日誌

読書まつり >> 記事詳細

2014/11/14

Mr.見世のフィンランド探訪記 ~読書まつり企画ご案内~

| by 編集長

さて次は「Mr.見世のフィンランド探訪記」のご紹介です。

 

見世先生は南部中学校の理科の先生。

 

10月に研修で、フィンランドに2週間滞在されました。

 

フィンランドといえば、言わずと知れたムーミンですよね。

 

しかも今年は作者のトーベ・ヤンソン生誕100年の年!

 

地元フィンランドはどんな賑わいをみせているのでしょうか?

 

ところで、フィンランドってどんな国?

 

フィンランドは、国土の多くの部分を森と湖が占めています。

 

フィンランドの人たちは、自分たちのことを、

 

フィンランド語で「スオミ」と呼びます。

 

これは「湖の国」という意味です。

 

それくらいフィンランドの人たちにとっては、

 

自然、とりわけ森と湖は切っても切れない関係にあるのです。

 

最近のフィンランドは、福祉や教育の分野で注目されています。

 

また、雑貨、テキスタイル、デザインなどに魅力を感じる人も多いようです。

 

そのフィンランドの「今」を、存分に語ってもらいます!

 

現地で撮影された写真なども見せてもらえるそうですよ。

 

お楽しみに!

 

富有まんてんホール   1300


15:58