

 今日は、今年初(3学期初)の研究授業を行いました。体育科の中村先生の授業で、3年生女子の器械体操(前方倒立回転とび)の学習でした。12月から取り組んでいる器械体操ですが、学習を始めた時にはほとんどの生徒が「器械体操は苦手だ」と言っていたそうです。それが、今日の学習では、皆が互いに補助をし合って、意欲的に楽しそうに前方倒立回転とびに取り組んでいました。参観して下さった小学校の梶浦教頭先生と町教育委員会の岡村指導主事も「とてもいい雰囲気で学習している」と誉めて下さいました。
 研究授業は本校教員が互いに参観し合うのですが、参観だけではなく、濱部先生は補助もして下さいました。濱部先生は現在は女子バレーボール部の顧問をしていますが、実は専門は器械体操なのです。今でもタンブリング等は朝飯前だそうです。いつか生徒の前でも披露してもらいたいものです。
 今日の研究授業は3校時の体育館で行ったのですが、終了のチャイムと同時に4校時の1年生が体育館になだれ込んできます。智頭中学校の生徒は、みんな本当に体育が大好きです。


 

第三学期始業式を行いました(平成29年1月10日)

 本日、第三学期の始業式を行いました。二学期の終業式の時は全校生徒数148名でしたが、その後2年生に転校生が1名あって、今日は149名での新年のスタートとなりました。転入生は以前、諏訪保育園や山形小学校に通っていたこともあるので、すべての生徒と顔なじみで、もうすっかり学年に溶け込んでいます。現在部員が9人ギリギリの野球部に入ってくれることも、とっても嬉しいことです。
 今日は、1校時目に始業式と学活をしたあと、1・2年生は休み明けテスト、3年生は実力テストです。みんな一生懸命に取り組んでいますが、やっぱり3年生の真剣さは群を抜いています。この冬休み、正月返上で勉強した成果を是非十分に出し切ってほしいものです。
 さて、今日は1月10日・・・。3月10日は卒業式です。3年生の中学校生活もあと2カ月しかありません。でも、決して「思い出づくり」に走るな!。センチメンタルな気持ちになるな!。希望の高校に合格することのみを考えて、頑張れ!!!3年生!!!。


 

智頭町成人式がありました(平成29年1月8日)

 1月8日(日)、智頭町総合センターに於いて「平成29年智頭町成人式」が行われ、多くの来賓やご家族の列席をいただき、74名の新成人の「はたち」を祝福しました。
 新成人が中学校を卒業してから5年・・・。私は智頭中学校三年目ですから、新成人を知りませんが、当時お世話になった蓮佛先生、坂田先生、小林先生もお祝いに駆けつけて下さり、懐かしい話に花が咲いていました。ニュースでは毎年のように「荒れる成人式」の様子が放映されるのですが、智頭町の成人式は厳粛な雰囲気を保ちながら、それでいて本当に和やかに式が進行しました。
 今年の中学校3年生は48名ですから、5年間で出生数が26名減少していることになります。この子達が成人式を迎える5年後、私は現役最後の年となっています。どこにいるか分かりませんが、できれば48名の「はたち」のお祝いに駆けつけたいと思っています。
 

鳥取敬愛高校特別進学コース入試でした(平成29年1月7日)

 昨日お知らせしたように、今日は本年度入試の皮切りに、鳥取敬愛高校特別進学コースと推薦の入試がありました。とても寒い朝(智頭は-4℃)になったものの、雪もなく、天候もよく、12名の受験生が元気に初めての入試本番に向かいました。
 入試当日は万が一に備えて、必ず公共交通機関で受験会場まで往復するのですが、学校としては、智頭駅での点呼と激励、鳥取駅での出迎え→会場までの引率、会場での待ち受けと激励、そして緊急事態へ対応するために学校待機・・・と、万全の態勢で受験生を支えます。私はいつも試験会場で生徒が来るのを待ち受けて最後の激励をします。(智頭駅では教頭先生が激励をして送り出します)三学年の教員と管理職で対応するのですが、毎年、「家が近いから」ということで中江先生も必ず激励に駆けつけて下さいます。朝の早い時間、寒い中の激励です。決して「近いから」ではないですよね・・・。ありがとうございます。
 さて、今日の試験会場は敬愛高校校舎と向かいの「とりぎん文化会館」です。文化会館前は、市内の中学校の集合場所となっていて、すごい混雑です。智頭中学校は敬愛高校側で激励と諸連絡をして、それぞれが試験会場に分かれました。12名の生徒、みんな笑顔が爽やかで、ホントにいい子ばかりで・・・。私が高校の校長だったら、間違いなく全員合格なんですけどね(笑)。試験の出来はどうだったでしょうか???。
 

いよいよ明日、入試のスタートです(平成29年1月6日)

 三年生の補習、今日は英語に取り組んでいます。写真を見ていただいたら分かるように、アレクシス先生も含めて3人の英語の教師で指導をしています。数学は2人の教師で指導します。これは、智頭中学校が県教育委員会から教員の加配を受けて、少人数指導、TTに取り組んでいるためです。そのため、日頃から3三年生の授業は複数の教師で指導しているので、補習も複数体制で指導できているのです。有り難いことです。
 ・少人数指導・・・1クラスを2つに分けて行う指導方法
 ・TT(ティームティーチング)・・・1クラスに複数の教師が入って行う指導方法

 さて、三年生の昨年末発行の学年通信に「クリスマスも正月も受験生にはない」と書かれています。本当にそのとおりで、いよいよ明日から入試がスタートするのです。明日行われるのは、鳥取敬愛高校の特別進学コースと推薦の入試です。本校からも12名の生徒が受験します。明日を皮切りに、毎週末に入試が入ってきます。
 1月 7日(土)鳥取敬愛高校特別進学コース・推薦入試
  1月14日(土)鳥取城北高校推薦・専願Ⅰ入試
 1月17日(火)米子高専推薦入試
  1月21日(土)鳥取敬愛高校一般入試、自衛隊高等工科学校入試
 1月28日(土)クラーク高校AO入試
 2月 4日(土)鳥取城北高校一般入試
 2月10日(金)県立高校推薦入試
 2月19日(日)米子高専一般入試
 3月7日(火)・8日(水)県立高校一般入試
 これを見ていただくと、「クリスマスも正月も受験生にはない」を納得していただけるのではないでしょうか?
 今日は、11時から、敬愛高校を受験する生徒の前日指導があります。多くの中学校では、この前日指導を12月22日の終業式の日に行っているのですが、本校はまさに前日の今日行います。私も受験生に対して話をさせてもらうことにしています。明日も受験会場入り口で激励をするつもりです。12名、絶対に合格させます!!!。絶対に合格してくれると信じています!!!。
 

新年あけましておめでとうございます(平成29年1月4日)

 保護者の皆様、地域の皆様、新年明けましておめでとうございます。
 雪のない穏やかなお正月・・・。ご家族そろって希望に満ちた新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。そして、どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。
 さて、今日は仕事始めの日です。智頭中学校では、昨年末にお知らせしたとおり、三年生の補習が始まりました。今日は半日、三年生全員参加で、8時30分から11時20分までの170分間、ひたすら数学の問題演習に取り組みました。
 三年生にとっては、いよいよ受験の年・・・。絶対に合格する!!!。絶対に合格させる!!!。生徒と教師の真剣勝負の補習です。真剣に理解するまで問題に取り組めば、絶対に力が付きます。そして、その先に必ず「合格」の吉報が待っています。温かい春が待っています。そんな意気込みで補習に取り組んでいます。明日と明後日は、弁当を持って一日補習です。頑張れ!!!、三年生!!!。


 

平成28年、お世話になりました(平成28年12月28日)

 今日は官公庁の仕事納めの日です。智頭中学校の先生方にとっても、今日が平成28年の仕事納めになります。学校では官公庁のように「仕事納め式」はありません。今日もほとんどの生徒・職員が登校・出勤して、いつも通り3年生は補習に、1・2年生は部活動に精を出しました。ただ、昨日までと違うのは、部活動の最後にどの部の生徒も部室の大掃除をしていたこと・・・。今度学校に来るのは新年1月4日です。大掃除は、新年を気持ちよく迎えるための「来年の自分へのプレゼント」ってところでしょうか???。
 私は校長室の整理・整頓くらいはしましたが、大掃除はしませんでした。でも、今朝校長室に入ってみると、しっかりと新年を迎える装いになっていました。校長室には、いつも3ケ所に寄せ植えや生け花があるのですが、これがすべて「お正月バージョン」に変わっていたのです。この花たちは、学校現業職員の西村さんが自宅から持ってきて飾ってくださるのですが、いつもいつも季節感満載でセンスもバッチリで・・・。いつか皆さんに紹介したいと思っていたのですが、今日紹介をさせていただくことにします。
 予算はゼロですから、皆さんの家の玄関を飾るような高価な花はないのかもしれませんが、私は西村さんが活けて下さる花が大好きで、「よし、がんばろう!」という気持ちにさせられます。皆さんもこのセンス、抜群だと思いませんか???。


 さて、平成28年もあと三日・・・。今年も皆様に助けていただきながら、無事に一年を終えられそうです。一年間、本当にお世話になり、ありがとうございました。新年も子ども達、そして智頭中学校の益々の飛躍のために、職員一同、力を合わせて一生懸命頑張ります。どうぞ、皆様方の一層のお力添えよろしくお願いいたします。
 ご家族そろって、よいお年をお迎えください!!!。
 

冬休みも気は抜きません!!!(平成28年12月26日)

 冬休みに入って4日目です。22日の終業式の式辞の中で、私は三年生に向かって次のような話をしました。
「三年生には、間近に迫った高校入試で、全員が目指す高校に合格することで、智頭中学校に勢いをつけてほしい。全員合格を実現するために、君たち一人ひとりに出来ることは、ただ一つ・・・。それは、自分が合格すること!!!。合格を勝ち取るために、充実した冬休みにしてほしい。」
 あまりにも三年生を追い込み過ぎでしょうか???
 でも、そんな校長の願いに応えて、生徒も教員も頑張ってくれています。今日は、三年生、弁当持参で全員参加の一日補習です。ひたすら数学と英語の問題演習をやってます。今日、明日と1月5日、6日の4日間が一日補習、明後日(28日)と1月4日の2日間が午前中の半日補習です。つまり、冬休み中の教員の勤務日は、すべて補習です。
 私たち中学校の教員が大切にしている言葉に「15の春を泣かせるな」というものがあります。三年生48人の15の春を絶対に泣かせない!!!・・・。智頭中学校職員の強い決意を感じますし、それに応えようと一生懸命な生徒の姿があります。
 48名の生徒全員に嬉しい便りが届くことを願い、冬休みも生徒とともに頑張ります。


 

百人委員会【学生の部】報告会がありました(平成28年12月21日)

 智頭中学校では、総合的な学習の中で考えた智頭町活性化のアイデアを一昨年から町百人委員会で提案をさせていただいています。その提案に予算を付けていただいて、昨年、今年と2年に渡って提案したアイデアを実際に事業として実施させていただいています。 今年の三年生は、智頭町の魅力を県内外の方に広く知っていただくために、中学生目線で智頭町の観光名所や特産物をPRするマップ『智頭散歩』を作成しました。そして、10月12日に、三年生全員で神戸三宮センター街に行ってマップを配布して来ました。
 今日の午後、町総合センターで、その取り組みの報告会があり、三年生全員が町長様を始め町役場の方々、地域の方々、報道の方々の前で報告をしました。
 神戸という大都会で智頭町をPRするために一生懸命に声掛けをする生徒・・・。なかなか立ち止まってもらえず心が折れそうになりながらも、声を掛け続ける生徒・・・。そして、だんだんとコツが分かり、立ち止まってもらえた初対面の方に大好きな智頭町のことを一生懸命に説明する生徒の姿・・・。そんな子ども達の一生懸命な姿の映像に、見ていて涙がこぼれそうになりました。
 「これは、大人は泣いちゃうなあ~」と思って会場を見渡すと、眼鏡を外してハンカチで涙を拭く町長さんの姿がありました。
 報告のあと、町長さんに『智頭散歩』を渡して、町長さん、教育長さん、鳥取県からの来賓の方の指導講評をいただきました。町長さんも教育長さんも、中学生の頑張りに感激をされて、これ以上ない程のお褒めの言葉をいただきました。県からの来賓の方は、鳥取県元気づくり総本部東部振興監の谷口透様でしたが、実は、この谷口様(君)は、私の八頭高校時代3年間同じクラスだった同級生でした。嘘偽りのない、お世辞もない本音の感想で「涙が出た。素晴らしかった。」と誉めていただきました。
 智頭町の計らいで可能となっている取り組みです。こうした取り組みを通して、ふるさと智頭を愛し、智頭に残って智頭の未来を担ってくれる子どもが育ってくれることを願って止みません。


 

二学期最後の研究授業でした(平成28年12月21日)

 智頭中学校では、一年間に必ず全ての教員が研究授業をすることにしています。今日は、二学期最後の研究授業がありました。中江先生の1年2組での社会科の授業でした。電子黒板とデジタル教科書を駆使し、生徒が考え活動する楽しい授業でした。
 いつも言っていることですが、智頭中学校のICT機器は、間違いなく県下一の充実度です。すべての先生が、ICT機器を活用して、その効果を最大限に生かすべく、アクティブラーニングを意識した授業改善に取り組んでいます。その成果は、生徒による授業評価でも次のように顕著に表れています。
(数値は肯定的評価の割合)
 ①授業内容は理解できますか?      83%(昨年)→87%(今年12月)
  ②学習内容に興味が持てますか?     65%(昨年)→77%(今年12月)
  ③満足感・充実感を感じる授業があるか? 58%(昨年)→66%(今年12月)
 余談ですが、私は校長になって授業をすることはないのですが、私の専門は特別支援教育、中学校での教科は社会科です。でも、3年間授業をしないと、本当にビックリするくらい色んなことを忘れています。今日の授業でも中江先生に指名されて質問されたらどうしよう・・・とビクビクしていました。やっぱり日々コツコツと学習することは大切なのだと思うと同時に、いくら学習しても日常の中で使う機会のない英語の力が定着しないのも仕方ないのかなあ~なんて思ってしまいます。それじゃダメなんですけどね。
 

智頭農林生徒による「庭園」完成です(平成28年12月20日)

  11月17日から取り掛かっていただいていた智頭農林高等学校の生徒さんによる庭園の移設作業が、先週金曜日に終了しました。今日は、完成した素晴らしい庭園を紹介します。
 鳥取県内の農業学科を持つ高等学校のコンテストでグランプリの庭園です。とても高校生が造ったものとは思えない出来栄えですが、この庭を設計したのは智頭中学校の卒業生だそうです。先生の指導や助けは当然あったのでしょうが、私の見る限り、生徒は本当にテキパキと職人のように作業に取り組んでいました。近年は中学生の進学先として、普通科高校志向が強いのですが、大学進学を考えない生徒にとっては、こんな学習こそが、卒業後に真に役立つ生きた学習だなあ~と感じました。
 この庭園、体育館の裏にあって、「もっと皆さんに見てもらえるところがよかった~」と、少し智頭農林さんには申し訳ないのですが、半年ほど置いていただけるそうですから、ご来校の際には、是非ご覧ください。


 

学期末懇談、お世話になります(平成28年12月16日)

 昨日・今日と二日間にわたって二学期末懇談を実施しています。この日を狙ったかのような雪模様で、保護者の皆様には本当に申し訳なく思います。どうぞ、十分にお気をつけてご来校下さい。
 さて、毎年のこの時期の朝の光景・・・。生徒有志による除雪のボランティア活動が今日スタートしました。今日は除雪をしてくれたのは陸上競技部の生徒達でした。智頭中学校には、通学列車やバスの関係で、多くの中学校にあるようなクラスごとの除雪当番がありません。それでも、こうして進んで除雪してくれる生徒がいるので、困ることはありません。今年のスタートをきって自主的に雪かきをしてくれた陸上部の生徒に感謝です。
 昨日・今日は、午後が懇談のため、学校は3校時までですが、全学年が授業ではなくて、実力テストを実施しています。教室を廻ってみると、すべての生徒が時間いっぱい真剣にテストに取り組んでいます。ごく当たり前のことなのですが、実は、これが多くの中学校では決して当たり前のことではない現実があります。当たり前のことを全員が当たり前のできる智頭中学校の生徒って、やっぱりとってもいいです!!!。
 テスト終了後、1・2年生は部活動ですが、3年生は全員参加の補充学習があります。3年生、完全に受験モードです!!!。合格通知を手にするまで、3年生の戦いは続きます。
 頑張れ!!! 3年生!!!




 

大呂恵雨君、大活躍です!!!(平成28年12月13日)

 いつもお伝えしているように智頭中学校は部活動に力を入れていますが、現在、智頭中学校には3名の県チャンピオンの生徒がいます。陸上3000m男子の大呂恵雨君(3年)、競泳自由形100m・50mの久本遼太君(2年)とバドミントン男子シングルスの河村朝陽君(2年)です。今日は、この中で陸上競技(長距離)の大呂恵雨君の活躍を紹介します。
 中学生男子3000mという種目は、3年生にしかありません。今年の県中学校陸上競技大会で大呂君は見事に県チャンピオンとなり、10月29日に横浜で行われたジュニアオリンピックに鳥取県代表として出場しました。この大会で大呂君は8分52秒22という記録で、全国トップレベルの選手の仲間入りをしました。(9分を切る選手はそんなにいません)
 そして、一昨日滋賀県で行われた『全日本びわ湖クロスカントリー大会』にも鳥取県代表として出場し、なんと2位という素晴らしい成績を収めたのです。この大会は、全国からトップレベルの選手が参加する大会であり、まさに快挙です。
 大呂君は、1月22日に広島で開催される『都道府県対抗駅伝大会』の中学生枠の候補選手にも選ばれています。中学生が走る区間は2区間あるのですが、候補として選ばれている選手は大呂君を含めて4名・・・。なんとしても2枠に入って、31番のゼッケンをつけて広島の地を駆け抜けてほしいものです。
 智頭中学校陸上部からは、杉村和香さん(3年)、大呂青葉君(1年)も、県の強化指定選手として、県の強化合宿等に参加し競技力を高めているところです。

 

日曜日の学校です!(平成28年12月11日)

 今日は日曜日・・・。とっても寒い日曜日です。朝、タイヤを冬用タイヤに替えて学校に来てみたら、4つの部が部活動をしていました。
 冷たい雨が降る中、グラウンドでは野球部が練習をしていました。吹奏楽部は、米子市淀江文化センター(さなめホール)で開かれる『アンサンブルコンテスト県大会』出場のための音合わせをして、貸し切りバスで淀江に出発して行きました。頑張ってもらいたいです。
 そして、体育館では・・・。男子バレー部と女子バレー部が合同で『3年生を送る会』をやっていました。バレーボール部員のお父さん、お母さんも集まって、それぞれにチームを結成し、男子対女子、男子対お父さん、女子対お母さん、男子対お母さん、もしかして女子対お父さんの試合もあったのでしょうか???。卒業した先輩も来て審判をしてくれたり、みんながとっても楽しそうにバレーボールをやっていました。
 3年生の引退試合を終えたあとは、みんなで県境を越え、粟倉のレストランで食事会だそうです。入試に向けて受験モードに突入した3年生も、久しぶりの部活動がとっても楽しそうでした。レストランでお腹いっぱい食べて、勉強も頑張れぇ~~~!!!


 

1クラスに4人の英語の先生、スゴイ!!!(平成28年12月9日)

 今日の3年生の英語は、なんと英語の先生4人で授業が行われました。智頭中学校では、3年生の英語の学習はすべてTT(1クラスに2人の教師)または少人数指導(1クラスを2つに分けて)で行っているので、いつも必ず1クラスに2人の先生はいるのです。それにALT(外国人指導助手)のアレクシス先生が来て下さる日は、1クラスの学習を3人の先生で指導しています。スゴイことです。
 今日は、それにプラスして、もう一人、写真で見ていただいたら分かるように、体の大きな外国人の男性が授業に入って下さいました。この方は、アレクシス先生のフィアンセのジョン・エイブラハム先生です。ジョン先生は、アレクシス先生と同じくアメリカの方で、現在、智頭に滞在中です。今日は「是非に」とお願いして智頭中学校に来ていただきました。
 教室の中に英語の先生が4人、それも2人はネイティブスピーカー・・・。教室内は、まさにイングリッシュシャワーです。やっぱり、ネイティブの方の発音は、少し違うような気がします(・・・なんて、私は英語は本当に苦手なのですが・・・)
 ジョン先生は、しばらく智頭に滞在されます。マーケット等でアレクシス先生と一緒のジョン先生を見かけられたら、声をかけてあげて下さい。(ジョン先生は日本語はほとんど話せませんが・・・)
 

「智頭町百人委員会」に提案をしました(平成28年12月6日)

 12月6日、今年も二年生全員が町総合センターに出掛け、「智頭町百人委員会(学生の部)」で、2年間育んできた町への提案の発表を行いました。
 この取り組みも、今年で3年目を迎えますが、一昨年は那岐小学校の旧校舎を使ったイベントを行い、また『智頭町達人図鑑』を作成・発行しました。昨年は町内の観光名所を紹介するマップ『智頭散歩』を作成し、神戸三宮に出向いて智頭町の宣伝をしながら配布しました。そして今年は・・・。
 昨年お世話になった町内民泊が忘れられなくて、町内民泊とコラボして何かできないか、と考えた結果、『智頭民泊マラソン』への協力を通して、町の活性化の手助けをすることにしました。
 題して「きて・みて・とまって・またきんさい」・・・。
 『民泊マラソン』をより楽しいものにするために中学生の私たちに何ができるか。そのことを考えるために、2年生全員が何らかの形で今年の『民泊マラソン』に参加してみました。その時の経験やアンケートをもとに、2年生全員でアイデアを出し合い、今回の提案をまとめ上げました。
 当日は、報道も入り、多くの傍聴者もある中で、町長さんをはじめ町当局の幹部の方に対して、堂々と提案をすることができました。この提案が通れば、来年の『民泊マラソン』では、コースのいたる所で、中学生がおもてなしの心で参加ランナーに喜んでいただく取り組みを行います。
 この提案、町長さんや教育長さんに、とっても誉めていただきました。2年生の皆さん、お疲れさまでした。


 

3年生対象「租税教室」を行いました(平成28年12月5日)

 本日4校時、鳥取税務署の広報官さんを講師に迎えて、3年生を対象に「租税教室」を実施しました。あと3カ月で中学校を卒業する3年生は、現時点では全員が高等学校への進学を希望していますが、本来なら義務教育の終了と共に、社会にはばたく生徒もいるはずです。そんな生徒が長い人生を豊かに生きていくための基礎は、中学生のうちに身につけなければいけません。そのため、中学校3年生の社会科では、政治や経済の仕組みを学習します。今日はその一環として、税金の話を税務署の方にしていただきました。
 1億円の札束のレプリカを見せていただいたり、様々なグループワークを通して、楽しく「税」についての学習をすることができました。
 今日は、税務署員さん以外に、会社経営者の方や税理士さんも大勢見学に来られました。1時間の学習を終えて、皆さん異口同音に「すごく反応が良くて、みんないい子だった」と誉めて下さいました。楽しく「税」について学習できた貴重な時間となりました。


 

海上自衛隊舞鶴音楽隊の隊員さんから演奏指導(平成28年12月3日)

 12月3日、海上自衛隊舞鶴音楽隊の35名の隊員さん達が智頭中学校を訪れ、吹奏楽部の生徒に演奏指導をして下さいました。これは、翌4日にとりぎん文化会館でふれあいコンサートを行う音楽隊が前日の3日に鳥取入りして1校だけどこかの中学校か高校を指導して下さるということで、智頭中学校に声を掛けていただいて実現したものです。
 智頭中学校の吹奏楽部員はたったの13名なのですが、音楽隊の隊員さんは35名です。まずは、音楽隊の方々の乗って来られたバスとコンサート用の楽器を積んだトラックの大きさにビックリでした。見たこともないような大きなバスでした。こんな大きなバスは普通の学校には入れません。智頭中学校でよかったと、まずバスを見て思いました。
 さて、演奏指導ですが、楽器パート毎に部屋を分かれて、本当に一対一で丁寧にフレンドリーに指導していただきました。「自衛隊」というと勇ましいイメージがあるのですが、指導にあたって下さったのは、大半がお姉さんのような可愛い女性隊員さんばかりで、本当に優しくて、だけど、やっぱり制服姿はめちゃめちゃ決まっていて・・・。そして、いざ楽器を手にすると、異次元の音量とテクニックで・・・。本当にこんな方に一対一で指導していただけるなんて、子ども達はなんて幸せなんだろうと思ってしまいました。
 後半は、11日に出場するアンサンブルコンテストで当日演奏する曲の指導もしていただきました。子ども達の演奏が見る見る上達していくのが分かりました。一生忘れることのできない素晴らしい経験をさせていただきました。
 今日指導していただいたことを生かして、アンサンブルコンテスト、頑張ります!!!
  海上自衛隊舞鶴音楽隊の皆さん、本当にありがとうございました。




 

桜土手の植栽を行いました(平成28年12月1日)

 本日6校時、本年度2回目の桜土手植栽作業を全校生徒で行いました。(1回目は6月15日にやっています)
 1300mにも及ぶ桜土手には、花壇が129個ありますが、智頭農林高校と智頭中学校とが分担区域を決めて管理をしていて、智頭中学校担当の区域は中学校の少し下手から旧クレージュの先までの間の73個の花壇です。距離にすると600m以上はあるでしょうか。今回も縦割りの12の班毎に6つの花壇を割り当てて、草取り→肥料を混ぜて土作り→苗植え、という手順で作業を行いました。苗は、いつも智頭農林高校の生徒さんが育てられたものをいただいています。
 昨年までは2時間をかけて作業していたのですが、今年は授業時間数を確保するために、1時間の作業としています。そこで「生徒の作業が少しでも楽になるように」と、私も機械を使って草刈りをしています。前回は約半分の範囲を刈ったところで力尽きたのですが、今回は「校長先生ありがとうございます」という生徒の声が嬉しくて、中学校担当の全ての範囲を刈り切りました。生徒も、3年生を中心にして、本当に爽やかに一生懸命に作業してくれるので、気持ちがいいです。
 国道373号を走られることがありましたら、どうぞ子ども達の頑張りでキレイになった桜土手を見てやってください。


 

楽しい給食風景です(平成28年11月29日)

 今日は、給食についてのお話です。
 今日の給食のメニューは、下の写真にあるように、麦ご飯、たらのハーブ焼き、ビーンズカレーシチュー、海藻サラダ、牛乳でした。つまり、メインはカレーライスです。当然カレーライスはスプーンで食べます。ここで考えてみていただきたいのですが、皆さんのご家庭では、このメニューの時、スプーンの他に箸も付けられますか?。多くの家庭では、きっと箸も付けますよね?。ところが、学校給食には箸が付かないのです。焼き魚もサラダもスプーンで食べなきゃいけないのです。私はこれまで、他の町で「箸も付けて下さい」ってお願いしてきましたが、何度お願いしてもダメでした。たぶん調理員さんの負担が増えるからかな~って思います。「それなら学校で洗いますから」と言ってみたら、それもダメでした。衛生面での管理が問題なのだと思います。
 「きっとダメだろうなあ~」と思って智頭町でもお願いしてみたら・・・。「考えてみます」という返事をいただき、すぐに箸を付けてくださいました。私はいつも「智頭の給食は美味しい」と言いますが、「一事が万事!!!」・・・。こんな対応をしてくださるセンターの給食が美味しくないはずがありません。今日も白間栄養士さんから「今日は、子どもたちの大好きなカレーです。地元のさつまいもや鳥取県産の大豆を入れて、秋らしいカレーにしました。しっかり食べて、元気に過ごしてほしいです。」というメッセージが添えられていました。本当にありがたくて、いつもいつも感謝です。
 今日は給食時の教室をのぞいてみました。大好きなカレーライスとあって、みんな大喜びです。給食時間には生徒会の活動の一環で「お昼の放送」を流しているのですが、美味しそうに給食を食べていた生徒が、音楽が流れた途端に、立ち上がって踊りだします。椅子に座ったままで踊っている女の子もいます。とっても微笑ましい楽しい給食時の教室でした。


 

期末テスト二日目でした(平成28年11月28日)

 今日は、二学期末テストの二日目でした。智頭中学校では、中間テストは5教科を一日で、期末テストは9教科を二日間で実施しています。そして期末テストについては、土・日をはさんで金曜日と月曜日に実施するようにしています。
 定期テストの意義(ねらい)には主に次の2点があります。
  ① 日々の学習の定着度をはかり、評価に生かす。(通知表の評価に反映します)
  ② 生徒をテスト勉強に取り組ませることにより、学力の定着を図る。
②のねらいを実現するためには、テスト勉強に取り組む時間が十分に確保できる方がいいわけで・・・。そんな理由で金曜日と月曜日に実施しているのです。
 今回の期末テストは、とりわけ3年生にとっては重要な意味をもつテストでした。実質、中学校での最後の定期テスト・・・。高校受験の時に高校に提出する「調査書」に反映する最後の定期テストでした。このことは、私からも何度も3年生には伝えたのですが、家庭ではお子様はしっかりと勉強しましたでしょうか?
 さて、各教室の黒板には、テスト終了と同時に提出する提出物の一覧が書いてあります。多くの教科(特に5教科)で、「テストが終わったら提出しなさい」という提出物があります。なぜこのタイミングでの提出なのか???。それは、提出物を評価して、テスト点等と総合して学期末の評価(通知表)をするためです。テストは終わってしまいましたが、提出物の方は数日の猶予はあるはずです。是非お子様に確認してみてあげて下さい。「提出物はちゃんと出したか?」って・・・。


 

庭園造りの続報です(平成28年11月25日)

 智頭農林高校の生徒が本校体育館裏に造って下さっている庭園造りの続報です。今日の午前中に2回目の作業をしていただきました。智頭農林高校3年生の6名の生徒と先生方が取り組んで下さっているのですが、生徒はどの子も黙々と作業に集中し、卒業後は間違いなく「即戦力」、もう職人さんのようです。
 今日は智頭農林高校の校長先生、教頭先生、そして県の教育委員会の先生も、生徒の一生懸命な作業を見に来て下さいました。今日は、ここまで出来上がりました。完成するのが楽しみです。
 6人の生徒の中には、男子生徒に負けずに作業に取り組む、本校出身の大森さんの姿もありました。高校での3年間の学習の成果って、本当にスゴイですね。
 

給食試食会を行いました(平成28年11月19日)

 本日、人権教育のPTAの前に、母親委員会主催の給食試食会を行いました。参加者は11人と少し寂しかったのですが、生徒と同じ献立を楽しく味わっていただきました。
 私はいつも思うのですが、本当に智頭町の給食は美味しいです。そして前にも同じことを書いていますが、何よりも献立がいいです。子ども達のことを考えて、栄養バランスはもちろんのこと、子ども達の喜ぶメニューを立てて下さっているのがよく分かります。
 更に、給食センターの職員の方々のご配慮が嬉しいです。土曜日に給食を作って下さる給食センターは、県内で絶対に智頭町だけです。カレーライスの日にスプーンだけでなく箸を付けて下さるのも智頭町だけです。学校側がお願いしたことは、調理員さんの負担が増えても対応して下さることに感謝です。
 さて、今日のメニューは、どんどろけ飯、さばのカレー焼き、わかめのかきたまみそ汁、そうめんかぼちゃのサラダ、牛乳と富有柿でした。「どんどろけ飯」とは、油で炒めた豆腐を混ぜた炊き込みご飯でした。鳥取県では、雷のことを「どんどろけ」といいますが、豆腐を油で炒める時の「バチバチ」という音が雷の音に似ていることからこの名前が付けられたそうで、鳥取県で昔から食べられている郷土料理の一つだそうです。
 給食センターからは献立を知らせて下さるメールが毎日届きますが、今日のメールには、「今日は試食会ですね。一生懸命作りましたので、おいしく食べていただけたらと思います。」という白間栄養士さんのメッセージが添えられていました。給食センターの職員さんの思いのこもった給食・・・。智頭の子は本当に幸せですよお~!!!
 

智頭中学校に庭園が来ます(平成28年11月18日)

 毎年、農業系の学科を持つ高等学校によって庭園造りのコンテストが開催されているのをご存じでしょうか?。県内各高等学校が湖山池のほとりの公園に庭園を設置し、その中から最優秀賞が選ばれています。今年は見事、智頭農林高校が造った庭園が最優秀賞の栄冠に輝きました。庭園は、しばらくの間展示された後、本来でしたら各高校に移設して展示されるのですが、なんと、智頭農林高校さんの計らいで、智頭中学校に展示して下さるというのです。智頭農林高校さんとの連携を深めようと考えている本校にとって、こんな嬉しい話はありません。有り難くお受けし、体育館の裏側の空スペースに設置していただくことにしました。
 早速、昨日から庭園の移設を始めていただいています。完成しましたら、数カ月は本校に展示してくださるそうです。出来上がったら、保護者の皆様にもお知らせしますので、学校にお立ち寄りの際にご覧いただけると嬉しいです。
 

国語教育全国大会、とっても素晴らしい授業でした(11月18日)

 本日(18日)、国府中学校に於いて『全国中学校国語教育研究大会』が開催され、全国の先生方に、本校2年2組の土海先生の授業を見ていただきました。
 土海先生が授業者であることが決まったのは3年前・・・。八頭郡の国語科の先生方と共に三年越しで授業研究を進めてきて、いよいよ今日の授業でした。なんとしても今日の50分の授業を、土海先生の3年間の苦労が報われる時間にしなければなりません。私もそんな思いで2年2組の生徒を引率して国府中学校に向かいました。
 そして、いざ授業・・・。本当に素晴らしい授業でした。土海先生と一緒に「素晴らしい授業」を創りだそうと懸命な生徒の姿に、涙が出そうになるくらいでした。大勢の参観者に物怖じすることなく、教師と生徒が一体となった見応えのある授業でした。
 30年間の教師人生の中で、「本当にいい授業ができた」と思える授業は数回しかありません。土海先生にとって、まさに今日の授業がそうだったのではないかと思うほど本当にいい授業でした。全国大会という晴れの舞台で、土海先生にそんな授業をプレゼントした2年2組の生徒たちに感謝の気持ちでいっぱいです。授業の終わりは、土海先生も感激の涙でした。土海先生、お疲れさまでした。2年2組の生徒たち、ありがとう!!!


 

県中駅伝、堂々の12位! 大健闘でした!!!(11月15日)

 15日、布勢陸上競技場周回コースに於いて、『第42回鳥取県中学校総合体育大会(駅伝競走の部)』が開催されました。東・中・西部の各地区大会を勝ち抜いた34校が出場して、全国大会への出場権を競い熱いレースが繰り広げられました。
 智頭中学校からは、男子チームのみが出場し、6区間の駅伝本戦と、本戦出場選手以外で競い合うタイムトライアルと、合わせて8名の選手が5ヵ月間の練習の成果をしっかりと生かした走りを見せてくれました。
 結果は、34チーム中12位。東部地区大会では8位だったのですが、県大会では東部で6位に順位を上げました。6区間中1年生が3人というチーム編成で、本当に素晴らしい結果だったと思います。特に1区の大呂恵雨君は区間1位の走りで「八頭郡に智頭中あり!」を表現してくれました。最高のかたちで今年の駅伝を締めくくることができました。
  今日までご支援いただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。




 

県中学校駅伝競走大会の壮行会を行いました(平成28年11月14日)

 明日15日、布勢陸上競技場に於いて『第42回鳥取県中学校総合体育大会(駅伝競走の部)』が開催されます。この大会は、本来10月25日に予定されていたのですが、中部地震のため明日に延期されたものです。
 本校からは、東部地区大会を勝ち上がった男子チームのみが出場します。今日は、その壮行会を行いました。いつもは選手に対する激励の言葉は私(学校長)と生徒代表(生徒会長)が述べるのですが、今日は、生徒を代表して県大会への出場が叶わなかった女子駅伝部の3年生が述べました。
 例年よりも長い足掛け5カ月もの間、厳しい練習に耐えて今日を迎えた選手たちです。明日は、5カ月間のすべての思いを襷に込めて、「八頭郡に智頭中あり!!!」を競技場で表現してきてほしいと思います。
 頑張れ!智頭中生!!! 勝ってこい!!!
 

白間君、素晴らしい弁論でした(平成28年11月11日)

 本日、とりぎん文化会館に於いて「鳥取県中学校優勝弁論大会(鳥取敬愛高校主催)」が開催されました。この大会は今回で45回を数える伝統ある大会で、東部地区の22の中学校代表の弁士が弁論を披露し、最優秀賞を競い合いました。
 智頭中学校からは3年生の白間君が出場し、「苦しみを乗り越えて」という演題で堂々とした態度で素晴らしい発表をしました。内容は、小学校時代の苦しかった体験を乗り越えて、夢に向かって前を向いて頑張れるようになるまでの心の変化を綴ったものでした。今日の発表も白間君が夢を叶えるための大きな力となってくれることでしょう。
 結果は、優秀賞・・・。本当に素晴らしい弁論でした。白間君、お疲れさま。夢の実現に向けて、頑張れよ~!!!
 

研究授業(家庭科)がありました(平成28年11月11日)

 智頭中学校では、全員の教員が一年間に最低一回は研究授業をして、授業力を高めることにしています。今日は、家庭科の岡田先生の研究授業がありました。学級は1年2組、内容は「調理実習~豚汁~」でした。
 研究授業というと、先生も生徒も少し緊張気味のことが多いのですが・・・。「調理実習」っていいですね~~。緊張のかけらもありません。終始楽しそうに学習が進んでいきました。参観の先生方も、いつもは静かに参観するのですが、調理実習となると、どうしても口が出てしまいます。
「味噌は野菜が煮えてから入れんといけん!!!」
 出来上がった豚汁は、先生方も一緒に試食をさせてもらいました。とっても美味しい研究授業でした(笑)。
 

『性教育講演会(1年生)』を行いました(平成28年11月9日)

 11月9日、3・4校時に1年生の『性教育講演会』を行いました。毎年学年ごとに行っている講演会で、今年も鳥取県助産師協会のお二人の助産師さんにお世話になって、講演をしていただきました。講演の内容は、「第二次性徴期の男の子・女の子の体の変化」と「赤ちゃんができる仕組み」についてでした。
 男の子の射精の仕組みなどを模型を使って、正しい用語で教えて下さったのですが、生徒は照れくさくて、なかなか前を向くことができません。下を向いて、顔はニヤニヤしながら・・・。でも、耳はしっかりとダンボになっていました。そして、赤ちゃんがお母さんのお腹から出てくる場面では、生徒から自然と「頑張れ~!!!」の声があがっていました。
 講演を終えて、助産師さんから「いい生徒さん達ですね」と誉めていただきました。
 このあと2年生は、1年生の学習を踏まえて「望ましい男女交際のあり方」について、そして、3年生は3学期に智頭病院の大谷先生から「将来お父さん・お母さんになるための心構え」についてのお話を聞きます。
 「性教育」はなかなか家庭では難しいところです。学校でしっかりと学習させていきます。大切なのは、「互いの性を思いやり大切にすること」でしょうかね?
 

智頭小学校創立を祝う会』に参加しました(平成28年11月8日)

 11月8日、『智頭小学校創立を祝う会』に前生徒会長の小坂君と二人で参加しました。『智頭小学校創立を祝う会』は、今年で三年目の歴史の浅い会ですが、一昨年の初回から、会の中で智頭中学校の3年生が後輩に向けた話をしています。
 今年は、9月まで生徒会長を務めていた小坂君が、智頭小学校の全校児童に向けて話をしました。「どんなことを話すのか事前に私に教えておいてよ!」と言っていたにもかかわらず小坂君が私に原稿を見せてくれたのは当日の朝でした。しかも、「半分くらいはアドリブでいきます!」ということでした。たぶん文化祭等で忙しかったのでしょう。原稿は見せてくれなくても、私は「絶対に大丈夫だ」と、彼を完全に信頼して任せていました。 
  そして本番・・・。さすがでした!!!。「自分を変える」という内容の話を、自分の体験談を交えながら、児童の反応を伺いながら・・・。落ち着いた語り口調で、堅苦しくなく・・・。後輩の小学生達に、「目指すべき姿」として、中学校3年生の自らの姿をしっかりと見せ、そして語ってくれました。
 お世話になった小学校の先生方、先生方のおかげで小坂君はこんなに立派になりましたよ~~!!!。きっと小学校の先生方にも、嬉しい卒業生の姿であったことと思います。
 

感動的な校内文化祭でした(平成28年11月3日)

 11月3日、校内文化祭を行いました。当日は、お忙しい中、保護者の皆様、地域の皆様には会場にあふれんばかりのご来場、本当にありがとうございました。
 今年の文化祭、皆様は、どう感じていただけたでしょうか?。私は、ステージ発表も作品展示も、すべてが今の智頭中学校の生徒の勢いを表す、本当に素晴らしいものだったように思います。当日、ご招待した来賓の方(鳥取市在住)から、嬉しいお便りが届きましたので、紹介させていただきます。
    前略。本日は、校長先生からのお誘いに甘え、あつかましく文化祭を観覧させていただきましたこと、心より感謝いたします。智頭中学校の生徒・先生たちの力に感服いたしました。智頭の澄みきった秋の空気を感じながら、生徒たちの素晴らしい合唱を聴かせていただいた文化の日は、何にもかえることのない幸福な時間となりました。生徒たちの姿を見ながら、智頭中学校が智頭町の文化であり、智頭中の生徒が智頭町の姿であると確信しました。このような姿は、智頭でしか味わうことができない姿でありましょう。18日の研究授業で、また、智頭中学校、智頭町の力を感じる予感がします。
まさに私たちが目指している智頭中学校の姿、智頭中生の姿を文化祭の合唱を聴いて感じて下さっていることに、この上ない喜びを感じます。
 この便りを下さった先生は、今月18日開催の『全国中学校国語教育研究大会』で本校の土海先生が公開する研究授業(2年2組)の指導助言をして下さる先生です。本当に嬉し過ぎるお便りをありがとうございました。




 

大呂恵雨君、ジュニアオリンピックに出発!(平成28年10月28日)

 智頭中学校から今年3競技3人の選手がジュニアオリンピックに出場することをお伝えしてきました。水泳の久本君、バドミントンの河村君に次いで、しんがりとして、今朝、陸上競技の大呂君が横浜へ向けて出発しました。
 ジュニアオリンピック陸上競技大会は、今日28日から明後日30日まで、横浜市の日産スタジアムで開催されます。大呂君は明日15時スタートの中学3年男子3000mに鳥取県代表として出場します。
 今朝は智頭駅を7時8分発のスーパーはくとで出発しましたが、朝の早い時間にもかかわらず、駅伝部、陸上部の生徒が見送りに駆けつけてくれました。みんなの思いが書かれた襷を受け取って、初の全国大会へ向けて勇気100倍の大呂君でした。
 私の見送りの言葉は、やっぱり「勝ってこい!!!」でした。


 

今日は、とっても可愛いお客様でした(10月27日)

 智頭中学校には、毎日のようにいろんなお客様が来校して下さいます。
 昨日は、スペンサー先生のことを紹介しましたが、今日は、とってもとっても可愛いお客様がありました。智頭町の子育て支援センターを利用している3カ月から3歳の子ども達13名とそのお母さんです。迎えたのは本校3年生の生徒達です。
 今の時代は、ほとんどの生徒が中学校を卒業すると高等学校に進学しますが・・・。しかし、中学校3年生といえば義務教育の最後の年であり、学校では、中学校を卒業して社会に出ても困らないように、様々な教育を行っています。例えば、社会科では政治の仕組みや経済の仕組みを教えますし、保健体育の時間には、智頭病院の先生に来ていただいて、将来お父さんやお母さんになるための心構えを話していただきます。
 そして、家庭科の時間には『保育』の分野で、実際に乳幼児の保育について学習をします。その一環として、毎年、学校に乳幼児を迎えて、接し方について体験をさせていただいているのです。
 今日は3年2組の生徒が、手作りおもちゃを使って子ども達と遊んだり、まだハイハイしかできない赤ちゃんを抱っこさせてもらったり、お母さんに子育てについての質問をしたり・・・。本当にうれしそうに赤ちゃんに接していました。
 私は、3人の子育てを経験していますが、もう怖くて赤ちゃんに触れることさえできませんでした。でも、とっても微笑ましい、楽しい体験をさせていただきました。大切なお子さんを生徒に抱っこさせていただいたお母さん方、今日は本当にありがとうございました。


 

嬉しいお客様がありました~スペンサー先生来校~(10月26日)

 今日は、私たち職員にとっても、生徒にとっても、とっても嬉しいお客様がありました。
  今の前の前の外国語指導助手(ALT)のスペンサー先生です。スペンサー先生は、平成26年の7月まで智頭中学校に籍を置いて、智頭小学校にも出かけて下さっていましたから、現在の中学生もみんなよく知っている先生です。約2年半ぶりにアメリカから智頭町を訪ねて下さっているのです。突然の来訪に生徒もビックリして大喜びでした。また、スペンサー先生も新しい智頭中学校の校舎をご存じないので、立派な校舎に驚かれました。今日は3年1組の教室で生徒と一緒に給食も食べて下さいました。
 先生は11月4日まで智頭に滞在されます。11月3日の文化祭にも来て下さいます。生徒にとって、文化祭へ向けた原動力が、またひとつ加わりました。
 そしてちょうど今日の午後、西岡先生の2回目の合唱指導がありました。西岡先生から「こんなに一生懸命に歌を歌う中学校は他にない。ぜひYouTubeにアップしてみたら・・・」というお誉めの言葉もいただきました。
 保護者の皆様、どうぞ11月3日、楽しみにしていて下さいね。


 

昨日の地震、お見舞い申し上げます(平成28年10月22日)

 一週間振りの更新になります。今週はなんだか、とっても忙しい週でした。
 さて、昨日の鳥取県中部を震源とする地震・・・。本当に驚きましたね。私は、これまで33年間の教師生活の中で、初めて本当の『避難』を経験しました。智頭町には大きな被害は出なかったようですが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 地震の影響は様々なところに広がっています。昨日は予定されていた2学年保護者の『茶話会』を急遽取りやめさせていただきました。今日・明日に予定されていた『県民スポレク祭』も中止になりました。そして今日の午前中には、24日(火)に行う予定だった『鳥取県中学校駅伝競走大会』の延期の連絡も入ってきました。
 しばらくは、余震の心配もあり、落ち着かない日々が続くのでしょうね。
 そんな中、智頭中学校では、今日も部活動に励む生徒の姿がありました。駅伝部は本来でしたら3日後に開催されるはずであった『県中駅伝』に向けて、熱の入った走りをしていました。延期は残念ですが、故障気味の選手もいたことを思うと、「よかった」というふうに気持ちを切り替えて欲しいものです。選手たちに混じって坂田先生、市谷先生も負けない走りを見せてくれていました。今年も智頭中学校職員マラソン同好会で、『鳥取マラソン』に参加する予定です。
 そして、今日『県民スポレク祭』に参加するはずだった男子バレーボール部、女子ソフトテニス部、陸上競技部も一生懸命に練習をしていました。さらに、野球部、卓球部も・・・。野球部の練習でバッティングピッチャーをしてくださっていたのは徳永監督でした。ソフトテニス部の指導には、本校卒業生の岡大翼さんも加わって下さっていました。岡さんは現在、島根大学教育学部の3年生で、母校である智頭中学校で1か月の実習中です。
 ・・・というふうに、智頭中学校では休日にも、一生懸命な先生方、そして智頭中を応援して下さる多くの方々に見守られて、部活動に頑張る生徒の元気な声が響き渡っています。


 

後期生徒会リーダー研修を行いました(平成28年10月15日)

 本日、後期生徒会のリーダー研修を行いました。参加者は先日の生徒会役員選挙で選出された生徒会執行部のメンバー14名と各学級の級長・副級長12名の計26名です。26名すべてが「智頭中学校を更によい学校にするために」と、リーダーに立候補してくれた生徒です。
 今日のリーダー研修では、①学校長の話、②アイスブレーキング、③級長会、各専門委員会に分かれて後期活動方針の決定、④昼食づくり、⑤振り返り、というスケジュールで話し合いや活動を行い、後期のリーダー達が親睦を深めながら、学校づくりの夢を話し合いました。
 ③の「後期活動方針の決定」の場面では、各専門委員会担当の教員も話し合いに参加しました。今日は、リーダー研修と並行して氷ノ山で『八頭郡中学校PTAソフトバレーボール大会』が行われているため、そちらに行っている教頭先生を除いたすべての教員がリーダー研修に参加しました。智頭中学校は子ども達も素晴らしいけど、先生方も本当に一生懸命で素晴らしい!!!。学校長としてこんな嬉しいことはありません。感謝!感謝!です。
 昨日から、二学期中間テストのテスト期間のため、今日は部活動は停止です。それでも、リーダー達が生徒会活動活性化のための話し合いをしている時間帯、グラウンドでは駅伝部の選手たちが、今月25日の県駅伝に向けて練習に励んでいました。
 土曜日でお休みなのですが、本当に充実した、嬉しくなるような智頭中学校の今日でした。




 

『八頭郡中学校文化発表会』がありました(平成28年10月14日)

 本日、八東体育文化センターにおいて、『八頭郡中学校文化発表会』が開催されました。この発表会は八頭郡の3中学校の生徒が一堂に会し、文化活動の発表をする会です。以前は郡内に8中学校があり、各中学校が会場持ち回りで開催していたのですが、近年は会場を八東体育文化センターに固定し、毎年この時期に開催しています。また平成の大合併により、8校から5校へ、そして昨年からは八頭町の3中学校の統合により、わずか3校の参加となり、以前を知っている者には、少し寂しい発表会となっています。
 とは言うものの、伝統と歴史のある発表会であり、郡内の中学生が互いの文化活動の発表を鑑賞し、互いに刺激を受けあうことのできる大変意義深い発表会です。発表会は、【弁論発表の部】と【音楽発表の部】とに分かれ、各学校から弁論発表者と吹奏楽部、そして2年生全員が参加します。智頭中学校からは弁論発表者として2年生の前橋侑季さんが「優しい言葉」という演題で素晴らしい弁論を発表し、2年生全員で「そのままの君で」を合唱しました。先日の西岡先生の指導の成果を十分に生かした本当に立派な学年合唱でした。そして、3年生の抜けた吹奏楽部の初めての演奏・・・。こちらも観衆を巻き込んだ素晴らしい演奏でした。
 この発表会には、プロのトランペット奏者である奥山泰三さんも駆けつけて下さり、演奏を披露して下さいました。11月3日の校内文化祭に向けて、たくさんの良い刺激をもらった発表会でした。


 

マップ配り頑張りました!!!(平成28年10月12日)

 マップ配りから3年生が帰って来ました。
 「おかえり。どうだった?」という問いかけに、生徒から返ってきた第一声は、「心が折れましたぁ~」という返事でした。話しかけても、なかなか立ち止まって話を聞いていただけず、「無視された」という思いがあるようです。でも、そう答える生徒の表情は、決して落ち込んだものではありませんでした。なかなか話を聞いてもらえなくても、諦めることなく声を掛け続け、生徒48名で2000部のマップを配り切りました。そんな生徒の顔には満足感、やりきった感が感じられ、なんとなく出発時よりもたくましくなったように感じられました。  
 いい経験をしました。3年生の皆さん、お疲れさまでした。


 

3年生、マップ配りに神戸に出発です!(平成28年10月12日)

 智頭中学校では、一昨年度から、総合的な学習の集大成として、中学生なりに考えた智頭町活性化のアイデアを『町百人委員会』に提案しています。そして私たちのアイデアに町が予算を付けてくださって、3年生で事業として実施しています。
 今年の3年生は、中学生目線の知る人ぞ知る智頭町のおすすめスポットを調べて、マップを作成しました。題して『~智頭町の中学生が選ぶオススメスポットを紹介!~智頭散歩』です。そして、今日は、3年生全員が完成した『智頭散歩』を持って、神戸市に出かけました。三宮のセンター街で、智頭町のPRをしながら、『智頭散歩』を配布するためです。この取り組みは、今月8日の日本海新聞でも紹介されました。
 学校での学習は、どんなに頑張ってみても疑似体験をするところまでですが、智頭中学校では、町当局の計らいで、本物の生きた学習が出来ています。この体験は、言うなれば、子ども達の未来への投資、そして智頭町の将来への投資であると思います。この子達が、必ず智頭町の未来を担ってくれると信じています。
 三宮センター街・・・。見知らぬ大都会の往来で、ちゃんとマップを配れているかなあ~???。頑張れ!3年生!!!。

 

「文化の秋」の到来です!~合唱三昧の一日でした~(10月11日)

 運動会、東部駅伝、新人戦・・・と終了し、大きなスポーツの大会は今月25日の県駅伝を残すのみとなりました。学校の日常は徐々に「スポーツの秋」から「文化の秋」へと移りつつあります。(もちろん駅伝練習も頑張りますが・・・)
 昨日(11日)は、文化祭の合唱コンクールに向けて、鳥取大学教授で声楽家の西岡千秋先生にご来校いただき、合唱の指導をしていただきました。先生には毎年指導していただいており、生徒もとても楽しみにしています。昨日は、2・3校時を使って指導をしていただきました。まず2年生が指導していただき、その様子を1年生が見学する。そして、次に1年生が指導していただき、それを3年生が見学する・・・という具合に、3学年が順番に指導していただきました。先生の指導は、本当にエネルギッシュで、思わず乗せられてしまいます。そして、わずか30分ほどの間に、子ども達の合唱が劇的に変化していきます。その様子を見るのが、私たち教師にとっても楽しみであり、とても勉強になります。「智頭中学校の生徒は、本当によく歌う!!!」。西岡先生にもお褒めの言葉をいただきました。
 そして、西岡先生の指導を受けて、5校時には、3年生が中心になって全校合唱の練習をしました。「今年の合唱は私たちが作るんだ!!!」という3年生の意気込みが感じられる、とても嬉しい時間でした。結局昨日は、5時間の学習の内、3時間が合唱練習でした。
 保護者の皆様、どうぞ11月3日、校内文化祭の合唱コンクールを楽しみにしていてください。きっと、感動で体が震えるほどの素晴らしい合唱を聴かせてくれることと思います。


 

『東部地区中学校秋季体育大会』の結果です(10月11日)

 10月7日、8日に『東部地区中学校秋季体育大会』が開催されました。3年生が引退して、2年生が中心のチームになって初めての公式戦であり、一般的に『新人戦』といわれる大会です。この大会は、県大会や全国大会につながる大会ではありませんので、勝っても負けてもここで終わりです。選手たちが目指すのは、最終的には来春の総体です。
 総体へ向けての前哨戦の意味合いをもつ『新人戦』です。「総体では絶対に勝つ!」と、意を新たにした二日間になりました。
 と言いつつも、智頭中学校の選手たちの頑張りは素晴らしかったです。団体準優勝が男子バレーと女子ソフトテニス、そしてバドミントン男子個人で河村君が優勝・・・。
 智頭中学校の勢いは、来春の総体に向けて、益々高まっていくことでしょう。保護者の皆様、地域の皆様の応援をよろしくお願いします。

◆軟式野球
    1回戦  対鳥取東中  3-4 (1回戦敗退)
◆男子バレーボール
    ≪予選トーナメント≫
              対気高中   0-2
              対鹿野中   2-1 (決勝リーグへ)
    ≪決勝リーグ≫
              対鳥取北   2-0
              対湖東中   2-1 
     決勝戦 対気高中   0-2 ※準優勝
◆女子バレーボール
    ≪予選リーグ≫
              対河原中   2-0
              対鹿野中   0-2 (決勝トーナメントへ)
    ≪決勝トーナメント≫
              対気高中   0-2 (敗退)
◆卓球(男子)
    ≪団体戦・予選リーグ≫
              対八頭中   0-3
              対若桜学園中 0-3
              対湖東中   0-3 (予選リーグ敗退)
    ≪個人戦≫ ・ベスト16 石谷真人
                ・3回戦進出 岡 駿佑
◆ソフトテニス(女子)
    ≪団体戦・予選リーグ≫
              対湖東中   3-0
              対岩美中   3-0
  ≪決勝トーナメント≫
   準々決勝 対桜ケ丘  3-0
      準 決 勝  対鳥取南  3-0
      決  勝  対福部中  1-2 ※準優勝
    ≪個人戦≫ ・3位   初瀬・寺坂ペア
                ・ベスト8 森田・山根ペア、國本・谷口ペア
◆バドミントン(男子シングルス)
     優勝 河村朝陽
 

『智頭町家庭教育講演会』がありました(平成28年10月2日)

 昨日(10月2日)午後1時30分から、町総合センターにおいて『智頭町家庭教育講演会』が開催されました。今年の講師先生は、島根県隠岐の島の「隠岐國学習センター」所長の豊田庄吾さんでした。豊田さんは隠岐島の海士町にある隠岐島前高等学校を閉校寸前の学校から、今や県内外、そして国外からも受験者が殺到する学校へと変貌させた仕掛け人として、とても有名な方です。講演会では、『地域の未来をつくるヒトづくり~島前高校魅力化プロジェクトより~』というテーマで、地域づくりに対する熱い思いを話して下さいました。
 童謡「ふるさと」の3番の歌詞に「志を果たしていつの日にか帰らん」という歌詞がありますが、島前高校では卒業式で「志を果たしにいつの日にか帰らん」と、歌詞を変えて全員で大合唱されるそうです。都会で一旗揚げて余生を楽しむためにふるさとへ帰るんじゃない、勉強するために都会に出るかもしれないけど、それはふるさとに帰って一旗揚げるためなんだ・・・。感動しました。私たち智頭中学校でも、そんな子どもを育てたいと思わずにはいられませんでした。
 講演会に引き続き、午後3時からは、豊田さんをファシリテーターに、体験講座『智頭町未来予想図ワークショップ』が行われました。このワークショップには、総合的な学習で地域づくりについて学んでいる智頭中学校の生徒も11名が参加しました。「将来の智頭町を意志をもってどんなまちにしたいのか」、中学生なりに考え活発に意見交換をしました。
 お忙しい中、参加してくださいました保護者の皆様、ありがとうございました。


 

『第71回八頭郡駅伝競走大会』が行われました(10月2日)

 昨日(10月2日)、伝統ある『第71回八頭郡駅伝競走大会』が開催されました。
 この大会は八頭郡の旧町毎にチームを結成し、若桜町役場をスタートし八頭町役場をゴールとする全長32.0km、9区間のコースで、健脚を競います。今年は、郡家、八東、船岡、智頭の4チームの他に、先日の東部駅伝でアベック優勝した八頭中学校も中学生だけでチームを結成し、オープン参加しました。(若桜町は残念ながら棄権でした)
 この大会には、中学生区間が男子2区間、女子2区間の計4区間あります。この時期、1・2年生は秋季大会(新人戦)を控えているため、智頭中学校では例年3年生の生徒から選手を出しています。ところが、今年は運悪く3年生のPTA親子会と重なってしまいました。さらに悪いことに今年陸上部の女子が1・2年生に一人もいません。・・・ということで、智頭町チーム棄権もやむなし、という空気が流れていたところ、2年生の林胡華さんと1年生の國岡まりなさんが、その危機を救ってくれました。智頭町は、日本マラソン界の先駆者、綾木長之助さんを生んだマラソンの聖地です。智頭町が棄権なんてことはありえません。
 大呂恵雨君(3年生)、大呂青葉君(1年生)、そして、林さん、國岡さんの4名の中学生の参加で、智頭町チームも無事参加することができました。「意気に感じて」参加してくれた4名の生徒に感謝です。結果は4チーム中2位でした。昨年に続いて優勝!とはいきませんでしたが、参加できて本当によかったです。ちなみに、3000m県チャンピオンの大呂恵雨君は、当然の区間賞でした。


 

学校へのご寄贈の紹介です(平成28年9月30日)

 最近、智頭中学校に対するご寄贈が何件かありました。
 新校舎建築の際には、24本の杉の大径木や普賢菩薩像の鏝絵をはじめ、本当に多くの方からたくさんのご寄贈をいただいているのですが、その後も「中学校で役に立てて下さい」と、様々なご寄贈を受けています。
 今週も二件のご寄贈をいただきました。一件はある大会で優秀な成績を収めた生徒のご家族から、「嬉しかったから」と、ある物を寄贈いただきました。でも、この方は披露することを固辞されましたので、ここでは「ありがとうございました」としか紹介できません。
 もう一件は、浅見の藤原様から茶道具をご寄贈いただきました。藤原様は現在は県外にお住まいですが、浅見のお母様が生前に集められたたくさんの茶道具を「中学校で使って下さい」と、ご寄贈下さいました。こちらは披露させていただいてもいいと判断し、この場を借りて紹介させていただきます。茶碗をはじめとするこれらの茶道具は、11月3日の文化祭の日に行う茶会でデビューさせる予定です。どうぞ保護者の皆様も和礼室を訪ねて下さいね。生徒が点てた抹茶に常盤堂の和菓子が付いて200円だと思います。
 戴いた抹茶茶碗、大切に使わせていただきます。
 藤原様、本当に本当にありがとうございました。

 

「進路説明会」を行いました(平成28年9月29・30日)

 昨日と本日、二日間にわたって本年度の「進路説明会」を開催しました。昨日は5校、本日は4校、計9校の高等学校の校長先生・教頭先生においでいただき、それぞれの高等学校の説明を聞きました。二日間とも給食後の睡魔に襲われる時間帯に椅子に座って1校あたり20分間のお話をひたすら聞きます。中にはコックリコックリする生徒もいましたが、近くの生徒で注意をしあって、頑張ってお話を聞きました。
 私は校長室で、次々とおいでになる高校の先生の対応をしましたが、どの先生からも、お話を終えられた後「よく話を聞いてくれました。反応して聞いてくれてうれしかったです。」という感想をいただきました。
 この二日間で智頭中生の一生懸命さや元気の良さ、さわやかさを高校の先生に伝えることができたと思います。お話を聞いて、進路の希望を確定した生徒もいたことでしょう。ただ、どんなに「この高校に行きたい」と思っても、望んだだけでは進学することはできません。この「進路説明会」をきっかけに、また一層真剣に学習に取り組んでほしいものです。頑張れ、3年生!!!
 

『民泊マラソン』参加しました(平成28年9月25日)

 5日前の話になりますが・・・。
 9月25日(日)に行われた「第3回『全国民泊マラソン』in智頭町」に、本校2年生が参加しました。
 智頭中学校では、「ふるさと智頭」を題材に全学年が総合的な学習に取り組んでいます。そしてその集大成として、一昨年から私たちなりの地域おこしのアイデアを「町百人委員会」に提案し、智頭町の承認をいただいて、3年生で事業として実施しています。
 昨年の3年生は、旧那岐小学校の校舎を利用して「謎解きゲームとカフェ」のイベントを開催し、「智頭町達人図鑑」を作成し刊行しました。今年の3年生は「智頭町の中学生が選ぶオススメスポットを紹介したマップ『智頭散歩』」を作成し、10月12日に神戸市に出向いて、智頭町のPRをしながら配布する予定です。
 そして、来年の3年生(今年の2年生)は・・・。昨年1年時に町内での民泊を体験し、民泊家庭の方々の温かさに触れ、何か恩返しがしたいと考えていました。その結果、町が行っている『民泊マラソン』とコラボして、民泊マラソンを応援したい!!!という結論に至ったのです。
 来年の『民泊マラソン』で何かをする!!!。そのアイデアを立案するために、今年は民泊マラソンに参加し、民泊マラソンを知ろう!!!ということで25日の参加になりました。当日は、①前日のイベント参加係、②各中継点や沿道での小旗応援係、③参加者へのアンケート係、④実際に走ってみる係に分かれて、2年生のほぼ全員が参加しました。実際に走る係は、30kmを5人で分けて、6kmずつを2チーム組んで頑張りました。
 中継点や沿道での中学生の姿は、県内外からの参加者に大変喜んでいただくことができました。また寺谷町長さんや長石教育長さんにもお褒めの言葉をいただきました。
 今回体験したことは、このあと総合的な学習の時間にまとめて、11月3日の文化祭で発表します。そして12月の「町百人委員会」では私たちのアイデアを提案する予定です。どんな提案になるか、どうぞ楽しみにしていて下さい。
 智頭中学校からは、2年生以外にも坂田先生とALTのアレクシス先生が一般参加者として『民泊マラソン』に参加しました。坂田先生は第1回目の大会から3年連続の参加です。結果は・・・。なんと、坂田先生よりもずっと早くアレクシス先生がゴールしました。
 30kmの山岳コース(?)です。アレクシス先生、ただ者ではありません!!!。




 

後期生徒会役員選挙を行いました(平成28年9月28日)

 本日3・4校時、後期生徒会役員の立会演説会と投票を行いました。体育館に全校生徒が集合し、立候補者15名とその応援演説者15名、合わせて30名の生徒の演説を聞いたあと、各教室で投票を行いました。今日の選挙は10月からの1年間生徒会の執行部として、智頭中学校生徒会を牽引してくれる役員を選ぶものです。ですから3年生は立候補することができません。
 昨年後期から智頭中学校をより良くしようと頑張ってきてくれた3年生ですが、すでに部活動は引退しており、今月末をもって生徒会の中心からも退くことになります。3年生の皆さん、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
 さて、立会演説会ですが、立候補者が15名・・・。すべて2年生です。多くの学校では選挙で選出するのは、生徒会三役(会長、副会長男女、書記長)の4名なのですが、智頭中学校は各専門委員長も選挙で選びます。生徒会長、副会長男女、6つの専門委員長の計9名の役員の枠に15名の生徒が立候補です。どの生徒の演説も大変素晴らしく、智頭中学校をもっともっと良い学校にしていきたいという熱い思いが伝わってきて、本当に感動の連続でした。何よりも嬉しかったのは、多くの立候補者が演説の中に、いつも私が言っている言葉を入れてくれていたことでした。学校長として、こんなに嬉しいことはありません。みんな可愛くて、学校長権限で全員当選させたいと思ったくらいでした。(笑) 今日の選挙結果を受けて、各学級役員を選出し、10月から後期がスタートします。
10月15日には、リーダー研修を行って、新執行部の初めての大イベントは11月3日の校内文化祭です。智頭中学校がどんどんスゴイ学校になっていく予感がします。
 生徒に負けないように私たち教員も頑張るぞぉ~!!!


 

快挙です!!!(平成28年9月28日)

 文化の秋! スポーツの秋!・・・。
 文化関係、スポーツ関係での智頭中生の快挙が続いています。今朝の職員朝礼で、ここ最近に生徒が受けた賞状を披露しましたので、保護者の皆様にも、この場を借りて紹介しておきます。


【高円宮杯第68回中学校英語弁論大会鳥取県予選東部地区大会】(9月27日)
  ◇3年弁論の部 敢闘賞 山根 和 
  ◇3年暗誦の部 敢闘賞 徳永瑞希
  ◇1・2年暗誦の部 最優秀賞 山根愛里
 2年生の山根愛里さんは、東部地区の1・2年生で一番優秀だった生徒に与えられる最優秀賞を獲得しました。もちろん智頭中学校の生徒としては初めてのことです。審査にあたられたネイティブスピーカー(外国人)の方々も大絶賛の素晴らしい発音でした。

【第44回中学校新人陸上競技大会】(9月17日)
  ◇男子砲丸投 第1位 金谷 晃(8m41)
 これまでの県大会では、3年生の後塵を拝してきましたが、3年生が抜けた初めての大会で、見事に県チャンピオンの座に着きました。これからは、どんどん記録を伸ばしていってもらいたいです。

【第17回東部地区中学校駅伝競走大会】(9月23日)
    ◇男子の部 第8位 智頭中学校(1時間1分24秒)
                いなば賞 智頭中学校(生徒数150人以下の学校で最上位)
                第1区区間賞 大呂恵雨(9分13秒)
 8位以上が入賞で、賞状がもらえます。本校6年目の坂田先生によると、坂田先生が智頭中に赴任されて、入賞は初めてだそうです。(昨年は9位)県大会では、さらに好タイム&上位を目指します。

【八頭郡ソフトテニス選手権大会】(9月24日)
  ◇中学校女子の部 優 勝 寺坂・初瀬ペア
           準優勝 谷口・國本ペア
           第3位 山根・壽村ペア
           第3位 森田・山根ペア
 八頭郡(八頭中・若桜学園・智頭中)の大会ですが、ベスト4を智頭中学校の選手が独占しました。10月7日・8日に東部地区秋季大会(新人戦)が開催されますが、智頭中学校は団体戦の第一シードを獲得しています。悲願の優勝を今年こそ!!!

【第44回バドミントン県中学新人選手権大会】(9月25日)
  ◇男子シングルス 優勝 河村朝陽
 決勝戦も含めて、全試合ストレート勝ちの県チャンピオンです。3年生に決勝で敗れることが多かったのですが、3年生が引退した今大会では、県内に敵無しです。これからは、県外に目を向けて、さらに強くなってもらいたいです。 
 

『東部地区中学校英語弁論暗唱大会』が開催されます(9月27日)

 明日(27日)、鳥取市国府町の国府コミュニティーセンターで、「平成28年度鳥取県東部地区中学校英語弁論暗唱大会(高円宮杯第68回全日本中学校英語弁論大会東部地区予選会」が開催されます。
 本校でも、出場する生徒を英語科で選考し、8月下旬から運動会準備と並行して、練習をしてきました。本番をいよいよ明日に控えて、今日は2年と3年がそれぞれ学年集会を開き、代表生徒の弁論・暗唱を聞いて、激励をしました。代表の3名の生徒は、それぞれ長い英文を完璧に覚え、学年の生徒の前で、素晴らしい発音で表現力豊かに話しました。 明日は、緊張をせずに、ぜひ練習の成果を発揮してきてもらいたいです。
 頑張れ!! 3名の代表生徒たち!!
 【暗唱の部】山根愛里(2年)、徳永瑞希(3年)
  【弁論の部】山根 和(3年)
 

PTA資源回収、お世話になりました(平成28年9月25日)

 9月25日(日)、PTAによる資源回収を行いました。当日は、早朝より旧小学校区毎に各家庭から集めた新聞紙・雑誌やアルミ缶などを回収業者のトラックに積み込む作業を親子一緒にしていただきました。家庭数の減少に伴い年々、回収量は減少傾向にありますが、逆に保護者の皆様の作業の大変さは増すばかりです。
 減少傾向とは言うものの、毎年30万円を超える金額が、PTAに入ってきます。保護者の皆様が我が子のためにと作業に精を出して下さって得られた収益金ですから、なるべく次年度に繰り越さずに、単年度毎に使い切りたいと考えています。
 子どものために・・・。必要なものがありましたら、ぜひアイデアをPTA執行部の方にお伝えください。
 余談ですが、私もこの日のために頑張って、車のトランクいっぱいのアルミ缶を持って行きました。
 

東部駅伝の結果です!(平成28年9月23日)

 本日、延期になっていた「東部地区中学校駅伝競走大会」が布勢陸上競技場の周回コースにおいて開催されました。
 夏休み前から練習を開始し、男女アベックでの県大会出場を目指して、暑い夏の厳しい練習に耐えて今日の本番を迎えた選手たち・・・。なんとかその目標を叶えてやりたかったのですが、結果は・・・。
 男子は見事に8位入賞で、県大会への出場と、小規模校で最高順位の学校に与えられる「いなば賞」を受賞したのですが、女子は16位で、13位までに与えられる県大会への出場を逃してしまいました。そのことはとても残念でしたが、選手は本当によく頑張ってくれました。一人ひとりの選手にとって、精神的にも身体的にもたくましく成長した夏だったと思います。意気に感じて駅伝に取り組んでくれた子ども達に感謝です。
 詳しくは後日、また紹介しますが、とりあえず、今日は結果のお知らせです。
 男子1区では大呂恵雨君が区間賞、女子1区では杉村和香さんが区間3位でしたが、区間新記録の走りでした。




 

東部駅伝前日、最終ミーティングを行いました(平成28年9月19日)

 いよいよ『東部地区中学校駅伝競走大会』前日となりました。今日は簡単な練習とミーティング、そして選手発表を行いました。今日は先輩の山中君と大森君も応援に駆けつけてくれて、ミーティングのなかで後輩への熱い思いをしっかりと語ってくれました。
 ミーティングでは8人の教員と2人の先輩が話をしましたが、智頭中学校の教員の語りはレベルが高いと感じました。語りのテクニックも上手いのですが、きっとその土台となる思いが強いのでしょうね。先生方、先輩たちの強く熱い思いを受けて、頑張れ!智頭中の選手たち!!!
 ミーティングの中で、明日走る選手の発表も行いました。男子は6区間の選手とタイムトライアルの選手2人の計8人。女子は5区間の選手とタイムトライアルの選手1人の計6名です。目指すは県大会への男女アベック出場です。必ず勝ち取ります。
 明日は、台風16号の影響が心配されますが、布勢陸上競技場の周回コースで、女子は11時30分、男子が13時のスタートです。保護者の皆様には、応援に来ていただくのは難しいと思いますが、どうかこの時間帯は、智頭中学校の健闘を祈っていて下さいね。


【 明日走る選手です 】
 

今日の学校の様子です(平成28年9月16日)

 三連休を控えた智頭中学校の日常を紹介します。
 1年生が家庭科の時間に調理実習をしていました。今日のメニューは「豚肉の生姜焼き」 でした。校舎中に美味しそうな匂いが立ち込めて、調理室を覗いてみたら、もう調理も試食も終わったあとでした。調理実習をする度に、担任の先生や学年の先生にも試食をしていただき、簡単な評価のメッセージをいただきます。職員室の先生の机の上に、「生姜焼き」が置いてありましたのでパチリ・・・。色が全然違いますが、味はどうだったのでしょうか???


 体育では、どの学年も女子がソフトボールを学習していました。最近の体育の授業では、女子も武道や野球(ソフトボール)をやっている光景を目にします。指導しているのは、中村先生。実は中村先生は、ソフトボールの指導においては全国レベルの先生です。高校では、必ずチームをインターハイに出場させてこられた中村先生・・・。元日本代表チームの宇津木妙子監督とも親しいそうです。そういえばどことなく・・・。


 6校時には、20日に行われる「東部地区中学校駅伝競走大会」の壮行会を行いました。当日は、女子5区間、男子6区間で、優勝を目指し、また県駅伝出場を目指して、レースが展開されます。なんとしても昨年に続き、県大会への男女アベック出場を勝ち取りたいものです。参加学校数は22校。県駅伝への出場権は上位13校に与えられます。
 頑張れ!!!選手たち!!!
 

後期生徒会役員選挙期間です(平成28年9月13日)

 三学期制をとっている智頭中学校にも一年を前期と後期に分けた活動があります。その代表的なものが生徒会活動です。現生徒会執行部は3年生が中心となっていますが、10月からは2年生が中心の後期生徒会執行部が誕生します。中学校では生徒会役員は生徒による選挙で選出しますが、9月26日の投票日に向けて、現在選挙期間中です。
 選挙には1・2年生から、15名が立候補しています。「智頭中学校を更によい学校にするために自分が先頭に立って生徒会を引っ張るんだ!」と決意してくれた生徒が1・2年生の中に15名もいるって、すごいことです。
 選挙期間に入り、毎朝、立候補者が生徒玄関に立ち、あいさつ運動をしながら、自分への投票をお願いしています。「おはようございます」という元気のいい声が学校中に響き渡ります。そして、生徒玄関の外では、現生徒会執行部の3年生が、あいさつ運動をしながらハイタッチで登校してくる生徒を迎えます。
 見ているだけで嬉しくなるような、智頭中学校の朝の光景です。

 

「区民秋季大運動会」が開催されました(平成28年9月11日)

 9月11日、町内の旧小学校区(6地区)で一斉に「区民秋季大運動会」が開催されました。好天に恵まれ、各地区ともに旧小学校のグラウンドに(智頭地区は町民グラウンドに)区民が大集合し、盛大に運動会が行われました。
 智頭中学校では、この日は、すべての部活動に「部活禁止令」を出しています(笑)
  「地区の運動会には中学生は出なければならない。中学校の運動会を応援していただいたお礼の気持ちも込めて、地区の運動会に必ず出なさい!!!」と・・・。このことを必ず生徒に周知徹底するよう、各部活動の顧問と各学級の担任とにお願いをしました。
 各地区で当日の中学生の参加状況はいかがだったでしょうか? 。役員として、選手として、活躍する中学生の姿・顔は見えましたでしょうか?
 私も気になって、ある会場を覗いてみましたが、中学生、生き生きと活躍していました。多くの方から、各会場での中学生の姿にお褒めの言葉をいただきました。有り難いことです。
 智頭中学校では、保護者の皆様や地域の皆様に愛され、地域と共に在る中学校を創ろうと努力しています。中学校の運動会ではこだわって全学年で「親子演技」を実施していますし、地域の行事やお祭りがある日には「部活禁止」で対応をしています。
 これからも、どうぞ智頭中学校の生徒を温かく見守っていただき、地域の行事には「当てにして」参加させていただきますようよろしくお願いします。

 

二回目の駅伝試走を行いました(平成28年9月10日)

 9月10日(土)、第2回目の駅伝試走を、東部駅伝本番のコースとなる布勢陸上競技場周回コースで実施しました。例年、駅伝の試走は各中学校の日程が集い、大混雑になるのですが、この日は東部地区のほとんどの中学校が運動会のため、コースは智頭中学校の貸し切り状態でした。男女33名の生徒がウォーミングアップの後、タイムトライアルを行いました。この結果をもとに、当日までの仕上がり具合を見極めて、当日の選手を決定します。本番で走ることのできる選手は、女子5名、男子6名です。
 東部地区中学校駅伝競走大会の本番は、今月20日(火)・・・。目標は、2年連続の県大会男女アベック出場です。25年度は男女とも出場できず、一昨年度は男子のみ出場、昨年やっと悲願のアベック出場を果たしました。(昨年男女ともに出場した学校の中で、生徒数が一番少ないのは本校でした。)簡単にクリアできる目標ではありませんが、本番まであと一週間・・・。出来うる最大限の努力をして、本番を迎え、必ず満足のいくレースをしたいと思います。応援をよろしくお願いします。
 試走会場には、本校の生徒33名の他に、可愛らしいランナーが二人・・・。市谷Jr.兄&弟です。可愛過ぎて、思わずカメラを向けてしまいました。




 

運動会こぼれ話編です(平成28年9月6日)

 皆さんは、運動会にNHKのテレビ取材が入っていたのに気がつかれましたでしょうか?。午前中、ちょうど全校女子がダンスのために着替えをしていたときです。突然NHK広島放送局の撮影クルーが来校され、「運動会を撮影させてもらえないだろうか?」という依頼を受けたのです。
 なんでも、『ひるまえ直送便』という中国地方向けの番組のロケで2日・3日の二日間、智頭町内を廻って『ぶっつけ本番口コミ旅』というコーナーの撮影をされていたのだそうです。
 私がいただいた番組案内のチラシには、「番組リポーターが旅先で出会った方の口コミ情報をもとに、仕込みなしで行うロケ番組。今回は、鳥取県智頭町へ。どんな出会いが待っているか?」とあります。智頭町内を走っていたら、中学校で運動会をやっていたから寄ってみた、ということでした。
 特段断る理由もないので、快く撮影していただくことになりました。
 ・・・・というよりも、正直「なんとGOODなタイミングで来てくれたんだろうか」と思っちゃいました。「全校女子のダンス」、「全校男子の組体操」は、すべての演技の中で一番見ていただきたい智頭中自慢の演技です。そしてテレビカメラが入るなか、生徒は期待通りの素晴らしい演技を見せてくれました。私は鼻高々に女性リポーターの方に「よかったでしょう?」と声を掛けたところ、なんと、そのリポーターの方は、ぽろぽろと涙を流しておられます。ダンスと組体操に感激したのだそうです。リポーターになる前に高校の教師をしておられたらしく、当時を思い出して感極まったようです。
 見ず知らずのリポーターを泣かせてしまうほど素晴らしい演技でした。組体操のあとの縦割り対抗ベストリレーまで撮影され、昼休憩のグラウンドの様子も取材されて、智頭中を後にされました。
 縦割りリレーには職員チームも参加し、私もアンカーを走ったのですが、去年みたいにコケたら、絶対にテレビで放映されてしまいます。絶対にコケないように走りました。(笑)  放送予定は、9月27日(火)11:30~(前編)と10月4日(火)11:30~(後編)です。この二日間、智頭町が紹介され、いずれかの日に、智頭中学校の運動会の様子が放映されます。どちらの日か決まったら連絡があるそうですから、またお知らせにます。
 さて、午前のプログラムを終えた職員室でのお弁当タイム・・・。今年は福原の「郷山キッチン おむすびころりん」さんに職員全員分のお弁当をお願いしました。そうしたら、サービスで余分にたくさんのおむすびを届けて下さいました。そのおむすびがコレです。なんと、おむすびに目(ゴマ)と口(梅干し)が付いて、海苔の鉢巻きを巻いています。そして「フレーフレー智頭中」と書かれた爪楊枝の旗を振っています。
カワイイ!!!。さすが「おむすびころりん」さん・・・。リレーで疲れ果てた職員の顔が、一瞬にして笑顔になりました。ありがとうございました。
 

感動の運動会でした!(平成28年9月6日)

 先週土曜日(3日)、素晴らしい秋空の下、智頭中学校秋季大運動会を開催しました。お忙しい中、ご来場いただきました来賓の皆様、保護者の皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。智頭中学校の運動会はいかがだったでしょうか?
 今年は練習日数が短い中、生徒は本当によく頑張りました。「智頭の子は本番に強い」と、つくづく思います。智頭中学校では、各大会での応援のぼり旗や生徒・教員・保護者のTシャツに「底力」という2文字をプリントしています。私は、智頭町民の気質を表す言葉として、「底力」以上に的確な言葉はないと思っています。生徒の姿を見て、そのことを再確認した素晴らしい、感動的な運動会でした。
 開会式でお話しましたように、生徒の生き生きとした一生懸命な姿を見て、保護者の皆様や地域の皆様に智頭中学校のことを自慢に思っていただけたなら嬉しいです。
 暑い中、最後まで温かいご声援を、本当にありがとうございました。
 閉会宣言が終わるまでテントを片付けずに見守っていただいた皆様の姿、最高にカッコよかったです。感謝感謝!!!
【運動会・各演技の様子】

【各学年親子演技】

【3年生着付け競争】

【全学年男子による組体操】
 運動会の全ての演技の中で唯一「成功」「失敗」がはっきりするのが組体操です。「成功」の確率を上げるために練習をしてきましたが、本番での「成功」を保証するものではありません。しかし、智頭中生には「成功」を確実にするための強力な武器があります。それは運動会スローガンにある「意気に感じる志」です。力を合わせ、心を合わせ、絶対に崩してなるものか・・・。心が震える感動的なタワーでした。退場後に生徒に囲まれて涙する坂田先生の姿まで含めて「組体操」は今年も大成功でした。

 

いよいよ明日が運動会!!!(平成28年9月2日)

 いよいよ運動会前日となりました。昨日までは台風12号の影響で「降水確率50%」だった天気予報も、私たちの祈りが通じたのか、今朝になって「晴れ、降水確率10%」の予報に変わっていました。その代わりに熱中症指数は「厳重注意」だそうです。明日は、どうぞ十分に水分を補給しながらの応援をお願いしますね。
 さて運動会の準備は万端!!!。なにせ子ども達がよく動きます。嫌な顔一つせずに動いてくれるので、非常に気持ちがいいです。今年は運動会の準備期間が短く練習不足は否めませんが、そこは「本番に強い智頭の子」です。きっと最高の演技を見せてくれるものと信じています。明日は楽しみにしていて下さい。
 さて、今日は、運動会に向けて各学級が作成した「学級シンボル」と、運動会で皆様に見ていただこうと職員が作成し掲示した「ジュニアオリンピック出場選手激励横断幕」を紹介します。
 きっと皆様に感動していただける素晴らしい運動会になると思います。明日9時入場行進スタートです。お待ちしています。
【 各学級のシンボル 】



【 ジュニアオリンピック出場選手激励横断幕 】



 

運動会練習の毎日です!!!(平成28年8月30日)

 運動会まであと4日。運動会の練習も佳境に入ってきました。
 昨年は2学期の始業式が月曜日でしたから、準備・練習期間がしっかり2週間ありました。ところが、今年は始業式が木曜日だったので、1週間と2日しか練習ができません。昨年よりも3日も短い練習期間で運動会当日を迎えることになります。10日と7日の違いは、非常に大きなものがあります。
 しかし、そんなことを嘆いてみても仕方がありません。ここは智頭中学校の生徒と教員の底力で、必ず素晴らしい運動会を皆様にお見せします。
 どの演技も素晴らしいのですが、皆様に絶対に見ていただきたいのは、やっぱり全校女子によるダンス「Let's work together~みんなで一緒に☆~」と、全校男子による「組体操~底力 絆 伝~」です。お昼前の11時過ぎからの演技になります。ぜひぜひ、ご覧になって下さいね。
 今日、練習の様子を写真で紹介をしようと思ったのですが、当日の楽しみが減りますので、今日は『秘密』にしておきます。

 

快挙です!!!(平成28年8月29日)

 この土曜・日曜日は、各部活動の大会が開催され、大会ラッシュの週末でした。
 その大会で、智頭中学校の生徒が大活躍をしました。
 まず、女子ソフトテニス部・・・。「尾坂杯全中記念ソフトテニス大会」の団体戦2年生の部で見事に優勝、そして団体戦1年生の部でも3位という素晴らしい成績でした。この大会は、3年生が引退したあとの新チームで臨む初めての大会です。毎日本当に一生懸命に練習していることが実を結び、大変うれしく思います。ソフトテニス部は、この結果、10月に行われる「東部地区秋季大会(新人戦)」で第1シードとなります。
 そして、陸上競技部・・・。「第47回ジュニア陸上競技選手権大会」で、3年生の大呂恵雨君が3000mで悲願の優勝を遂げ、「JOCジュニアオリンピック陸上競技大会」への出場を決めました。これで「JOCジュニアオリンピック」に本校から出場するのは、競泳の久本君、バドミントンの河村君に次いで3人目となります。
 さらに、バドミントンの河村朝陽君は「鳥取県中学校新人バドミントン選手権大会東部地区大会」で、見事優勝を勝ち取りました。河村君はこれまでの大会では、3年生に惜敗し優勝することができなかったのですが、3年生が引退し、実力通りの優勝でした。
 智頭中学校の生徒は、このように部活動に頑張っています。
 私は、いつも『一生懸命がカッコいい! 努力は必ず報われる!』ということを生徒に話していますが、確実に日々の努力が結果として現れ、報われてきていることを本当にうれしく思います。
 智頭中学校、勢いがあります!!!
 

JOCジュニア五輪に久本君が出場してます(平成28年8月26日)

 この夏、日本中を睡眠不足にしたリオデジャネイロオリンピックが終了し、昨日は日本選手団の解団式が行われたそうです。しかし、解団式に参加せず、休む間もなく次の大会で活躍している選手もいることをニュースが伝えていました。
 リオ五輪競泳7種目に出場し日本記録を連発した池江璃花子選手もそんな一人です。池江選手は、ブラジルから帰国後、すぐに広島で開催された全国高校総体に出場し、昨日はJOCジュニア五輪に出場し、異次元の強さで他の選手を圧倒しているようです。
 このJOCジュニア五輪に、なんと智頭中学校からも2年生の久本遼太君が出場しているのです。ジュニア五輪水泳競技大会は、18歳以下で、日本水泳連盟が定めた標準記録を突破した選手だけが参加することのできる大会です。久本君は先月行われた県中学総体で見事「13歳50m自由形」の標準記録を突破し出場権を勝ち取りました。まだ結果は届いていませんが、今日、レースがあったはずです。あの池江選手と同じ会場で、同じプールで智頭中学校の生徒もレースをしています。すごいことです。
 そして、JOCジュニア五輪に智頭中学校から出場するのは久本君だけではありません。9月17日から松山市で開催されるJOCバドミントン選手権大会には、2年生の河村朝陽君が出場することになっています。さらに、陸上競技でも、JOCジュニア五輪への出場を目指して、今後の大会に臨む陸上部員がいます。
 そんなことを考えると、全国の舞台で活躍することは、智頭中生にとって、決して届かない遠い目標でもなくなってくるような気がします。高い目標を掲げ、二学期も部活動を頑張っていきます。
 

二学期スタート! 頑張ってます!!!(平成28年8月26日)

 二学期がスタートして二日目です。昨日・今日と二日に分けて「夏休み明けテスト」を実施しました。36℃を超えようかという暑さのなか、生徒は一生懸命にテストに向かいました。そろそろ「受験」を意識し始めた三年生は、教室の出入り口の扉を外して、真剣にテストに集中していました。
 そして、テストが終了したら、全学年が「運動会練習」です。学校中に生徒の元気のいい声が響き渡っていました。午後には、中学校の体育館で全校女子のダンス、そして、勤労者体育館で全校男子の組体操の練習がありました。私のいる校長室は、校庭をはさんで勤労者体育館の向かいにあるのですが、窓を閉め切っていても、男子生徒の掛け声が大音量で聞こえてきます。「近隣の皆様の迷惑になってないかなあ~」と思うほどです。中学校周辺にお住いの皆様、今しばらくご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうぞお許し下さい。9月3日の運動会当日は、ぜひ見にきて下さいね。


 

2学期が始まりました(平成28年8月25日)

 今日、第二学期の始業式を行いました。7月22日の終業式以来、全校生徒の元気な顔が揃い、大変嬉しく思いました。保護者の皆様には、お子様のきまりよい生活をしっかりと見守っていただき本当にありがとうございました。
 今日は、始業式に先立って、新しいALT(外国語指導助手)のアクレシス先生の着任式を行いました。アクレシス先生は、アメリカのインディアナ州出身で、この春に大学を卒業されたばかりのとても若い先生です。大学生時代に北海道への留学経験があり、日常会話程度なら日本語で大丈夫です。智頭町についての感想を聞いてみたところ「自然いっぱいの智頭が大好き」と答えて下さいました。2年間、町内にお住まいになられます。マーケット等で見かけられましたら、どうぞ声をかけてあげて下さい。とてもキュートな先生です。
 そして始業式後には、任期残すところ一か月となった前期生徒会執行部の生徒たちが、あとを引き継ぐ1・2年生に対して、その思いを熱く述べる時間がありました。「そんな思いで生徒会役員を務めてくれていたのか」と、胸が熱くなる素晴らしい話をしてくれました。現執行部の思いは間違いなく後輩たちに引き継がれると確信の持てた話でした。
 そして、その後は、学活、休み明けテスト・・・。そしてそして、運動会練習も本格的に始まりました。今年は例年よりも練習できる日数が3日短く運動会当日を迎えます。でも、生徒たちは、必ず素晴らしい運動会にしてくれると思います。どうぞ、楽しみにしていて下さい。


 

夏休みの学校の様子紹介その⑤(平成28年8月16日)

【リオオリンピック日本代表 土居美咲さんについて】
 夏休みも残り少なくなってきましたが、連日の35℃を越える猛暑と、オリンピック中継視聴のための睡眠不足とで、少しバテ気味の方も多いのではないでしょうか?
 ところで、智頭町役場の正面に、
 「祝 リオデジャネイロオリンピック出場 プロテニスプレーヤー土居美咲選手」
 という懸垂幕が掛かっているのに気がついていらっしゃいますでしょうか?
 もう試合は終わってしまいましたが、テニスの日本代表でシングルス、ダブルスに出場している土居美咲さんのお父さんは智頭町出身でお母さんは鳥取市出身なんだそうです。
 土居選手についてウィキペディアで調べてみると、千葉県出身、25歳、ミキハウス所属のプロテニスプレーヤーで、現在世界ランキング48位(日本最高)だそうです。今回のリオオリンピックでは、シングルス、ダブルスともに1回戦を勝利し、2回戦で惜敗という結果でした。
 ここからは、少しこじつけて土居選手と智頭中学校との関係になるのですが・・・
 智頭中学校には、国道側の校舎白壁に大きな鏝絵(こてえ)が施されています。実は、この鏝絵を作成(寄贈)していただいた土居幹典さんが土居選手の叔父さんになられるのだそうです。土居幹典さんのことは、保護者の皆さまはよくご存知だとは思うのですが、非常に優れた鏝絵の技術をお持ちの智頭在住の左官さんです。智頭中学校の新校舎建築の際には、町内の多くの方々から様々なご寄贈をいただいているのですが、土居幹典さんからも、ぜひ鏝絵を寄贈したいとの申し出が町に対してあったそうです。有り難くご寄贈を受けることが決まり、町当局と協議の結果、図柄は町内唯一の国宝である豊乗寺所蔵の「普賢菩薩像」に決まったそうです。「普賢菩薩」は「子ども達を見守る学問の仏様」だということで、智頭町の未来を担う若者を育てる木造の新校舎にピッタリの図柄です。土居左官さんが寒い寒い冬に子ども達のために長い月日をかけて作成して下さった渾身の力作。 土居幹典さんの思いは、これから私達教職員が、ずっとずっと子ども達に語り継いでいくつもりです。そして、土居左官さんや土居選手のように高い志をもち一流を目指す生徒を育てたいと思っています。
 

夏休みの学校の様子紹介その④(平成28年8月16日)

【智頭町・楊口郡青少年交流事業(8月2日~5日)】
 8月2日から5日まで、3泊4日の日程で「智頭町・楊口郡青少年交流事業」として韓国楊口郡(ヤング郡)を訪問して来ました。
 ~この事業については、7月11日にも紹介しています~
 この交流事業では、智頭町の中学生と楊口郡の中学生が隔年で互いに行き来をしています。今年は、智頭中学校の生徒男子6名、女子6名の計12名が楊口郡を訪問し、私(橋本)も団長として参加しました。楊口郡では、大変温かい歓迎を受けました。ホームステイ先のフレンドリーな対応に、子ども達の間の距離もグッと縮まり、本当に有意義な国際交流が出来ました。また、楊口郡が北朝鮮との国境に位置することから、いくつかの軍事施設も見学し、平和の大切さについて考えさせられ、また韓国の人々が南北統一を心の底から願っておられることを知りました。日本にいては知ることの出来ない大切な学習が出来たと思います。
 3泊4日・・・。私は疲れましたが、子ども達は本当に元気でした。解団式で、私は子ども達に「国際交流に限らず、初めて会う人と仲良くなるためには、元気と笑顔が最大の助けとなる。国際交流の際には、元気、笑顔にプラスして、日本人が世界に誇るべき美徳である“礼儀正しさ”を実践して欲しい」と話しました。この言葉を忘れずに、来年は、楊口郡の中学生を“おもてなしの心”で迎えましょう。
 余談ですが、私は今回の訪問で「外国では水道水は絶対に飲んではいけない」という教訓を得ることができました。次回に必ず生かします。(苦笑)





 

夏休みの学校の様子紹介その③(平成28年8月9日)

【吹奏楽コンクール鳥取県大会(8月6日)】
 8月6日、倉吉未来中心において、「吹奏楽コンクール鳥取県大会」が開催されました。
この大会は運動部に置き換えると「鳥取県中学校総合体育大会」のような大会で、吹奏楽部に所属する生徒にとって、3年間の部活動の集大成となる大会です。そして、中国大会→全国大会へとつながる公式の大会です。
 吹奏楽部の生徒たちは、この大会で金賞を獲得し、さらに中国大会へと進むことを目指して、日々の練習に励んできました。特に3年生にとっては、部活動の中心から退く「区切り」となる大会です。
 私も前日の深夜に韓国から帰国したばかりでしたが、「絶対に応援に行かねば!」と、疲れた身体に鞭打って、倉吉まで応援に駆けつけました。子ども達の演奏、本当に素晴らしかったです。金賞・銀賞・銅賞とある中で、結果は銀賞でしたが、顧問の二人も大満足の今までで一番素晴らしい演奏でした。昨年は演奏を終えた生徒の顔には一様に悔し涙があったのですが、今年は「やり切った感いっぱい」のさわやかな笑顔でした。
 部活動を引っぱってきた三年生の皆さん、本当にお疲れ様でした。今後もサマーコンサートや文化祭などでの演奏はありますが、そこは、君たちにとってストレスのない楽しい舞台だと思います。これからも聴衆のために素晴らしい演奏を聴かせて下さい。
 

夏休みの学校の様子紹介その②(平成28年8月9日)

【中国中学校総合体育大会(8月5~9日)】
 8月5~9日にかけて、中国地方各県の会場で「中国中学校総合体育大会」がで開催されました。智頭中学校からは、陸上競技の部に3年生の大呂恵雨君、1年生の大呂青葉君の2名、水泳競技の部に2年生の久本遼太君、バドミントン競技の部に2年生の河村朝陽君が出場しました。昨年は陸上競技の1人だけでしたから、今年の4人出場はすごいことです。
 しかし、夏休みに入ってからの出場権獲得でしたので、壮行会を開いて激励することができません。そこで、先生方が手作りで激励横断幕を作成して、校舎に設置しました。誰が「言い出しっぺ」なのか分かりませんが、こういうことがサッとできる智頭中学校の先生方って、生徒に負けず劣らず素晴らしいと自負しています。
 大会の結果をお知らせします。
 ○陸上競技(島根県立浜山公園陸上競技場)
   男子共通3000m 第 7 位 大呂恵雨 
   1年男子1500m 第11位 大呂青葉 
 ○水泳(山口きらら博記念講演水泳プール)
   男子 50m自由形 第8位 久本遼太
      男子100m自由形 第7位 久本遼太
 ○バドミントン(鳥取産業体育館)
   男子シングルス 河村朝陽 一回戦敗退
 

夏休みの学校の様子紹介その①(平成28年8月9日)

【鳥取県中学校総合体育大会(7月23・24日)】
 夏休みに入ってすぐの7月23・24日、東部会場を中心に「第42回鳥取県中学校総合体育大会」が開催されました。智頭中学校からは、女子ソフトテニス、男子バレーボール、陸上競技、水泳、バドミントンの5つの競技に選手が出場しました。このうち、テニスとバレーボール、バドミントンの3競技については、東部総体を勝ち抜いての出場。陸上競技と水泳についてはオープン参加となります。
 参加した選手たちは、それぞれ大活躍をし、3つの競技で4名の選手が中国大会への出場権を勝ち取りました。なかでも水泳の久本遼太君は、2年生ながら100m自由形で3年生にも勝利し見事に優勝、さらに50m自由形ではジュニアオリンピックの標準記録を突破し出場権を獲得する素晴らしい成績でした。
 バドミントンと水泳については、智頭中学校には部活動がないので、引率する顧問がいません。そこで水泳については私(橋本)が引率しました。当日の写真が水泳競技しかないのは、そのためです。どうかご容赦ください。
 以下、大会の結果と水泳競技の様子を載せておきます。
(大会結果)
 ○女子ソフトテニス(コカコーラウエストスポーツパーク)
   団体戦 1回戦 対溝口中 2-1
       2回戦 対日南中 1-2
   個人戦 2回戦進出 岸本・壽村ペア、寺坂・初瀬ペア
 ○男子バレーボール(八頭中学校体育館)
   予選リーグ 対鳥取南中 2-0
         対箕蚊屋中 0-2
         対桜ヶ丘中 2-0
   決勝リーグ 対 気高中 0-2 
                 対後藤ヶ丘  0-2
 ○陸上競技(コカコーラウエストスポーツパーク)
   男子共通3000m 第2位 大呂恵雨 ※中国大会出場へ
   1年男子1500m 第3位 大呂青葉 ※中国大会出場へ
   女子共通1500m  第9位 杉村和香
 ○水泳(県営東山水泳場)
   男子 50m自由形 第2位 久本遼太 ※中国大会、ジュニアオリンピック出場へ
      男子100m自由形 第1位 久本遼太 ※中国大会へ
 ○バドミントン(鳥取産業体育館)
   男子シングルス 第3位 河村朝陽 ※中国大会へ 

(競泳競技の様子)


 

夏休みの学校はこんな感じです(平成28年8月1日)

 夏休みとは言うものの、生徒も職員も忙しい!!!。もしかしたら、課業中よりも忙しいかも・・・と思うほどです。
 8時30分、智頭中学校では、運動部の生徒が一斉にグラウンドに集まり、「合同部活動」が始まります。全員でランニングをして、全体ミーティングをして、部活動への意識を高めて、それぞれの部活動へと分かれていきます。全体ミーティングを受けて、各部活でもミーティングが持たれます。
 また、それと並行して、こもれびホールでは、冷房が効いた中で、3年生が補充学習に精を出しています。智頭中学校の午前中は、1・2年生は部活を頑張る!!!。3年生は勉強を頑張る!!!。
 でもでも保護者の皆さま・・・。何度も言いますが、夏休みの間は、どうぞご家庭や地域の行事を優先させて下さって結構ですからね。遠慮なく、気兼ねせずに部活や補習は休ませてくださって大丈夫ですから・・・。ぜひ、ご家庭でも楽しいことを考えてあげて下さい。よろしくお願いします。


 

「おやじの会」の作業を行いました(平成28年7月31日)

 本日、「おやじの会」の作業を行いました。
 十数年前から続いている智頭中学校の「おやじ」による恒例の事業です。
 この事業が始まった頃の智頭中学校は生徒指導上の問題も多くあり、「おやじも子育てに参加しよう」「おやじの特技を活かして学校に備品を贈ろう」「おやじが作った物なら生徒も大事にするだろう」というような思いでおやじの作業が始まったと聞いています。
 現在の智頭中学校の状況は、その当時とは大きく異なります。状況は変わっても、「子ども達のためにおやじに出来ることを・・・」というおやじの思いは引き継がれ、今年も大勢のおやじが集まって下さいました。
 今年、学校がお願いしたのは、次の作業です。
① グラウンドに投球練習用のマウンドを作ってほしい。
② 外のゴミ置き倉庫に棚を増設してほしい。
③ 中庭にテーブルとベンチを増設してほしい。
④ バレーボール部の顧問が、練習でスパイクを打つための踏み台を作ってほしい。
 いざ作業!!!。作業工具をぎっしりと搭載した軽ライトバンが4台並んでいるのを見ると、さながら住宅新築工事の現場のようです。グラウンドには土を固める専用の機械まで入っています。
 智頭のおやじが集まれば、出来ないことはないんじゃないかとさえ思ってしまいます。朝の9時から始まった作業はお昼には全てが終了し、そのあとはお決まりの懇親会・・・。有意義な時間でした。ご協力いただきました保護者の皆さま、本当にありがとうございました。




 

さようなら!アーニャ先生(平成28年7月25日)

 本日、朝7時08分発の「スーパーはくと」で、アーニャ先生が智頭を後にされました。アーニャ先生には2年間、外国語指導助手(ALT)として、本当にお世話になりました。ホンモノの生きた英語を生徒に教えて下さいました。
 今日、アーニャ先生を見送りながら、思うことがありました。
 2年前、アーニャ先生が智頭に来られたとき、4歳だったお嬢さんのヤーナちゃんは、もちろん全く日本語が話せませんでした。でも、今日のヤーナちゃんは、その容姿はお人形さんのような白人の6歳の女の子ですが、話している言葉を聞くと、どう見ても完全な日本人です。ヤーナちゃんは、わずか1年半、諏訪保育所で同い年の智頭の子と生活を共にしただけです。誰も全く日本語を教えていません。なのに、完璧な日本語(智頭弁)です。反面、私は、中学校から大学2年生まで8年間も勉強したのに、全く英語を話すことができません。
 日常生活の中で英語を話す機会のない島国日本の英語教育の難しさを改めて感じました。
 ともあれ、アーニャ先生には、とにかく感謝!感謝です。どうぞお元気で、カナダでもご活躍下さいね。
【22日の離任式の様子】


【25日、智頭駅での見送り】
 

県中総体、吹奏楽コンクール壮行会(平成28年7月22日)

 今日は、第一学期の終業式です。
 終業式のあと、「鳥取県中学校総合体育大会」と「鳥取県吹奏楽コンクール」の壮行会を行いました。以下の部が大会に参加します。
【県中総体】7月23日(土)・24日(日)
 ◆男子バレーボール部 会場;八頭中学校体育館
 ◆女子ソフトテニス部 会場;コカ・コーラウエストスポーツパークテニスコート
 ◆陸上競技部 会場;コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場
 ◆バドミントン部 会場;鳥取産業体育館(24日・個人戦のみ)
 ◆水泳部 会場;鳥取県営東山水泳場
【県吹奏楽コンクール】8月6日(土)
 ◆吹奏楽部 会場;倉吉未来中心
 智頭中生らしく、礼儀正しく、さわやかに、一生懸命に頑張ってきます。
 今日の壮行会の私の激励の言葉も、やっぱり「勝ってこい!」でした。
 

運動会練習、始まっています!(平成28年7月21日)

 一学期も残すところ、明日一日のみとなりました。
 本日6校時は「生徒集会」です。何をするのかなあ~って思っていると、運動会演技「大縄跳び」の練習でした。生徒会執行部が中心となって、全校生徒がグラウンドに集合し、学級毎に作戦を立てて、大縄跳びの第1回目の練習をしました。
 グラウンド中に生徒の元気な声が響き渡り、近隣のお家に迷惑をかけてないだろうか?と心配になるほどでした。
 運動会の準備・練習・・・。もう始まっています。体育の授業の中では、男子の「組体操」や女子の「全校ダンス」の練習が進んでいます。明後日からの夏休み期間中にも、何日か練習が計画されています。
 今年の運動会は9月3日(土曜日)の予定です。例年の開始時刻を30分早めて、9時開会の計画です。それに伴い、演技種目数もPTA種目と生徒会種目を1種目ずつ増やすことを考えています。また、今年も全学年が「親子演技」を予定していますので、必ずのご参加をお願いしますね。
 

アーニャ先生、最後の授業(平成28年7月20日)

 本日、ALTのアーニャ先生の智頭中学校での最後の授業がありました。アーニャ先生は、2年前に智頭町にやって来られて、智頭中学校、智頭小学校の外国語指導助手(ALT)として、智頭町の児童・生徒に、ネイティブの英語を教えて下さいました。本当は、もっともっと智頭にいていただきたいのですが、契約期間が二年間になっているので仕方がありません。
 アーニャ先生は、カナダから、ご主人と当時4歳の娘(ヤーナちゃん)と一緒に来ていただきました。お人形のように可愛いヤーナちゃんが見事に智頭弁を話しているのを聞くと、2年という月日の長さを感じます。
 アーニャ先生の最後の授業は3年2組の英語でした。授業の終わりには、生徒の代表がお礼のことばを英語で述べました。
 アーニャ先生は7月25日(月)午前7時08分発の「スーパーはくと」で智頭町を去られます。もしご都合がつけば、お見送りをお願いします。


 

「非行防止教室」を行いました(平成28年7月20日)

 今日は7月20日・・・。今朝、出勤前の身支度をしていると、窓の外から元気の良い小学生の声が聞こえました。時計を見ると、まだ6時半前です。登校時間には、早すぎる時間です。
 「そうか!!!、八頭町の学校は今日から夏休みだあ~」
夏休み初日、ラジオ体操に向かう小学生の声でした。
長期休業の期間は、自治体毎に「学校管理規則」で決まっています。
八頭町は、「夏季休業日 7月20日から8月28日まで」となっています。
ちなみに智頭町は、「夏季休業日 7月20日から8月31日までの間において校長が定める期間」となっています。以前は一律、どこでも「7月20日から8月31日まで」だったのですが、最近は多くの自治体で「学校長が定める期間」という文言が加わるようになりました。
 そんなこんなで、今年の智頭中学校の夏休みは「7月23日から8月24日まで」の33日間となっています。八頭町に比べると、ちょうど一週間短い夏休みとなります。でも保護者の皆さまにとっては、長ぁ~い33日間ですよね?
 前置きが長くなりましたが、夏休みに向けて、本日4校時、各学年毎に「非行防止教室」を行いました。鳥取県警と少年サポートセンターから5名の方に来ていただいて、お話を聞きました。1・2年生は「薬物乱用防止について」、3年生は「暴力団対策について」・・・。3年生には、長い人生の中で暴力団の被害に遭わないように!!!と、義務教育段階の最後に、警察の方が各中学校をまわって話をして下さっています。どの学年も、本当に真剣に話が聞けて、警察の方も感心して帰られました。長い夏休み、お子様が健全に生活できるよう、ご家庭での見守りをお願いします。
 

「智頭町町民体育祭」が開催されました(平成28年7月17日)

 本日、智頭町民運動場で「町民体育祭」が開催されました。昨日から今日にかけて雨模様の天気で、開催が心配されましたが、終わる頃には暑くて暑くて・・・。天候に恵まれた過ぎた体育祭となりました。
 さて、この「校長室より」をご覧いただいたら分かるように、智頭中学校は(私は)部活動に力を入れています。土・日の部活動も大いにやって欲しいと思っています。でも、そんな私も、学校長として部活動を認めない土・日が、一年に何回かあります。今日がその日です。大会参加は別として、今日は部活動はしてはいけないことを職員には伝えていました。「部活の生徒には、町民体育祭に出なさい!と指導して下さい」と・・・。部活顧問や学級担任の指導もあってか、今日は、多くの中学生が体育祭に参加してくれていました。地域の行事に参加し、生き生きと活動している子どもの姿を見るのは、本当に嬉しいものです。欲を言えば、プログラムの中の「綾木杯マラソン大会」に中学生も参加して欲しかったのですが・・・。まあ、仕方がないです。
 部活禁止は今年2回目でした。1回目は4月17日、諏訪神社式年「柱祭り」の日でした。そして、今年あと1回、秋に行われる各地区の運動会の日にも、学校長として部活動を禁止しようと思っています。
 地域の皆様、どうぞ、地域の行事に中学生を引っ張り出してやってください。役割を与えていただければ、なお有り難いです。




※「トスク杯野球大会」、智頭中学校の試合日程を誤ってお伝えしていました。
 昨日、ベスト4をかけて湖東中学校と対戦し、残念ながら敗れてしまいました。応援していただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。
 今日の体育祭に来ていた野球部の1年生に「残念だったなあ~」と声をかけたところ、「来年は絶対に勝ちます」という力強い返事が返ってきました。
 来年の前に、秋には「東部地区秋季大会(新人戦)」があります。東部地区には22校に野球部があるのですが、なんとそのうち9校で部員が9名そろわず、単独チームが組めない状況にあります。9チームは合同チームを組んで大会参加となります。
 智頭中学校は?と言えば・・・。3年生が引退すると1・2年生が9名、かろうじて単独チームを組める状況です。私が教員になった頃は、入部の際、生徒に第3希望まで書かせて、人数調整をしていた記憶がありますが、今は、そんな時代ではありません。野球部にそれなりの人数の入部希望があることを祈っている昨今です。「智頭中学校」として大会に参加したいですからね・・・。
 

期末懇談二日目、「七夕茶会」を行いました(平成28年7月14日)

 今日は一学期末懇談の二日目です。お伝えしていたとおり「七夕茶会」を行いました。茶道部の生徒の希望で、生徒は全員が浴衣姿です。
 お茶会は、いつも指導していただいている井崎先生に助けていただきながら、3年生の生徒中心に生徒の力で運営されていました。3年生の尾﨑さんの説明に従って、3年生の山根さん、青木さんがお客様の前でお点前も披露しました。地元の常磐堂さんに作っていただいた「天の川」というお菓子を頂きながらの抹茶は、本当に美味しかったです。教育長さんにもお越し頂き、お客様、保護者の皆さま、生徒、そして教員が一緒になって、ホッと心の和むお茶席でした。
 昨日、今日と、二日間で一学期末懇談を行いました。保護者の皆さまには、お忙しい中、学校に足を運んで頂き、ありがとうございました。



 

間違えてました。ゴメンなさい!(平成28年7月13日)

 7月7日に「七夕茶会」のご案内を載せたのですが、開催日を間違えておりました。「1学期末懇談がある13日、14日両日の午後」とご案内したのですが、正しくは「14日の午後1時から3時」でした。申し訳ありませんでした。
 和礼室の前には、もう受付の準備がしてありました。受付では当日券(200円)を購入していただいた方に短冊をお渡しすると思います。その短冊に願い事を書いていただき、笹に飾り付けてやって下さい。私は昨年は「3年生全員が希望の進路に合格しますように!」と書いたように記憶しています。
 本日に懇談が予定されている方には抹茶を召し上がっていただくことができません。申し訳ありません。明日懇談予定の保護者の皆様、時間が合えば、ぜひ「七夕茶会」に足を運んでやってください。
 保護者の皆様、今日、明日の期末懇談、どうぞよろしくお願いいたします。

※7月7日に和礼室の写真を載せたついでに、「学校紹介」のところに、智頭中学校校舎の全景(外観)の写真も何枚か載せました。ご覧下さい。
 

今日の給食は「谷口さん作成献立」!(平成28年7月12日)

 今日の給食は「谷口さん作成献立」でした。そして、先週月曜日の給食は「バンヴィルさん作成献立」でした。これは、5月に給食センターで職場体験「ワクワクちづ」を行った2年生の谷口さんとバンヴィルさんが体験の一環として考えた献立を、給食センターの白間栄養士さんが実際の給食に活かして下さったものです。
 私は、七夕の日に「智頭町の給食は一番だ!。給食センターの方々の心配りが嬉しい!」と書いていますが、本当に本当に、そう思ってしまいます。
 生徒が考えた献立が、生徒の名前の付いた献立になり、実際に町内の小・中学校に配食されるのです。こんな粋な計らいって、絶対に他の町には出来ないですよね。 今日の「谷口さん作成献立」は、しそご飯、ハムとチーズのフライ、コンソメスープ、海そうサラダ、そしてデザートにパインゼリーでした。とってもヘルシーで美味しくて・・・。谷口さんの献立だと思うと、また格別でした。
 谷口さんも嬉しかったでしょうね!!!。私も美味しい給食を谷口さんに「ありがとう」という気持ちで頂きました。そして、白間栄養士さんと給食センターの職員の皆さんに、本当に本当に「ありがとうございます」でした。


【「ワクワクちづ」のときの二人です】
 

韓国楊口郡(ヤング郡)との交流の準備始まる(平成28年7月11日)

 智頭町は平成9年から当時の片山鳥取県知事の主導で、韓国江原道(カンウォド)の楊口郡(ヤング郡)と自治体同士の交流を行っています。平成11年から「青少年交流事業」が始まり、同年、初めて楊口郡から10名の中学生を迎えています。その後互いに訪問し合う交流が続いて、本年は、8月2日から5日の3泊4日の日程で、智頭中学校の生徒12名が楊口郡を訪問することになっています。
 本当は昨年、智頭中学校の生徒が楊口郡を訪問する予定だったのですが、韓国でMERSコロナウイルスが流行したため、訪問が中止となり、本年度の訪問となったわけです。 来年は、智頭中学校が楊口郡の中学生を迎えることになっています。
 さて、訪問に備えて、今日から、その準備が始まりました。3泊のうち1泊はホームステイのため、簡単なハングルが話せなければなりません。今日は、町内在住の藤原さんに講師をお願いして、「第1回ハングル講座」を行いました。まず、簡単なあいさつから始めたのですが、生徒はとっても発音が上手で、「本当に初めてなの?」と思うほどです。 私も一緒に参加したのですが、私の発音はさっぱりです。私が得意なあいさつは2つだけ・・・。「こんにちは(アンニョンハセヨ)」と「ありがとうございます(カムサハムニダ)」です。「カムサハムニダ」は、どうしても「♪カムサハム~ニダ~♪」と天童よしみの珍島(チンド)物語を歌ってしまうのですが、子ども達には不思議そうな視線で見つめられてしまいました。
 ハングルを勉強したあとは、歓迎レセプションで披露するアトラクションの練習をしました。今回は、「智頭音頭」の音楽にあわせて「しゃんしゃん傘踊り」を踊ることにしています。こちらも地域の方にご指導をいただいて、見る見る上達をしていきました。
 楊口郡へは私が団長として、生徒を引率します。生徒のお荷物にならないよう頑張って準備をします。ちなみに、楊口郡は地図をみていただいたら分かるように、北朝鮮との国境の町です。面積も人口も智頭町のちょうど3倍くらいの町です。


 

『鳥取大学出前授業』を行いました(平成28年7月8日)

 本日3・4校時に、鳥取大学の先生3名に来ていただき、実験を中心とする理科の授業をしていただきました。これは、鳥取大学と智頭町との提携により、子ども達に理科の実験を通して、科学への関心を高める取り組みの一環として行われたものです。
 事業名は『鳥取大学発「出前おもしろ実験室」プロジェクト』~理科好きな子どもたちを育てるために~となっています。
 今日の授業は、液体窒素を使ったり、ドライアイスを作ったりする内容でした。智頭中学校は、普段の理科の授業でも実験を多く取り入れていると自負しています。しかし、液体窒素となると、中学校で簡単に準備できるものではありません。今日は1年生の2クラスに授業をしていただきましたが、生徒も興味津々、とっても熱心に学習に取り組んでいました。
 今後、2年生、3年生にも、また違った実験をして下さるそうです。2・3年生の皆さん、楽しみにしていて下さい。普段の理科の学習も一生懸命やって、理科好きにならんといけんで!!!

 

7月7日(七夕)です!(平成28年7月7日)

 今日は7月7日。七夕の日です。
 織姫と彦星が天の川をはさんで、7月7日に最も近づき光り輝くことから、一年に一度のめぐりあいの日が七夕であるというロマンティックなストーリーは誰もが知っているところです。この日が雨だと、織姫と彦星は会えないそうですが、今夜は会えるでしょうか?。中学生の年頃って、こんな話が大好きですよね(笑)
 さて、そんなことはさておき、今日の給食は「七夕献立」でした。天の川や星空をイメージした献立だそうです。ちらし寿司、星のハンバーグ、七夕汁、キラキラサラダです。
私はいろんな町の給食を食べてきましたが、たぶん智頭町の給食は一番です。何が?って、まず献立がいいです。そして、給食センターの職員の方々の心配りが嬉しいです。小学校でも中学校でも参観日の日(土曜日)に給食を作って下さり、保護者の方の給食試食会も開催されます。土曜日に給食を作ってもらえるのは、絶対智頭町だけだと思います。美味しくて心のこもった給食に、日々感謝です。

 智頭中学校では、毎年7月の期末懇談の日に『七夕茶会』を開いています。今年は7月13日と14日の午後の開催となります。校舎1階の和礼室で茶道部の生徒がお菓子を用意し抹茶を点ててお待ちしていますので、どうぞ保護者の皆さま、懇談の後にお立ち寄り下さい。抹茶とお菓子で200円です。
 和礼室には、もう『七夕茶会』の席が用意してありました。智頭中学校の和礼室は、二間続きの本格的書院造りで、縁側や水屋を備え、茶道用の炉も切ってある自慢の部屋です。
この部屋で頂く生徒が点てた抹茶は格別ですよ。お待ちしていますね。
 

ゴーヤ達の近況報告です(平成28年7月6日)

 中庭で育てているゴーヤ達のその後のご報告です。
 校舎に沿って一面にグリーンカーテンを張り巡らすという壮大な計画の下、ゴーヤ、メロン、きゅうり、へちま、そして朝顔を育て始めて一ヶ月半・・・。私の想定では、そろそろカーテンが完成している予定だったのですが・・・。いつまで経ってもカーテンにはなってくれそうにありません。「まだまだだなぁ~」と思って目を離していたら、なんとなんと・・・。よく見ると実をつけているではありませんか!!!
 ゴーヤ、きゅうりはもう食べられそうな実がついています。メロンはまだまだかなぁ~。「食べて美味しい沖縄へちま」だけは、一向に実をつける気配がありません。
 ゴーヤ達が植えられた当初、私は全校生徒で調理実習をして食べられるほど実がついてくれることを期待していたのですが、ちょっと今年は難しそうです。植える時期が少し遅かったのでしょうか???。まっ、ここで見放すことなく、これからもゴーヤ達に期待をかけ続けていきたいとは思っています。
 初めて実ったゴーヤを職員で試食してみました。苦くて美味しかったです。
 

『智頭町P連親睦ソフトバレーボール大会』他(平成28年7月3日)

 7月3日、智頭町勤労者体育館において、『智頭町PTA連合会』主催の親睦バレーボール大会が行われました。今年から小学校Pチームの数が3チームから2チームに減り、高校Pチーム1、保育園Pチーム1、そして中学校PTAチーム1の計5チームで、リング方式で試合を行いました。
 中学校チームも金曜日の夜には練習会を持ち、ディフェンディングチャンピオンチームとして、当然優勝を目指して試合に臨みました。中には、土曜日に自主トレをした方や、「調子が出るように」と少し燃料を入れて来られた方もあったとか・・・。中学校チームは小学校Aチームと小学校Bチームと、計2試合を行ったのですが、2試合とも健闘したものの、結果は惜敗でした。
 残念ではありましたが、でも、あくまでも目的は『親睦』ですから・・・。白熱したプレーで、十分に智頭中保護者の『底力』と『いきま』を示すことができたと思います。参加して下さった保護者の方に『底力Tシャツ』が浸透してきていることが嬉しかったです。 お忙しい中、参加して下さった保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

 さて、試合後の慰労会から少し早めに抜け出して、学校に帰ってみると、誰もいないグラウンドで草刈りをして下さっている方がありました。今年から野球部の外部コーチをお願いしている徳永監督でした。保護者の方の中で「ワシも1本でいいけぇ、お金を払ってでも徳永監督のノックを受けてみたい」と言われた方がありました。そんな徳永監督が部活前のグラウンド整備もバッティングピッチャーも、そして休日の草刈りまでして下さっています。本当に感謝!感謝!!感謝!!!です。
 そんな徳永監督の指導を受けて、どんどん強くなっている智頭中野球部・・・。トスク杯の野球大会で現在ベスト8まで勝ち進んでいます。3日にはベスト4を懸けた試合が予定されていたのですが、雨のため延期となってしまいました。次は、7月17日(日)午前10時30分プレイボール、美保球場で湖東中学校との対戦です。ご都合がつきましたら、応援をしてやって下さい。よろしくお願いします。
 

『東部水泳』頑張りました!!!(平成28年7月1日)

 本日、『第12回東部地区中学校水泳競技大会』が鳥取市河原市民プールで開催されました。智頭中学校には現在水泳部がありませんので、全校生徒から選手を募り、手を挙げてくれた男子9名、女子1名、合計10名の生徒で大会に参加しました。
 全体での練習は2度しか出来ませんでしたが、町教育委員会とリプルのご支援の下、自主練習の際のプール使用料を無料にしていただき、各自が練習を積んで、今日の大会に臨みました。主な結果は、下に載せています。
 それぞれの生徒の成績はもちろんですが、それを合計した総合順位も男子4位、男女総合6位と、大変素晴らしい結果でした。これは東部地区22校での順位です。
 東部総体、東部陸上、そして本日の東部水泳・・・と、智頭中学校のスポーツ面での快進撃は続きます。
 明後日(3日)には、トスク杯の野球大会で、智頭中学校の3回戦の試合があります。
 10時30分、湖東中学校と岩美球場で戦います。頑張れ野球部!!!
【東部地区中学校水泳競技大会の主な成績】
第1位 男子100m自由形(2年生)   久本遼太 1分06秒35
 〃    男子100mバタフライ(2年生) 久本遼太   58秒79
  〃  男子100m背泳ぎ(2年生)   西川俊平 1分17秒87
第2位  男子100m自由形(1年生)   草刈純誠 1分10秒75
  〃    男子100mバタフライ(1年生) 山根良太 1分19秒64
  〃    男子200m個人メドレー(1年生)山根良太 2分49秒98
  〃  男子50m背泳ぎ(2・3年生)  西川俊平   33秒77
第3位 男子100m背泳ぎ(1年生)   山根宏太 1分32秒27
 〃  男子50m自由形(1年生)    草刈純誠   31秒15
  〃  男子400mR(久本・草刈・山根良・西川)  4分31秒41
  〃  男子400mメドレーR(同上)        5分05秒05
  ※  男子総合 第4位
 ※  男女総合 第6位

 

「ちづスマイルプロジェクト」実施記念樹(平成28年6月27日)

 昨年度の3年生が、行った「ちづスマイルプロジェクト」を記念して、27日、グラウンドに面したグリーンゾーンに紅白2本のハナミズキの木が植えられました。
 「ちづスマイルプロジェクト」は、総合的な学習の集大成として、昨年度の3年生が地域活性化についてのアイデアを智頭町の「百人委員会」に提案して実施した取り組みです。智頭町の様々な分野の達人を紹介した『智頭町達人図鑑』の作成・刊行のほか、夏休みに旧那岐小学校の校舎を利用して、「謎解きゲーム」と「カフェ」のイベントを行いました。このイベントの収益金について、町から「中学校で使えばいい」と言っていただき、その使途を考えた結果、この記念樹になった訳です。
 記念樹を植えた場所は、ちょうど校長室の前です。ハナミズキの紅白の花が咲いた頃、この春卒業した生徒達が、この樹の周りに集ってくれることを願っています。

 

野球部「快挙!」です(平成28年6月26日)

 この土日に中学生軟式野球の「第18回JAいなばグループトスク杯東部大会」が開催され、東部地区の21チームが参加して、1・2回戦の試合が行われました。
 智頭中学校は2回戦からの出場となり、26日、千代川倉田スポーツ広場野球場で八頭中学校と対戦しました。八頭中学校は東部地区の野球部の中で最も多い部員数(40名以上)を誇る強豪チームです。今思えば野球部の生徒に失礼だとは思うのですが、私は「いい試合をしてくれれば」と思いながら応援に行きました。
 ところが・・・。なんとなんと2対1で勝利したのです。快挙です!!!。「小規模校だけど大規模校をひっくり返す気概を持て!」を、まさに実行してくれました。
 この大会には3年生も出場しています。3年生にとっては、この大会での負け試合が、中学校での部活動の最後の試合(引退試合)になります。一つ勝ったことにより、また一つ「勝つ喜び」を味わうことができ、もう一つ試合をすることができます。
 おめでとう!!!。野球部の生徒たち!!!。
 次は、3日(日曜日)10時30分、岩美球場で湖東中学校Bチームとベスト4をかけて対戦します。この時間帯はちょうど「町P連ソフトバレーボール大会」と重なりますが、ご都合がつきましたら応援をよろしくお願いします。


 

久しぶりの更新になります(平成28年6月25日)

 今日は土曜日ですが、溜まりに溜まった仕事を片付けに出勤しています。HPのアップ、8日ぶりになります。今週一週間アップできなかった言い訳をさせてください(笑)。
 今週一週間(月曜日は振休)は毎日出張していて、学校に居ることができませんでした。学校に居ないとHPのアップも出来ませんが、アップするネタを仕入れることも出来ません。・・・ということで、久々になってしまったことをお許し下さい。
 今週の連日の出張のうち、22日から昨日(24日)までは、『中国・四国中学校長研究会』で徳島市に行っていました。中国・四国地方の全中学校長が集まり、今日の中学校教育が抱える諸課題を解決し中学校教育の一層の充実・発展を図るため情報交換や研究協議を行いました。
 私達は、変化の激しい未来を生き抜くために、生涯にわたって主体的に学び続ける力を生徒に育てようとしていますが、それ以前に、学校自体が日々山積する新しい課題に対応するため学び続けなければならないと痛感した研究会になりました。
 難しいことはさておき・・・。
 山積する新しい諸課題の中でも、私が一番気になっているのは、少子高齢化、過疎化の進展による生徒数の減少です。智頭中学校の生徒数は今年148名です。この生徒数は、鳥取県の中学校58校中41番目で、鳥取県では智頭中学校は小さい方の学校になります。
 しかし、全国や中・四国に目を向けると、決してそうではないのです。
 徳島での研究会では4つの分科会で8つの中学校が実践報告をしましたが、その8校の生徒数は、多い方から順に、①484名、②195名、③169名、④99名、⑤35名、⑥21名、⑦17名、⑧15名となります。また、私は山口県萩市の中学校の報告を聞いたのですが、萩市では16校ある中学校のうち、100名以下が14校、そのうち11校は生徒数50名以下だそうです。鳥取県では、近隣の町でも100名を越える生徒数の中学校の統廃合が行われました。しかし全国的には、決してそういう状況にはないのです。もちろん離島だったり僻地だったりして通学が困難で統合できない場合もあるとは思うのですが、それだけの理由でもないような気もします。
 いずれにしても、智頭中学校が存続し続けることを大変ありがたく思いますし、智頭中学校のことだけを考えて下さる地教委があることに感謝感謝です。
 智頭中学校の教育の充実のため、将来の智頭町を背負って立つ子どもを育てるため、「頑張るぞぉ~!」と意を新たにした出張となりました。智頭中学校は、中国・四国地方の1042校の中学校の中で、間違いなく『大きい方の中学校』です!!!。
 余談ですが・・・。いつも思うのですが、写真を見ていただいて分かるように、中学校長会の男性率はハンパないです。女性トイレはスイスイ、男性トイレは外まで大行列です(笑)。
 

グリーンカーテン近況報告(平成28年6月17日)

 中庭で育てているグリーンカーテンですが、順調に成長しています。・・・とは言うものの、まだまだカーテンにはほど遠い状態です。でも、ツルがしっかりとネットを捕まえて、幾方向にも伸びつつありますから、これから成長のスピードを加速して「カーテン」になってくれるものと期待しています。
 ところで、皆さんは次の葉っぱを見て、どの植物かお分かりでしょうか?
 中庭では、5種類(きゅうり、ゴーヤ、朝顔、へちま、メロン)の植物を育てていて、その写真が次の5枚です。


 正解は、左から順番に、①ゴーヤ、②メロン、③へちま、④朝顔、⑤きゅうり、です。私は朝顔しか分かりません。ちなみに「へちま」ですが、「食べておいしい沖縄へちま」だそうです。唯一食べられない朝顔の成長が一番早く、毎日花を咲かせています。
 私は「花より団子」・・・。メロンの成長が楽しみです。ゴーヤチャンプルも捨てがたいです。
 さて、明日はPTA参観日です。お忙しい折だとは思いますが、どうぞご来校いただき、お子様の学習の様子とゴーヤ達の成長の様子を見てやって下さい。
 

桜土手に花を植えました(平成28年6月15日)

※本日2件目のアップです。(東部陸上も本日アップしましたので・・・)
 本日6校時、全校生徒で学校前の千代川桜土手の花壇に花の苗を植えました。
 桜土手は1300mにも及びますが、そこに花壇が129個あります。智頭農林高校と智頭中学校とが分担区域を決めて、この花壇の管理をしています。今日は年に2回の植栽の日です。智頭中学校担当の区域は中学校の少し下手から旧クレージュ前までの間の73個の花壇です。縦割りの12の班毎に6つの花壇を割り当てて、草取り→肥料を混ぜて土作り→苗植え、という手順で作業を行いました。苗は、サルビアとペチュニアで、智頭農林高校の生徒さんが育てられたものをいただいています。班毎に3年生がリードして、和気あいあいと作業が進みました。
 土手には草が生い茂っていたので、6校時目までに「大きな草だけでも刈ってやろう」と草刈り機で下手側から刈り始めたのですが、ツル草と笹竹に手こずって、ちょうど半分しか草刈りが出来ませんでした。国道を上向きに走っていただくと、「ここで力尽きたな」という場所がよく分かります。続きは近いうちに必ず!!!。と宣言しておきます。

【桜土手整備ビフォー&アフター】


 

『東部陸上』頑張りました!(平成28年6月14日)

 6月14日、布勢のコカコーラウェストパーク陸上競技場に於いて、『東部地区中学校陸上競技大会』が行われ、本校からも35名の選手、補助員が参加しました。
 非常に暑い中、智頭中学校の生徒は、競技はもちろんのこと、補助員の仕事も応援も一生懸命に頑張りました。私は今年、「智頭中学校は小規模校だけど、大規模校をひっくり返す気概を持て!」と生徒に訴えてきました。『東部陸上』はこれまでに触れたように、学校を挙げた「総力戦」です。智頭中学校は生徒数で言えば参加22校中16番目になります。けれども、目指すは、いつも当然1番です。
 結果は、男子8位、女子10位、男女総合10位でした。立派な結果です。でも生徒の多くは悔しさを感じたようです。この悔しさは、夏休み前から練習が始まる『東部駅伝』まで忘れずに胸にしまっておきたいと思います。とりあえずは、今日までの練習、本当にお疲れ様でした。私(校長)は大満足です。『東部陸上』に臨んでくれた生徒に感謝です。
 余談ですが、毎年、閉会式が終わったあと、競技場を一番最後に去るのは智頭中学校です。「何でかなあ~?」と考えてみました。閉会式後にどの学校もミーティングをして、引率の先生方が一言ずつ話をされます。見ていると、他の学校に比べて智頭中学校は引率の先生の数が多い!(たぶん一番多い)、そして一人ひとりの話が長い!(苦笑)。生徒の皆さん、先生方が熱い、思いが強いと思って許してね。
【主な成績】
 ・優勝 大呂恵雨(3年男子3000m)
 ・2位 低学年4×100mR(河村、久本、中村、岸本)
 ・3位 大呂青葉(1年男子1500m)
 ・5位 杉村和香(女子1500m)
     徳永瑞希(女子走り幅跳び)
 ・6位 谷口真由(2年女子100m)


 

『東部陸上』壮行会を行いました(平成28年6月13日)

 ~本日2件目のアップです~
 明日、布勢陸上競技場で『東部地区中学校陸上競技大会』が行われます。本日6校時、壮行会を行いました。『東部陸上』は「東部総体陸上競技の部」として行われますが、他の競技と異なり、陸上部の生徒以外にも全校生徒から選手を選考して行われます。そして、陸上競技は個人競技ですが、学校毎の総合得点も競い合います。いわば、学校の総力を挙げた戦いと言えます。「総力戦」は、年間を通してこの『東部陸上』と『駅伝』だけしかありません。
 智頭中学校でも先週火曜日に結団式を行い、わずか一週間でしたが、一生懸命に練習に取り組んできました。私は、先週の結団式で、陸上部以外の生徒を意識して、次のようなことを生徒に話しました。
 ○ 「東部陸上」は自分がやらなくてもいいことかもしれない。でも誰かがやらなきゃいけないことである。誰かがやらなきゃいけないなら「自分はそこから逃げないぞ」と思ってほしい。
 ○ そして、誰かがやらなきゃいけないなら自分がやってやる!と思ってほしい。
 ○ さらに、どうせやるなら一生懸命やってやる!と思ってほしい。
 結果、結団式に招集された生徒全員が辞退することなく練習に取り組んでくれました。「意気に感じて」頑張ってくれた子ども達に感謝です。
 明日は、智頭中生らしく、礼儀正しく、さわやかに、一生懸命に一暴れしてきてもらいたいです。「頑張れ智頭中生!!!。勝ってこい!!!」
 

「百人委員会」の取組み頑張ってます(平成28年6月13日)

 智頭中学校では、「ふるさと智頭」について考える総合的な学習の総仕上げとして、一昨年度から町活性化のためのアイデアを智頭町「百人委員会」に提案しています。
 アイデアを採用していただいて、昨年度は「智頭町達人図鑑」を発行し、また夏休みに旧那岐小学校の校舎を使って「脱出ゲーム」と「カフェ」のイベントを行いました。
 そして今年は、「中学生目線の知る人ぞ知るスポットを紹介する智頭町マップ」の作成に取り組んでいます。今日も4校時に3年生がこもれびホールに集まって、マップの完成に向けた取組みを行っていました。これまで、マップで紹介するスポットを選定し、そのスポットについて詳しく調べ、現地調査・写真撮影も3回行いました。そしてマップ作成も大詰めを迎えています。
 今日は、いよいよ「マップ」の名前が決まりました。次の3つの候補の中から、3年生の多数決で決定をしました。
  1 『智頭の地図』
  2 『智頭散歩』
  3 『智頭の地図ですが何か?』
 みなさんは、どれがお好みですか?。多数決の結果は2番『智頭散歩』でした。夏休みには完成した『智頭散歩』を3年生が姫路駅で配布し、智頭町への観光客誘致に一役買うことを予定しています。素敵なマップが出来上がることと思います。どうぞ楽しみに待っていて下さい。

 

研究授業を行いました(平成28年6月10日)

 本日5校時に本年度1回目の研究授業を行いました。該当の学級は3年1組、教科は理科です。
 智頭中学校では、充実した教育環境の下、鳥取県で一番整備が進んでるICT機器等を活用し、「生徒が主体的に学ぶ授業」を目指して授業改革に取り組んでいます。少し専門的な言葉になりますが「アクティブラーニングの視点を取り入れた授業」です。
 今日の授業も、生徒が「よく考え」「意見を交換し」「考えをまとめ」「みんなに分かりやすく説明する」・・・。本当に生徒が主体的に取り組んだ授業でした。
 そして、授業のあとで、県の教育委員会の先生に指導をいただきながら、教員全員で研究会を持ち、更なる授業改善へ向けて話し合いました。講師の先生から「今、企業が求めている生徒は、コミュニケーション能力があり、自分で課題を見つけられる子である」という話を伺いました。私達教師が授業力を高め、是非そんな智頭の子を育てたいと思います。私はいつも部活動のことばかり言ってるイメージがありますが、もちろん勉強も頑張らせます。


 

避難訓練(火災想定)を行いました(平成28年6月8日)

 本日6校時に、本年度1回目の避難訓練を行いました。今日の訓練は火災を想定した避難訓練です。生徒玄関横の調理室から出火したという想定ですから、避難経路として生徒玄関は使えません。今日は、いつもは生徒が使うことのない避難用の螺旋階段を使用して避難しました。
 集合場所は、グラウンドのリプル側です。避難して点呼完了までの目標時間は4分・・・。今日の訓練は3分10秒で避難を完了することができました。生徒の避難する態度も「一生懸命」で素晴らしかったです。
 秋には地震を想定した避難訓練を予定しています。ちなみに、東日本大震災で多くの犠牲者を出した津波の被害は、本校では考えられません。しかし、広島の震災で大きな被害をもたらした土砂崩れは想定しておかなければなりません。校舎町道側の立派な塀は、万が一の時には土砂を食い止める役割も持っているそうです。これからも折を見て、生徒の防災意識を高めていきたいと思います。

 

『東部総体』よく頑張りました!(平成28年6月7日)

 東部総体の結果は、下に記したとおりです。
 今年は準優勝が1つ、第3位が4つ。そして、県中総体への出場権を獲得したのが、団体戦2、個人戦5という結果でした。
   ・勝つ資格のあるチーム、選手であれ!!!
   ・智頭中の生徒には、勝つ喜びも負ける悔しさも味わってほしい。
   ・智頭中学校は小規模校だけど、大規模校をひっくりかえす気概を持て!!!
   ・勝ってこい!!!!!
 生徒は、これまで私が言ってきたことを、この総体で体現してくれました。私が何よりも嬉しかったのは、すべての部が一勝したことです。どの部も「勝つ喜び」を知ってくれました。「勝つ喜び」を知った生徒は、「勝つこと」に対して貪欲になります。それが、明日から部活動に向かう姿勢を変えます。
 今日は来週14日(火)に行われる「東部地区中学校陸上競技大会」の選手結団式を行いました。「東部陸上」は陸上部の生徒だけでなく、すべての部から選手を選考して競い合います。いわば学校を挙げた“総力戦”です。この度の東部総体での経験が、必ず東部陸上の取組に生きるものと信じています。
 智頭中学校の勢いは、まだまだ上昇の途上にあります。保護者の皆さまの応援をお願いします。
【野球部の試合の様子】

【バドミントンの試合の様子】
 

東部総体の報告です(平成28年6月7日)

大変遅くなりましたが、先週2日、3日に行われた「東部地区中学校総合体育大会」の結果をお知らせします。
◆ 軟式野球(2回戦敗退)
   1回戦;対高草中 9-1  2回戦;対河原中 2-8 
◆ 男子バレーボール(第3位、県中総体出場)
   予選リーグ(決勝トーナメントへ)  
    ・対北中 2-0(25-16、27-25)    ・対気高中 0-2(15-25 、13-25)
   決勝トーナメント 
    ・対湖東中 2-0(25-15、25-20)   ・対岩美中 0-2 (10-25、22-25)
   3位決定戦 
    ・対桜ヶ丘中 2-1(22-25、25-22、26-24)
◆ 女子バレーボール(決勝トーナメント敗退)
   予選リーグ(決勝トーナメントへ)  
    ・対国府中  0-2(10-25、18-25) ・対高草中  2-0(25-16、25-22)
   決勝トーナメント 
    ・対中ノ郷中 1-2(22-25、22-25)
◆ 女子ソフトテニス部
  ◎団体戦(第3位、県中総体出場)
   予選リーグ(決勝トーナメントへ)  
    ・対高草中 3-0  ・対東中 3-0
   決勝トーナメント 
     準々決勝;対国府中   2-0
     準  決  勝;対鳥取南中  1-2   
          3位決定戦;対中ノ郷中  2-0
         (県大会出場権獲得)
  ◎個人戦(4ペア県中総体出場) 
    ・池澤・向井ペア(3年)第3位  
    ・初瀬・寺坂ペア(2年)第3位
    ・壽村・岸本ペア(3年)、國本・谷口ペア(2年) ベスト16
◆ 男子卓球
  ◎団体戦(決勝トーナメント敗退)
   予選リーグ(決勝トーナメントへ)
    ・対湖東中 3-2  ・対若桜学園 0-3 
   決勝トーナメント 
    ・対桜ヶ丘中 0-3
  ◎個人戦 
     3回戦進出  安田慎一(3年)
◆     バドミントン
    ◎個人戦 河村朝陽  準優勝  (県中総体出場)
      (決勝戦まで、すべて2-0のストレート勝ち)
 

東部総体前日です!壮行会を行いました!(平成28年6月1日)

 いよいよ東部総体前日となりました。本日6校時に壮行会を行いました。智頭中学校の壮行会は、昭和の香り漂う、コテコテの昔ながらの壮行会です(笑)。「今どき、こんな壮行会をする学校は少なくなっただろうなあ~」と思いながら、「一度切ったら、もう二度と復活はさせられない」と、こだわって伝統のスタイルを守っています。
 そして、私は今日の壮行会を見て「これは止められないなあ~」と感じました。素晴らしい壮行会でした。各部の部長が総体に向けた思いを述べるのですが、どの部の部長の言葉も本当に立派で、私は泣きそうになりました。「こんな思いで生徒は部活動をしているんだなあ~」と思うと、私の激励の言葉にも思わず気合いが入ってしまいました。
◆「勝つ資格のあるチームであれ!!!」
◆「勝ってこい!!!」  今年もしっかり生徒に伝えました。

 5月24日のお知らせで、総体に参加する部を5つとお伝えしていますが、訂正をさせて下さい。智頭中学校に部活動としてはないのですが、社会体育でバドミントンをしている生徒があり、総体には「智頭中学校バドミントン部」の選手として個人戦に参加します。2年生の河村君ですが、彼はとっても強くて、昨年も県内の1年生で唯一強化指定選手に選ばれています。この総体でも3年生を倒しての優勝をねらっています。頑張れ!河村君! 
  また、6月5日の日曜日には、とりぎん文化会館梨花ホールで「サマーブラスコンサート」が開催され、本校吹奏楽部も参加します。智頭中学校の出演時間は午後2時10分からです。入場するには入場料が必要ですが、ご都合がつきましたら、ぜひ本校吹奏楽部の演奏を聴いてやって下さい。

【壮行会の様子です】


【壮行会のあと、3年生がクラス写真を撮りました】


【生徒玄関ホールの総体関連メッセージボードです】
 

教育実習が始まりました(平成28年5月31日)

 昨日から教育実習の先生が一人、本校で実習をされています。那岐小学校、智頭中学校の卒業生で、大学では体育の勉強をしておられる大谷さん(女性)です。
 教科は保健体育、学級は2年1組で実習をされます。とても元気一杯の先生で、初日から陸上競技部の指導もして下さっています。きっと素敵な先生になられることでしょう。 本校での実習は6月24日までの4週間です。8月の終わりからは智頭小学校でも実習をされるそうです。
 大谷先生の学級での写真と、中庭のグリーンカーテンの今日の写真を載せてみます。ずいぶんと成長しました。このプランターはメロンのプランターです。
 

東部総体間近です(平成28年5月29日)

 先日もお知らせしましたが、「東部地区中学校総合体育大会」がいよいよ今週末となりました。組み合わせ抽選会も終わり対戦相手も決まって、選手達にも気合いが乗ってきたところです。(組み合わせはトップページでお知らせします)
 今日は日曜日・・・。溜まった仕事を片付けに出勤してみたら、野球部と女子バレーボール部が部活動をしていました。智頭中学校では、土・日のいずれかに部活をして一日は休息日とするよう取り決めています。バスの運行の関係で普通は土曜日に部活をして日曜日は休むのですが、練習試合等のため日曜日に部活をすることもあります。(大会前等、特例として土・日の両日とも部活をすることもありますが・・・)
 今日は女子バレー部が岡山県の津山市立勝北中学校に来ていただいて練習試合をしていました。智頭中学校チームの仕上がり状態は良好で、優勢に試合をしていたようでした。そして、よく声が出ていて、礼儀正しくて・・・。私はいつも「なんとかこの子達に勝たせてやりたい」と思ってしまいます。練習用Tシャツの背中には智頭中精神の「底力」です。
 さて、女子バレーボール部は、今年から外部指導者として地域の方にお願いして指導していただいています。生徒達が小学校の時に指導していただいていた安住さんという方です。もちろん学校も顧問として二人の教員を付けているのですが、安住さんには、より専門的な立場から技術的な指導をしていただいています。とても熱心に指導して下さり、感謝の一言です。顧問にとっても勉強になります。

 また、野球部も今年から、長年八頭高校の監督として高校野球を指導された徳永さんを外部指導者にお願いし、部活動を指導していただいています。徳永さんは、生徒がまだ帰り学活をしている時間からグラウンド整備をして下さっていて、学校長として、本当に申し訳ないと思うほどです。ノックはもちろんのことバッティングピッチャーまでして下さり、野球部の子供達の技量もどんどん上達しています。技術の上達とともに意欲や礼儀正しさも兼ね備わり、今、野球部には他校からの練習試合の申し込みがたくさん来ています。智頭中学校と練習試合をすることが他校の生徒にとっても勉強になるということです。
 お二人の外部指導者に感謝しながら、今週、木・金曜日の総体では、初戦突破、県総体出場を勝ち取ってもらいたいものです。

※追伸です。女子バレー部と野球部のことをアップし終えたあとで、女子ソフトテニス部が木工団地テニスコートでの練習を終えて、学校に帰ってきました。テニス部は、直近の東部地区の大会で優勝しています。ぜひ東部総体でも悲願の優勝をつかみ取ってほしいと思います。
 以上の3つの部は、この土・日、二日間とも部活をしたようです。私は、今年のPTA総会で「部活動に力を入れる」とお話しました。しかし、土・日の部活動が教員にとっては負担になるのも事実です。ですから、教員には、あまり無理をしないように言っています。ただ、「やりたい」という教員には極力ブレーキをかけないようにしています。あわせて土日の部活の前提として「生徒に対しては、家庭や地域の行事・予定を優先させてやるように」と言っています。保護者の皆さまにおかれましては、土・日にご家庭で何か計画されます時は、どうぞそちらを優先させていただき、遠慮無く部活動を休ませていただきますようお願いしますね。(橋本より)
※追伸の追伸です。
 ソフトテニス部は最近よく木工団地まで出掛けて練習をしています。中学校にも立派なテニスコートがあるのに、どうして木工団地まで・・・???。顧問に尋ねてみました。納得の返事が返ってきました。総体は布勢の人工芝のコートで行われます。人工芝のコートに慣れさせるため、木工団地の人工芝コートで練習しているとのこと・・・。荻原先生、完全に勝ちにいってます!!!
 

明日「校歌コンクール」を行います(平成28年5月25日)

 先日、「校歌コンクール」の取組を紹介しました。今日まで縦割りで、そして学級で一生懸命練習してきて、いよいよ明日が「校歌コンクール」当日です。
 「校歌コンクール」は合唱を大切にしている智頭中学校独自の取組で、私は本校以外で実施している学校を知りません。智頭の子は、本当によく歌います。明日、ご都合のつく保護者の方は、どうぞご来校いただき、生徒の「校歌」を聴いてやってください。ご自身の中学生時代を思い出していただいて、一緒に口ずさんでいただくのも良いかと思います。 生徒が歌い始めるのは、だいたい午前10時50分頃からの予定です。会場は本校体育館です。お待ちしていますね。
※ 明日は私は倉吉出張のため子供達の「校歌」を聴けなくて残念です(涙)

【今日は、ここに添付する適当な写真がありません。先日の大山登山の時の写真でも載せてみます】
 

部活動頑張ってます!!!(平成28年5月24日)

 新年度が始まって、2ヶ月近くが経過しようとしています。修学旅行、ワクワクちづ、大山登山と各学年の行事も無事終了し、先週末には中間テストも終了しました。
 そして今、中学校では6月2日・3日に迫った「東部地区中学校総合体育大会」に向けて、部活動に熱が入っています。「東部総体」は運動部の部活動をしてきた生徒にとって、三年間の部活動の集大成ともいうべき大会で、全国大会までつながる唯一の公式戦になります。勝ち進めば、東部地区大会→県大会→中国大会→全国大会へとつながりますが、負ければそこで部活動引退となります。智頭中学校では、すべての部が県大会へと勝ち進むことを目標に一生懸命部活動に取り組んでいます。
 東部総体に出場する部は、軟式野球部、男子バレー部、男子卓球部、女子バレー部、女子ソフトテニス部の5つの部になります。私はいつも選手に向かって「勝ってこい!。その前に“勝つ資格のあるチーム”であれ!」と話しています。智頭中学校の部活動は、どの部も一生懸命で礼儀正しく中学生らしく・・・。私は“勝つ資格のある選手達”だと思っています。だから私も心の底から「勝ってこい!」と激励できます。
 大規模校をひっくり返す“気概”をもって、頑張れ智頭中生!!!。勝ってこい!!!


 ※ 女子ソフトテニス部は、今日は木工団地に練習に行っていて、写真が撮れませんでした(すみません)
 

中庭にグリーンカーテン!(平成28年5月20日)

 今日は1学期中間テスト当日です。中間テストは国語、数学、社会、理科、英語の5教科のテストを1日で行います。ですから、今日は5校時までは学校中がシーンと静まりかえっています。生徒には、テスト勉強の成果を十分に出しきってもらいたいものです。
 さて、智頭中学校には生徒が上履きで自由に出ることのできる素敵な中庭が二つあります。広い方の中庭には昨年度「おやじの会」で作っていただいたベンチとテーブルも置かれて、休憩時間や放課後に生徒が自由に憩えるようになっています。
 その中庭に今週、たくさんのプランターが設置されました。そこから屋根近くまでネットを張って、植物が成長したら、一面のグリーンカーテンになる想定です。プランターに植えられている植物は、ゴーヤ、メロン、きゅうり、ヘチマ、そして朝顔です。「植物の栽培」は技術の学習内容となっており、今後、技術の学習の中で世話をしていきます。
 これらの植物が花や実をつける様子を、また折をみてアップしていきます。
 調理実習も楽しみです。

【広い方の中庭です】

【狭い(十分に広いのですけど・・・)方の中庭です】
 

テスト前日~放課後午後4時30分の学校です~(5月19日)

 いよいよ中間テスト前日となりました。昨日お知らせしたように部活動は中止です。「帰りの会」が午後4時には終了して、生徒は下校となります。
 そんなテスト前日の放課後の職員室に教員が一人もいません。「もしや・・・」と思って教室に上がってみたら・・・。やってました、補充学習を!!!
 学年毎に、教員全員で子ども達の学習指導にあたっていました。学年毎にやり方は異なりますが、補充学習を希望した生徒に先生方が一生懸命指導しています。
 「やらされる学習」ではなく「自ら希望してやる学習」です。子ども達の学習に取り組む姿も、何となく普段の授業中よりも生き生きとしているような感じがします。
 「部活がある日は部活を一生懸命やる!。部活がない日は勉強を一生懸命やる!!!。」そんな智頭中学校の子ども達です。がんばれ、智頭中生!!!
【1年生の補充学習の様子】


【2年生の補充学習の様子】


【3年生の補充学習の様子】
 

テスト期間に入りました(平成28年5月18日)

 今年初めての定期テスト「1学期中間テスト」を20日(金)に控え、今日からテスト期間に突入しました。智頭中学校では中間テストはテスト前の3日間、期末テストではテスト前の1週間をテスト期間として、部活動を中止し、生徒がテスト勉強に取り組む期間としています。本来は帰宅してじっくりと家庭学習に取り組むところですが、智頭中学校では学年毎に「放課後学習教室」を開いたりもしています。1年生にとっては中学校で初めてのテスト・・・。ドキドキしながら、一生懸命に学習に取り組んでいます。どうぞ、ご家庭でもお子様が意欲的にテスト勉強に向かえるような声かけをお願いします。
 今日の学校での学習の様子を少し紹介してみます。
1年1組は楽しそうに道徳の学習に集中していました。


2年2組は学級活動の時間にタブレットやホワイトボードを使って、学級目標を考えていました。


3年生は、こもれびホールで、「百人委員会」で提案し事業化が認められた「知る人ぞ知るスポットを紹介する智頭町マップ」の作成に向けて話し合いをしていました。
 

「ワクワクちづ」が終了しました(平成28年5月11~13日)

 智頭中学校2年生52名が、5月11日から13日までの三日間、町内の30事業所で職場体験学習「ワクワクちづ」を実施しました。
 「ワクワクちづ」は、正式には「地域に学ぶワクワクちづ」といいます。「地域に学ぶ」という枕詞が付くことからも分かるように「ワクワクちづ」は単なる職場体験学習ではなく、地域での職場体験を通して中学生が地域の大人とふれあうことをねらいとしています。地域の方々に今どきの中学生を知っていただき、地域の目線で教育していただく。中学生にとっては地域の方とふれあいながら、学校では学ぶことの出来ない「働くことの意味」を学び、自らの進路(生き方)を考えるきっかけとなります。
 ですから、智頭中学校でも、生徒の「職種の希望」よりも「地域の事業所であること」を優先し、智頭町内の30事業所に協力いただいて、この取組を実施しています。
 三日間の体験を終え、生徒はそれぞれに「地域の方々の温かさ」に触れるとともに「進路について考えることの大切さ」を胸に刻んだようです。
 協力いただいた事業所の皆様には、本当にお世話になり、ありがとうございました。私が大山登山の引率のため、お礼のご挨拶に伺うことが出来ず申し訳ありませんでした。
 今後とも、どうぞ智頭中学校の子ども達をよろしくお願いします。

【諏訪保育所、札幌亭、トスク智頭店、千代電子工業、智頭町立図書館】

【まるたんぼう、給食センター、智頭病院、社会福祉協議会、智頭急行】

【あたご保育園、子育て支援センター、牛臥ファーム、リプル、楽粹】

【夢屋、みたき園、バンダイ智頭店、八頭消防署智頭出張所、諏訪酒造】

【ゴダイドラッグ、JA智頭SS、真木自動車、石谷家住宅、トミサワ本社工場】

【農協智頭支店、智頭森林組合、大成自動車、藍染工房ちずぶるー、すわの郷】
 

大山登山に行ってきました(平成28年5月12・13日)

 5月12・13日、一年生47人が大山登山に行ってきました。絶好の登山日和に恵まれ、少し(かなり)暑い中の登山になりましたが、山頂から見た弓ヶ浜半島、日本海は本当に綺麗で感激でした。
 今年も全員参加で、全員が山頂制覇!!!。私が校長として赴任して3年連続で全員が山頂に立っていますから、現在の智頭中学校生徒は、全員が大山山頂を制覇していることになります。「全校生徒が一人も欠けることなく」となると、簡単なことではありません。こんなところにも、今の智頭中学校の勢いを感じてしまいます。
この「大山登山」で、私が団長として生徒に課した課題は2つありました。
  1,体調が悪い者を除いて、全員が大山山頂に立つこと。
  2,しおりに示されている集合時間をすべて守って集合完了すること。
  ※ この2つの課題を達成するため、一人ひとりが意識し、互いに注意し合い、励まし合い、助け合うこと。
 生徒は、二日間、見事に2つの課題を達成しました。47名の生徒が、この集団で三年間やっていける!という確証を持てた「大山登山」になりました。
 余談ですが、私も老体に鞭打って、今年も山頂まで辿り着きました。これで6年連続の山頂制覇です。昨年までは最後尾で「しんどい子は私が山頂まで上げた」という自負があったのですが、今年は生徒に置いて行かれてしまいました。今年の生徒が元気なのか、それとも私が衰えたのか・・・。両方なのは間違いありません(苦笑)
【大山登山】


【とやま旅館で】


【森の国フィールドアスレチック】


 

「ワクワクちづ」が始まりました(平成28年5月11~13日)

 中学校2年生が5月11日から13日までの三日間、町内の各事業所で職場体験学習を行う「ワクワクちづ」が始まりました。
 この取組のルーツを少しお話したいと思います。
 「ワクワクちづ」は、兵庫県で1998年に始まった「トライやるウィーク」がルーツとなって始まっています。1995年の阪神・淡路大震災、1997年の神戸連続児童殺傷事件等により荒んだ中学生の心を「働くことを通して」、「地域の教育力を借りて」、健やかに育てていこうということで兵庫県で始まったのが、地域の事業所で五日間の職場体験を行う「トライやるウィーク」でした。この取組が非常に大きな成果を挙げ、全国に広まり、たぶん1999年頃から鳥取県でもすべての中学校で実施されるようになったのが「ワクワクとっとり」でした。
  当初は月曜日から金曜日までの連続する五日間の実施でしたが、授業時数の確保や協力していただく事業所の負担を考慮し、現在智頭中学校では、三日間の「ワクワクちづ」として実施しています。
 私はいつも協力していただく事業所の方には、生徒に「働くことは大変だなあ」という実感を持たせてやってください、そのうえで、「働くことの喜びややりがい」を話してやって下さい、とお願いしています。このことが、生徒が自分の進路(生き方)について真剣に考えるきっかけとなります。
 今日から三日間、次の事業所で生徒が実習しています。見掛けられましたら、どうぞ声を掛けてやってください。各事業所の皆様には、大変お世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
【協力していただく事業所】
 1 諏訪保育所             2 札幌亭
 3 トスク智頭店             4 (株)千代電子工業
 5 智頭町立図書館         6 NPO法人森のようちえんまるたんぼう
 7 智頭町学校給食センター    8 智頭病院
 9 智頭町社会福祉協議会  10 (株)智頭急行運輸部
11 あたご保育園           12 子育て支援センター
13 牛臥ファーム            14 NSIリプルスイミングスクール
15 (株)楽粹芦津工場       16 フレッシュベーカリー夢屋
17 みたき園               18 (株)バンダイ智頭店
19 八頭消防署智頭出張所  20 (株)諏訪酒造
21 ゴダイドラッグ            22 (株)JAいなば燃料センター智頭SS
23 真木自動車            24 石谷家住宅
25 (株)トミサワ本社工場     26 鳥取いなば農協智頭支店
27 智頭森林組合          28 大成自動車
29 藍染工房ちずぶるー      30 介護付有料老人ホームすわの郷
 

「校歌コンクール」の取組(平成28年5月2日)

 2・3年生の保護者の皆様はご存知だと思うのですが、智頭中学校が自慢できることの一つに生徒の合唱があります。昨年の文化祭でも卒業した3年生をはじめ、各学級が素晴らしい合唱で来場者に感動を与えました。
 秋の文化祭で行われる「合唱コンクール」には、実は、春に行われる「校歌コンクール」という序章があります。5月2日、「校歌コンクール」に向けて初めての取組が行われました。「校歌コンクール」自体は校歌の歌声を学級が競うのですが、そのための取組(練習)は1組団と2組団に分かれて縦割りで行います。縦割りの集団の中で3年生が中心となって下級生を指導し、「校歌コンクール」に向けた心構えや合唱の技術を指導します。教員は基本的には、それを見守ります。
 5月2日の取組では、1組団が体育館、2組団がこもれびホールに集合し、「アイスブレーキング→グループの話し合い・練習→全体練習」という流れで生徒が自主的に活動しました。今年本校にいらっしゃった先生方も「智頭の子はよく歌う」と褒めて下さいました。校歌コンクール本番は5月26日(木)に行います。もしご都合がつきましたら、ぜひ智頭中学校にお越しください。

【アイスブレーキングの様子】

【グループ毎の話し合い・練習の様子】

【全体練習・ふり返りの様子】
 

参観日・PTA総会を行いました(平成28年4月29日)

 4月29日、授業参観日(137名参加)、PTA総会(103名参加)を行いました。ゴールデンウィークの初日の開催となり、いろいろ予定のある中だったとは思うのですが、多くの保護者の皆様、地域の皆様にご来校いただき、本当にありがとうございました。新入生の保護者の皆様には、智頭中学校の生徒の学校生活を初めて参観していただきましたが、いかがだったでしょうか?。総会でお話しましたように、生徒が卒業する時に「一生懸命頑張った三年間だった」「頑張ってよかった。努力が報われた」と思えるよう、教職員一同、一生懸命にお子様の教育にあたります。どうぞ今年一年、よろしくお願いいたします。


 さて、昨年の予定では、PTA総会は5月1日の予定でした。しかし、3月初めに、「5月1日にはテニスの大会が開催されそうだ」という情報が入り、昨年度末に総会を4月29日に変更いたしました。・・・ということで、5月1日に「東部地区中学生春季ソフトテニス大会」が行われました。この大会の成績で6月の東部総体のシードが決まる大切な大会です。結果ですが、なんと上位4ペアのうち3ペアを智頭中学校の生徒が占める素晴らしい成績でした。6月の東部総体団体戦が楽しみです。(もちろん個人戦も・・・)
 ※PTA総会を実施した4月29日にはバレーボールの「日立金属杯県大会」が開催されたのですが、この大会に出場権のある男子バレー部には出場を辞退させてしまいました。申し訳ありませんでした。東部総体での活躍を祈っています。
【東部地区中学生春季ソフトテニス大会成績】
・準優勝 智頭中学校 池澤・向井ペア
・第3位  智頭中学校 森田・今倉ペア
・ 〃   智頭中学校 寺坂・初瀬ペア
 

修学旅行に行って来ました(平成28年4月22日~24日)

 4月22日から24日まで、2泊3日の日程で修学旅行に行って来ました。
 出発時の沖縄の天気予報は3日間とも雨☂☂☂。降水確率60%を心配しながらの出発でしたが、なんと3日間、全く雨に遭わず。天候に恵まれた、本当に楽しい修学旅行になりました。今年で3年目になるうるま市での民泊では、沖縄の人たちの温かさに触れ、生徒にとって忘れられない思い出になったようです。「本当にいい人たちばかりだった」「もう2・3日居たい」「いつかプライベートでうるま市に来たい」・・・。民泊を終えた生徒の口から一様に聞かれた感想です。
 民泊、平和学習・・・。沖縄の文化や歴史、そして悲しい歴史を経て今の沖縄の人々の温かさ・・・。智頭中学校3年生にとって本当に貴重な三日間でした。
 お世話になったたくさんの方々、本当にありがとうございました。
 余談ですが、3日目、国際通り自由散策の時間帯に、ちょうど「沖縄国際映画祭」が開かれていて、たくさんの吉本芸人や俳優さんを見られたという「おまけ」付きの修学旅行でした。
・1日目(22日);伊丹空港発→那覇空港着→国際通り(昼食)→うるま市民泊家庭へ
・2日目(23日);民泊家庭で昼食まで→集合アブチラガマ→沖縄平和祈念公園→ホテルで夕食後エイサー鑑賞
・3日目(24日);ホテル発→首里城→国際通り班別に散策(昼食)→那覇空港→神戸空港






 

修学旅行に行って来ます(平成28年4月22~24日)

 明日(22日)から24日まで、2泊3日の日程で沖縄に修学旅行に行って来ます。
 初日の午後から2日目のお昼過ぎまでの約1日は、「うるま市」の民家で民泊をすることになっています。沖縄に修学旅行に行く学校のほとんどが民泊を予定していると思うのですが、実は、智頭中学校と「うるま市」との間には特別な関係があります。
 沖縄の主な産業である観光産業の一環として、また地域振興の手段として、沖縄では各地で民泊の受け入れが盛んです。そのなかで「うるま市」は民泊の受け入れに関しては、後発のまちになります。「うるま市」が初めて民泊を受け入れたのが、平成26年の4月のこと・・・。そして、その記念すべき最初の団体が智頭中学校だったのです。それ以来、今回が智頭中学校修学旅行団の3度目の「うるま市」訪問になります。
 お世話になった懐かしい方々にお会いできるものと楽しみにしています。
 お天気が少し心配ですが、貴重な体験がたくさん出来て、楽しくて、考えされる修学旅行になると思います。3年生全員参加の予定です。修学旅行の様子は、帰って来てからの紹介になりますが、よろしくお願いします。

【26年度の「うるま市」の方々の歓迎の様子】


【前日指導(結団式)の様子と民泊先へのお土産】
 

「全国学力・学習状況調査」やってます(平成28年4月19日)

 今日は全国の全ての小・中学校で実施される「全国学力・学習状況調査」の日です。
 この調査は、全国の児童・生徒の学力の状況を把握して教育行政に活かすために文部科学省が実施しているものです。ですから、生徒にとっては成績には関係のない調査になります。しかし、そうは言うものの、生徒(3年生)には頑張って欲しいと思います。
 智頭中学校の生徒、保護者、職員の間で脈々と引き継がれている精神を表現することばとして「底力」ということばがあります。生徒、保護者、職員が揃えているTシャツやポロシャツの背中にも「底力」という文字が大きく印刷されています。智頭中生のいざという時の「底力」には目を見張るものがあります。学力面でも、入試を目前に控えた3年生後期の学力の伸びはビックリするほどです。ですが、智頭中生は、この時期のテストは苦手です。なんて予防線を張る訳ではありませんが・・・。「底力」も大事ですが、日々のコツコツとした頑張りをさせたいと思い、生徒に「一生懸命」と「凡事徹底」を言い続けています。今日の調査、結果が返って来ましたら、お知らせします。
 さて、3年生の「学力調査」に合わせて、1年生の「知能検査」を実施しました。今日はテストDayです。

【調査に取り組む3年生の様子】


【検査に取り組む1年生の様子】
 

諏訪神社式年「柱祭り」がありました(平成28年4月17日)

 今日は、県の無形民俗文化財に指定されている諏訪神社式年「柱祭り」がありました。
この祭は天明二(1782)年から六年おきに行われる祭典で、今回が第40回目になるそうです。智頭中学校在任中にこのお祭りが見られるのはラッキーだと思い、私も見てきました。朝の3時に山に入って切り出した四本の柱を町毎に担いで町内を練り歩きます。途中、鏡開き等の神事を経て、諏訪神社に奉納されます。
 総勢600名の担ぎ手による勇壮な祭りです。改めて「智頭は杉の町だなあ」ということと、智頭の伝統と歴史の奥深さに触れた一日となりました。
 先週の「桜Cafeフェスティバル」に続いて、2週連続のお祭りです。智頭って本当に勢いのある町だと実感しました。







 

前期生徒会リーダー研修を行いました(平成28年4月16日)

 本日、平成28年度前期生徒会のリーダー研修を行いました。参加者は、生徒会執行部(生徒会3役+各専門部長)と各学級の正・副学級長です。
 次の日程で、前期生徒会の活動について研修をしました。
   ①学校長の話;智頭中学校の目指す方向、リーダーの役割について
   ②アイスブレーキング;学年縦割り班で、話しやすい雰囲気づくり
   ③前期生徒会活動方針・スローガンの決定
   ④各専門委員会毎に前期目標・具体的活動内容の決定;各委員会担当の先生方も全員参加でした
   ⑤昼食づくり;みんなで協力して焼きそば、ぎょうざを作りました。
 リーダー研修は、生徒の主体的活動の方向性を決定するための、とっても大切な行事です。小学校には「級長」も「児童会長」もないので、1年生は少し戸惑い気味でしたが、縦割り班の頼もしい2・3年生のリードにより、和やかな雰囲気で真剣な話し合いが出来ました。生徒は「智頭中学校を更によくするために」活発に話し合い、先生方も全員が休日出勤で生徒の話し合いをサポートしました。
 平成28年度、智頭中学校の未来は明るいと確信の持てたリーダー研修になりました。







 

新年度スタート順調です(平成28年4月13日)

 先週の金曜日に入学式を行い、実質今週から新年度がスタートしています。年度始めには、お決まりのたくさんの活動がありますが、とても順調な滑り出しです。新1年生、今日まで4日間、欠席者ゼロが続いています。素晴らしいです!!!

①「学年開き」「学級開き」を行いました。
 11日(月)に「学年開き」「学級開き」を行いました。「学級開き」は、各担任が趣向を凝らして様々な形態で行われますが、本校では必ず「人権尊重の視点」を踏まえた「学級開き」を行うこととしています。


②オリエンテーションを行いました。
 学校生活がスムーズにスタートできるように、オリエンテーションを行いました。「集会指導」のオリエンテーションでは、集合時の座り方を、従来の「体育座り」から「正座」に変更しました。智頭中学校では、学校生活全般を通して「立腰」の指導をしていますので、集会でも、最初と最後は「正座」をして、骨盤の上に真っ直ぐに背骨を立てて挨拶をすることにしました。


③身体計測を行いました。
  12日(火)に身体計測を行いました。計測項目は、身長、体重、運動器、視力、聴力の5項目です。「運動器」って少し前まではなかったと思うのですが・・・。片足立ちしたり、しゃがんだり、両手でバンザイしたりする検査のようです。
 

「桜Cafeフェスティバル」が開催されました(平成28年4月10日)

 智頭中学校の卒業式、入学式の学校長式辞の出だしは、必ず「桜土手の桜」から始まります。
 実は、智頭中学校の校地内には以前から、桜の木は一本もありません。だけど、智頭中学校くらい、この時期、満開の桜に包まれる学校はあまりないと思います。それが、校舎の横を流れる千代川土手に1300mに渡って咲き誇る180本のソメイヨシノです。この桜土手のお陰で、春は本当に心癒され、また、心躍ります。
 明日は、全校生徒が弁当を持って、この桜土手で「お花見弁当」を実施します。晴れてくれたらいいなあ~!!!
 今日は、千代川の河川敷にステージや河床が組まれ、たくさんの屋台が出て、「桜Cafeフェスティバル」が開催されていました。私も行ってみました。智頭のパワーが感じられるイベントでした。



 

入学式を行いました(平成28年4月8日)

 本日、平成28年度入学式を行いました。
 千代川桜土手の満開の桜に迎えられて、47名の新入生が入学して来ました。先日、智頭小学校を卒業した47名の全員が智頭中学校へ入学してくれたことを大変嬉しく思います。中には、お父さんの転勤で智頭小学校に転校して来て、「僕は智頭中学校に行きたいから、お父さん、よそに転勤しちゃダメ!!!」とまで言ってくれていた新入生もあったようです。そんな生徒達の期待に応えられるよう、職員一同、精一杯頑張ります。
 今年の新入生47名の男女比は、なんと男子32名に女子15名・・・。倍半分以上の開きがあります。こんなこともあるのですね。運動会にフォークダンスが無くてよかったです。でも、合唱コンクールが少し心配ですが・・・。そんな悩みが吹き飛ぶくらい元気で素敵な新入生です。一緒に一生懸命頑張ろうね!!!







 

始業式を行いました(平成28年4月7日)

~平成28年度第1学期始業式式辞~
 いよいよ平成28年度がスタートしました。去年よりも一つ学年が上がって、全員がそろって今日の日を迎えられたことを大変うれしく思います。
 新しい年度のスタートにあたって、少しお話をしたいと思います。
 いつも言っていることの繰り返しになりますが、私は、これまで君たちに「人生の節目を利用して、自分を変えよう。自分を成長させよう」ということを言ってきました。学年が一つ大きくなる年度の変わり目の今日がまさにその時です。去年をふり返って、「精一杯頑張ったぞ」という人は、去年の頑張りを土台にして、更なる高みを目指しましょう。そして、「去年はあまり頑張れなかったかな」という人は、去年までの自分と決別して、「頑張る自分」に変わりましょう。自分を変えるのは自分です。変わるのは今日です。新しい年度のスタートにあたり、去年より高い目標を掲げて、一人ひとりが一生懸命頑張る決意をして欲しいと思います。
 さて、一人ひとりの頑張りをお願いして、更に「学校全体として」ということでも少しお話をしたいと思います。
 今、ここに101名の2・3年生がいます。先日の修了式にも話しましたが、この101名の中に、この学校に通いたくて、でも今は通えない2年生の木村君がいることも忘れないで下さい。いつになるかは分かりませんが、木村君は今年の内に智頭中学校に登校してくれる予定です。木村君が安心して君たちの横に来られるように、居心地の良い智頭中学校を創って、その日を待ってください。
 2・3年生が101名、そして明日入学して来る新入生が47名。今年の智頭中学校の生徒数は148名になり、初めて150名を切ることになります。このことについても少し触れておきたいと思います。実は、東部駅伝、県駅伝の表彰には、小規模校で一番上位の成績の学校に与えられる「いなば賞」「わかば賞」という賞があります。この賞の対象となるのが生徒数150名以下の学校です。智頭中学校は今年から、この賞の対象となる小規模校の扱いです。
 でも、私は、君たちには智頭中学校は小規模校だからというふうには思って欲しくありません。小規模校が大規模校に勝てない訳ではありません。3年生の生徒は覚えていると思いますが、一昨年の東部総体では、県内で一番生徒数の多い鳥取南中学校に野球部が勝っています。智頭中学校は小規模校だけど、大規模校をひっくり返すんだという気概を持って6月の東部総体に臨んで欲しいとおもいます。
秋の駅伝大会でも「いなば賞」や「わかば賞」を目指さない。あくまでも東部で一番、県で一番を目指す。私は、そんな君たちであって欲しいと願っています。
 部活動で、学習で、行事で、日々の生活で、智頭中生の心意気を、底力を示していきましょう。そして、私達が智頭中生であることを誇りに思え、地域の方にも誇りに思っていただけるような智頭中学校をみんなで創っていきましょう。
 「一生懸命がかっこいい!努力は必ず報われる!」私は、このことを今年も君たちに言い続けようと思っています。
 

平成28年度がスタートしました(平成28年4月7日)

 平成28年度がスタートしました。先日の離任式では5名の先生とお別れしましたが、今日は新しく5名の先生をお迎えして、着任式、始業式を行いました。
 5名の先生の内、お一人は智頭中学校の卒業生。そしてお二人の先生は、以前智頭中学校勤務の経験がお有りの先生です。
 どの中学校にも、長いスパンで見ると、学校全体の勢いや落ち着きの度合いには波があります。智頭中学校も以前、生徒指導上の問題が多い時期がありました。三名の先生方は、そんな時期に智頭中学校に生徒として、また職員として在籍されていましたので、今日、生徒の姿を見られて、一様に驚かれたようでした。
 智頭中学校は、今、とても落ち着いていて勢いがあります。でもこれは、これまで「智頭中学校を良くしよう」と頑張って来られた卒業生や当時勤務された先生方、そして、ずっと温かく智頭中教育を支えて下さった地域の皆様や町当局のお陰だと思います。
 新しく5名の先生をお迎えして、更に、生徒が智頭中生であることを誇りに思え、地域や保護者の皆さまにも誇りに思っていただけるような智頭中学校を創っていこうと意を新たにした今日でした。今年もどうぞ智頭中学校をよろしくお願いいたします。
 

別れのとき~入江君編~(平成28年3月30日)

 4月から八頭中学校へと転校していく1年2組の入江君が学校を去るのも今日でした。 いつも通りに登校して、いつも通りに野球部の部活動をして・・・。
 そして、みんなに惜しまれながら、智頭中学校を去っていきました。
 野球部のみんなに見送りされて・・・。
 入江君は智頭中学校を去りましたが、私達は入江君のことを忘れません。
 入江君が教室の黒板に残したメッセージを見ると、入江君との楽しかった日々が思い出されて、涙がこぼれます。あのメッセージ・・・、消せないよ (涙)
  八頭中学校でも頑張って下さい!!! 応援してるからね!!!

☆入江君へ送るメッセージボードです。(表;みんなの写真。みんなが持ってる一文字を繋げると・・・。 裏;みんなからのメッセージ)
   ※文字を繋げると・・・「サヨナラじゃない あなたと描いた 明日へと続く 物語がある アリガトウしか 僕は言えないよ
                       あなたがいて 本当に良かった」(FUNKY MONKEY BABYS「サヨナラじゃない」)




☆最後の野球部・・・。野球部のみんなからの贈り物(寄せ書きユニフォーム)
 

別れのとき~教員編~(平成28年3月30日)

 学校は春休みに入っています。ですが、毎日部活動があるので、教員も生徒も毎日学校に出てきます。
 そんな春休みの職員室で・・・。
 転勤される先生の机の上から、どんどん物が無くなり、綺麗になっていきます。この時期の職員室の寂しい風景です。机の上も机の下も書類や部活道具であふれ「どこで仕事するんですかぁ~?」と皆から言われていたK川先生の机も、「うっそぉ~!」って言うほど綺麗です。そして、一人、また一人と智頭中学校を去って行かれます。
 転勤される先生が智頭中学校を去られるとき・・・。残る職員全員が玄関でお見送りをします。
 お勤めいただいた年数は異なりますが、今日まで智頭中学校を本当にありがとうございました。新しい学校でのご活躍をお祈りしています。
 どうぞお元気で・・・。また会いましょうね!!!



 

校舎内を廻ってみました(平成28年3月25日)

 生徒のいない校舎内を廻ってみました。
 いたるところに生徒の思いが残っていました。
 転任される先生へのメッセージが書かれた黒板。その黒板を見てもらいたくて、先生を教室内へと導くための教室入り口の張り紙。そして、卒業した三年生から在校生にあてたメッセージボード。一つひとつ見ていると涙が出て来ます。
 1年2組の黒板には、4月から八頭中学校へ転校していく入江君からクラスのみんなにあてたメッセージが書かれていました。きっとみんなが帰った後、誰もいない教室で書いたんだろうなあ~と思って、また涙です。
 入江君、君は廻りをホッと和ませてくれる掛け替えのない存在だったよ!
 八頭中でも頑張ってな!!!



 

離任式を行いました(平成28年3月24日)

 春は嬉しい出会いの季節であると同時に、悲しい別れの季節でもあります。
 平成27年度末の定期人事異動により、智頭中学校でも5名の先生とお別れすることになりました。3月24日、修了式の後に5名の先生の離任式を行いました。
 離任される5名の先生は次の先生です。
  坂口英樹先生(7年間)岩美町立岩美中学校
  梶川豊代先生(5年間)県立白兎養護学校
  加藤順子先生(8年間)鳥取市立河原中学校
  前田敏和先生(1年間)鳥取市立西中学校
  田渕未佳先生(1年間)八頭町立船岡小学校 新規採用
 離任式では、5名の先生のお話をお聞きしたあと、先生方に花束を贈って、自慢の合唱を聴いていただきました。そして、花道をつくってお見送りしました。
 私達は、先生方に教えていただいたことを胸に刻み、更に素晴らしい智頭中学校を創っていきます。どうぞ見ていて下さいね。
 今日まで智頭中学校のために、私達のために、本当にありがとうございました。
 新しい勤務校での、先生方の益々のご活躍をお祈りしています。



 

「自分で弁当作ろうDAY!」を実施しました(平成28年3月23日)

 3月23日、全校生徒と職員で「自分で弁当作ろうDAY!」を実施しました。この取組は、給食に代えて自分で弁当を用意しようというものです。弁当作りは各自の力量に応じて、次の3つのコースの中から選んでチャレンジすることにしています。
  Aコース;栄養バランス完璧自力弁当
  Bコース;とりあえず100%自力弁当
  Cコース;一品だけは自力弁当
 今学期の学校での調理実習の様子を見ると、「大丈夫かいな?」という不安もありましたが、なんとか全員が弁当を作って来たようです。どれだけお家の方の助けを借りたのかは分かりませんが・・・。でも、間違いなくご飯を作って下さるお家の方への感謝の気持ちは持ったはずです。
 この取組は小学校でも行われています。そのことが評価され、3月22日に智頭町教育委員会が「平成27年度食のみやことっとりキラリと光る食育推進活動知事表彰」を受賞しています。
 ちなみに余談ですが、私の趣味は料理です。これからの時代、男も料理出来なきゃ!ですね。



 

遅くなりましたが、卒業式の紹介です(平成28年3月11日)

  3月11日に行った卒業式のことは既にアップしたのですが、私が式中の写真を撮れなかったため、見送り風景しか紹介できませんでした。
 そこで、今日は卒業式の写真をアップしてみたいと思います。
 先週行われた智頭小学校と諏訪保育園の卒業(園)式も、本当に感動的で素晴らしい式だったのですが、「感動的」ということでは、私はやはり中学校のものだと思っています。
  もちろん比べることではないのですが、きっと15歳という子ども達の発達段階が、卒業式を感動的なものにするのだと思うのです。最も感受性が強く自分探しにもがき苦しんだ三年間。そして、九年間ずっと一緒だった友と離ればなれになるとき・・・。そんなことが胸中に去来し、感情がこみ上げて、涙が溢れます。特に今年の三年生は小学校統合時の六年生、そして中学校の新校舎完成時の三年生ということで、新しい学校創りに、本当によく頑張った子ども達でした。
 感動的な卒業式の様子をご覧ください。









 

少し遡って記事を載せます(平成28年3月25日)

 昨日をもって平成27年度が終了しました。
 今週も中学校では、様々な行事があったのですが、私がすごく忙しくて、タイムリーに記事をアップすることができませんでした。何に忙しかったかというと、まず今週は挨拶や話をたくさんしなければなりませんでした。学年集会、修了式、離任式、送別会etc。そして、「智頭中NOW」等の原稿書き。でも、それ以上に忙しかったのは、会合への出席です。これは一町一中学校の校長の宿命なのですが、町の多くの組織に委員として名を連ねているため、この時期(年度末)、昼夜を問わず、たくさんの会合があるのです。
 という言い訳をさせていただいて・・・。
 修了式が終わり、やっと時間的に余裕ができましたので、今日は、少し日にちを遡って記事をアップさせていただきます。
 

1・2年合同体育をしました(平成28年3月22日)

 今日6校時に1・2年合同の体育の授業を行いました。これが今年度最後の体育の授業となりました。実は、予定では今日の時間割に体育があったのは1年生だけで、2年生にはなかったのです。ところが、3年主任のS口先生がまさかまさかのインフルエンザでお休みに・・・。本日突然、2年生の数学の時間が自習になってしまいました。「それならば」という体育科の発案で、急遽時間割を入れ替えて、1・2年合同体育「1・2年対抗球技大会」となったわけです。お天気もポカポカ陽気で、生徒も大喜び・・・。2年生の生徒の中には体操服の準備のない者もたくさんいたのですが、反対する者はいません。
 ねらいは「互いの学年の良いところを見つけて自分の学年に持ち帰ろう!」ということでした。確かに男子について言えば、一年生と二年生は、一言でまとめると「動」と「静」・・・。片方の「良いところ」が他方の「努力点」となっていることも多いような気がします。後付けのねらいにしては素晴らしいと感心してしまいました。
 ※追記;体育科のS田先生は、このねらいでいつか合同体育をやろうとチャンスをうかがっていたそうです。後付けではありませんでした。(3月23日)
 競技種目は、男子がサッカー、女子がバレーボールとリレーでした。男子がサッカーをした後、グラウンドに出て来た女子のリレーを一生懸命に応援している姿が、とても微笑ましかったです。
 本年度もあと二日となりました。本年度の本校のインフルエンザ罹患者数は、生徒7名、教員1名の計8名でした。





 

諏訪保育園の卒園式でした(平成28年3月19日)

 昨日の智頭小学校に続いて、今日は諏訪保育園の卒園式がありました。
 昨年度、私は都合が悪く欠席しましたので、おそらく我が子の卒園式以来、14年振りの保育園の卒園式でした。私にとって、驚きの連続の卒園式でした。
 まず、まだ6歳の子どもなのに、本当にきちんとした態度で式に参加できています。姿勢、返事、礼、あいさつ、すべてが本当に素晴らしいです。私の記憶では、我が子が保育園に通っていた7年間の間に、卒園式が「儀式」からだんだんと「会」に変わっていったように思っていたのですが、今日の卒園式はしっかりと「儀式」でした。
 私は、子どもが小さいうちから、その場の雰囲気を意識して「お行儀」をすることとか、普段とは違う非日常のかしこまった「儀式」という空間を経験することは大切なことだと思っています。そして、今、そのことがないから成人式が荒れるのではないかと思っています。そうした意味では、本当に嬉しい今日の卒園「式」でした。
 また、式の終わりに「お別れのことば」があるのですが、ものすごく長い台詞、そして歌をどの子もよく覚えていることにも驚きました。小学校の卒業式の「お別れの言葉」は卒業生一人に割り振られた台詞は一行ですが、今日の卒園式では、卒園の二組に台詞が割り振られていましたので、一人の子が覚える台詞は膨大な量になります。それをどの子もしっかりと覚えていて、堂々と大きな声で言っていて、本当にびっくりしました。
 先生方のご指導のたまものだとは思いますが、それは「卒園式練習」だけで出来ることではなく、これまでの日々の保育活動の成果であろうと、敬服しました。
 今年の卒園児は39名。この子たちの中学校入学の年に、私は教職を去りますが・・・。 この子たちのためにも、私達ももっと頑張って、より良い智頭中学校を創っていかねば!と、意を新たにした今日の卒園式でした。ありがとうございました。



 

智頭小学校の卒業式がありました(平成28年3月18日)

 今日は智頭小学校の卒業証書授与式があり、私も出席しました。
 準備や練習の行き届いた、そしてとても感動的な素晴らしい卒業式でした。
 中学校は高校入試と卒業式の間が一日しかなく、準備も練習も、そして予餞会もこの一日だけでやるので、実は今年の卒業式練習は、たったの15分しかとれなかったのです。それでもなんとかなるのは、小学校でしっかりと儀式への参加の態度を養って下さっているからだなあ~と実感した卒業式でした。
 今年の卒業生は47名(男子32名、女子15名)でした。全員が智頭中学校に入学してくれます。来年度の智頭中学校の生徒数は、148名になります。
 今から、4月8日の入学式が待ち遠しいです。
 47名の卒業生の皆さん、小学校の卒業おめでとう!!!
 皆さんの中学校への入学、待っとるで!!! 一緒に頑張ろうな!!!
 

「百人委員会中学生成果報告会」を行いました(平成28年3月14日)

 3月14日午後4時半から、智頭町総合センターに於いて、卒業した三年生が中学生として初めて取り組んだ「智頭町百人委員会」の成果報告会が行われました。
 この会は、寺谷町長様の「頑張った子ども達にケーキを食べさせてやりたい」という一言から実現したと聞いています。会場では、来て下さった方々に完成したばかりの「智頭町達人図鑑」が配布され、この図鑑の表紙の絵を描いたケーキも準備されていました。
 この取組でお世話になった「達人」をはじめとする地域の方々、町長様ほか役場の方々、そして多くのマスコミの方々を前に、中学生が、堂々と「智頭スマイルプロジェクト」と題した取組の成果を発表しました。取組の経緯、カフェ、謎解きゲーム、達人図鑑の説明をそれぞれの担当者がしたあと、最後に生徒を代表して、和田君が完成した「達人図鑑」を町長様にお渡して報告会は終了しました。
 そして、そのあとは、会場にテーブルを出して、町長様の思いのこもったケーキとジュースを美味しくいただきました。教育長様には乾杯のご発声だけではなく、その作法まで教えていただきました。とても楽しいひとときでした。
 「智頭スマイルプロジェクト」でお世話になったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。きっと子ども達は、一生忘れないと思います。そして、必ずふるさと智頭を大切にしてくれることと思います。






 

全校生徒・職員で黙祷を捧げました(平成28年3月11日 14時46分)

 5年前の今日(3月11日)午後2時46分、東日本大地震が起こり、そのとき発生した大津波により多くの尊い命が失われました。
 5年が経過した今もなお、行方不明の方が多数いらっしゃり、また避難生活を続けておられる方もたくさんいらっしゃいます。
 一瞬にして失われた多くの命、平穏な生活・・・。
 今なお苦しみの中に置かれたままの多くの人たち・・・。
 私達は、このことを決して忘れてはなりません。

 午後2時46分・・・。
 智頭中学校でも、校内放送により、すべての部活動で活動を中断して、被災地の方角に向けて、1分間の黙祷を捧げました。
 未だ苦しみの中にいらっしゃる方々に、一日も早く平穏な日が訪れますよう願って止みません。

     ~卒業式後のN江先生の背中です~              ~1年1組の教室前面にずっと貼られているTシャツです~
                                                   「絆~WE  REMEMBER  3.11~」
 

感動的な卒業式でした(平成28年3月11日)

 今日は「智頭中学校第56回卒業証書授与式」でした。
 なぜか例年卒業式の日には寒が戻って、今日もハラハラと雪が舞う中での卒業式になりました。長い卒業式になるだろうなあ~とは思っていたのですが、9時30分開式、閉式が10時50分、そのあと生徒の合唱があって、卒業生が退場したのが11時15分。
結局1時間45分の卒業式でした。
 長い卒業式にしてしまい、来賓の皆様には申し訳なかったのですが・・・。
 でも、本当に本当に感動的な卒業式でした。こみ上げる涙をぐっと噛みしめて、万感の思いを込めて合唱する男子生徒の姿に、私も思わずもらい泣きしてしまいました。
 来賓の皆様にも「いい卒業式でした」とお褒めの言葉をいただきました。
 保護者の皆さま、三年間、本当にありがとうございました。
 55名の卒業生の皆さん、明日からも一生懸命に頑張るだで!!!
 君たちのふるさとは、母校は、ずっとここにあることを忘れたらいけんで!!!
 いつでも帰って来んさいよ!!!
 先生たちは、ずっと応援しとるで!!!
卒業式の写真、当たり前ですが撮れませんでした。今日は見送り風景だけですが、お許しを。また、卒業式の写真も紹介します。




 

卒業式前日、予餞会を行いました(平成28年3月10日)

 とうとう卒業式前日となりました。
 昨日までで県立高校の入試が終わって、明日がいよいよ卒業式・・・。その間の一日・・・。
 中学校にとって、今日という一日は、とっても忙しく、そしてセンチメンタルな一日です。式場準備、卒業式練習、そして予餞会・・・。
 次のようなプログラムで予餞会(卒業生を送る会)を行いました。
   ・生徒会によるオープニング(大変手の込んだ素晴らしいものでした)
  ・各クラス、各部活動の後輩からのメッセージビデオ(どの学級・部もアイデア抜群でした)
  ・お世話になった先生からのビデオメッセージ(中学校でお世話になった山根先生、小学校でお世話になった佐藤、橋本先生)
  ・卒業生の三年間を綴った思い出ビデオ(編集のため坂田・市谷先生が徹夜しました)
  ・1・2年生から卒業生へ送る合唱(Kiroroの「未来へ」)
   ・卒業生代表謝辞(青木君)
  ・卒業生見送り(花道をつくって見送りました。在校生の目には涙も・・・)




 そして、予餞会のあと、三年生は、教室で中学校「最後の」お弁当。本当に楽しそうに、名残惜しそうに・・・。大切にときが過ぎていました。
 そのあと、三年生だけの卒業式練習。そして、「最後の」学年集会・・・。
 私も学年集会で話をさせてもらいました。本当にいい子達で・・・。明後日からもずっと居ればいいのに!!!なんて思ってしまいます。
 明日は、感動的な素晴らしい卒業式になると思います。
 私の式辞は、少し長めですが、どうかお許しくださいますよう。


 

1学年球技大会を行いました(平成28年3月8日)

 今日は県立高校の一般入試(学力検査)の日です。
  今朝は三年生の健闘をを祈願して、私も神社にお参りをしました(実は、私の自宅玄関を出ると、真ん前が神社なのです)。  そして、智頭駅で、受験へと向かう三年生を激励して送り出しました。今日まで悩んで、苦しんで・・・。そこから開放されるのだと思うと、みんな晴れやかな顔で、でもちょっと緊張気味に列車に乗り込んでいきました。全員が必ず合格を勝ち取ってくれるものと信じて見送りました。

 さて、学校では、午後の時間に、1年生が「学年球技大会」を実施しました。生徒が主体的に計画を立て、ルールも決めて、運営もすべて生徒の手で行っていました。競技種目はバスケットボールとドッジボール・・・。骨折のためゲームに参加できないH君は、マイクを片手にDJとして、ゲームを盛り上げていました。学年主任の荻原先生も生徒に混じって大活躍・・・。「まだまだ若いもんには負けられんわいな!!!」ですよね(笑)




 ところで、ここ何日か、このHPのカウンターが少し伸びているような気がします。本当に申し訳ないのですが、本校のHP、更新してるのは、この「校長室より」だけですので、どなたかが気がついて見てくださっているのでしょうか?。トップページでもありませんし、更新してることはほとんど誰にも話してないのです。本当に稚拙な文章ですが、見て下さってありがとうございます。
 金曜日の卒業式に向けて多くの方からの祝詞が届いています。昨年度まで音楽の授業でお世話になった里美先生から届いた祝詞に、「ホームページ見てます」とのメッセージが同封されていました。頑張って更新していかねば・・・。ありがとうございました。
 

三年生最後の給食(平成28年3月7日)

  三年生にとって、遂に中学校最後の週となってしまいました。先週くらいから毎日の授業や何でもない日課に「最後の」という形容詞が付くようになっています。
 今日は三年生にとって、中学校「最後の」給食でした。「中学校最後の給食」は、多くの生徒にとって「人生最後の給食」になります。
 本当は月曜日は一週間に一度のパンの日なのですが、給食センターの白間栄養士さんの計らいで、今日のメニューは「中学校卒業お祝い献立」・・・。オムライスをメインに、デザートのケーキまで付いていました。生徒も大喜びが半分、そして寂しさが半分の気持ちで、学級での給食を味わっていました。
 でも、学級で楽しそうに給食を食べている生徒の影には、今日も「最後の」放送当番として、職員室奥の放送室で「お昼の放送」をしてくれている3名の三年生の姿がありました。「最後まで」きちんと役割を果たしてくれる3名の生徒に感謝です。ありがとう!

 明日、明後日は、いよいよ県立高校一般入試です。
 「絶対に合格するだで! 頑張って来いよ!!!」


 

三年生による感謝掃除(平成28年3月4日)

 本日午後、あと一週間で智頭中学校を卒業していく三年生自らの発案で「感謝掃除」が行われました。これまでお世話になった校舎を三年生みんなで綺麗にしたい!という思いで、普段なかなか掃除の手が届かないところを綺麗にしてくれました。
 本当は一分でも一秒でも勉強をしてほしいところですが・・・。でも、三年生には、いい気分転換になったようで、みんな嬉しそうに一生懸命に学校中を掃除してくれました。  ありがとう!!!、三年生。



 

三年生へのメッセージボード設置(平成28年3月4日)

 今週も今日で終わり・・・。三年生にとっては、来週が中学校生活最後の週となります。
来週の予定は、次のようになっています。
   7日(月) 県立高校前日指導、3年生にとって人生最後の給食です
   8日(火)  県立高校一般入試(学力検査)
   9日(水)  県立高校一般入試(面接・実技)
  10日(木)  予餞会、卒業式準備・練習
  11日(金)  第56回卒業証書授与式
 生徒昇降口を入った所に、生徒会執行部によって、三年生に向けたメッセージボードが設置されました。このボードには、1・2年生全員から三年生に向けた感謝のメッセージと三年生の活躍場面を収めた写真が貼られています。智頭中学校を巣立つ三年生と在校生との思い合い・・・。生徒会長である小坂君のメッセージを記しておきます。
 「3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。3年生が卒業しても、僕たちが学校を引っ張っていきます。安心して卒業してください。僕たちもがんばります。」
 こうして智頭中学校の伝統は毎年後輩へと引き継がれていくのです。
 今日からの一週間、私達は、一年間で一番大切なときを、生徒と共に、大切に大切に、そして感動的に過ごしていきます。



 

今日は3月3日、桃の節句です(平成28年3月3日)

 3月になりました。3年生はいよいよ来週が県立高校の一般入試・・・。3年生の登校日は、11日の卒業式を含めても、あと4日となりました。少し(実はかなり)寂しい今日この頃です。でも、3年生にはセンチメンタルな気分は封印して、8・9日の入試に全力で向かってほしいと思います。
 さて、今日は3月3日、桃の節句(ひな祭りの日)です。2年生のTさんが、職員玄関のカウンターに折り紙で雛人形を折ってくれました。すごく器用で素晴らしい出来映えです。今日は給食に「おいり」が出たので、お供えしてみました。私にも娘が二人いて、それぞれに雛人形はあるのですが、県外の大学に進学したのを契機に飾らなくなってしまいました。玄関でTさんが作ってくれた雛人形に「おいり」を備えながら、私の二人の娘の健康と幸せもお祈りさせてもらいました。Tさん、ありがとう!!!

 

メディアリテラシー講演会を実施しました(平成28年2月25日)

 本日午後、全校生徒を対象に、鳥取県教育委員会情報教育講師であり法務省人権擁護委員でもある今度珠美(いまどたまみ)さんをお迎えして、メディアリテラシー講演会を行いました。
 今度さんには「ネット人権侵害はなぜ怖いか~ネット・スマホを上手に活用するために~」というテーマで、ネット上の人権侵害の実態について様々な実例を挙げながら、私達がネットによる人権侵害の被害者・加害者にならないための上手なネット・スマホの使い方についてお話をしていただきました。
 鳥取県中学校生徒指導連盟では、中学生の間は携帯・スマホは持たないこととして、生徒を指導し、保護者の皆さまにもそのようにお願いをしています。
 智頭中学校では、そのことを守り、携帯・スマホの所持率は高くはありません。しかし、中学校現場で生徒指導上の問題として挙がることの多いアプリ「LINE」等は、携帯・スマホでなくても音楽プレーヤーやゲーム機でもできてしまいます。結果、智頭中学校にも「LINE」を介して友達とやりとりしている生徒が少なからずいるのが実態です。
 私は、中学生には、携帯・スマホも、「LINE」等による友達とのやりとりも必要ないと思っています。しかしまた、私は、携帯やスマホは近い将来必ず持つものであり、これ自体は間違いなく便利で役に立つ「よいもの」だとも思っています。ただ、気をつけなければならないのは、使い方を間違えると、自分や他人の現在に、そして将来に取り返しのつかない傷をつける恐れがあるということです。
 今日は、今度さんから、そうならないために大切な心構えやスキルを沢山の実例を交えながら、お話していただきました。
 約70分間の講演だったのですが、生徒は集中力を切らすことなく、一生懸命にお話に聞き入っていました。
 講演の後の校長室で、今度さんから、そんな生徒の様子を褒めていただきました。
 また、今度さんは、智頭中学校の素晴らしい校舎にも感激されたようで、沢山お褒めの言葉をいただき、二重に嬉しい思いがしました。
 どうか、保護者の皆さまには、お子様がネットによる人権侵害の被害者・加害者になることのないよう、子ども達にしっかりとした判断力が身につくまで、見守っていていただきますようお願いいたします。 
 

平成28年2月18日午後5時15分校長室NOW

 2月も残すところ10日となりました。3年生は3月8日・9日の県立高校一般入試に向けて、最後の追い込みに寝る暇もない毎日を送っています。流行のきざしの見えるインフルエンザが本校には入っていないことに安堵の昨今です。
 さて、3月11日の卒業式に向けて、準備が始まりました。今、校長室では、3年団の職員が卒業証書の印鑑押しをしています。この作業、私もずいぶんと経験しましたが、本当に大変なんです。こんなに大変な思いをして卒業証書が出来上がるのだということを、卒業生にも是非知ってもらいたいと思うほどです。
 「立派な卒業証書を渡してあげたい」という3年団の先生方の思いを受けて、頑張れ!!3年生!!!

 

微笑ましい朝の光景(平成28年2月15日)

 智頭中学校では、毎朝、生徒会執行部の生徒が玄関前で「あいさつ運動」を行っています。さわやかなあいさつで学校生活をスタートさせようと、ずっと以前から続いている取組です。しかし、この「あいさつ運動」が、3学期になって少し変化しています。週2回、月曜日と金曜日には、「おはよう」というあいさつとともに執行部の生徒と登校して来た生徒とがハイタッチをするのです。
 あいさつだけでも心が和むのですが、それにハイタッチが加わることで、皆が笑顔になります。智頭中学校の学校生活は、毎朝の生徒の笑顔でスタートしています。
 執行部の生徒が「あいさつ運動」をしている横では、1年生の有志の生徒が、自主的に生徒玄関の掃き掃除をしてくれます。
 そんな様子を今朝は町教育委員会の岡村先生も見守って下さいました。
 智頭中学校生徒の毎朝の微笑ましい光景です。

 

無題(平成27年2月9日)

 今、学校では、各学年が調理実習に取り組んでいます。先日は1年生の「おひたし」を紹介しましたが、今日は2年生が智頭の郷土料理である「じゃぶ」にチャレンジしました。「じゃぶ」は私の住んでいるまち(船岡)でも、会合の時には必ず振る舞われる料理です。本来は川魚(ウグイ、ハエなど)で作る料理だと思うのですが、今日は鶏肉のじゃぶでした。給食センターの白間栄養教諭さんにも指導に入っていただいて、美味しそうなじゃぶが完成しました。包丁さばきは、上手い子もいれば危険な子もいて、けが人が出るんじゃないかとヒヤヒヤしました。(笑)



 3年生は、午後、義務教育最後の性教育講演会でした。智頭病院の大谷先生から、将来お父さん・お母さんになるための心構えについて、お話を聞きました。受験を間近に控え勉強に忙しい3年生ですが、今日の学習も将来のための大切な大切な勉強になりました。

 

ICT機器活用してます!(平成28年2月4日)

 智頭中学校には、現在70台のタブレット端末があります。そして、すべての教室に70インチの電子黒板が備え付けられています。これら充実したICT機器を活用して、生徒が主体的に取り組む様々な学習を展開しています。
 今日は1年生が、進路学習の導入として、一人一台のタブレット端末を使って、職業調べを行いました。タブレット端末を手にした途端、生徒は目を輝かせ生き生きと学習活動に取り組みます。この意欲を学力の向上に繋げたいものです。
 現在の70台にプラスして、来年度には40台、そして再来年度にも40台が購入していただける予定です。2年後に150台のタブレット端末が整備され、全校生徒に一台ずつ行き渡ることになります。どんな学習を展開しようかと、夢は広がるばかりです。
 智頭中学校は、校舎も立派ですが、ICT機器教育機器も県下一充実しています。
 でも、校舎や教育機器以上に素敵なのは、素直で元気の良い156名の子ども達です。
 

平成28年度入学生学校説明会を実施しました(平成28年2月1日)

 2月1日、来年度の新入生(現小6)とその保護者に中学校に来ていただき、「新入生学校説明会」を実施する予定でした。
 新入生には中学校の生徒会執行部が、そして保護者には中学校の教員が、中学校生活について説明をしようと、楽しみに準備をして来たのです。
 ところが、ところが・・・。なんと、なんと・・・。
 先週から智頭小学校6年生にはインフルエンザが入っていて、当日も欠席者や早退者が続出。真っ赤な顔をした児童も多数!!!。
 「中学生にインフルエンザを移してはならない」との小学校側のご配慮で、児童の来校が中止になってしまいました。小学生の中には、中学校に来ることを楽しみに無理をして登校した児童もあったようです。小学生も残念だったようですが、それ以上に残念がったのが中学校の生徒会執行部の生徒たち・・・。一生懸命準備をして、本当に心待ちにしていたようです。
 受験真っ只中の中学校3年生に対する小学校側の配慮だったことを話し、納得をさせたところです。
・・・ということで、保護者の方だけご来校いただき、説明会を実施しました。
来年度の入学生は47名。なんと、男女比が32:15だそうです。入学を楽しみに待ってます。
 

無題(平成28年1月25日)

 記録的な暖冬かと思っていたら、一昨日から全国各地で観測史上初となる積雪を記録したり、超低温を記録したり・・・。まさに「異常気象」という言葉がピッタリな感じです。
 今日は、智頭以南のJR因美線が運休になり、那岐・土師地区の保護者の皆さまには、お子様の送り迎えで、大変お世話になりました。すぎっこバスの到着も定刻より遅くなりましたが、今日も早く登校した生徒が雪かきをしてくれました。



 とても寒い中ですが、3年生は受験対策の真っ只中です。私立高校の入試は、残すところ城北高校の一般入試を残すのみとなりましたが、その後には、県立高校の推薦入試が迫ってきています。今、中学校では、推薦入試を受験する生徒に国語の教員が作文の書き方を指導しています。生徒もこれまでにないほど真剣に作文に向かっています。


 1年生は、今日は調理実習に取り組んでいました。メニューは「ほうれん草のおひたし」・・・。一生懸命に頑張ってはいるのですが、本当に本当に不慣れな手つき・・・。この手つきで、「おひたし」の次には「鰺の2枚おろし」にチャレンジするそうです。どうなることやら・・・。
 さて、できあがった「料理」は、担任の先生のところにも持って行き「味見」をしてもらうのですが、あいにく担任は野菜がとっても苦手です。でも、今日は頑張って美味しそうに完食していました。
 

「八頭高ライフ」体験しました(平成28年1月21日)

 本日午後、智頭中学校2年生全員が「八頭高ライフ」を体験してきました。
 これは、八頭高等学校と郡内3中学校とが連携協力して生徒に主体的なキャリア意識を醸成し、学力の向上を図ることを目的とした「八頭タワープロジェクト」という県の事業の一環として行われたものです。
  八頭郡内3中学校の2年生全員が八頭高に集まり、次のような内容で「八頭高ライフ」を体験してきました。

◆高校生活・実践紹介
   ・書道部による書道パフォーマンス
   ・生徒会による高校生活紹介
   ・探究ゼミの発表(国語、生物)
   ・アメリカ短期留学の報告
 ◆高校の授業体験
   ・国語、社会、理科、英語、体育、美術、家庭科
 ◆中学校の先輩からのメッセージ

 それぞれが希望する教科の授業を体験しましたが、八頭中や若桜学園の友達と一緒に受ける高校の授業は、いつもと違い緊張感いっぱいでした。それでも生徒は楽しんで、初めての高校の授業を受けたようでした。
 「アメリカ短期留学」の報告者は本校卒業生の石谷さんでした。鳥取県の代表としてアメリカ留学を体験し、生き生きと報告をする先輩の姿に「あこがれ」を抱いた生徒もあったことでしょう。石谷さんから「八頭高で一緒に頑張りましょう」と激励を受けて、多くの生徒が「はい」と答えていました。
 また、体験の最後に智頭中学校の先輩4人がメッセージを下さいました。2年生の今から頑張って下さい!。「新研究」の取組が大事です!。等々
 受験対策の取組をスタートさせた2年生にとって、すごく大切なことを体験させていただいた半日になりました。八頭高の皆さん、ありがとうございました。


 

明けましておめでとうございます(平成28年1月20日)


 遅くなりましたが・・・。明けましておめでとうございます。

 保護者の皆さまには「智頭中NOW」でお伝えしたように、私は、2学期の終業式、3学期の始業式の式辞で、生徒に「年の変わり目という節目を利用して自分を変えよう」ということを話しました。そこで、私自身も成長しなければ!と思い、HPに校長として日々思うことをアップしてみることにしました。
 本日が記念すべき「第1号」です。三日坊主にならないよう頑張りたいと思います。

 さて、3年生の保護者の皆さま、昨日・一昨日の進路懇談、ありがとうございました。
 お子様が小学校に入学されて今日まで、9年間の義務教育の中で、数え切れないくらいの回数を参観日や懇談で、学校に足を運んでいただいたことと思います。でも、それもこの進路懇談が最後です。次に学校に来ていただくのは、3月11日の卒業式・・・。そう思うと感慨深いものがありますね。55名の3年生全員のもとに暖かい春が訪れることを願うばかりです。

 今朝は今年初めての積雪がありました。多くの中学校では学級毎に順番で「雪かき当番」を務めるのですが、智頭中学校はバスや列車の到着時刻の関係で、「雪かき当番」はありません。それでも早く登校した生徒から、玄関前~通学路の雪かきをしてくれます。生徒が雪かきをしたあとには、玄関前のいたる所に雪玉や雪だるまが・・・。


 寒いのですが、朝から心が温かくなる微笑ましい光景でした。
 

3学期始業式 校長先生のお話

    ~「一生懸命」に「凡事徹底」~
みなさん明けましておめでとうございます。

 いよいよ、3学期が、そして平成27年がスタートしました。
 私たちの学校生活の中には、何度かの節目となる時がありますが、私は3学期のスタートというのは、学年が一つ上にあがる4月に次いで二番目に大きな節目の時だと思います。私たちは、この節目にあたり、気持ちを新たに、目指すべき目標を掲げ、自らを成長させるチャンスにしなければなりません。そこで、新しい年のスタートにあたり、私からも、今年一年みなさんに意識して頑張って欲しいと思うことを、お話したいと思います。
 私は昨年、みなさんに心がけて欲しいこととして「一生懸命」ということを、いつも話してきました。昨年は、新しい校舎が完成して、新校舎での学習がスタートした年でした。私たちは、私たちのためにこんな立派な校舎を建ててくださった町民の方に、私たちの一生懸命な姿を見ていただくことで、感謝の気持ちを伝える必要がありました。みなさんは、それに応えて、運動会に、そして文化祭に、本当に一生懸命な姿で取り組み、それを見た多くの町民の方々に感動を与え、「立派な校舎を建ててよかった」と満足していただき、喜んでいただくことができました。私は、そのことが、とても嬉しかったし、一生懸命頑張ったみなさんに感謝しています。
 ただ、反面、多くの先生方の言葉の中には、「智頭中の生徒は行事の時にはすごい力を発揮出来るのだけど、日々の生活の中での頑張りはなあ~」というものがあります。私も昨年一年間で、同じ感想を持っています。
 そこで、私は、新しい年のスタートにあたり、昨年の「一生懸命」にプラスして、みなさんに「凡事徹底」ということを意識して一年間を過ごして欲しいと思います。「凡事徹底」とは、「なんでもない当たり前のことを徹底してやる」ということです。私がみなさんに求める「凡事徹底」とは、次の三つになります。

① まず一つ目として、「当たり前のことを当たり前にきちんとできる生徒になろう」ということです。

② そして二つ目として、「やらなきゃいけないことは、どんなに苦しくても必ずやりきる生徒になろう」ということです。

③ 三つ目は、二つ目の裏返しになるのですが、「やっちゃいけないことは、絶対にしない強い心を持った生徒になろう」ということです。

今年一年、みなさんには、この三点を常に意識して、「自分は今どうすべきか」を考えて生活をして欲しいと思います。
この三点は、学校生活、家庭生活のすべての場面に当てはめられることだと思いますが、その中で特に私が頑張って欲しいと思うことを三つお話します。

① まず一つ目として、「課題は必ずやり遂げて期限を守って提出しよう」ということです。このことは昨年もずっと言ってきましたが、みなさんの課題の提出率はなかなか向上しませんでした。そのため学力が定着せず、その結果は3年生の進路決定の時に、すべて自分に返ってくるのです。今まさに3年生の多くの人が、日々の課題を提出しなかったことを後悔し、苦しんでいることと思います。1・2年生のみなさんは、3年生の話を聞いておいてください。

② そして二つ目に、「さわやかなあいさつをしよう」ということです。私たちがお客様や地域の方に誉めていただくのは、確かに行事の時の頑張りもありますが、でも、一番たくさん「智頭中の生徒って素晴らしいですね」と言っていただくのは、日々のあいさつに対してです。行事で誉めていただくのって大変な練習や努力をしなければなりませんが、あいさつって簡単ですよね。私はよく校長室のお客様を玄関までお見送りしますが、その時にすれ違う生徒が「こんにちは」ってさわやかなあいさつをしてくれると、そのお客様は必ず帰り際に「智頭中の生徒はいいですね」って誉めて下さいます。私も、さわやかで温かい気持ちになります。あいさつは、たった一言で相手を幸せにし、自分の評価を高めることができます。

③ そして最後に、「整理整頓をしよう」ということです。3月に校舎がすべて完成すると、見学のお客様がたくさん来られると思います。確かに校舎は立派です。だけど、一歩教室の中に足を踏み入れると、非常に乱雑な光景が目に入ってきます。このことは、これまでに来られたお客様からも、いつも指摘をされていることです。立派な校舎に負けない整然とした学習環境を私たち自身の手で整えましょう。確かにロッカーは十分な広さがなく整頓しにくいかもしれません。そこで事務の大下先生と話をして、生徒全員にロッカー用のブックスタンドを買ってもらいました。これを利用して、ぜひ自分たちの教室の環境を学習に適した心地よいものにしてください。

さて、最後に、3年生のみなさんに、どうしても言っておきたいことがあります。みなさんの中学校生活はあと二ヶ月です。二ヶ月後の明日が卒業式、入試まではもう二ヶ月ないのです。どんなに頑張っても、あと二ヶ月。一日一日を大切に、死にものぐるいで頑張って、必ず自分の希望する進路を勝ち取ってください。そして、この二ヶ月で、1・2年生に、智頭中学校の三年生としての「あるべき姿」を示して、希望をもって智頭中を巣立って行ってください。君たちの一生懸命の頑張りを期待しています。
以上、三学期のスタートにあたっての私の話を終わります。
 

学校経営方針

学校経営方針
 

智頭中学校


智頭町立智頭中学校
〒689-1402
鳥取県八頭郡智頭町智頭688
TEL(0858)75-0210(職員室
TEL(0858)75-0219(校長室、事務室)
FAX(0858)75-0670