溝小キッズ

新着情報

 

カウンタ

COUNTER50232

伯耆町立溝口小学校

〒689-4201
鳥取県西伯郡伯耆町溝口309番地
TEL (0859)62-1011
FAX (0859)62-1018
e-mail
mizokuti-e@mailk.torikyo.ed.jp

このホームページに掲載されている記事・写真の無断転載はご遠慮ください
すべての著作権は伯耆町立溝口小学校に属します
CopyrightⒸ mizokuchi elementary school
 

校章

    校章について校章

3羽の鳥は,3つの校訓「敬愛」「研学」「立志」を

表しています。大山と日野川がふるさとを表し,はば
たく鳥がたくましく生きる児童の姿を表現しています。
全体の形は,鬼住山の鬼の形となっています。

デザイン
西村 脩汰(平成27年度:溝口小学校6年生)
 

校歌

校 歌           
     
              野口 洵 作詞
        横山和也 作曲
 

1 高くそびえる 大山の

  とうといすがた ゆるぎなく

  学びのまどを ささえつつ

  高き志を立て はつらつと

  ともに励む 溝口小学校

 

2 清いながれの 日野川に
   たゆまぬ努力の 教えあり

  知恵しなやかに 磨き上げ

強いからだと こころ持ち

ともに鍛える 溝口小学校

 

3 みどりゆたかな ふるさとに

  平和のひかり みちあふれ

  元気に明るく 和やかに

  集うこの地を 誇りとし

  ともに歩む 溝口小学校

 

 

学校の位置

所在地  〒689-4201 鳥取県西伯郡伯耆町溝口309番地
位 置  東経133度26分9.2秒   北緯35度20分37.1秒   海抜65m
 

校区の概要

 伯耆町は鳥取県の西部にあって,役場本庁舎は米子市から南に8kmの位置にある。地勢的には山が多く,町面積全体の70%が山林原野である。平坦地は河川の流域に見られる程度で,耕地は約12%である。
 「伯耆」とは,旧国名「伯耆国」のなごりで,「大山」は古来より「伯耆富士」「伯耆大山」と呼ばれ親しまれて来た。大山は見る方向により様々な山容が楽しめる名山として有名で,大山西側にある溝口地区からは均整の取れた,まるで富士山のような山容を望み,日光地区からは南側から望む山の背が美しい「南壁」を望むことができる。
 本校区は,大山の頂上を基点に西南に続く扇状台地に広がり,学校は台地が日野川に落ち込もうとする溝口に位置している。古来より出雲街道の要所で,駅亭・御休み場などが軒を並べる溝口宿として栄えた地である。
 校区の主な産業は農業で,大山山麓には黒ボク畑と水田が混在し,日野川流域は水田地帯となっている。農業生産は稲作が中心だが,スイカやメロン,白ネギなどの野菜栽培や花苗の生産,「伯耆牛」というブランド和牛も飼育されている。
 校区は米子市から16kmの位置にあり,交通の便がよいことから,兼業農家,自営業,会社員,公務員が増え職種の多様化が著しい。保護者や地域の教育に対する関心は高く,学校教育に大変協力的な校区である。
 校区には,36の集落があり,そのうち26集落は学校から2km以上の距離にあることから,スクールバス通学の対象となっている。
 

校区図

校区図
 

学校の沿革

沿革の概要

明治

64

大坂の長泉寺に大坂小学校が開校

 

 

584

学校組合を解消し,溝口町立日光小学校となる

 

64

谷川の道寧寺に谷川小学校が開校

 

68

荘の光音院に荘村小学校が開校

 

 

624

町条例により,添谷分校が日光小学校の分校となる

 

1010

谷川小学校を溝口宿に移し,溝口小学校

と改称

平成

39

溝口小学校校舎大規模改修

大正

32

溝口,金岩,栄の3村が合併し溝口村となり,溝口,金屋谷小学校は溝口村立小学校となる

 

 

44

日光小学校創立70周年記念式典を挙行

 

73

大倉分校が廃校となる

 

712

日光小学校新校舎と体育館が栃原に完成

 

710

米原,金沢村が合併し日光村となる。日光村立小学校の本校を吉原に置く。添谷,大坂の小学校が日光小学校の分校となる

 

 

157

溝口小学校にステンレス製プールが完成

 

171

溝口町と岸本町が合併し伯耆町誕生。西伯郡伯耆町立溝口,日光の各小学校となる

 

129

日光小学校の新校舎建築,本校を大滝に置く

 

194

伯耆町にスクールバスが導入され,スクールバスによる登下校が始まる

昭和

610

溝口,旭村が合併し溝口町となる。溝口,旭小学校は溝口町立小学校となる。金屋谷小学校が溝口小学校の分校となる

 

224

日光小学校添谷分校が児童数減少により休校となる

 

84

溝口小学校を,溝口町字古市場311に新築移転

 

2311

溝口小学校校舎耐震化及び大規模改修工事が完成

 

164

国民学校令の施行により,旭,溝口,日光の各国民学校となる

 

246

旧溝口給食センター跡地に溝口小学校特別教室棟が完成

 

224

学制改革により,旭,溝口,日光小学校となる。溝口小学校金屋谷,根雨原,大倉分校となる

 

 

251

溝口小学校の新体育館が完成

 

271

溝口地域新しい学校創り準備協議会が発足

 

294

日光村が,溝口町と江府町に分村合併し,溝口町立日光小学校となる

 

283

溝口小学校,日光小学校ともに閉校式を挙行

 

3110

溝口町江府町学校組合立日光小学校となる

 

284

学校統合により溝口小学校創立。開校式を挙行

 

324

校区改変により,添谷分校が溝口小学校添谷分校となる

 

 

284

子どもの読書活動優秀実践校として文部科学大臣表彰を受ける

 

 

434

溝口小学校と旭小学校が統合,溝口小学校は溝口校舎と改称

 

 

 

 

 

444

統合の溝口小学校新築校舎を竣工し移転,旧校舎を廃止

 

 

 

 

 

4711

溝口小学校開校百年記念事業実施,記念式典挙行