鳥取県
三朝町立三朝中学校
〒682-0152 鳥取県東伯郡三朝町本泉430番地
TEL(0858)43-1397 /FAX(0858)43-1396
E-mail/misasa-j★mailk.torikyo.ed.jp(★を@に変えてください)
 

新着情報

 

配布物など

配布物など
12345
2018/11/09

秋のMME開催

| by:管理者
 11月12日(月)の午後、『秋のM(みささ)M(マラソン)E(駅伝)』を開催(少雨決行)します。生徒が積極的に参加する活躍の場となるよう、かつての校内マラソンの形を工夫して取り組み始めたMMEです。昨年の『秋のMME』では、部活動を引退した3年生が上位に食い込めず、2年生や1年生の活躍が目立ちました。今年はいかに・・・。秘かに練習をしている姿も見られます。
 14:15(予定)
   女子、男子の順で『マラソン』がスタートします。
 14:40(予定)
   クラス対抗による『駅伝』がスタートします。

12:08
2018/10/16

県駅伝男子

| by:管理者
本日10月16日(火)に行われた
平成30年度鳥取県中学校駅伝競走大会男子の部
第25位でした。
選手のみんな、お疲れさんでした!

17:34
2018/10/01

2日の準備物について

| by:管理者
本日の臨時休校に伴い、保護者の皆様には大変お世話になっています。現在、国道の復旧作業を進めていただいているところです。明日2日(火)の授業については、本日1日(月)の授業の準備をしてください。なお、全学年とも体育がありますので、体操服・体育館シューズを忘れずに持ってきてください。なお、本日予定していましたPTA合唱の練習は中止にします。
12:45
2018/10/01

本日臨時休校しました。

| by:管理者
 台風24号の被害により、国道179号線および482号線が通行止めとなっています。これに伴い、本日10月1日(月)は臨時休校としました。
08:09
2018/09/21

学校オープン開催

| by:管理者
 9月25日(火)・26日(水)は学校オープンです。どなたでもお越しいただき、普段の生徒の学習や生活の様子、学習環境等について、ゆっくりとご参観ください。
 学習の日程を以下に掲載しますので、参観のご参考にしてください。なお、当日、教科等の変更をする場合もありますので、その場合はご容赦ください。
25日(火)の日程.pdf
26日(水)の日程.pdf
15:06
2018/09/21

フランス訪問団出発

| by:管理者
 ついにこの日がやってきました。
 今日9月21日(金)早朝、フランス訪問団が三朝町役場を出発しました。27日(木)まで6泊7日の旅の始まりです。今回は松浦町長さんも同行されての、総勢10名の訪問団による国際交流の旅です。たくさん楽しんで、たくさん学んで、たくさん交流して、そして何よりも無事に安全に帰ってきてください。
 午前4時45分、保護者の皆さんはもちろんのこと、役場関係の皆さんや三朝中職員の見送りに包まれて、訪問団を乗せたバスは、そのエンジン音を暗闇の中に響かせながら、フランスの空へと続く旅の第一歩を踏み出しました。


05:37
2018/09/15

見事な準優勝!

| by:管理者
 9月15日(土)に、北溟中学校で行われた東伯郡中学校PTA連合会『スポーツ大会(ドッジビー)』において、三朝中PTA、見事に準優勝しました。
 1回戦を接戦で切り抜けると、2回戦、準決勝へとさらに日頃の練習の成果(?)を存分に発揮し、決勝戦まで進出しました。決勝戦では東郷中PTAに辛勝していただきましたが、4試合して3勝1敗と、勝ち数では東郷中PTAも3勝だったようで、優勝に匹敵するがんばりでした。
 皆さん、お疲れさんでした!


17:32
12345

これまでの来訪者数

累計:検索エンジン登録はUNFINISHED 本日:SEO対策はUNFINISHED 昨日:メール配信はUNFINISHEDアクセスアップはUNFINISHED
 
とりっこドリル    みんなのPTA 
 

ホームページについて


 ホームページでは、次のような情報を公開します。
 メニューは、ページの上の部分にあります。
●学校日誌・・・・学校で行った出来事や、連絡などを掲載します。新しく「カテゴリ選択」ができるようになりました。カテゴリを選んでいただくと、カテゴリごとの新しい順に記事が閲覧できます。
●学校紹介・・・・三朝中学校の紹介をします。
●学校評価・・・・学校づくりの取り組みの計画や推進状況を掲載します。
●図書館より・・・図書館だよりや新刊情報を掲載します。
●食  育・・・・食育に関する取り組みを掲載します。
●事務室より・・・各種事務手続きについてお知らせします。

 左にあるメニューでは、次のような内容を掲載します。
「新着情報」・・・過去5日間に更新された、各ページの内容を更新順に掲載します。
「学校からのたより」・・・行事予定や学校だよりなど、各種配布物などの情報をお知らせします。ただし、PDFでは一部のみ公開しますので、ご家庭では生徒の持ち帰る配布物をごらんください。

 その他、ホームページに関する、ご意見ご要望などは、代表メールまでご連絡ください。
 また、掲載している写真などにつきましては、転載などはご遠慮ください。
 

学校日誌

学校日誌
12345
2018/12/10new

新応援団誕生秘話

| by:管理者

 先週の水曜日12月5日から18日火曜日までは、応援団の引き継ぎのための練習期間です。ずっとずっと前の先輩方から代々つながってきた三朝中伝統の応援団活動は、毎年この時期に3年生リーダーから1・2年生リーダー候補生へと引き継がれます。次の代への確実なバトンタッチは、3年生リーダーたちの最後の大切な役目なのです。



 10日(月)、昼休憩のトレセンを覗いてみると、3年生リーダーを中心に既に練習が始まっていました。この日は応援歌に合わせた腕振りの練習が、フロアのあちらこちらで行われました。互いの顔の見えるように大きな輪になって応援歌とともに、腕を振り続けている2年生女子のグループ。1年間の経験を踏まえている生徒が多いので、一歩先を行っている感じです。3年生のリーダーに1対1で教えてもらっているのは、やはり先輩の姿を追いかけて飛び込んだ1年生が多いようです。これからどんどん上達していくのでしょうから、まだまだ動きにぎこちなさが見られるのは致し方ないところです。同じ1対1での引き継ぎでも、対面だったりすぐ横だったり前後の同じ向きだったり、3年生リーダーがさまざまに工夫しているのがよくわかりました。3年生の姿は皆、受け継ぐリーダー候補生たちへの励ましの姿でもありました。いずれにおいてもやはり基礎・基本が大切なのでしょう。その基礎・基本の習得こそが後々に自分がリーダーとして三朝中の伝統をしっかりと引き継がんとする、明確な意志へと変化するのでしょう。



 リーダー候補生からリーダーへ、3年生団員からの思いを受け止めた、立派なリーダーと認められた者のみが、三朝中の伝統の継承者となり、新応援団リーダーとして活躍していくのです。


12:09
2018/12/10new

今年も柔の達人に・・・。

| by:管理者
 校内文化祭が終わってまもなく、ちょうどひと月ほど前から始まった保健体育の柔道の時間、今年も生徒たちは、着慣れない柔道着に身を包んでがんばっています。受け身に始まり、寝技や立ち技へと徐々にその内容は柔道らしくなってきています。



 そんな生徒たちに柔の道を手ほどきしてくださっているのは、今年も外部指導者としてお願いをした石田由朗先生です。三朝中がお世話になり始めて今年で10年目、保健体育の授業において武道が必修となった頃からです。生徒たちの安全を確保し、体育教師の専門性を高める目的で始められた学校体育充実事業の一環です。愛車で1時間半の道のりを遠路はるばるお出でいただいており、朝8時頃から午前の授業終了まで3年生と2年生がお世話になっています。



 授業時間にトレセンの2Fを覗くと、生徒たち、楽しそうにやっています。着慣れない柔道着に身を包んで柔道の楽しさを味わっているようです。一緒に指導している三朝中の竹安教諭によると、石田先生の指導には、一貫した石田先生らしさが感じられるそうです。ともすると、技のかけ方などの攻めの柔道指導になりがちだと思うのですが、石田先生は、押さえ込みも含めて技を仕掛けられるまでの重要性を、一貫して生徒たちに解いてくださっているそうです。守りの柔道とでも言うのでしょうか、相手に対して敬意を払う柔道を常に指導してくださっているそうです。そんな話を聞くと、石田先生とのご縁をふり返ってみるときに、頷かずにはおれない自分もいます。石田先生らしさを通して、生徒たちに柔道の楽しさを指導してくださっているのです。10年分の感謝の気持ちは、そうそう簡単には表すことができませんが、そうだからこそ、柔道に興味や関心を持つ生徒が増えていくのだろうとも思います。
 石田先生も楽しそうです。積極的に声を掛けたり、さりげなくアドバイスをしたり・・・、そして、何よりも生徒もうれしげです。三朝中の生徒たちに『達人』の柔道が存分に注がれていきます。石田先生、もう少しの間お世話になります。よろしくお願いします。


11:57
2018/12/07new

3年生租税教室

| by:管理者

 社会科学習の一環で、町の税務課と税務署から専門の方をゲストテーチャーとしてお招きして、租税教室を行いました。
 3年生の社会科では、国や地方の財政について学習しますが、より税について詳しく学ぶために、三朝町の町民課税務係の片岡 大さんと、元税務署職員で現在県東部の税理士事務所に所属されておられる天野英己さんにご指導願って学習を深めました。
 生徒たちは、専門的な知識に触れ、税の必要性や種類、そして、税の公平性について学習しました。その中で、「将来、自分たちの税金はどうなる可能性があるのか。」という質問が出るなど、身近なこととして考えていくことができました。

 

 

 現在、日本社会では少子高齢化が進行しています。高齢者を支える働き手が減り、一人ひとりの負担が多くなっていくことを生徒たちは、すでに学習しているのですが、そのような日本社会の変化に伴い、これからの国や地方の税が、どうなっていけばよいのか、将来の税の姿を考えました。
 生徒たちからは、「きちんと税を納める。」「補助を減らす。」「貯蓄の多い人に税を課す。」「仮想通貨を使う。」などの意見が出てきました。
 授業後、代表の生徒からは、「税のしくみについて詳しく学習できた。そして、自分たちが、これから選挙へ行くことが、今回、学習した税のあり方や税率を変えてくことにつながっていくことを実感できてよかった。」と感想がありました。税について、一人ひとりがより自分のこととして考えるきっかけになったと思います。


19:55 | 3年生
2018/12/05

新生徒会役員選挙

| by:管理者
 12月の三朝中は移行期です。交代期です。新しい動き出しの時です。応援団活動においては、新リーダーを募集し、引継ぎのための練習が今週から始まります。また、1月からは2年生を中心にした生徒会活動がスタートします。三朝中において、伝統的に、しかもしっかりとした形で維持されている生徒会活動と応援団活動という生徒による活動、そのバトンタッチの時が12月なのです。



 12月4日(火)6限は、新生徒会役員選挙の立会演説会と投票でした。今回の選挙には、生徒会長に5名、副会長に3名、1年生も含めて昨年の倍の人数の立候補がありました。文字通り激戦でした。体育館での立候補者の演説、質疑応答、投票は、6限の終了時刻を超えました。演説が終わると、立候補者への質問が次々とありました。この一年間生徒会活動を見事に担ってきた3年生からの質問です。



 「『午睡タイム』の提案があったが、どの時間を削って『午睡タイム』を作るのか。」「みんなが登校したくなる学校を具体的にどうやって作っていくのか。」「1対1で話し合うということがほんとうにできるのか。」「三朝中の『生徒の生活信条』のうち、今どれが最も必要だと思うか。」など、演説内容に対して3年生が鋭く突っ込んでいきます。「先輩と後輩の意識をほぼゼロにする。」の演説に対しては、「中学生時代にこそ、先輩・後輩の関係を大切にする基盤づくりをすべきではないか。」という考えも示され、聞き入っている他の生徒が一緒に考えさせられる場面もありました。また逆に、3年生からの「『あいさつ・そうじ・敬語』を大切にする生活が授業中の私語を減らすというのはどういうことか。」という問いかけに対して、「生活の基本ができてこそさまざまな面が改善されると考える。」と、2年生の候補者が適切に応じた場面もありました。経験者としての先輩らしい、具体的な質問は、立候補者の考えや気持ちを確かめ、自分たちが果たしてきた役割をバトンタッチするために必要な、3年生からの温かい激励でもあったように思います。



 中身のあるやり取りが3年生と1・2年生の立候補者の間で繰り広げられました。じっくりと聞き入っていた2年生や1年生も含め、これからの1年間の新しいスタートとなる生徒会の体制づくりをみんなでしっかりやり遂げたと言えそうです。
11:04
2018/11/30

生徒会選挙運動始まる

| by:管理者
 また今年もこの季節がやってきました。新しい会長・副会長を決める生徒会選挙の季節です。朝、生徒玄関前には、立候補者とそれを応援する生徒が、プラカードを持ったり、鉢巻きをしたりしながら、選挙運動を行っています。自分が生徒会の役員になったらこうしたいということを訴えながら、登校してくる生徒に呼びかけています。今年は、とても立候補が多く、会長に5名、副会長に3名の生徒が立候補しました。そのため、例年以上に熱気を帯びた選挙運動が展開されています。こんなところにも、現生徒会執行部が今まで背中で見せてきた゛あこがれる先輩”の姿が息づいているように感じます。よき伝統を伝え、新しい風を吹かせ、より良い三朝中を築いていくために、立ち上がった8名の生徒たちはその思いを必死で伝えています。来年1年間の三朝中はすでに始まっています。選挙は12月4日(火)です。


11:50
2018/11/27

自然科学発表会に参加しました

| by:管理者
 11月22日(木)倉吉交流プラザにて、中文祭の一つとして自然科学発表会がありました。本校からは、1年生の知久馬克仁くんと尾形洸明くんが「効率よく体を冷やす方法」の研究を発表しました。今年の夏は異常な暑さだったこともあり、体を効率的に冷やす方法について、文字通り体を張って研究をした成果を発表しました。指導助言の先生から研究のアドバイスをいただいたり、「実際に自分の体で確かめているところがおもしろい。」「生活に関係している点に着目していてよかった。」などと評価していただきました。
 実際に発表することになると、たくさんの準備や練習が必要になってきます。2人とも、そういうことを通してまた一歩成長していることと思います。よく頑張りました。


<プロジェクターを使って発表中の2人>
18:36
2018/11/27

「中学生の税についての作文・習字」の表彰式がありました。

| by:管理者
 27日(火)中部総合事務所で、「中学生の税についての作文・習字」の表彰式がありました。中部地区の中学校からたくさんの表彰者が集まり、一人ひとり表彰していただきました。緊張しながらも、堂々と表彰を受けていました。入賞者は次の通りです。



<作文の部>
鳥取県中部県税事務所所長賞     2年 小椋日万莉
三朝町長賞             3年 岩山佳恋
中国税理士会倉吉支部支部長賞    3年 増田葵
鳥取県中部納税貯蓄組合連合会会長賞 2年 森田涼
  同 上             2年 松原こすも

<習字の部>
三朝町長賞             1年 北川里

 最後は、受賞者全員で記念写真も撮りました。
17:51
2018/11/14

中文祭に行ってきました。

| by:管理者
 11月14日(水)は、平成30年度中部地区中学校総合文化祭ステージ発表の一日で、三朝中からは、午前中に合唱部が、午後に3年生がいずれも合唱を披露することになっていました。午前中はつかえがあったので、午後から3年生の学年合唱を楽しみに倉吉未来中心に行きました。1階の一番後ろに着席して、他の中学校の発表を聴きながら三朝中3年生の出番を待ちました。



 実にすばらしい歌声でした。1曲目の『時を越えて』と2曲目の『ふるさと』と、ほんとうにすばらしい合唱でした。明らかにその歌声は客席を釘付けにし、明らかに客席の動きを止めました。呼吸をするのももったいないような雰囲気さえ感じさせました。3年生の歌声が広がるにつれ、私自身、ステキな贈り物をもらった、そんな感覚が湧いてきていました。ホール中が同じ感覚に包まれていたのだろうと思います。その証拠に、指揮の谷川先生の指先が合唱の終わりを告げた瞬間、何のためらいもなく、ごくごく自然に、会場割れんばかりの拍手が飛び交ったのでした。後ろから見ていると、その拍手の手は明らかに高く、明らかに左右に激しく、明らかに何度も動いていたように見えました。いや、そうでした。ほんとうにすばらしい合唱でした。こうして文字にしてしまうのがもったいないくらいの、実に見事な、感動を呼び起こした三朝中3年生の学年合唱でした。





 三朝中3年生のみんな、かっこよかったぞ!ほんとうにすばらしかったよ!
18:13
2018/11/12

秋のMME

| by:管理者
 前日までの秋晴れとはうって変わって時折小雨の降る曇りがちな一日となった11月12日(月)午後、『秋のMME(みささ・マラソン・駅伝大会)』を実施しました。
 苦しさやつらさから逃げない自己の確立や生きる力の基礎となる体力の向上について考える機会とするために、三朝中では、よりよい仲間づくりも期待し、マラソンの部と駅伝の部とを2本立てにした『MME』を昨年度から開催しています。生徒はどちらかに出場するのです。
 マラソンの部は、駅伝に出場しない生徒のクラスごとの平均タイムで競い合います。駅伝の部は、クラスで選ばれた男子4人女子4人による8区間を3学年6クラスで競い合います。各区間の区間賞もあります。そして、マラソンの部と駅伝の部の成績からMME杯が授与される総合の部もあります。
 一昨年までは個人個人で競う校内マラソンを行なってきましたが、MME方式でやってみると、やはり期待したとおりに生徒の意欲ややる気の高まりが違います。あちこちに声援も励ましもあり、元気も笑顔もあります。大勢のクラスの仲間による伴走もオッケーです。グランドには保護者の方の姿もあり、一生懸命走り、一生懸命応援する、そんな生徒たちの姿は、今回もあちこちを温かい気持ちにさせました。



 この時期のマラソンや駅伝、3年生にとってはつらかったかもしれませんが、駅伝の部の中盤から追い上げを見せた3年2組が、見事に今年度2回の『MME』を連覇しました。遠くから大きな声を掛け合ったり何人もの仲間が声張り上げながら伴走したり、一団になってゴールした3年生の姿は何より楽しそうでした。
みんな、ほんとうにおつかれさん!


19:53
2018/11/09

3年生と賀茂保育園園児との交流

| by:管理者
 11月8日(木)は、朝から元気のいい声がたくさん聞こえてきました。向かいにある賀茂保育園の園児たちが、2人の保育士さんに連れられてやってきたのでした。目的は、三朝中3年生と交流するためです。
 3年生家庭科「保育」の授業で、例年園児との交流を行っています。もちろん学習活動の一環なので、この日だけのことではありません。園児と過ごすための遊具を考える学習を通して幼児の特徴を理解し、実際の交流を通して理解を深める、それがこの日の学習の『本時のゴール』でした。
 想像の通り、一緒に過ごせば過ごすほど、3年生には楽しい時間になっていったようです。小さな手に引っ張られたり、おんぶやだっこを許してもらえなかったり。でも、それらは確実に3年生にとっての喜びとなっていたのでした。
 満面の笑みとバイバイで、小さな背中を見送りました。ひょっとしたら、50分の間、3年生たちは10年程前の自分と再会していたのかもしれません。


18:13
12345