鳥取県
三朝町立三朝中学校
〒682-0152 鳥取県東伯郡三朝町本泉430番地
TEL(0858)43-1397 /FAX(0858)43-1396
E-mail/misasa-j★mailk.torikyo.ed.jp(★を@に変えてください)
 

新着情報

 

配布物など

配布物など
12345
2018/02/07

平成30年度4月PTA総会等の日程について

| by:管理者

 来年度の、4月の参観日、PTA・体育文化振興会・同窓会定期総会、歓送迎会は4月21日(土)に開催予定です。例年、金曜日に開催していましたが、来年度は土曜日開催とすることになりました。皆さんお誘い合わせの上、多数ご来校ください。なお、21日(土)の振替日は4月27日(金)に予定しています。


18:06
2018/02/07

NCNで放映されます。

| by:管理者
 明日2月8日(木)、19:00からのNCN日本海ケーブルネットワークの番組で、三朝中1年生が先日取り組んだ進路学習『社会人に学ぶ。』のようすが放映されます。インタビューを受けた生徒もいましたよ。
10:51
2018/01/09

着任式

| by:管理者
 福田栄養教諭の休暇に伴って、3学期から森本祐子先生に着任していただくことになりました。1月9日(火)に着任式を行い、全校生徒で迎えました。たくさんの生徒たちとかかわってやってください。よろしくお願いします。



 森本先生から
「3学期より三朝中学校でお世話になることになりました。学校栄養職員の森本祐子です。食を通して、生徒たちが何事にもよりよく考え、判断し、前向きに行動できる大人になれるようお手伝いできたらと思います。よろしくお願いします。」
19:50
2018/01/09

NCNで放映されます。

| by:管理者
 本日1月9日(火)の夕方からのNCN日本海ケーブルネットワークの番組で、三朝中の始業式のようすが放映されます。始業式のみならず、教室(2年生)での場面もあります。平成30年初日のようすをご覧いただけますよ。
19:45
2018/01/09

第3学期始業式

| by:管理者
三朝中、動き出す!
 17日間の冬休みを終えて、今日1月9日(火)から三朝中の第3学期がスタートしました。3学期は一年間のまとめの時期だとよく言われますが、始業式では、来春以降の新しいステージにつなげるために、一段階でも二段階でも自分をさらに高めることを求めました。そうすることが結果的に充実の3学期や一年をもたらしてくれることになるはずだからです。三朝中、171人の生徒一人一人が3学期もがんばります。

19:33
2017/11/30

離任式と着任式

| by:管理者
 中学校特別支援員として、3年間本校に勤めていただいた藤井実花先生が、11月30日(木)退職されました。親身になって生徒にかかわっていただいたこと、心から感謝しています。離任式の後、たくさんの生徒が先生のところに集まっていましたね。ほんとうにありがとうございました。



 12月1日(金)から後任として、濱澤裕之先生にお世話になることになりました。心優しき生徒ばかりですので、心配無用です。どうぞよろしくお願いします。


18:12
2017/11/07

立派な校内文化祭

| by:管理者
よく燃えあがる。
 11月3日(金)、町総合文化ホールをお借りして無事に校内文化祭をやりきることができました。ステージ発表のみならず、展示作品を含めたこれまでの一生懸命の積み上げを互いに感じながらの、一生懸命が行き来し、笑顔や輝きや涙や盛り上がりのある、実に立派な校内文化祭でした。来年以降のエネルギーにもなる一日となりました。同時に、たくさんの皆さんに支えていただいてこその校内文化祭だという実感を新たにしました。感謝の気持ちを伝えさせていただきます。ありがとうございました。ひとまずお礼まで・・・。




09:55
12345

これまでの来訪者数

累計:検索エンジン登録はUNFINISHED 本日:SEO対策はUNFINISHED 昨日:メール配信はUNFINISHEDアクセスアップはUNFINISHED
 
とりっこドリル    みんなのPTA 
 

ホームページについて


 ホームページでは、次のような情報を公開します。
 メニューは、ページの上の部分にあります。
●学校日誌・・・・学校で行った出来事や、連絡などを掲載します。新しく「カテゴリ選択」ができるようになりました。カテゴリを選んでいただくと、カテゴリごとの新しい順に記事が閲覧できます。
●学校紹介・・・・三朝中学校の紹介をします。
●学校評価・・・・学校づくりの取り組みの計画や推進状況を掲載します。
●図書館より・・・図書館だよりや新刊情報を掲載します。
●食  育・・・・食育に関する取り組みを掲載します。
●事務室より・・・各種事務手続きについてお知らせします。

 左にあるメニューでは、次のような内容を掲載します。
「新着情報」・・・過去5日間に更新された、各ページの内容を更新順に掲載します。
「学校からのたより」・・・行事予定や学校だよりなど、各種配布物などの情報をお知らせします。ただし、PDFでは一部のみ公開しますので、ご家庭では生徒の持ち帰る配布物をごらんください。

 その他、ホームページに関する、ご意見ご要望などは、代表メールまでご連絡ください。
 また、掲載している写真などにつきましては、転載などはご遠慮ください。
 

学校日誌

学校日誌
12345
2018/02/22new

最後の合同部活

| by:管理者
 2週間後の金曜日は卒業式、1週間後の木曜日・金曜日は1・2年生期末テスト、そう言えば、まもなく3月になります。3月になれば、校外の部活動もそれぞれの場所で徐々に動き出し、三朝中全体の部活動が活気を帯びてきます。もうすぐです。



 練習場所を確保することとリーダー性の高まり等をねらって、冬期だけ毎週木曜日に取り組んできた合同部活が、今日2月22日(木)最終回を迎えました。文化部も含めた全部活の全1・2年生が一緒に行なうので、運動量は限られますが、元気のよい取り組みとなりました。合同部活は回数にすればわずかでしたが、担当した部活にしてみれば、120人ほどを動かさねばならず、アイデアや工夫が求められます。何よりもみんなでやるのか新鮮なようです。今日は野球部が担当しました。普段の練習で取り入れていることを説明したり部員で用具の準備をしたりして、スタートです。基礎体力の強化と罰ゲーム付きのリレーが行なわれました。





 まもなく夏の県総体予選に向けてのシーズンの始まりです。運動部それぞれの、新人大会以上の活躍を祈るばかりです。
18:02
2018/02/22new

第2回生徒総会

| by:管理者
 本年度から、生徒会規約の改正によって、生徒会役員の任期が1月から12月までとなりました。3年生を中心にした生徒会役員が昨年12月まで務め、この1月からは2年生を中心にした新役員が活動しています。
 今日2月22日(木)の生徒総会は、平成29年度第2回目となる生徒総会。しかし、新役員による初めての生徒総会ということです。年度末なので、主な議題は「1年間の取り組みのふり返り」「会計決算」「活動のふり返り」「応援団長の推薦」などでした。



 2年生の新執行部は、まだまだ経験が少ないので、準備や打合せに余念がありません。パワーポイントを作成したりアンケート結果に対する検討をしたり、時間を掛けて生徒総会のスムーズな進行のために取り組みました。生徒会担当の先生と一緒に暗くなるまで準備や打合せを尽くしました。前執行部に勝るとも劣らない活動ぶりで、頼もしい限りです。





 この時期の生徒総会の柱の一つは、推薦された応援団長や2年生を中心にした新しい応援団の披露で、恒例となっています。新応援団は、1年生が多数加入の意志を表明して、例年より多い、総勢43人になりました。2学期末から先輩応援団による引継のための練習を積み、今年に入ってからは、この日の生徒総会での披露を目指して、多くを2年生と1年生とで練習に取り組みました。限られた時間での練習でしたが、新しい応援団長や副団長が生徒総会で承認されることもあり、不十分なままで披露するわけにはいかないわけです。3年生にもしっかりとしたところを見てもらいたいところです。新応援団による新応援団だけの練習、2月になって一層熱を帯びてきました。というのも、新応援団の6割ほどを占める1年生の動きがなかなか決まらず、2年生のリーダーは不安を感じていました。昼休憩中心だった練習に朝練習も加わりました。土曜日練習もしました。当日の朝になっても体育館から元気のよい練習の声が聞こえていました。



 生徒総会での応援団披露は、新応援団の初舞台ともいうべき場でもあります。特に、1年生にとってはとても緊張する初舞台です。披露し終えた後、「ちゃんとやれた?」という問いかけに「やっているときのことを覚えていません。」という1年生の声は、素直な感想なのかもしれません。「はい。」と即答した1年生、首をかしげた1年生、初舞台を踏んだことで応援団の一人としての時間が動き始めたわけです。応援団活動は一人一人の活躍の場です。どんどん練習を積んで必ず立派な応援団員になってください。


16:45
2018/02/06

進路学習『先輩に学ぶ』

| by:管理者

 2月2日(金)の午後、2年生は高校生である卒業生を招き、進路に関わる話を聞きました。
 2年生では、3学期から自分の関心のある県内の高等学校を調べ、まとめていく取り組みをしています。そんな中、生徒に近い目線でより具体的に高校を知る機会となるように、中部地区の高等学校6校から8名の先輩を招き、進路学習『先輩に学ぶ』を実施しました。

 校長先生や高校生の話にもありましたが、「百聞は一見に如かず」、実際の高校生の姿を目の前にし、生の声を聞くことで、2年生もより実感を持って話を聞くことができたようです。
 高校生からは、それぞれの学校の特色が紹介されました。そして、自分自身が中学生の時、どんなふうに進路を考えていたか、どんな高校生活を過ごすことができているか、また、進路を決めるときどんなことを思い、考えたか、語ってもらいました。
 中学生のために、自分自身の長所や短所を交えた本音の話を聞くことができたことは、2年生一人ひとりにとって、大きな進路選択の参考になったと思います。また、堂々と先輩たちが自分自身を語る姿を見られたことは、2年生にとって、今後の大きな財産になったのではないでしょうか。
 2年生から気になっていたことについて質問しました。テストや学習のこと、行事や部活動のことなど出ましたが、一つ一つていねいに答えていただきました。
 知らなかった魅力をどの高校からも聞けて良かったこと、進路に対しての新たな気持ちをもつことができたこと、そのような感想が多く見られました。今後の進路学習への取り組みに期待したいと思います。

  

  

 


19:00 | 2年生
2018/02/06

今年最後のみささ土曜楽校でした。

| by:管理者

 まだ暑さの残る9月30日から始まった今年度の中学生学力アップ講座・土曜楽校も、いよいよ2月3日をもって終わりました。始まったころから考えれば、季節は移り変わり、今は冬景色が窓の外には広がっています。3年生を中心に延べ11回120人の生徒が参加し、それぞれの夢のために頑張ってきました。 
 決して強制的に集まっているわけではなく、あくまでも自分の意志でここに集まってきました。「先生方からいろいろ教えてもらえるから。」「一人ではできなくても、みんなとだったら頑張れる。」「時間を有効に使いたい。」「なんとか実力アップを。」・・・様々な思いはあったと思いますが、めざす夢への思いは一緒だったと思います。
 参加した生徒は、指導してくださった塾の先生や地域の方々にお世話になりながら、黙々と真剣に問題と向き合いました。その姿が回を重ねるごとに頼もしく映っていたのも事実です。頑張ろうという気持ちや思いが、きっとみんなを一回りも二回りも成長させていったのだと思います。多くの生徒が挑む県立高校一般入試まであと1か月、やってきた努力は必ず力になっています。さらに実力を蓄えて本番に向かってほしいと願っています。私たちも力一杯サポートします。頑張れ!受験生!
 指導を願った塾の先生や地域の方々には、大変お世話になりました。親身になって個別にしっかりと丁寧に対応してくださっていました。このような学習の場があって、本当に三朝の子たちは恵まれていると感じたものです。感謝の言葉しか出てきません。
 今年度最終回なった2月3日(土)の土曜楽校の最後に、この日担当してくださっていた先生方からお話をいただきました。池田雅俊さんからは、実力の発揮の仕方、試験への心構え、試験の受け方と落ち着き方のアドバイスと、「あと1か月じっくり頑張れ。」という激励を受けました。東谷新吾さんは、ご自分の体験から1か月あれば変わるという話と緊張することについてのアドバイスをしてくださいました。いろいろな不安を抱える受験生にはありがたい話だったことでしょう。
 三朝町教育委員会の皆さんにも、土曜楽校の運営面で大変お世話になりました。ありがとうございました。最後に、中心となって関わってくださった三朝町教育委員会の平井尚先生から「これからも身体に気を付けて頑張ってください。」という温かいメッセージもいただきました。たくさんの皆さんにただただ感謝するばかりです。


  窓の外は、雪。でも、先生も生徒もハートは熱い。


  たくさんのアドバイスを話していただいています。


17:46
2018/02/02

1年進路学習「社会人に学ぶ」

| by:管理者

 1年生は、2月2日(金)の午後から進路学習の一環として5名の講師をお招きし、「社会人に学ぶ」の学習を行いました。

 三朝町内にある岡山大学惑星物質研究所をはじめとする様々な職種の講師のみなさんから、仕事の内容ややりがい、喜び、大変なことを講話していただきました。

 生徒たちは5名の講師の中から2名の方の講話を聞き、講話の後には予め準備していた質問をして、仕事についてより深く知ることができたようです。

 それぞれの会場では、実際の仕事の実演などもあり、生徒たちからは驚きや新しい発見があったという感想がありました。また、生徒たちの質問に講師のみなさんが丁寧に応えてくださり、今回の学習をより深めることができたようです。

 5名の講師のみなさんには仕事でお忙しいところを、本校生徒のために時間をとって来ていただき、本当にありがとうございました。

              
保育士 山崎洋子さん                   美容師 福田明菜さん

            
アナウンサー 梅津勇斗さん         消防士 坂根大介さん


研究者 小林桂さん


19:04 | 1年生
2018/01/25

入学説明会

| by:管理者
 1月24日(水)午後は、来年度4月から三朝中に入学する6年生とその保護者の皆さんを迎えての『入学説明会』でした。一年前は1月と2月に大雪が降り、昨年度の入学説明会はちょうど1月の大雪の最中で、駐車場づくりや除雪などで例年以上に準備がたいへんだったのを思い出します。今年はインフルエンザの心配がありながらも先週が比較的温かかったので、雪に悩まされることはないだろうと高をくくっていたら、最強寒波に見舞われ、昨年と同じような心配をすることになりました。でも、インフルエンザで参加できなかった6年生がありましたが、多くの来年度新入生に中学校生活のイメージを抱いてもらうことができたように思っています。この日参加できなかった6年生には、改めて時間を作りたいと考えています。
 さて、三朝中の入学説明会は、「体験授業」→「説明①」→「説明②」→「採寸」と流れていきます。「体験授業」では、4つのグループに分かれて三朝中の先生による45分間の授業を体験してもらいます。「説明①」では、全員で学習や生活についての話を聞き、「説明②」では、6年生と保護者と別々に話を聞いてもらいます。「採寸」は体操服などの試着です。









 そんな中で、毎年ちょっとした緊張感が広がる場面があります。「説明②」で生徒会執行部が6年生に中学校生活そのものを発表する時間です。緊張するのは、どちらかというと生徒会執行部です。準備万端整えてその時間を迎えるのですが、かつては小学校で一緒に過ごしていた下級生相手なのですが、聞いてみると、やはり緊張するそうですし、6年生の前に並んだ瞬間の表情には、確かにかたさというか緊張が感じられます。でも、大事な言語活動の場面であり、先輩として思いを伝える貴重な場面です。しっかりやらねばならないという意志もあふれた表情です。



 今年もうまくやれたでしょうか。4月から一緒に生活することとなる6年生とのコミュニケーション第1ラウンドを、今年の執行部もうまくやりこなせたでしょうか。
17:45
2018/01/19

3学期もあっという間の2週間

| by:管理者
 厳しい寒さの第1週、その寒さがひと休みし始めた第2週、3学期が始まって早くも2週間が経過しました。この間3年生は最後の進路懇談会を経て、ほぼ半数が倉吉北高特進コース入試に挑みました。2年生と1年生は休み明けテスト、合同部活、いのちとからだを大切にする学習に取り組みました。また、2年生を中心にインフルエンザが広がり始めましたが、深刻な状況にならないように努めているところです。
 そんな3学期の朝も2学期までと同じように、生徒会執行部によるあいさつ運動からスタートします。ただし、3学期から三朝中の元気を担っているのは、3年生からバトンタッチした2年生の新生徒会執行部です。「おはようございます。」「おはようございます。」・・・新執行部もがんばっています。しかも、がんばると同時に工夫もしています。よりよいあいさつ運動にしようという工夫が感じられます。生徒玄関付近だけでなく、学校周辺にまで広がってあいさつ運動に取り組んでいるのです。新執行部で話し合ったようです。そんな3学期が始まっています。新執行部、毎朝がんばっています。


10:46
2018/01/17

いのちとからだを大切にする学習(2年生)

| by:管理者

 1月15日(月)3・4限に、2年生が「いのちとからだを大切にする学習」を行いました。ミオ・ファティリティ・クリニック看護師の葉山美紀子さんに、いのちの始まり・人の妊娠と出産・自分たちの身体について、詳しく話をしていただきました。産婦人科の現場で、実際にあった出産の話を交えながら、新しいいのちができて誕生するのは様々な奇跡が重なっていること、また自分たちのいのちには多くの人が関わっていることなど、わかりやすく話してくだり、生徒たちはとても真剣に聞いていました。



<生徒の感想>
〇赤ちゃんを産むというお母さんは一番つらくて大変だと思っていたけど、狭い道を長い時間かけて一人で生まれてくる赤ちゃんも大変だということや、痛くて大変なお母さんを支えるのはお父さんだということなど、大切なことを学ぶことができました。

〇自分のたった一つのいのちに、親をはじめ、たくさんの人が関わっていることがわかりました。いのちも体も本当に大切にしたいです。今日聞いたこと、学んだことは、これからの人生、忘れてはいけないことだと思いました。

〇普段何気なく扱っている自分の体は、父や母、先祖がいなければ生まれていないので、14年間一生懸命育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたいと思いました。将来、よいパートナーに出会い、結婚し、パートナーが新しい命を授かることになった時には、今日学んだことを生かしてパートナーを支えたいと思います。

〇男性は女性のようにおなかの中で命を育てることはできないから、女の人は大変だけどすごいと思いました。もしお父さんになれる日が来たら、男らしく奥さんをフォローできるようにしたいです。それに、性をふざけに使ったりせずに、逆にふざけている人に注意できる人間になりたいと思います。


17:17
2018/01/12

箏の学習

| by:管理者
 箏、「ソウ」と読みます。日本・中国などで使われている撥弦楽器です。日本では、細長い桐の胴の上に13本の弦を張り、柱(ジ)で調弦し、右手の親指・人差し指・中指にツメをはめて弦を弾きます。「琴」と書くことが多い和楽器です。
 学習指導要領(中学校音楽科)には、和楽器に親しむことが明記されています。和楽器なのですから、太鼓・尺八・三味線などでももちろんよいわけですが、ギターに通じるところもあり、三朝中の生徒たちは、箏を体験することで和楽器に親しむ学習に取り組みます。残念ながら十分な面数がないため、他の中学校の箏を借りて、3年生も2年生も1年生も箏の学習に取り組みます。
 1月12日(金)2限、1年2組の箏の学習第1時間目・・・。琴を習っている生徒もあるようですが、ほとんどの生徒にとっては初体験なのでしょう。興味深げに、楽しげに箏と対面していました。しかも、1時間目なので、弾いて音を出す感覚がおもしろいようで、積極的に自分の右手にはめたツメを動かしていました。自分の指を弾いて音が聞こえること自体がほんとうにうれしそうでした。
 笑顔が続いた時間でした。授業後の「楽しかった。」「おもしろかった。」の声、あっという間の箏との初対面だったようです。




11:39
2018/01/12

『ワン・ステップ・アップ』

| by:管理者

 3学期がスタートして1週間、インフルエンザの広がりが懸念されるものの、いつもの学校生活が始まったように感じます。先輩となるための意識を高め始めている1年生、生徒会の中心となって活動し始めた2年生、いよいよ高校入試に挑むこととなる3年生、それぞれがそれぞれに目標を見定めながら、三朝中平成30年が動き出しています。
 3学期は一年間のまとめだとよく言われるわけですが、冬が過ぎれば当然春が訪れるわけで、そんな意味で3学期をまとめとするというよりも、一人一人が来春のための、現状以上のさらなる『ワン・ステップ・アップ』をと始業式で願いました。まだまだやりきれていないことや小さくても自分の成長につながることにもう一度果敢に挑戦し、一人一人それぞれの立場での『ワン・ステップ・アップ』を3学期の間に必ず実現してほしいと願っています。先生方にもそんな生徒たちへの後押しをと願いました。
 そんな中、三朝中恒例の合同部活が1月11日(木)から始まりました。これは3学期の毎週木曜日、一つの部が交代で全体をリードしながら、文化部も含めたすべての部が一斉に部活動をするものです。互いに競い合ったり励まし合ったりするとともに、この時期の短い部活動時間を充実させ、生徒のリーダー性を高める場にもなるよう期待しての取り組みです。この日のリーダーはソフトテニス部でした。練習メニューは「体力強化」→「ぞうきんリレー」→「罰ゲーム」といった感じだったでしょうか、1・2年生全体で約45分間活動しました。









 これまで同様、生徒のいろいろな活躍の場を大切にしながら取り組んでいきたいと考えています。平成30年の始まりは、すべての生徒の『ワン・ステップ・アップ』を目指します。『戌』年の一年にふさわしい『ワン・ステップ・アップ』を平成30年のスタートにと期待しています・・・。皆さん、本年もよろしくお願いします。


10:10
12345